【コラム】

Yet Another 仕事のツール

94 Olutで販売在庫管理

 

94/112

最近は仕事にオープンソースを使うのも当たり前になりつつあるが、それでも、基幹系の業務システムまで構築した事例というのは、まだそんなに多くないのではないだろうか。しかし、既に10年程前からオープンソースに目を向け、積極的に活用に取り組んでいる企業もある。中でも代表的なのが、外食産業チェーンの「ニュートーキヨー」だ。

同社はかつて、自社の受発注管理システム「Cerveza」のソースコードをオープンソースとして公開した。Linuxがようやく一般に認知されはじめた1999年のことだ。当時ソースコードを公開する選択をした理由はわからないが、現在もなお、ニュートーキヨーはオープンソースによるシステム構築を継続して推進している。今回紹介する「Olut」も、同社が開発し、ソースコードを公開している「販売管理」のシステムだ。ちなみに「Cerveza」はスペイン語、「Olut」はフィンランド語で、ともに「ビール」のことである。

Olutは開発言語にPHP、データベースにPostgreSQLを採用しており、LAPP/WAPP環境さえ整っていれば、特に別のソフトウェアを追加導入する必要はない。スクリプト一式はOSCARアライアンスのページからダウンロードできる。ただ、詳しいインストールドキュメントが付属しないため、ある程度PostgreSQLやPHPに関する知識が無いと導入が難しいかもしれない。今回は、筆者がカンを頼りに行った基本的な導入手順を紹介しておきたい。なお、PHPのマルチバイト拡張の設定などは、「インストールメモ(OLUT_install_memo_01.pdf)」を参考にして、あらかじめクリアしておこう。

まず、Olut用のデータベースユーザとデータベースを作成する。PostgreSQLの管理者(一般的にはpostgres)の権限で、以下のコマンドを実行しよう。

$ createuser olut
$ createdb -E EUC-JP -O olut olut

データベースへのテーブル作成は、Olutの配布一式に含まれる「sql」ディレクトリ内の定義ファイルで行える。

$ cd PATH_TO_OLUT/sql
$ cat * | psql -e -U olut olut

以上でデータベースの準備は完了。

次はスクリプトファイルの配置だが、基本的には単純にOlutの配布一式をApacheの公開ディレクトリに置けば良い。ただ、PDF帳票の生成に使用される「FPDF」ライブラリに関しては、マルチバイト対応の「mbfpdf10b.zip 」を別途インストールしておく必要がある。インストール手順はmbfpdf付属のreadmeに詳しく解説されているので、そちらを参照して導入して欲しい。

一通りファイルの配置が完了したら、設定ファイル「sys_define.inc」を編集する。デフォルトの状態では開発時のままの設定になっているようで、各リソースへのパスが、Windows上のEclipseワークスペースを参照するようになっている。これを環境に合わせて全て書き換えよう。

define('OLUT_DIR', '/usr/local/apache2/htdocs/olut/');
define('FPDF_FONTPATH','/usr/local/lib/php/fpdf153/font/');
define('OLUT_IMAGE_PATH','/usr/local/apache2/htdocs/olut/image/');
define('OLUT_SYSTEM_PROFILE','/usr/local/apache2/htdocs/olut/OlutProfile.xml');

最後の「OLUT_SYSTEM_PROFILE」定数に定義されているのは、システム利用者の情報を保持する設定ファイルだ。このファイルにも、自社の社名、住所、電話番号等を記述しておく。

<setting name="company_name" value="(株)例" />
<setting name="company_address_1" value="〒111-1111 東京都○○区××町○-○-○" />
<setting name="company_address_2" value="TEL: 03-xxxx-xxxx / FAX: 03-xxxx-xxxx" />

なお、sys_define.inc以外にも、スクリプトにパスがべた書きされている箇所がいくつかある。grepで探してみたところ、ざっと以下のような記述が環境に依存していることがわかる。環境に合わせて修正しておこう。

DeleteCommodity.php: $fn = 'c:\ntc\olut\doc\commodity_delete_list.txt';
ImportAnualInventory.php: $fn = "c:\\ntc\\olut\\data\\cdnennyu\\$fn";
ImportArrivals.php: $fn = "c:\\ntc\\olut\\data\\ntc_data\\$target\\cfidou.txt";
ImportCommodity.php: $fn = 'c:\ntc\olut\master_data\bin\cfsyohin.txt';
ImportInventory.php:// require_once('c:\wampp2\php\pear\DB.php'); // PEAR DB
ImportInventory.php: $fn = "c:\\ntc\\olut\\data\\ntc_data\\$target\\cftana.txt";
ImportShipments.php:// require_once('c:\wampp2\php\pear\DB.php'); // PEAR DB
ImportShipments.php: $fn = "c:\\ntc\\olut\\data\\ntc_data\\$target\\cfnouhin.txt";
ImportStore.php:// require_once('c:\wampp2\php\pear\DB.php'); // PEAR DB
ImportStore.php: $fn = 'c:\ntc\olut\master_data\bin\cftempo.txt';
ImportVendor.php:// require_once('c:\wampp2\php\pear\DB.php'); // PEAR DB
ImportVendor.php: $fn = 'c:\ntc\olut\master_data\bin\cftori.txt';

画面表示を担当するSmartyテンプレート中にも、以下のようにJavaScriptコードでパスが固定されている箇所がある。これも修正が必要だろう。

templates/ShipmentDetailReportForm.tpl:
onclick="javascript:window.open('/eclipse/olut/ShipmentDetailReport.php', '', 'toolbar=no,menubar=no,resizable=yes');">

もともとがニュートーキヨー専用に設計されている分、コードの修正が多少多くなるのもやむを得ない。より汎用的なコードに改善していくのもオープンソースの醍醐味と考え、どんどん修正をフィードバックしよう。

さて、以上でおおまかな設定はOKだろう。ブラウザからOlutの「OlutMainMenu.php」を開いてみよう。認証画面では、ユーザID/パスワード共に「olut」と入力すればログインできる。

もちろん、販売管理のような基幹システムは、企業によって必要とされる要件が大きく異なることが多い。が、Olutは内部的にも非常にシンプルな作りになっている。小規模なカスタマイズなら、比較的簡単に行えるはずだ。

94/112

インデックス

連載目次
第112回 TYPO3とHTMLテンプレート
第111回 TYPO3とデザイン変更
第110回 エクステンションでTYPO3の機能を向上
第109回 TYPO3コンテンツの作成
第108回 いよいよWebサイトを構築
第107回 TYPO3の文字化けを解消
第106回 超高機能CMS TYPO3を使いこなしてみよう(3)
第105回 超高機能CMS TYPO3を使いこなしてみよう(2) - インストール、環境設定
第104回 超高機能CMS TYPO3を使いこなしてみよう(1)
第103回 OSSのナレッジベースaphpkbを活用してみる
第102回 ナレッジツール「aphpkb」で知識共有
第101回 PHProjektの文字化け対策
第100回 LAMPプロジェクト管理ツール - PHProjekt
第99回 プロジェクト管理を効率化しよう - JProjectTimerとGanttPV
第98回 プロジェクト管理を効率化しよう - GanttProject
第97回 EclipseでBusiness Intelligence - BIRTを使ってみよう(3)
第96回 EclipseでBusiness Intelligence - BIRTを使ってみよう(2)
第95回 EclipseでBusiness Intelligence - BIRTを使ってみよう(1)
第94回 Olutで販売在庫管理
第93回 オープンソースのSNS - OpenPNEを試してみる
第92回 SugarCRMの不具合を修正する
第91回 Synergyでキーボード、マウスを共有する
第90回 SugarCRMへのデータ登録を省力化する
第89回 SugarCRMの用語を理解する
第88回 SugarCRM - オープンソースで「ほう・れん・そう」
第87回 Oracle XE - HTML DBでアプリケーションをつくる
第86回 無料のOracle Database XEを試す
第85回 OpenOffce.org 2.0「Base」を使ってみる
第84回 JpGraphでSNMPデータからグラフを生成
第83回 SNMPの活用(4) - ホスト情報をMySQLに自動蓄積~グラフの生成
第82回 SNMP InformantによるWindowsサーバのSNMPエージェント
第81回 SNMPを活用する(3) - マシンから収集した情報を活用~MIBの基本
第80回 SNMPを活用する(2) - Net-SNMPの導入
第79回 SNMPを活用する(1) - サーバの状態を監視~SNMPとは
第78回 Nagios Pluginを使ってサーバをチェック
第77回 Nagiosに監視対象を追加する
第76回 Nagiosにプラグインを導入する
第75回 Nagiosでネットワークを監視する
第74回 DrupalをBlogとして使う
第73回 Drupalを日本語化 - 翻訳ファイルのインポート~設定
第72回 XOOPS、Ploneに続け! - YetAnotherなCMS"Drupal"の導入
第71回 EpozでPloneのコンテンツを編集する
第70回 OpenSolarisをビルドしてみる(2)
第69回 OpenSolarisをビルドしてみる(1)
第68回 ZMIの日本語化とデザインのカスタマイズ
第67回 Zope + CMFのCMS"Plone"を使ってみよう - 基本的なコンテンツの編集
第66回 Zope + CMFのCMS"Plone"を使ってみよう - 導入
第65回 phpCollabでプロジェクト管理(5) - ガントチャートを日本語化
第64回 phpCollabでプロジェクト管理(4) メール送信の文字化けを解消する
第63回 phpCollabでプロジェクト管理(3) phpCollabの不具合を修正
第62回 phpCollabでプロジェクト管理(2) phpCollabの導入
第61回 phpCollabでプロジェクト管理(1)
第60回 osCommerceでショップを構築(7) お勧め商品を表示
第59回 osCommerceでショップを構築(6) MySQLにデータをロード
第58回 osCommerceでショップを構築(6) 分析スクリプト
第57回 osCommerceでショップを構築(5) PHP CLIスクリプト
第56回 osCommerceでショップを構築(4) 処理の手順を考える
第55回 osCommerceでショップを構築(3) 注文データ
第54回 osCommerceでショップを構築(2) - データベース構造
第53回 osCommerceでショップを構築(1) - 導入
第52回 PostgreSQLとMySQLのベンチマークテスト(2) - mysqlbench
第51回 PostgreSQLとMySQLのベンチマークテスト(1) - pgbench
第50回 KH Coderとコーディング・ルール
第49回 茶筌を利用するソフトウェア「KH Coder」
第48回 MySQL 4.0から4.1へのアップグレード 、トラブってませんか?
第47回 茶筌の辞書に単語を登録する
第46回 茶筌とMUSASHIで純和風テキストマイニング
第45回 日本語形態素解析ツール「ChaSen」
第44回 PostgreSQLレプリケーションのまとめ
第43回 PGCluster - 部分レプリケーション
第42回 ロードバランサの冗長構成
第41回 レプリケーションサーバを冗長化する
第40回 システムの急所、SPOFを無くすための考察
第39回 PGCluster データベースクラスタの障害からの復旧(2)
第38回 PGCluster データベースクラスタの障害からの復旧(1)
第37回 PGClusterの動作確認とDBクラスタの障害検出
第36回 1台のホストでPGClusterを試す(2)
第35回 1台のホストでPGClusterを試す
第34回 PGClusterの導入
第33回 PGClusterの特徴
第32回 Slony-Iのslonikコマンドラインユーティリティ
第31回 Slony-Iでデータベースをレプリケーション
第30回 レプリケーションシステム「Slony-I」の導入
第29回 pgpoolの障害復旧手順(2)
第28回 pgpoolの障害復旧手順(1)
第27回 pgpoolの障害検出と縮退運転
第26回 pgpoolでデータベースのレプリケーション
第25回 SQLrelayとpgpoolの効能を試す
第24回 SQLrelayとpgpoolのアプリケーションへの適用範囲
第23回 汎用コネクションプーリングサーバ「SQLrelay」 - 導入編
第22回 pgpoolの導入と設定
第21回 PostgreSQLと可用性(1)
第20回 TEAMSPEAKサーバをMySQLと連携させる
第19回 TEAMSPEAKクライアントの使い方
第18回 TeamSpeakサーバの設定とクライアントからの接続
第17回 TeamSpeakで音声通話 - TeamSpeakサーバのインストール
第16回 データマイニングツール MUSASHI(5) MUSASHIとWEKA
第15回 データマイニングツール MUSASHI(5) 出力のカスタマイズ
第14回 データマイニングツール MUSASHI(4)
第13回 データマイニングツール MUSASHI(3)
第12回 データマイニングツール MUSASHI(2)
第11回 データマイニングツール MUSASHI(1)
第10回 KNOPPIXを利用した手軽な"LAMP"環境
第9回 高機能CMS XOOPS(4) XOOPSを手軽に使うために
第8回 高機能CMS XOOPS(3) 標準以外のモジュールで仕事をスムーズに
第7回 高機能CMS XOOPS(2)Webサイトの構築
第6回 高機能CMS XOOPS(1)導入
第5回 MySQLデータベースを使う
第4回 VMware Workstationでテスト環境を整える
第3回 Linuxデスクトップの実力(2)
第2回 Linuxデスクトップの実力(1)
第1回 仕事の道具、オープンソースという選択

もっと見る



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

紫のクリームに"血の海"を! ギョッとするパンケーキ誕生--注射器ドリンクも
[05:30 9/27] 趣味
脳の若返りには「めい想」1日3分で頭スッキリ
[05:00 9/27] エンタメ
『仮面ライダーゴースト』の西銘駿、シェフ役で連ドラ出演「とても楽しみ」
[05:00 9/27] エンタメ
中条あやみ、目標は「全世界制覇!」『アナザースカイ』新MCに決定
[04:00 9/27] エンタメ
[桑田佳祐]年越しライブ開催を発表 ソロでは4年ぶり
[04:00 9/27] エンタメ

求人情報