【コラム】

行った気になる世界遺産

67 トレドなしにスペインは語れず! 電車に揺られてエル・グレコの幻想世界へ

67/76

スペインの古い格言に、「トレドを見るまでは、スペインを見たことにはならない」と伝えられる歴史都市トレド。あるいは、「もしスペインに一日しかいられないなら、トレドへ行け」とも言われる街です。今回の登場人物は、家族でスペインを観光中の30代女性。スペインの首都マドリードへやってきたものの、サッカー大好きな夫と息子がどうしてもレアル・マドリードのマッチを観たいというので、この日は別行動となりました。

今回の舞台は「もしスペインに一日しかいられないなら、トレドへ行け」と言われる歴史都市トレド

30代女性、男たちと別れて一人旅

「男たちのあの目の輝きっぷりったら。ほんと、サッカーが好きなのね。大人も子どももあったもんじゃないわ。楽しんでらっしゃい。ベッカムとかがいたチームよね、レアル・マドリードって。

おかげで今日はのんびり一人旅。こないだ雑誌の世界遺産特集に『トレドは、マドリードから日帰り可能』ってあって気になってたしね。切抜きを持ってきましたよー。

それにしてもこのアトーチャ駅はすごいわね……まるで熱帯雨林! 世界には変った駅があるものね。乗る電車はあれかな、AVANT。新幹線みたい。

あれ、もう着いちゃった!? 私版世界の車窓から、もう終了かぁ。外国だと景色を見てるだけでも楽しいな。ここはマドリッドと違ってなかなか味わいのある駅ね。すでに世界遺産感、出てるわぁ。旧市街まではちょっと歩くのね。

あっ、丘の上に見えるあの街がトレドね。『エル・グレコが描いた風景画と変らない街がそびえる』って書いてあるけどホントに変らないわ! 色はだいぶ違うけどね……。

建物もなんかマドリードとは違うな~。もっとエキゾチックというか……。『トレドは"3つの文化の街"と言われる』ってあるけど、こういうところにも表れているのかしら。『ヨーロッパでも屈指の大きさを誇る大聖堂』『3つの宗教の様式を示すサンタ・マリア・ラ・ブランカ聖堂』『天才画家の歩みを追体験するエル・グレコ美術館』……行くべきところが多すぎて、本当に日帰りできるのかしら!? 」。


「もしスペインに一日しかいられないなら、トレドへ行け」とは言っても、到底一日では足りなさそうですね。では以下、用語解説です。

ベッカムとかがいたチーム
あまりサッカーに興味がなくても、30代前半であれば日韓ワールドカップの熱狂を高校時代に経験しているもの。容姿端麗なイングランドのスター選手、デーヴィット・ベッカムの名前を覚えている人も多いはず。彼女の高校時代の彼氏は、ベッカムの真似をして髪型をソフトモヒカンにしていた。

雑誌の世界遺産特集
旅行誌はもちろん、女性誌や総合誌、ファッション誌まで世界遺産は様々な切り口で紹介されている。「世界遺産への旅」「死ぬまでに一度は見たい世界遺産」「おなかとココロを満たす世界遺産」「恋する世界遺産」etc……世界遺産の懐の深さよ。

アトーチャ駅
スペインの首都マドリードのハブ駅。モダンな駅舎内には熱帯雨林を思わせる植物園コーナーがあり、池に浮かぶカメが旅人の心を癒やしてくれる。乗車時には荷物検査があり、さながら空港のようなセキュリティ体制が敷かれている。

マドリードのアトーチャ駅名物の植物園コーナー

AVANT
マドリード・アトーチャ駅とトレド駅までを33分で結ぶ特急列車。大体1時間に1本、一日に15便を運行している。

マドリードを離れるとすぐに開けた景色が車窓に広がる。空が広く感じる瞬間

なかなか味わいのある駅(トレド駅)
キリスト教建築とイスラム教建築のスタイルが共存するムデハル様式の歴史的建造物は、トレドを象徴するものである。トレドの駅舎は旧市街の建築様式をふまえ、20世紀初頭にネオ・ムデハル様式で建てられた。アトーチャ駅と比べると異国情緒が漂う。なお、彼女の実感に反して、新しいこの建物自体は世界遺産の登録範囲には含まれていない。

トレド駅。キリスト教建築とイスラム教建築がミックスされたネオ・ムデハル様式で建てられている

エル・グレコが描いた風景画
「トレド眺望」(1597-99)メトロポリタン美術館所蔵。風景画としては珍しい縦の構図をもち、また非現実的な色づかいが異彩を放つ一枚。トレドで活躍した画家エル・グレコが得意とする、縦の構図と劇的な色使いの人物画のスタイルが、そのまま都市の肖像に転用されている。

特徴的な風景画「トレド眺望」が描かれたのは今から400年以上前のこと

"3つの文化の街"
歴史的にユダヤ、キリスト、イスラムの各信者が共存し、時に敵視し合ってきたトレドでは3つの文化が混ざり合った建築や街並みが残されている。この諸文化の混交が、世界遺産に登録された理由のひとつである。

ヨーロッパでも屈指の大きさを誇る大聖堂
トレド大聖堂はゴシック様式とムデハル様式が混ざったこの街ならではの建造物。その規模はヨーロッパでも指折りと言われる。内部も必見。中央礼拝堂の彫刻装飾「トランスパレンテ」や、並みの美術館以上の絵画コレクションを誇る聖具室など見所が多い。

トレド大聖堂。尖塔は遠くからでも見える街のシンボル。エル・グレコの「トレド眺望」にも描かれている

サンタ・マリア・ラ・ブランカ聖堂
もとはユダヤ教のシナゴーグ(会堂)だったがムデハル様式の装飾も見られ、現在はキリスト教の聖堂になっているという「3つの文化の街」トレドをよく体現する建造物。

エル・グレコ美術館
エル・グレコが描いたもう一枚のトレドの風景画「トレドの眺めと地図」をはじめ、この街で数々の傑作を生み出した画家と、その同時代の芸術家たちの作品を観ることができる。

エル・グレコ作「トレドの眺めと地図」

世界遺産データ

『歴史都市トレド』。文化遺産。1986年登録。スペイン。

地図



筆者プロフィール: 小俣 雄風太(おまたゆうた)

「世界遺産検定」事務局の編集部員。自転車ロードレースに魅せられ本場フランスに一年留学。その後イギリスのサイクリングアパレルブランドで広報を務め、世界各地で自転車に乗るうちに世界遺産を強く意識するようになる。検定を通じて世界遺産の魅力と意義を広めたいと奮闘中。

世界遺産検定とは?

世界遺産の背景にある歴史、文化、自然等の理解を深め、学んだことを社会に還元していくことを目指した検定。有名な観光地のほとんどは世界遺産になっているため、旅の知識としても役立つと幅広い世代に人気。
主催: 世界遺産アカデミー
開催月: 3月・7月・9月・12月(年4回)
開催地: 全国主要都市
受検料: 4級3,000円、3級4,500円、2級5,500円、1級9,700円、マイスター1万9,000円、3・4級併願7,300円、2・3級併願9,500円
解答形式: マークシート(マイスターのみ論述)
申し込み方法: インターネット又は郵便局での申し込み
その他詳細は世界遺産検定公式WEBサイトにて。
世界遺産検定公式Twitter
世界遺産検定公式Facebook

67/76

インデックス

連載目次
第76回 「怖い絵」展で話題の「レディ・ジェーン・グレイの処刑」、その舞台は今…
第75回 国会議事堂が世界遺産になっている国があるって知ってる?
第74回 韓国初の世界遺産は郵便配達員のおかげ!? 雨降る山で出会った奇跡の仏像
第73回 世界遺産で唯一の人型と言えば? 世界中の人が夢見るあの人がアメリカを語る
第72回 "宙吊りの家"は文字通りの超絶壁--険しき「クエンカ」は糸ようじとともに!?
第71回 彼と歩いたウィーンは思い出も美しい--カフェ目当ての美術館を見逃した訳
第70回 女子大生的「平等院」の味わい方--フォトジェニックな風景に抹茶グルメも
第69回 「タージ・マハル」の造形美にも勝る王の愛--完全性の崩壊は憎しみゆえに
第68回 ツール・ド・フランス開幕! 世界初の世界遺産となった大聖堂に勝利を誓う
第67回 トレドなしにスペインは語れず! 電車に揺られてエル・グレコの幻想世界へ
第66回 フランスのペレをご存知? モネが印象派を生み、ペレが再建した街をゆく
第65回 石見銀山の世界遺産登録から10年--何かとお得な今、温泉もお酒も楽しんで
第64回 知床の流氷にも負けぬママの塩対応!? 美しきカラフトマスに釣り人もほれる
第63回 プラハをつまみにして飲むならカフカかミュシャか!? 美しき歴史地区に乾杯!
第62回 魅力は旧市街だけじゃない! リヨンは食あり、深い河あり、合コンテクあり!?
第61回 今度のキングコングは降龍伝説の地で大暴れ!? 「髑髏島」の正体とは
第60回 国王来日で話題のサウジアラビア、メッカ巡礼の中で育まれた世界遺産とは
第59回 騎士団の歴史を今に残すマルタ『バレッタの市街』、その街が造られたわけ
第58回 悩ましい環境悪化…トランプ大統領も関心を寄せるフロリダの世界遺産とは
第57回 冬のヴェネツィアもなかなかいいぞ! 中世がよみがえる"無礼講"な10日間
第56回 "陸の孤島"に世界中の人が! 冬に美しさを増す白川郷・五箇山の合掌造り集落
第55回 2017年の干支「ニワトリ」にちなんだ世界遺産とは?
第54回 『逃げ恥』でもロマンを醸し出したラスコー洞窟、実は世界遺産ってご存知?
第53回 原爆ドーム登録20周年--被爆当時の姿を保存し続ける意味は
第52回 映画化第3弾「インフェルノ」、その舞台・フィレンツェを追って
第51回 クーデターで持ち越しされた「紀伊山地の霊場と参詣道」が追加登録に
第50回 街中ガイコツだらけ! 世界遺産の歴史地区で「死者の日」を祝おう
第49回 「紅葉&世界遺産」なら日光へ! 家康の神霊を乗せた神輿めがけて小銭が舞う
第48回 歴史的発見となった「ルーシー」って何? 数百万年前の死因が明らかに
第47回 70年代にアメリカで大ヒットしたドラマと、とある負の遺産の関係
第46回 次のG20開催地・杭州に行くなら、やっぱり西湖は外せない!
第45回 "リオっ子"自慢の美しい港 - リオ五輪のマスコットはあの音楽の……
第44回 苦難の歴史を胸に……2018年に世界遺産を目指す「長崎の教会群」の今
第43回 激動の歴史をもつイスタンブール、なぜ「アヤ・ソフィア」は残されたのか
第42回 コルビュジエは登録なのにライトはだめ? 一筋縄ではいかない建築物の登録
第41回 1万人都市が大噴火で一夜で消滅、その後発掘された遺跡が今では世界遺産に
第40回 オリンピックの聖火が採火される場所って? その地は今では世界遺産に
第39回 連休なのにノープラン……今からでも間に合う世界遺産めぐりの旅
第38回 ケリー米国務長官の提案でG7も訪問した「原爆ドーム」はもともと何の建物?
第37回 世界遺産に登録されている大学って? その壁画の意味が深い
第36回 桜にちなんだ"女神様"がいる世界遺産の神社をご存知?
第35回 「長崎の教会群」取り下げで揺れる中、都内のあの美術館が世界遺産に!?
第34回 ベトナム最後の王朝の街は戦争の足跡を残す街 - 目にもおいしい料理も健在
第33回 「中欧3都市周遊」で寄り道! "世界一美しい町"は石畳の坂道にご注意を
第32回 なぜ人々は1,700年もの間、心の拠り所として「歯」に祈りを捧げているのか
第31回 2016年の干支「申」に関係する世界遺産を考えてみた
第30回 世界遺産のお寺で除夜の鐘を! 藤原清衡が「中尊寺」の鐘に託した想いとは?
第29回 「20世紀最大の考古学的発見」の当事者は農民のおじさんだった
第28回 ガウディと並ぶ建築の巨匠モンタネルが残した世界遺産の病院が美しすぎる
第27回 「明治日本の産業革命遺産」は静岡にも! この遺産、日本初のパンと関係が!?
第26回 『顔のないヒトラーたち』から思う、「負の遺産」の意義
第25回 世界遺産の街・ウィーンで「美術史美術館」巡り - "世界一美しいカフェ"も
第24回 化石出土地は文化遺産か自然遺産か? 「ジャワ原人」のルーツがここに!
第23回 かつて世界の銀産出量の半分を担った銀山のあるラテンアメリカの街は今……
第22回 入国はメコン川を越えて - 世界遺産の古都は名物の托鉢で夜が明ける
第21回 ケルン駅舎そばで誰もが見上げるゴシック建築! 確かにそれは天にも届きそう
第20回 先住民が名づけたその世界遺産は、その時々で"顔"が変わる
第19回 公開できない日本の世界遺産! 中には日本の近代化を支えた赤レンガ建造物も
第18回 ジブリファンの聖地! アドリア海の宝石「ドゥブロヴニク」に残る傷跡
第17回 首都全体が巨大な飛行機に!? 南米に建築界の巨匠が壮大な"近未来"を具現化
第16回 モーツァルトを生んだ美しい歴史地区は今日も音楽に包まれていた
第15回 モロッコで最もパワフルで猥雑なマラケシュ、世界遺産の広場は夜が楽しい
第14回 世界初の世界遺産、「シンドラーのリスト」の古街には欧州一広大な広場も
第13回 「明治日本の産業革命遺産」になぜ住宅? 中には坂本龍馬の隠し部屋も??
第12回 文明の息吹を残す天空都市! そこは確かに一生に一度は行くべき世界遺産
第11回 龍がはいた真珠が何千もの奇岩に!? エメラルドグリーンの海に広がる奇景
第10回 300年構想の超絶美な贖罪聖堂、実はガウディが設計したわけではない!?
第9回 細く長い階段の先で"屋根のない美術館"を眺望! 今もルネサンスの風が吹く街
第8回 まさに生きた氷河! 光で変化する巨大な氷河は崩落時の音もスゴい
第7回 中世の空気が今も漂う、そこは絵本から抜け出したような街だった
第6回 目の前には水墨画で見た風景が! 中国の原風景のそばで名物のお茶を一杯
第5回 欧州とアジアが混在した街で歴史の変遷を知る、そして僧は祈るために回る
第4回 ジャングルの奥には「悪魔ののど笛」が待っている! 壮大過ぎる自然がそこに
第3回 街がそのまま「建築の博物館」に! 数百の歴史的建造物による絶妙な美しさ
第2回 独創過ぎるデザインで「構造設計上実現不可能」とも言われた世界遺産
第1回 その壮大さにきっと誰もが興奮!「アンコールワット」は一日の中で変化する

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事