【コラム】

Windows XPスマートチューニング

215 「システム構成ユーティリティ」のスタートアップ項目を整理する

 

215/242

こんにちは、阿久津です。16日に出版関係者向けのメイリオに関するセミナーが開催 、今月末にはWinHEC 2006が開催されるなど、Windows Vistaに関するイベントが次々と動き出しています。TechNetやMSDNでも少しずつ技術資料が公開され、Windows Vistaの全貌が明らかになりつつありますが、それでも使い続けなければならないのが目の前のWindows XP。筆者のサイトには、意見や連絡を頂戴するための投稿フォームを設けておりますが、先日非常に興味深い投稿を受け取りました。簡単ですが、そのやりとりおよび解決までの流れをご説明します。

ここでは仮にAさんとして話を進めましょう。Aさんはショップブランド製のPC上でWindows XPを使っていたそうですが、シャットダウン処理によって電源切断しても、数秒後にはPCの電源が勝手に入ってしまうという奇怪なトラブルに悩まされているそうです。詳細な状況解説と丁寧な説明も然ることながら、以前筆者も似たようなトラブルに見舞われたため、非常に興味を持ち、稚拙な知識をフル稼働してアドバイスさせて頂きました。

筆者個人の予想では電源管理を行う以上、BIOSもしくはNICのWoL(Wake On LAN)が疑わしく感じます。ご存じのとおり、BIOSでは指定時間に電源を入れる機能を持ち、WoLはネットワーク経由で他のコンピュータから起動することが可能。しかし、Aさんの説明ではBIOS設定も確認し、別パーティションにインストールしたWindows 2000は問題なく動作するとのこと。となると、絞られるのはNICの設定です。同氏は各デバイスドライバの電源管理状態(プロパティダイアログの<詳細>タブにあるドロップダウンリストの「現在の電源状態」「電源機能」「電源状態マッピング」)をすべて確認し、問題がないことを確認した上で、NICのプロパティダイアログに設けられた<詳細設定>タブから各種設定を変更。同氏がお使いのNIC「3Com Gigabit LOM 3C940」では、WoLに関連する項目が「wake up Capabilities」として用意されているらしく、この設定を無効にした状態で電源が正しく切断されるようになったそうです。

興味深いのはこの後の話。再起動後、同項目を初期状態に戻しても再度同じトラブルは発生せず、正しく電源切断できるとのこと。つまり、同項目の設定が影響を及ぼしているわけではなさそうです。Aさんの言葉を借りれば『設定タブを開くことが前提になっているなど考慮不足が含まれているのでは』。たとえばプロパティダイアログを開いて、任意の詳細設定項目を変更した後に<OK>ボタンで変更を適用すると、その項目設定だけでなく、Windows XPのネットワーク設定など多岐に渡るレジストリ項目の更新が行われます。この処理がトラブル解決のトリガーになったのではないでしょうか。

筆者は3Com製NICを使っていないため、同様の現象を検証することはできませんが、この種のトラブルの多くはBIOSやNICの設定が影響を及ぼしている可能性が高く感じます。たとえばIntel製NICドライバの場合、「PMEをオンにする(APMもしくはACPIによる電源管理を行う)」「Wake on LINK 設定(ネットワーク再接続時にAPM電源管理による電源ONを行う)」「Wake on 設定(ネットワーク経由でPCの電源ONを行う)」と、先のトラブルに関連する項目が存在するため、同種のトラブルに見舞われている方は、それぞれの設定をご確認なさってみてはいかがでしょうか。私事ですがトラブル改善後もレポートをお送りくださったAさんには、この場を借りてお礼申し上げます。

閑話休題。スタートアップ情報はWindows XPを安全かつ快適に使うため、常日頃からチェックしておきたい情報です。これらの情報はHKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ run(システム全体はHKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Run)に格納されていますが、レジストリを直接チェックせずに「システム構成ユーティリティ」などのユーティリティツールを用いてチェックされる方が多いのではないでしょうか。今回のターゲットはこの「システム構成ユーティリティ」。同ツールの<スタートアップ>タブでは、起動から取り除いたスタートアップ項目がチェックオフされた状態でリストアップされます。

長く同ツールを使っていると、この無効にしたスタートアップ項目が多く残ってしまうため、管理しにくくなるのではないでしょうか。そこで今回は、「システム構成ユーティリティ」のスタートアップ項目を整理するチューニングを紹介しましょう。

  1. <スタート>メニュー→<ファイル名を指定して実行>と選択。
  2. 名前欄に半角で「regedit」と入力し、<OK>ボタンをクリック。
  3. レジストリエディタが起動したら、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Shared Tools \ MSConfigまでキーをたどって開く(システム構成ユーティリティを一度も使用したことのないマシンにはこのキーがない場合があります)。
  4. startupregキーを右クリックし、メニューから<削除>を選択。
  5. 確認をうながすダイアログが現れたら<はい>ボタンで削除を実行する。
  6. startupfolderキーを右クリックし、メニューから<削除>を選択。
  7. 確認をうながすダイアログが現れたら<はい>ボタンで削除を実行する。
  8. servicesキーを右クリックし、メニューから<削除>を選択。
  9. 確認をうながすダイアログが現れたら<はい>ボタンで削除を実行する。
  10. レジストリエディタを終了する。

これで設定完了です。<スタート>メニュー→<ファイル名を指定して実行>と選択し、名前欄に半角で「msconfig」と入力後<OK>ボタンをクリックして「システム構成ユーティリティ」を起動したら、<スタートアップ>タブをクリックして開いてください。それまで、チェックオフされたまま残っていたスタートアップ項目がなくなっているはずです。ステップ4~7までのstartupregキーおよびstartupfolderキーは<スタートアップ>タブにおける非チェック項目で、ステップ8のservicesキーには<サービス>における非チェック項目です。今回はすべて削除していますが問題がある場合は、あらかじめレジストリ情報をエクスポートしてから実行してください。

それでは、また次号でお会いしましょう。

阿久津良和(Cactus)

215/242

インデックス

連載目次
第242回 Internet Explorer 7の自動インストールを無効にする
第241回 Internet Explorer 7の初回設定をスキップする
第240回 Internet Explorer 7のクィック検索ボックスを非表示にする
第239回 Internet Explorer 7のメニューバーを旧バージョンのように表示させる
第238回 新規項目を削除するレジストリファイルを作成する
第237回 レジストリエディタの使用を無効にする
第236回 VHD形式ファイルをコンテキストメニューからマウントする
第235回 アプリケーション互換性エンジンを無効にする
第234回 エラーモードを変更する
第233回 Console IMEを無効にする
第232回 Windows Vista RC1のAdministratorアカウントを有効にする
第231回 Windows VistaのUACを無効にする
第230回 コントロールパネルにプログラムのショートカットアイコンを追加する
第229回 IE用修正プログラムを強制的にインストールする
第228回 PROXY設定が原因で一部のオンラインコンテンツを再生できないWMPを修正する
第227回 パスワードにまつわる設定を行なう
第226回 「ようこそ」画面に表示するアカウントを操作する
第225回 エクスプローラなどのメニューバーを非表示にする
第224回 クラシックなユーザー設定ダイアログをコントロールパネルに追加する
第223回 特定メディアファイルのサムネイルを無効にする
第222回 HTMLファイルなどをサムネイル表示する
第221回 Windows XP終了時にスクリプトを実行する
第220回 特定のプログラムを使用禁止にする
第219回 Windows Mailのスプラッシュ画面を無効にする
第218回 Internet Explorerのアップデートチェック機能を無効にする
第217回 NICのMACアドレスを書きかえる
第216回 コンテキストメニューから「送る」を削除する
第215回 「システム構成ユーティリティ」のスタートアップ項目を整理する
第214回 「プログラムの追加と削除」の更新プログラムを強制表示する
第213回 Opportunistic Lock機能を有効にする
第212回 システムの復元をレジストリから無効にする
第211回 Virtual Server 2005 R2用VMリモートクライアントの警告メッセージを抑制
第210回 自動チェックディスク時の待ち時間を変更する
第209回 Outlook 2003の個人用フォルダファイルサイズを制限する
第208回 ディスクレイアウトの最適化を強制実行する
第207回 ポップアップ許可リストをレジストリから作成する
第206回 Internet Explorer 7の検索サイトを変更する
第205回 HTMLファイルの保存時のコネクション機能を無効にする
第204回 マイコンピュータの共有ドキュメントを非表示にする
第203回 縮小表示のキャッシュデータ作成を無効にする
第202回 フォルダオプションを無効化する
第201回 デスクトップアイコンのプロパティ呼び出しを抑制する
第200回 タスクマネージャの動作をコントロールする
第199回 共有フォルダ内のファイルアクセススピードを向上させる
第198回 デスクトップテーマを固定・Themesサービスを停止する
第197回 システム設定を行うバッチファイルを作成する
第196回 「Windowsのセキュリティ」の各操作を無効にする
第195回 「プログラムの追加と削除」の各機能を抑制する
第194回 SP2適用済IE6.0のアドオン管理を無効にする
第193回 エクスプローラの自動補完機能を無効にする
第192回 システムの復元領域の最大値を変更する
第191回 IEのキオスク(シアター)モードを無効にする
第190回 WMPのオートアップデートを無効にする
第189回 <アプリケーションから開く>を整理する
第188回 ログオンおよび再ログオンを自動化する
第187回 IEの履歴をまとめて削除するバッチファイルを作成
第186回 WSHを使ってレジストリ編集を行う
第185回 IE6SP2にエスケープ文字を含むローカルパスを認識させる
第184回 システムの復元領域をレジストリから設定する
第183回 ネットワークドライブの作成を抑制する
第182回 IE6 SP2に特定のアドオンのみ有効にする
第181回 [無変換]キーに[Windows]キーを割り当てる
第180回 リモートアシスタンスを無効にする
第179回 ユーザー環境変数をレジストリから操作する
第178回 PDFファイルのダウンロードダイアログを有効にする
第177回 縮小画面(サムネイル)のキャッシュ保存を無効にする
第176回 プロパティダイアログの"セキュリティ"タブを非表示にする
第175回 Windows XPに自動ログオンする
第174回 右クリックメニューの"別のユーザーとして実行"を無効にする
第173回 パスワードを持っていないアカウントでリモートデスクトップ接続する
第172回 リモートデスクトップ接続許可をレジストリから設定する
第171回 アイドル時のHDD最適化をコントロールする
第170回 ブラウズマスタの設定を変更する
第169回 レジストリからスピーカ設定を変更する
第168回 WMP使用時に現れるエラーを回避する
第167回 グループポリシーのスタートアップスクリプトを正しく実行する
第166回 「ディスククリーンアップ」の精度を高める
第165回 Windows XP/Office 2003のエラー報告機能を無効にする
第164回 USBコントローラのエラーメッセージを抑制する
第163回 SUS使用時の自動更新による強制再起動を無効にする
第162回 共有プリンタアイコンを削除する
第161回 電源管理の初期設定を変更する
第160回 スタートメニューの表示項目を変更する
第159回 番外:Windows Genuine Advantage Programをチェックする
第158回 XPのTCP/IPスタックを強化する
第157回 Internet Explorer 6.0のアドレスバーレイアウトを初期化する
第156回 起動するプログラムを明示的に最前面表示する
第155回 IEEE1394デバイスのパフォーマンスを設定する
第154回 デフォルト管理共有を無効にする
第153回 NTFSの暗号化機能を無効にする
第152回 CD-R/RWドライブをXPの書き込み機能に認識させる
第151回 Windows File Associationsとの連動を無効にする
第150回 USBストレージデバイスをリードオンリーにする
第149回 Outlookで任意の添付ファイルを受信する
第148回 クールスイッチのサイズを変更する
第147回 Windows Media Player 10の右クリックメニューを整理する
第146回 Windows XPや各アプリケーションの履歴をクリアする
第145回 XP SP2のOutlook Expressで折り返し設定を有効にする
第144回 Cookieのサイト管理情報を保存する
第143回 SP2を適用したIE6の「セキュリティの警告」を無効にする
第142回 WMP10のフルスクリーン時に現れるシークバーのタイミングを変更する
第141回 WebDAVサーバ接続時のベーシック認証を有効にする
第140回 「セキュリティセンター」の警告バルーンを無効にする
第139回 問い合わせたDNSサーバ以外からの応答を受け取らない
第138回 ネットワーク接続のメトリック値を手動設定する
第137回 「セキュリティセンター」を無効にする
第136回 NTPサーバによる時刻設定の範囲を指定する
第135回 シェルカラムハンドラを無効にする
第134回 Windows Updateへのアクセスを抑制する
第133回 データ実行防止機能を手動で設定する
第132回 Windows(MSN) Messengerのバルーンを無効にする
第131回 ネットワーク上にあるマイドキュメントフォルダの参照スピードを改善する
第130回 Autoexec.batの参照を無効にする
第129回 クラッシュダンプファイルの作成を抑制する
第128回 UPnP機能を完全に無効にする
第127回 UNCパスのチェック機能を無効にする
第126回 フォルダウィンドウのサイズを初期化する
第125回 任意の拡張子を直接実行する
第124回 Internet Explorer 6の一部機能を制限する
第123回 タスクボタンの既定サイズを変更する
第122回 Windows Mediaファイルに含まれるスクリプトを無効にする
第121回 自動デスクトップクリーンアップ機能の実行日数を調整する
第120回 アドレスバーで使用する検索サイトを変更する
第119回 「ハードウェアの安全な取り外し」ダイアログを呼び出す
第118回 USBデバイスのサスペンド機能を抑制する
第117回 USBメモリデバイスを無効にする
第116回 IEのセキュリティゾーンにマイコンピュータを追加する
第115回 TCP/IP用メディア検出機能を無効にする
第114回 オフラインファイルの同期モードを変更する
第113回 Windows Media Player 9関連のメニューを削除する
第112回 デスクトップのクリーンアップを強制的に無効にする
第111回 プレースバー選択時のダイアログボックスの表示形式を変更する
第110回 WMPのストリーム再生エラーを回避する
第109回 リモートデスクトップの履歴を削除する
第108回 特定アプリでユーザー名:パスワード形式のURLを許す
第107回 IEの「お気に入り」の表示順を保存する
第106回 16ビットアプリケーションを別メモリ領域で実行する
第105回 ログオン時にIMEツールバー表示を無効にする
第104回 マイネットワークをすばやく開く
第103回 オンラインソフトでレジストリを最適化する
第102回 ThinkPadの<Access IBM>ボタンから呼び出すアプリを設定する
第101回 <スタート>メニューに表示するWebブラウザを変更する
第100回 NICのタスクオフロード機能を有効にする
第99回 最小化したOutlook 2003をタスクトレイに表示
第98回 IEのKeepAliveタイムアウト値を設定する
第97回 特定のサービスを無効にするレジストリファイルを作成する
第96回 IE5/6の「新しいプロセスでブラウズを開始」をコントロールする
第95回 コマンドプロンプトのコマンド拡張機能の設定を確認する
第94回 Windows Installerのロールバック機能を無効化する
第93回 ようこそ画面にある未読メールの有効期限を決める
第92回 IEのファイル保存先を指定する
第91回 デスクトップに特殊フォルダを作成する
第90回 16ビットアプリ実行時のエラーを回避する
第89回 インターネット印刷機能を無効にする
第88回 「マイ コンピュータ」を開くのを早くする
第87回 IEの「リンク」フォルダを非表示にする
第86回 アイコンキャッシュのサイズを拡張する
第85回 シャットダウンイベント追跡ツールを有効にする
第84回 フォルダ情報の保存領域を減らす
第83回 MSN Messengerをインストールした環境でOutlook Expressの起動を早くする
第82回 WMVファイルがあるフォルダへのアクセスを高速化
第81回 リモートデスクトップ接続の自動再接続機能を有効にする
第80回 タスクトレイから過去の履歴をクリアする
第79回 IEと.NETパスワードの保存機能を無効にする
第78回 ファイルを「ごみ箱」に入れずに削除する
第77回 ファイル&フォルダの並び順を変更する
第76回 ユーザー操作追跡機能を無効にする
第75回 HDDの転送モードが変更される問題を解決する
第74回 回復コンソールの設定を変更する
第73回 マウスポインタの移動速度を高速化する
第72回 ページテーブルエントリの値を変更する
第71回 検索メニューをローカルディスクオンリーにする
第70回 エクスプローラのちらつきを押さえる
第69回 ネットワークドライブの共有時間を伸ばす
第68回 HDDの空き容量不足通知の値を設定する
第67回 「Server」サービスのネットワーク設定を最適化する
第66回 ネットワーク経由のレジストリアクセスをコントロールする
第65回 IE&OEを再インストールする
第64回 ディスククリーンアップから圧縮ファイルを外す
第63回 ドライバの"データが無効です"を回避する
第62回 使っていない「.DLL」ファイルをアンロードする
第61回 USBのポーリング間隔を変更する
第60回 Microsoft VMのガベージコレクションをコントロールする
第59回 DLLファイルの検索順番を変更する
第58回 RPCパケットサイズを変更する
第57回 ドライブアイコンの右クリックメニューに機能を追加する
第56回 「SYN Flood Attacks」から身を守る
第55回 「最近使ったファイル」に表示されるファイル数を変更する
第54回 Master File Table領域を拡大する
第53回 デスクトップアイコンの整列順を入れ替える
第52回 ファイルの属性変更を抑制する
第51回 AVIファイルがあるフォルダへのアクセスを高速化
第50回 ログオン画面の各種設定を行う
第49回 IEEE1394経由のHDDにダイナミックディスクを適用する
第48回 NTFSのファイルコンバートを効率よく行う
第47回 Windows 98/Meへのネットワークブラウジングを快適にする
第46回 「マイコンピュータ」にユーザー名を表示する
第45回 「レジストリエディタ」の最終エントリをクリアする
第44回 スクリーンセーバー関連の設定を変更する
第43回 アクティブデスクトップを無効にする
第42回 自動更新機能をレジストリから設定する
第41回 SP1を統合したセットアップファイルを作成する
第40回 QoSのパケットコントロールサイズを設定する
第39回 QoSの予約可能な帯域幅を制限する
第38回 起動/終了時に詳細メッセージを表示させる
第37回 実行ファイルのエイリアスを作成する
第36回 ショートカット解決時の包括的な検索を無効にする
第35回 "よく使うプログラム"欄をカスタマイズする
第34回 「インターネット時刻」の設定を変更する
第33回 ログオン/アカウントの設定を変更する
第32回 右クリックメニューに<暗号化>を追加する
第31回 デバイスマネージャですべてのデバイスを表示する
第30回 エクスプローラを別プロセスで実行する
第29回 ログオフ時もダイヤルアップ接続を維持する
第28回 XPでSystem File Protectionを無効にする
第27回 グループポリシーの適用をスピードアップする
第26回 コマンドプロンプトの仕様を変更する
第25回 Windows XPのプレースバーをカスタマイズする
第24回 リンクチェック機能を無効にする
第23回 Windows Messengerをカスタマイズする
第22回 リムーバブルディスクの使用を抑制する
第21回 バルーン表示を無効にする
第20回 タスクバーのグループ化する値を変更する
第19回 「マイネットワーク」に自分のPCアイコンを表示させない
第18回 「.ZIP」「.CAB」を検索対象から外す
第17回 ログオンダイアログにユーザー名を表示させない
第16回 パソコンの電源を切るショートカットを作る
第15回 「reg.exe」の使い方を覚える その2
第14回 「reg.exe」の使い方を覚える その1
第13回 <縮小版>の設定を変更する
第12回 バルーン機能を無効にする
第11回 アプリケーションのハングアップに対処する
第10回 「デフラグ」を自動実行する
第9回 言語バーを無効にする
第8回 SPAMメールへの対策
第7回 XP未対応のインタフェースデザインを変更する
第6回 バックグランド印刷を快適にする
第5回 「Office Update Inventory Tool 1.0」の自動実行ファイルを作成
第4回 共有ドキュメントフォルダをマイコンピュータから削除
第3回 リモートデスクトップ接続のポート番号を変更する
第2回 ACPI対応のHALに変更する
第1回 「プログラムの追加と削除」の表示コンポーネントを拡張する

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

LiSA、NEWシングル「Brave Freak Out」のリリースイベントを幕張で開催
[22:02 8/25] ホビー
auがサッカー日本代表を強力にサポート! - ハリル監督「KDDIと契約できて誇りに思う」
[21:50 8/25] スマホとデジタル家電
[Re:ゼロから始める異世界生活]人気アニメがゲーム化
[21:50 8/25] ホビー
「弥次喜多」を茶室の障子に描き下ろし!しりあがり寿「回・転・展」in 愛知
[21:50 8/25] ホビー
[いきなり!黄金伝説。]テレ朝長寿バラエティーが9月で終了 18年の歴史に幕
[21:48 8/25] エンタメ