【コラム】

Windows 8.1ミニTips

51 オンラインストレージ「OneDrive」の基礎知識

 

51/146

最近、容量が15GBに増えたオンラインストレージ「OneDrive(ワンドライブ)」。Windows 8.1からOSに統合され、シームレスな使い方が可能になった。そんなOneDriveに関する基本的な知識を紹介しよう。

「Windows 8.1ミニTips 第17回」より、2014年4月9日にリリースされたWindows 8.1 Updateを適用した環境を対象としています。

紆余曲折をたどった「OneDrive」

「オンラインストレージ」とは、ネットワークの向こうにある記憶領域に、ファイルなどを保存できるストレージの一種。その形式から、「クラウドストレージ」や「リモートストレージ」といった呼ばれ方をすることもあるが、大抵は同じの仕組みを指している。

オンラインストレージを利用するメリットの1つが、ネットワーク接続環境さえあれば、どのデバイスからでも参照できる点だ。例えば、本原稿の保存先としてOneDriveを選択した場合、外出先からスマートフォンやタブレットを使って続きを書くことができる。

「OneDrive」を現すイメージイラスト。OneDriveがサポートする各デバイスとネットワーク環境があれば、いつでもファイルを参照・編集できる

当初「Windows Live Folders」としてローンチした2007年頃は、使用可能な容量も500MBだったが、同年中に「Windows Live SkyDrive」へ改称。この時点の容量は1GB。2008年には5GBに拡大し同種サービスを展開するライバルから抜きん出るため、さらに25GBへと拡大した。

2012年には7GBまで削減されたが、Windows Liveブランドの解消により「Microsoft SkyDrive」へ改称。さらに他社とのブランド名衝突問題により、現在の「OneDrive」へ改称した。2014年7月には、サインアップ時の容量を15GBに増やしている。なお、Windows 8.1やiOS、Android端末で撮影した写真のOneDrive自動バックアップを設定すると、「カメラロールのボーナス」として3GBが無料で増える。多くの人は、無料で使えるOneDriveの容量が18GBになっていることだろう。

「OneDrive」へのアクセス方法

このように、ベータ版の時代を含めて名称を頻繁に変え、無料の容量は時代に合わせて増減を繰り返してきた。だが、Windows 8.1によるエクスプローラーとの統合で使いやすくなったことは、各社オンラインストレージサービスと比較しても、OneDriveが抜きん出たポイントと言ってよいだろう。

Windows 8.1におけるOneDriveへのアクセス方法は3つある。まずはエクスプローラーのナビゲーションウィンドウにある「OneDrive」をクリック/タップする方法。こちらは直接オンラインストレージ(OneDrive)にアクセスするのではなく、「%USERPROFILE%」フォルダー下の「SkyDrive」フォルダーを参照している。

エクスプローラーのナビゲーションウィンドウにある「OneDrive」をクリック/タップすればファイルにアクセスできる

「Win」+「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を起動し、テキストボックスに「%USERPROFILE%」と入力し「OK」ボタンをクリック/タップする

OneDriveの同期フォルダーとなる、ローカルの「OneDriveフォルダー」が存在する

環境によってはフォルダー名が「OneDrive」に改称されている場合もあるが、これは同フォルダー内にある「desktop.ini」で設定されているので、実フォルダーが「%USERPROFILE%\SkyDrive」であることに変わりはない。

ちなみに、OneDriveフォルダーのプロパティダイアログには「場所」タブが用意されている。ここの「移動」ボタンを使えば、実フォルダーを別ドライブなどに移動させることも可能だ。メインストレージがSSDで空き容量に不安がある場合などに試してほしい。

OneDriveフォルダーのプロパティダイアログにある「場所」タブから、実フォルダーの場所も変更できる

次は「同期」の話だ。Windows 8.1は「OneDrive Sync Engine(SkyDrive.exe)」というプログラムを常駐させ、上記のOneDriveフォルダー(ローカル)とオンラインストレージの同期を適切なタイミングで実行している。

タスクスケジューラーから自動起動する「SkyDrive.exe」。オンラインストレージとの同期などを担っている

同期の手動実行や一時停止などは、通知領域に常駐するOneDriveアイコンから操作可能だ。アイコンをクリック/タップすると、最終同期からの経過時間や同期状態が示される。ここから同期の手動実行、一時停止といったアクションも実行可能だ。なお、下図の画面にするには、Windows Updateで通常はオプションとなる「KB2962409」を適用する必要がある。

通知領域のOneDriveアイコンをクリック/タップした状態。同期状況の確認やアクションが実行できる

一方で、通知領域のOneDriveアイコンを右クリック/長押しすると、同じようにメニューが現れるのをご存じだろうか。前述した各アクションの実行項目に加えて、Webサイトへのアクセス方法やモダンUI上の設定ページを呼び出す項目が並ぶ。

通知領域のOneDriveアイコンを右クリック/長押しした状態。各アクションに加えてエクスプローラーの起動やWebサイトへのアクセスを実行できる

この「OneDrive Webサイトに移動」をクリック/タップすれば、Webブラウザーによるアクセスが可能だ。さらにスタート画面に並ぶWindowsストアアプリの「OneDrive」によるファイル操作も行える。誌面が尽きてきたので、続きは次回お送りしよう。

WebブラウザーでOneDriveにアクセスした状態。エクスプローラーと同じく画像ファイルや動画ファイルはサムネイル機能が働く

こちらはWindowsストアアプリのOneDrive。エクスプローラーベースでWindows 8.1を使う場合、使用頻度は高くない

阿久津良和(Cactus)

51/146

インデックス

連載目次
第146回 「PC設定」の各カテゴリーをコマンドラインから呼び出す
第145回 BitLockerドライブ暗号化の解除はストレージ速度の改善につながるか
第144回 Windowsファイアウォールのルール設定を復元する
第143回 Windowsファイアウォールのルール設定をバックアップする
第142回 HDD/SSDのパーティションを操作する●つの方法 - 分割編
第141回 HDD/SSDのパーティションを操作する●つの方法 - 結合編
第140回 タスクスケジューラから不要な「タスク」を整理する
第139回 タスクマネージャーを使ってスタートアッププログラムを整理する
第138回 Windows Updateのトラブルを解決する●つの方法 - 手動編
第137回 Windows Updateのトラブルを解決する●つの方法 - 自動編
第136回 既定の設定を確認してWindowsストアアプリ版IE 11を使用可能にする
第135回 検索チャームから不要な検索結果を取り除く
第134回 カスタム回復イメージでPCをリフレッシュする
第133回 万が一とWindows 10への備え、カスタム回復イメージを作成する
第132回 通知領域のアイコンの設定と動作を検証
第131回 「Windows 10を入手する」の動作を検証
第130回 自動デフラグの実行タイミングを変更する
第129回 死の青画面「ブルースクリーン」をコントロールする●つの方法
第128回 Windowsの画面を取り込む●つの方法 - ツール編
第127回 Windowsの画面を取り込む●つの方法 - ショートカット編
第126回 謎の共有フォルダー「管理共有」を無効にする
第125回 共有フォルダーに対する「アクセス許可」を理解する
第124回 Windows資格情報を確認・編集する
第123回 ネットワークドライブを作成する
第122回 イチから見直す共有フォルダーの設定
第121回 ネットワークに存在する他のPCを参照する
第120回 Windowsが備える2つの圧縮機能を使いこなす - NTFS圧縮編
第119回 Windowsが備える2つの圧縮機能を使いこなす - 圧縮フォルダー編
第118回 コンピューター名を「変更」する●つの方法
第117回 コンピューター名を「確認」する●つの方法
第116回 エクスプローラーの「送る」メニューを便利に使う
第115回 直前の操作をキャンセルする●つの方法
第114回 Internet Explorer 11のタブを便利に使うショートカットキー
第113回 今さら聞けない「2つのInternet Explorer 11」
第112回 ゲストアカウントと管理者アカウントを有効にする・後編
第111回 ゲストアカウントと管理者アカウントを有効にする・前編
第110回 高速スタートアップが使うハイバネーションファイルのサイズを変更する
第109回 コールドブート(通常の起動)を行う完全シャットダウンを実行する
第108回 「高速スタートアップ」有効時、BIOS/UEFIを呼び出すには
第107回 高速スタートアップを有効にする
第106回 任意のフォルダーをOneDriveフォルダーに加える
第105回 Windows 8.1のインストールメディアはネットからダウンロード
第104回 「アクセスが拒否されました」って何?
第103回 特定のユーザーフォルダーを別ドライブに移動する
第102回 Windows 8.1の自動スリープ解除、原因を探って無効化する
第101回 自動メンテナンスによるスリープ解除を無効にする
第100回 「プログラム互換性アシスタント」を制御する●つの方法
第99回 アプリビューの表示カテゴリを作成して「ランチャー」機能をカスタマイズ
第98回 USBメモリーやUSB HDDへの書き込みを禁止する(diskpartコマンド編)
第97回 USBメモリーやUSB HDDへの書き込みを禁止する(ポリシー編)
第96回 管理者権限でアプリを実行する●つの方法
第95回 Windows Defenderのクイックスキャンはいつ実行されるのか?
第94回 セキュリティソフト「Windows Defender」の定義ファイルを更新する・後編
第93回 セキュリティソフト「Windows Defender」の定義ファイルを更新する・前編
第92回 タスクバー上のタッチキーボードを完全に無効化する
第91回 「PC設定」の項目をコマンドラインから呼び出す - その2
第90回 「PC設定」をコマンドラインから呼び出す - その1
第89回 純正ツールでWindows 8.1セットアップ用ISO/USBメモリーを作成する
第88回 通知領域のアイコンをシンプルに管理する
第87回 便利? 面倒? 「メニューバー」の不思議
第86回 「タスクマネージャー」を使いこなす●つの方法
第85回 OneDriveのドキュメントフォルダーにドライブを割り当てる
第84回 Windows 8.1で「システムの復元」を使いこなす・後編
第83回 Windows 8.1で「システムの復元」を使いこなす・前編
第82回 「ディスク(の)クリーンアップ」でディスクドライブの空き容量を増やす
第81回 デスクトップの背景に好きな写真を使う
第80回 スライド操作でWindows 8.1タブレットをサクッとシャットダウン
第79回 今さら聞けない「標準ユーザーアカウント」と「管理者アカウント」の違い
第78回 Windows 8.1タブレットの省エネ設定を見直す・後編
第77回 Windows 8.1タブレットの省エネ設定を見直す・前編
第76回 自動メンテナンスの実行タイミングを指定する
第75回 フォルダーのパスを簡単に参照・コピー、フォルダーをすばやく移動
第74回 クイックアクセスメニュー(WinXメニュー)を効率よく使う●つの方法
第73回 モダンUIのマウスジェスチャーを無効にする●つの方法
第72回 フォルダーの表示形式をリセット/適用してエクスプローラーを使いやすく
第71回 アプリをタスクバーにピン留めする●つの方法
第70回 意外と便利な「ファイル履歴」 - バックアップの保持期間と削除
第69回 意外と便利な「ファイル履歴」 - バックアップの除外フォルダーと実行間隔
第68回 意外と便利な「ファイル履歴」 - 復元編
第67回 意外と便利な「ファイル履歴」- バックアップ編
第66回 検索機能をあまり使わないなら…「インデックスサービス」を無効にする
第65回 検索チャームをランチャーとして使ってみる
第64回 Internet ExplorerのInPrivateブラウズとホームページ設定を活用する
第63回 Internet Explorerをアドオンなしで起動する
第62回 Windows 8.1をセーフモードで起動する - その2
第61回 Windows 8.1をセーフモードで起動する - その1
第60回 「プリンター」ウィンドウを素早く開く●つの方法
第59回 覚えておくと便利な、ファイル/フォルダーをリネームする●つの方法
第58回 「パフォーマンスモニター」のレポート結果をグラフで見る
第57回 何となく重い…に役立つ…かもしれない「パフォーマンスモニター」の使い方
第56回 タスクバーを便利にする機能を再確認 - タスクバーボタンとタスクバーの動作
第55回 タスクバーを便利にする機能を再確認 - タスクバーボタン
第54回 タスクバーを便利にする機能を再確認 - ジャンプリスト
第53回 オンラインストレージ「OneDrive」のトラブルシューティング
第52回 オンラインストレージ「OneDrive」を便利に使う●つの方法
第51回 オンラインストレージ「OneDrive」の基礎知識
第50回 同名ファイルをコピーするときに便利な●つの機能
第49回 「ネットワークと共有センター」を活用する●つの方法 - ブリッジ接続
第48回 「ネットワークと共有センター」を活用する●つの方法 - ネットワーク名の変更など
第47回 「ネットワークと共有センター」を活用する●つの方法 - ネットワークプレースの変更
第46回 ホームグループを活かす●つの方法 - トラブルシューティング編
第45回 ホームグループを活かす●つの方法 - ホームグループ再入門
第44回 プロパティダイアログ - その6 : 詳細情報の確認と削除
第43回 改めて見直したい「ライブラリ」を活用する●つの方法 - 共有フォルダー編
第42回 改めて見直したい「ライブラリ」を活用する●つの方法 - 登録編
第41回 改めて見直したい「ライブラリ」を活用する●つの方法 - 基本編
第40回 ファイル/フォルダーを共有する●つの方法 - その4「共有を便利に」
第39回 ファイル/フォルダーを共有する●つの方法 - その3「アクセス許可」
第38回 ファイル/フォルダーを共有する●つの方法 - その2
第37回 ファイル/フォルダーを共有する●つの方法 - その1「基本的な設定」
第36回 ファイルやフォルダーをスムーズにコピー/移動する●つの方法
第35回 ウィンドウを最小化 - 「すべて最小化」と「デスクトップの表示」の違い
第34回 ウィンドウの「スナップ」「シェイク」を使う方法と無効化する方法
第33回 エクスプローラーの検索機能を上手に使う●つの方法 - その2
第32回 エクスプローラーの検索機能を上手に使う●つの方法 - その1
第31回 クイックアクセスツールバーを便利に使う●つの方法
第30回 エクスプローラーのリボン展開/最小化とクイックアクセスツールバー
第29回 プロパティダイアログ - その5 : Windows 8.1では不要なゾーン情報
第28回 プロパティダイアログ - その4 : セキュリティ保護とは
第27回 プロパティダイアログ - その3 : インデックス作成情報と圧縮ファイルとは
第26回 プロパティダイアログでファイル/フォルダーの情報を知る - その2
第25回 プロパティダイアログでファイル/フォルダーの情報を知る - その1
第24回 「フォルダーオプション」を使いこなす - その4
第23回 「フォルダーオプション」を使いこなす - その3
第22回 「フォルダーオプション」を使いこなす - その2
第21回 「フォルダーオプション」を使いこなす - その1
第20回 エクスプローラーの「詳細」表示を活用する●つの方法 - 後編
第19回 エクスプローラーの「詳細」表示を活用する●つの方法 - 前編
第18回 エクスプローラーですべて情報を表示する●つの方法
第17回 エクスプローラーをシンプルに使う●つの方法
第16回 「デスクトップ」のメイン使いに便利な●つの設定 - アプリビュー編
第15回 ローカルアカウントを使う●つのメリット・デメリット
第14回 Windows 8.1へ"自動的に"サインインする●つの方法
第13回 Windows 8.1にサインインする●つの方法
第12回 スタート画面/デスクトップの背景を変更する●つの方法
第11回 チャームバーを上手に使うショートカットキー ●選
第10回 ロック画面に表示するアプリ通知をカスタマイズする
第9回 ロック画面に好きな画像を使う・スライドショーをする
第8回 コントロールパネルを開く●つの方法
第7回 スタート画面のタイルを整理して操作性をアップする●つの方法
第6回 アプリやファイルをスタート画面にピン留めする●つの方法
第5回 アプリビューの呼び出しと効率的に使う●つの方法
第4回 フォルダウィンドウ(エクスプローラー)のアイコン表示を変える●つの方法
第3回 Windowsストアアプリを終了する●つの方法
第2回 Windows 8.1のアプリを切り替える●つの方法
第1回 Windows 8.1を終了する●つの方法

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[おジャ魔女どれみ]歴代ポロン6種類が復刻 ハッピー!ラッキー!
[18:22 7/31] ホビー
横須賀に『艦これ』公式飲食施設「酒保伊良湖」オープン - 昼はカフェ、夜は居酒屋で提督諸氏をお出迎え
[18:00 7/31] ホビー
[映画「少女」]本田翼&山本美月が女子高生役で新境地 三島有紀子監督に聞く
[17:30 7/31] エンタメ
ヤクザの娘でドSな少女と犬獣人のコメディ「お嬢と七匹の犬」1巻
[17:15 7/31] ホビー
[AAA宇野実彩子]シースルートップス&赤ミニスカで登場 最新写真集で“体鍛えた”
[17:09 7/31] エンタメ