【コラム】

東武鉄道の車両・列車

5 50090型「フライング東上号」リバイバルカラー車両

 

5/6

東武東上線(池袋~寄居間)の全線開通90周年を記念し、昨年11月末から「フライング東上号」リバイバルカラー車両2編成が活躍している。うち1編成は50090型50092編成(10両編成)。濃い青色の車体に黄色い帯のフルラッピングを施した。

50090型「フライング東上号」リバイバルカラー車両の急行森林公園行

車体前面のヘッドマークも、上部に羽をあしらったデザインが特徴だったという「フライング東上号」をモチーフとしている。フルラッピングの50092編成は東上線池袋~小川町間にて、「TJライナー」を中心に日中時間帯の列車でも活躍中。運行期間は約1年間を予定している。リバイバルカラー車両のもう1編成は8000系8198編成(4両編成)。こちらは東上線小川町~寄居間または越生線にて、当面運行されるとのこと。

「フライング東上号」リバイバルカラー車両にも使用されている50090型は、座席定員制列車「TJライナー」用車両として2008年6月にデビュー。これまでに計60両(10両編成×6編成)製造され、50000型・50050型・50070型の特徴でもあるシャイニーオレンジに加え、ロイヤルブルーIIの帯と「TOJO LINE」のロゴを配した外観となっている。

50090型の快速池袋行。東上線の快速は急行より停車駅が少ない列車種別

50090型の快速急行。折返しの列車は池袋発「TJライナー」となる

車内の座席には、ロングシートからクロスシートへ転換可能な「マルチシート」を採用。日中の運用ではロングシートだが、夕方以降にクロスシートとなった50090型の快速急行が池袋駅へ運行され、池袋駅から「TJライナー」となって折り返す。なお、東上線では今年春のダイヤ改正にて、平日朝に上り「TJライナー」を新設し、夕方の下り「TJライナー」も増発する予定。東上線各駅にそのことを案内するポスターが貼られてあった。

5/6

インデックス

連載目次
第6回 200型「りょうもう」台鉄自強号「普悠瑪」デザインに
第5回 50090型「フライング東上号」リバイバルカラー車両
第4回 20070型など日比谷線直通用の車両、置換えへ
第3回 「日光詣スペーシア」100系1編成が金色塗装に
第2回 100系「スペーシア」紫・青のデザインの編成
第1回 「スペーシア」サニーコーラルオレンジの編成

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

DEEPCOOL、水冷ユニットを標準搭載するミドルタワーPCケース「GENOME」
[08:00 8/30] パソコン
声優・竹達彩奈、ワイン×料理研究家・大橋みちことともに宅バル動画に登場
[08:00 8/30] ホビー
キャリアのiPhoneをApple 表参道で買いたくなる理由 - 知られざるサービスがすごかった
[08:00 8/30] スマホとデジタル家電
日本の自然災害リスクの総合順位は世界17位 国連大学の報告書
[08:00 8/30] テクノロジー
Fairchildの買収をFTCが承認 - ON Semiconductorの狙いを探る
[08:00 8/30] テクノロジー

本音ランキング