【コラム】

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」

15 図解! 新しい源泉徴収票と扶養控除等申告書

  • >
  • >>

15/15

元 国税局職員さんきゅう倉田です。朝起きて最初にすることは、「建物附属設備の掃除」です。

毎年、1月には会社やアルバイト先から『源泉徴収票』がもらえます。源泉徴収票は1年間の給与や保険料の合計、控除の有無、給与所得の金額、所得税が記載されている素敵な紙。確定申告をしたときや子供を保育園に入れるときなどに使用します。

この源泉徴収票、今年発行された分からデザインが変わりました。サイズも倍になり記入欄が増えています。今回は、源泉徴収票がどのように変わったか、また、11月頃に勤務先に提出する『扶養控除等申告書』を解説します。

これまでの源泉徴収票

こちらがいままでの源泉徴収票です。

今までの源泉徴収票

簡単に説明するとこんな感じ。

源泉徴収票に書いてあること

「支払金額」は、あなたの「年収」です。つまり、その勤務先から1年間にいくらもらったかが書いてあります。

「給与所得控除後の金額」は「所得」を表しています。会社員やパート・アルバイトの方には経費がないかわりに『給与所得控除』があります。給与所得控除の金額は収入によって変わりますので、具体的にいくらなのかはいえませんが、収入から給与所得控除を引いた金額が書いてあります。

「所得控除の額の合計額」には、基礎控除38万円や社会保険料控除、生命保険料控除、扶養控除、配偶者控除など控除の合計金額が記入されています。その下の欄には、社会保険料控除などの金額が記載されています。社会保険料は1年間に支払った社会保険料の金額、生命保険料控除は限度額が決まっています。

「源泉徴収税額」には、天引きされた所得税から年末調整で戻ってきた所得税を引いた金額が記載されています。これが、あなたが1年間に支払った所得税の総額です。

「控除対象配偶者の有無」には、いわゆる103万円以内で働く妻か夫がいるかどうかを記載しています。「有」なら配偶者控除を受けています。 配偶者特別控除は、103万円を超えて働いている妻か夫がいるときに受けられます。配偶者控除と同時に受けることはできず、配偶者控除より控除金額が少なくなっています。昔は、併用できました。

「控除対象扶養親族の数」には、扶養家族の人数が記載されています。特定は19歳以上23歳未満の人で63万円。老人は70歳以上に人で48万円、または58万円。その他は16歳以上の人で38万円です。15歳未満の子供がいても扶養控除は受けられません。その分、児童手当があります。月に1万5,000円か1万円、2月・6月・10月に4カ月分まとめてもらえます。

「該当する方がいたら人数」の欄には、それぞれの項目に該当する方がいれば、記載されます。欄によっては、記載があれば控除金額が増えるものもあります。

「会社辞めた人」の欄は、年の途中で勤務先を退職すると、その日付が記載されます。

新しい源泉徴収票にはマイナンバーが必要に

いままでの源泉徴収票は上記のようなことが記載されていました。では新しい源泉徴収票を見てみましょう。

新しい源泉徴収票

サイズが倍になった分、記入欄が細かくなりました。緑色で書かれているのが主な新しい記入事項です。あなたのマイナンバーと勤務先のマイナンバーと扶養家族の名前とマイナンバー、海外にいる家族の人数を書くようになりました。また、配偶者の所得や生命保険料の詳細を記載する欄が増えました。

扶養控除等申告書はどうなる?

次は、「扶養控除等申告書」です。毎年、勤務先から渡されて記入していると思います。提出しないと、所得税が高くなります。2カ所以上で働いている方は、1カ所でしか出せません。

扶養控除等申告書

若い頃、アルバイトをしていたときは、「勤務先」と「あなた」だけ記入して印鑑を押せば記入は終わりでした。

結婚や出産で家族が増えると、その下の欄も記入するようになります。「共働きで子供を誰の扶養にするか選べる状態のとき」は、例えば、子供を奥さんの扶養にして控除を受けるときなどに記入します。そのとき、子供はあなたの扶養親族の欄には記入しません。子供をあなたと奥さんどちらの扶養にすると得なのかは、2人の所得によって異なります。所得の比較が難しければ、年収が高い方の扶養にすれば、おおむね得するでしょう。

源泉徴収票と扶養控除等申告書の読み方は以上となります。覚えておけば、会社で無知をさらすこともなく、上司に二目置かれること間違い無し。画像をスマホに保存してご活用ください。

執筆者プロフィール : さんきゅう倉田

芸人、ファイナンシャルプランナー。2007年、国税専門官試験に合格し東京国税局に入庁。100社以上の法人の税務調査を行ったのち、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに。ツイッターは こちら
  • >
  • >>

15/15

インデックス

連載目次
第15回 図解! 新しい源泉徴収票と扶養控除等申告書
第14回 お年玉とサンタさんと誕生日、贈与税がかかるのは?
第13回 マルサならたやすく暴く - 議員さんの"かそう・いんぺい"
第12回 サングリア お店で作ると 捕まるよ
第11回 ティファニーで免税を
第10回 交際費の世界
第9回 会社員の会社員による会社員のための確定申告
第8回 ボノボでもわかる減価償却と耐用年数
第7回 部屋とワイシャツと印紙
第6回 贈与税ちゃんと相続税ちゃん
第5回 あきらめないで、会社員でも経費が認められる!
第4回 「103万円以内で働く」意義と130万円の壁
第3回 脱税なんて大嫌いっ! - 国税局査察部・マルサ
第2回 三種の神器は、贈与税がかからない?
第1回 上司も唸る「酒税法改正」

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事