コラム | シリコンバレー101

シリコンバレー101

    Yoichi Yamashita 
    • <<
    • <

    1/37

    目次

    • 第724回

      第4世代Apple TVを持っていても「Apple TV 4K」を買う理由

      9月12日に行われたAppleのスペシャルイベントにおいて同社が発表した製品の中で、最も目立たず、そして話題を呼び起こせていないのが「Apple TV 4K」である。デザインは変わらず、中身だけの地味なアップデートになったためだが、私にとっては魅力のあるアップデートだった。Apple TV用アプリを利用できる第4世代Apple TVをすでに持っているが、4Kの購入を決めた。

      [2017/9/20]
    • 第723回

      ビットコインなど2週連続の急落、もしも暗号通貨バブルがはじけたら…

      ビットコインやイーサリアムといった主要な暗号通貨が二週間続けて週末に急落した。このひどい乱高下で暗号通貨に対する不信感が強まり、暗号通貨バブルがはじける可能性も危惧され始めたが、ひと月前、ビットコイン価格の高騰に人々が湧き始めた頃に高騰を懸念していた人物がいた。TwitterのCEO、そしてSquareのCEOであるJack Dorsey氏である。

      [2017/9/12]
    • 第722回

      買収手続き完了、Amazon傘下の食料品スーパー「Whole Foods」に行ってみた

      8月28日に米Amazonが、食料品・日用品スーパーチェーン「Whole Foods Market」の買収を完了させた。その日からすぐにWhole Foodsがオリジナルブランド商品の値下げを実施すると予告されていたので、早速Amazon傘下になったWhole Foodsに行ってみた。

      [2017/9/5]
    • 第721回

      iPhoneの電源ボタンを5回押して「Touch ID」無効化、その使い道とは?

      iOSの次期メジャーアップデート「iOS 11」では簡単な操作で指紋認証機能「Touch ID」を無効化できるようになるかもしれない。WWDC 2017では新機能リストに記載されていただけでこれまで話題になっていなかったが、最近になってiOS 11のベータ版で試した体験が報じられて、その機能の是非をめぐる議論が広がっている。「それって危ないんじゃないの」と思うかもしれないが、セキュリティは損なわれない。プライバシー保護という点では、むしろ向上すると言えるだろう。

      [2017/8/30]
    • 第720回

      「白人至上主義者をネットから排除」に称賛の声、でもコンテンツ中立は?

      全国紙が白人至上主義者のプロパガンダを紙面に載せないのを「表現の自由の侵害」という人はいないだろう。では、インターネットの場合はどうだろう? New York TimesやWashington Postのような主要紙がコンテンツ掲載を拒否するのは同じだとして、ホスティングサービスやCDNなどが白人至上主義者のサイトとの契約を拒否することは「適正手続き」と呼べるのか。「表現の自由」の侵害にならないのだろうか?

      [2017/8/23]
    • 第719回

      Googleで求人情報をググれる「Jobs」の予想以上のインパクト

      ManpowerGroupの調査によると、米国では雇用主の46%が条件を満たす入材を見つけられず、人材不足に悩まされている。そうした問題の解決に検索が大きな役割を果たせると考えるGoogleが、Google検索 (モバイル、Web)に統合する形で、求人情報の検索サービス「Google for Jobs」の提供を米国で開始した。

      [2017/8/8]
    • 第718回

      「Teslaが好きになってしまう」、イーロン・マスク氏の感情に響くメッセージ

      話題の電気自動車 (EV)「Tesla Model 3」の納車が米国で始まった。Model 3の登場によってEV普及に弾みがつきそうな雰囲気が高まっている。しかし、EV人気が高まっているかというと「Teslaが売れている」のが実状である。その理由の1つはスタートアップらしいアイディアと技術が詰め込まれた車にあるのだが、それだけではない。イノベーターやアーリーアダプターを魅了した独特なブランド戦略が今日のTeslaにつながっている。

      [2017/8/1]
    • 第717回

      車社会が変わる予兆か、上向き米国経済で落ち込む新車販売

      2017年上半期 (1~6月)の米新車販売台数は前年同期比2.1%減の845万2,453台だった。上半期としてはリーマン・ショックの影響で販売が落ち込んだ2009年以来、8年ぶりに前年実績割れ。アナリストの多くは、過去最高だった2016年を経て上昇ペースが一時的に足踏み状態になった経済サイクルと見ている。だが、米国経済全体が順調な回復基調にある中での新車販売の減速であり、「大きな変化の前ぶれ」と見る向きもある。

      [2017/7/25]
    • 第716回

      PC利用者の9割、PCよりもタブレットやスマホを使った方がクリエイティブに

      高度なクリエイティビティや生産性にはPCが欠かせないが、PCを必要としているPCユーザーはどのくらいいるのだろうか。Andreessen HorowitzのパートナーであるBenedict Evans氏は5~7%と推測している。9割近いPCユーザーは、タブレットやスマートフォンを活用することで、クリエイティビティを発揮し、生産性を向上させられる可能性がある。

      [2017/7/18]
    • 第715回

      iPad Proをメインマシンにして1年、10.5" iPad Proと新Surface Proを比較

      今年1月に「12.9インチ iPad Proを仕事のメインマシンに、6カ月で変わったのは…」で、私がiPad Proをメインマシンにして半年を過ごしてきた経験を紹介した。それからもタブレット中心のワークスタイルを続けているが、メインマシンが12.9インチのiPad Proではなくなった。今は、この夏に登場した10.5インチのiPad Proと新しいSurface Proを交代交代で使い比べている。

      [2017/7/11]
    • 第714回

      潰したい、でも潰せない、AmazonとWhole Foodsの合併

      Amazonによる買収に合意して大きな話題を呼んだWhole Foods Marketの銘柄レーティングを、Oppenheimer Holdingsが「outperform」から「perform」に引き下げた。Wal-MartやCostcoといったAmazonと競合する企業がAmazonより良い条件を提示する可能性が指摘されていたが、買収合意発表から2週間が経ち、ライバルによる介入が起こる可能性が低くなってきたためだ。

      [2017/7/3]
    • 第713回

      アプリサイズを削るのは無駄な努力?「Halide」開発者がもらった予想外の賛辞

      スマートフォンやタブレットのアプリが大きくても数十MBだったのは今は昔。今や数百MBのアプリが珍しくなく、ゲームには1GBを超えるアプリも多い。Sensor Towerによると、米国のiPhone向けトップ10アプリのサイズは4年前から11倍以上も増大した。そうした傾向に対して、6月にリリースされて話題になっているカメラアプリ「Halide」の開発者が「ユーザーは小さなアプリを求めている」と断言している。

      [2017/6/27]
    • 第712回

      Amazonが買収するWhole Foodsとは? 保有現金の6割を投じる超大型買収

      米Amazonがグルメ食料品スーパー「Whole Foods Market」を買収することで合意したと発表した。買収総額は約137億ドル。これはAmazonの企業買収の歴史で、桁違いに大きな規模になる。買収総額でこれまでの最高だったアパレル通販Zapposの買収 (2009年、12億ドル)の10倍以上、Amazonの現金保有額215億ドルの64%をはき出す。Amazonが大きな勝負に出た買収である。リスクは大きい。だが、合併が機能した時の大きなシナジー効果も期待できる買収だ。

      [2017/6/20]
    • 第711回

      AppleがSiriの声にこだわる理由は? 基調講演では分からなかったあれこれ

      Appleの開発者カンファレンスWWDC 2017の基調講演は2時間20分の長丁場だったが、それでも時間が足りずに、見ていてもう少し説明が欲しいと思うところがあった。WWDCにおいてAppleのエグゼクティブが公で話すのは基調講演だけではない。WWDC会場近くのカリフォルニアシアターでブロガーJohn Gruber氏のポッドキャスト「The Talk Show」のライブショーが行われ、昨年に続いて今年もPhil Schiller氏とCraig Federighi氏が出演した。

      [2017/6/12]
    • 第710回

      クラウドサービスの下剋上、インディWebサービスPinboardがDe.lici.ous買収

      オンラインサービスの下剋上、それともジャイアントキリングか …… オンラインブックマーク・サービスのPinboardがソーシャルブックマーク・サービスDe.lici.ousを買収した。私にとってPinboardは欠かせないサービスの1つになっているが、まさかPinboardがDe.lici.ousを買収する日が来るとは思わなかった。ほんの10年前、De.lici.ousはYahoo!傘下のメジャーサービスで、Pinboardは当時も今もインディWebサービスなのだ。

      [2017/6/6]
    • 第709回

      「つい使ってしまう」アプリを回避、特別なツールを使わない生産性ハック

      手軽にメールやTwitterなどをチェックできるという点では、スマートフォンやタブレットはPC以上にプロダクティビティを危うくする存在かもしれない。ポモドーロを採り入れたり、いろんなプロダクティビティツールやプロダクティビティハックを試してみた。ところが灯台下暗しというか、意外なほどシンプルで簡単な方法が私には最も効果があった。同じような悩みを持つ人が少なくないと思うので、ご紹介しようと思う。

      [2017/5/30]
    • 第708回

      「mp3は死んだ」論争と、Google AMPがWebを殺す

      「MP3は死んだ」という報道が物議を醸している。「死んだ」といっても、CDからパソコンにmp3形式で取り込んだ音楽が聴けなくなるわけではない。Technicolorが保有していたMP3関連特許の有効期間が終了。ライセンスプログラムを提供してきたFraunhoferのビジネスにおいて、mp3は収益を上げられる技術ではなくなった。そういう意味での死である。

      [2017/5/22]
    • 第707回

      「Surface Laptop」に触ってきた! Windowsストアの価値が悩みどころ

      5月2日に米Microsoftが発表した薄型軽量ノートPC「Surface Laptop」に触れてきた。もしAppleのMacBook Airがそのまま強化されていたら、こうなっていたという印象だ。薄くて軽く、キビキビと動作し、バッテリー動作時間は14時間以上。同社がハードウエアとソフトウエアのどちらも設計し、相乗効果が生まれるように最適化したバランスの良さが光る。ただし、その一環として採用されている「Windows 10 S」を認めるかが悩みどころだ。

      [2017/5/16]
    • 第706回

      オンラインで服を買うリスクを軽減、年内にAmazonが米アパレル販売1位に

      米Amazonが「Echo Look」というAlexa対応のファッション向け新デバイスを4月末に米国で発表した。なぜファッション向けなのか。アパレルは今、リアルな店が最もオンラインに利用者を奪われている分野である。そうした中、Amazonは衣料販売で先進的な存在ではなかった。しかし、同社が衣食住の一角であるアパレルを見逃すはずはない。長く「衣料はオンライン販売に向かない」と言われ続けてきた問題を解決し、米アパレル販売でトップになろうとしている。

      [2017/5/9]
    • 第705回

      Mastodonがトレンドの日本は"Webの再発明"のフロントランナー

      日本で今、分散型のソーシャルネットワーク「Mastodon」がトレンドになっているのは世界に自慢できることである。「Mastodonが日本でも…」と紹介されているのを見かけることがあるが、米国でMastodonといっても、シリコンバレーであっても知っている人は少ない。これからWebが進むべき方向としてTim Berners-Lee氏らが提唱する分散型の価値を、日本では多くの人たちがMastodonを通じていち早く肌で感じている。

      [2017/5/2]
    • <<
    • <

    1/37

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事