【コラム】

暮らしのサウンドビジュアル

83 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(4)

村田修  [2012/02/01]

83/116

「スマートフォンに適したBluetoothスピーカー」編の第4回は、ボーズが昨年10月に発売した「SoundLink Wireless Mobile speaker」(以下SoundLink)だ。SoundLinkは、ポータブルタイプのスピーカーだ。スタイルについては、写真を見てほしい。

ボーズのポータブルスピーカー「SoundLink」。これは収納・移動時のスタイル

保護カバー部分がスタンドになる。左がスタンダードタイプで、右が「SoundLink LX」

カバーを閉じたときのサイズはW244×D48×H130mm。カバーを開いた状態で「Creative D80」と比べるとこのような感じになる

似たようなサイズということで用意した標準的なサイズの煉瓦と比べてみる。幅はほぼ同一で、高さはSoundLinkがやや上回る

セカンドバッグのような形状だが、これは収納時あるいは持ち運び時のスタイルだ。外側にある保護カバーを開けると、カバーがスタンドになる。これがリスニング時のスタイルだ。電源はACアダプターまたは内蔵のリチウムイオン充電池。内蔵充電池の場合、フルボリュームで使用しても最長3時間の連続再生が可能だ(フル充電の場合)。なお、保護カバーを閉じると電源はオフになる。そのため、持ち運んでいる際に知らぬ間に電源がオンになってバッテリーが空になるということもない。SoundLinkには、スタンダードタイプとプレミアムタイプの「SoundLink LX」の2つのモデルがある。2モデルの違いは本体のカラーと保護カバーの材質で、スタンダードタイプでは本体がブラック調でカバーがナイロン製、LXタイプは本体がシルバー調でカバーはレザー製となる。なお、保護カバーはオプションとしても販売されており、レザー製が7,140円で、ナイロン製が4,200円だ(同社Webサイトでの価格)。この記事で最初に紹介し、以降基準として使用している「Creative D80」の同社のショッピングサイトでの価格は4,980円だった。前回紹介したソニーの「RDP-NWV25B」が、同社のショッピングサイトでの価格は17,800円。そして今回のSoundLinkの価格は、スタンダードタイプで36,750円。プレミアムモデルの「SoundLink LX」では43,260円となっている(いずれも同社Webサイトでの販売価格)。このペースで行くと、次にチェックする製品は10万円前後になりそうな感じだが、安心してほしい。そんな高価なBluetoothスピーカーは多分存在しないし、たとえあったとしても「スマートフォンに適した」というカテゴリーからは外れてしまうだろう。

オプションとして用意されている保護カバー。標準とは違ったカラーにアレンジできる。左の2つはレザー製で、右の2つはナイロン製

SoundLinkの操作パネル

入力端子は、3.5mmステレオミニジャックが1系統

コンパクトなキャビネットには、ネオジウムマグネットを使用したドライバーが左右2本ずつ、計4本使用されており、中央部分には低域増強用のパッシブラジエーターが配置されている。アンプには、ボリュームを下げて聴いても音のバランスが損なわれないようにするために、レベルに合わせて低域や高域の自動補正を行う回路も搭載されている。Bluetoothのバージョンや対応しているプロファイルといった仕様については、A2DPに対応している点以外は公開されていない。Bluetooth以外の入力は、3.5mmステレオミニジャックによるアナログ入力が1系統だ。ジャックは背面パネルに装備されている。カバーによる電源のオフ以外の操作系統は、すべて天面パネルに配置されている。ボタンは、実測値でW33×D17mmの大型のもので、左から「電源」「AUX」「Bluetooth」「ミュート」「ボリュームダウン」「ボリュームアップ」と並ぶ。AUXボタンは、アナログ入力への切り替え、BluetoothボタンはBluetooth機器とのペアリングと、ペアリング済みの機器の切り換えに使用する(ペアリング済みの機器は6台まで記憶される)。

SoundLinkをスマートフォンとペアリングし、スマートフォンに保存されている音楽を再生してみる。D80と切り替えて聴き比べてみると、D80のサウンドは若干眠たく感じられる。これは中高域の出方に差があるためだろう。また、低域に関してもSoundLinkのほうがはっきりと出ている。ただし、SoundLinkのバランスは、決して重低音再生を重視したものではない。同社では、ウェーブガイドシステムによる重低音を特徴とした「SoundDock 10」を発売している。筆者は以前、SoundDock 10を試聴したことがあるのだが、その迫力とはやはり異なる。SoundLinkはフラットに近い、どちらかというと一般的なバランスのサウンドといえるだろう。筆者はこのくらいのバランスが好みだ。また、サウンドの密度の違いにも気付かされる。D80は、非常に聴きやすい中域を持つスピーカーだが、その中域に関しても明らかな情報量の違いを感じる。

ここからは記憶に頼ることになるが、前回試聴したRDP-NWV25Bと比べると、本当に低い領域ではRDP-NWV25Bのほうが存在感があったような気がする。それに対して中低域はSoundLinkのほうが前に出てくる印象だ。両者の中域の性格は、ボーカルがリアルに感じられるのはSoundLinkのほうだが、クリアで伸びを感じるのはRDP-NWV25Bだ。臨場感の面では、SoundLinkに軍配が上がるが、これはモノラルとステレオという、2つの製品の形式の違いによる影響が大きいため、仕方がないといえば仕方がないところだ。

これまで聴いてきた2台と比べると、SoundLinkには指向性がある程度存在する。リスニングポジションをスピーカーの横方向に移動すると高域は減衰するし、低域も本来のものよりも薄くなる。もっとも、それは広い指向性を持つRDP-NWV25BやD80と比べたからであって、指向性が強いスピーカーというレベルではない。いずれにせよ、こういったコンパクトなアクティブスピーカーの場合、聴く側の人間が適正なポジションに移動するのではなくて、スピーカー側を動かせばよいだけの話だ。特にSoundLinkは、電源コードに縛られないバッテリー駆動が可能なスピーカーだ。この仕様は、外に持ち出すというだけでなく、いつも同じ場所で音楽を聴くとは限らないというユーザーにとっても、なかなか便利なものといえるだろう。

さて、SoundLinkの特性を測定してみよう。測定の方法は従来と同じで、1kHzの時に-6dBになるように設定して、他の周波数の時のレベルを計っている。あまり意味のない、20Hz、50Hz、20kHzでの測定は、今回からは行っていない。100Hzのグラフでは、-3.3dBという高い数値が出ている。ただし、ピークの周波数は144Hzと出ており、100Hz以外の周波数が混ざっているようなので、実際のレベルは不明だ。440Hzでは-6.4dB。RDP-NWV25Bだけでなく、D80よりも低めだ。2kHzでのグラフはピークが-4.9dB、4kHzでは-1.6dB、10kHzでは-35.6dBとなっている。2kHz・4kHzともに、今まで測定してきたスピーカーのなかではもっとも高い。10kHzは、RDP-NWV25BとD80の中間ぐらいの値だ。16kHzでは、ちょうどその周波数に山が見られるが、この音は聴力こえてきていない。

100Hz

440Hz

2kHz

4kHHz

10kHz

16kHz

ホワイトノイズを流したときのグラフを見てみると、SoundLinkでは比較的なだらかな形をしていることがわかる。RDP-NWV25Bのホワイトノイズのグラフでは、中低域とは別に5kHzを越えたあたりにもうひとつピークが存在しており、3kHzあたりで落ち込みがあった。D80のグラフでは、1kHzを超えたあたりで若干の落ち込みがあったが比較的なだらかな形だ。SoundLinkはどちらかというとD80のグラフに近い。これはおそらくフルレンジユニットを使用したスピーカーの特徴なのだろう。

ホワイトノイズ

RDP-NWV25Bのホワイトノイズ

D80のホワイトノイズ

SoundLinkは、サイズはミニマムではあるが、同社らしいサウンドを楽しむことができる1台だ。エントリークラスとはいえ、ゼネラルオーディオのカテゴリーではなくオーディオ製品のカテゴリーに入る製品ということなのだろう。ただし、気になる点がないわけではない。まず、ペアリング時の確認音のボリュームがかなり大きい。これは、ここまで大きくしなくてもよいのではないだろうか。また、ACアダプターのDCプラグにストレートタイプを使用しているのも気になる。充電は、リスニング時のスタイル、またはカバーを閉じたスタイルで行うことになるが(それ以外のスタイルは無いのだが)、閉じた状態ではSoundLinkは自立できない。そのため、次の写真のように裏返しの状態で置かれることになる。L字形のプラグを使用したほうが、見栄えがよいのではないだろうか。

保護カバーを閉じた状態で充電を行う際には、L字型プラグのほうが見栄えがよいのでは

83/116

インデックス

連載目次
第116回 クラッチバッグのようなデザインのBluetoothスピーカー「Beoplay A2」
第115回 デスクトップのリスニング環境に適した「SoundBlaster X7」
第114回 ComplyイヤーチップのPシリーズは使い方を選ぶがスグレモノ
第113回 Complyイヤーチップのプレミアムモデルとスタンダードモデルとの差を探る
第112回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(3)
第111回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(2)
第110回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(1)
第109回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(7)
第108回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(8)
第107回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(6)
第106回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(5)
第105回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(4)
第104回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(3)
第103回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(2)
第102回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(1)
第101回 多機能アクティブスピーカー「SoundBlaster Axx」を使ってみた
第100回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(4)
第99回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(3)
第98回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(2)
第97回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(1)
第96回 Bluetoothスピーカーの置き方(4)
第95回 Bluetoothスピーカーの置き方(3)
第94回 ちょっと便利なBluetoothスピーカー「Creative Airwave HD」
第93回 Bluetoothスピーカーの置き方(2)
第92回 Bluetoothスピーカーの置き方(1)
第91回 いまさらながらのインターネットラジオ(3)
第90回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(7)
第89回 いまさらながらのインターネットラジオ(2)
第88回 いまさらながらのインターネットラジオ(1)
第87回 ミニマムなデジタル録画環境として「nasne」はあり? なし?
第86回 インドア用のヘッドホンを買い換えた
第85回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(6)
第84回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(5)
第83回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(4)
第82回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(3)
第81回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(2)
第80回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(1)
第79回 キャビネット容積が限られたスピーカーでも高音質を実現するCONEQ技術
第78回 ボーズの1.1chホームシアターシステム「Lifestyle 135」の音を聴いてみた
第77回 チューナー内蔵レコーダーの登場で便利になった「スカパー!HD」
第76回 ヤマハらしいサウンドのヘッドホン「HPH-200」
第75回 実用的なAndroidタブレットプレーヤ「ZiiO」
第74回 ソニー、RM-PLZ530D - 学習機能付きリモコンのマクロ機能を使いこなす
第73回 ウォークマンがiPodを再び抜いた件に関して
第72回 2011年のレシーバー
第71回 3D放送の一般化にはまだ時間がかかるらしい
第70回 年末以降のテレビ需要
第69回 何インチからが大画面か
第68回 圧縮音楽ファイルのエンコード方法とビットレートによる音質の違いを調べる
第67回 ZEN X-Fi Styleを使ってみた
第66回 JBLの最新モデルを聞き比べ(後編)
第65回 JBLの最新モデルを聞き比べる(前編)
第64回 クリエイティブのBluetoothスピーカー「ZiiSound D5」を試してみた
第63回 一から始めるAV機器ネットワーク(3) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第62回 ちょっと大きめのパーソナルTVが欲しい - シャープのLED AQUOS「LC-32SC1」を試用する
第61回 一から始めるAV機器ネットワーク(2) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第60回 一から始めるAV機器ネットワーク(1) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第59回 セカンドテレビを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー(2)
第58回 セカンドTVを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー
第57回 デジタルノイズキャンセングヘッドホン「MDR-NC300D」
第56回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - ノイズキャンセリング効果とサウンド
第55回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - 操作性と付属機能
第54回 遅ればせながらBDレコーダーを導入(1)
第53回 高音質タイプの骨伝道ヘッドホンを試してみる - ティアック Filltune「HP-F200」
第52回 HDMI 1.3時代のAVアンプ機能比較(1) - エントリークラス編
第51回 エバーグリーンの低価格メディアリペアキットを試す
第50回 W-ZERO3[es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(2)
第49回 マクセルの高音質システムヘッドフォン「Vraison」を試す
第48回 流行の丈夫なDVD-Rはどこまで頑丈か
第47回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(2)
第46回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(1)
第45回 ドルビーバーチャルスピーカー採用2.1chサラウンドシステムをセッティング
第44回 W-ZERO3 [es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(1)
第43回 ICレコーダーを購入
第42回 骨伝導ヘッドフォンを買ってみた
第41回 USBからの電源でも動作する高音質アダプター
第40回 低価格化が進むフルHD37V型液晶テレビ
第39回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(2) - 新モデルの音質
第38回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(1) セッティングとUI
第37回 オーディオテクニカの新型インナーイヤーヘッドフォンを聞く
第36回 圧縮音楽の補正技術は本当にうまく働くのか
第35回 ロジクールのマルチリモコン「Harmony」の途中経過
第34回 団塊の世代をターゲットにした製品って
第33回 ロジクールのマルチリモコンを試す(1)
第32回 スピーカーで聴くバーチャルサラウンド
第31回 HD DVDとBlu-ray Disc、ソフトのタイトルは?
第30回 コンパクトなスピーカーの音量は足りる?
第29回 HDDのトラブルに泣かされる
第28回 徹底的に低価格な謎のMP3プレイヤーの試聴にチャレンジする
第27回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す(2)
第26回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す
第25回 余ったメディアの再利用
第24回 1年前と最新のポータブルオーディオプレイヤー
第23回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(2)
第22回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(1)
第21回 ポータブルオーディオプレーヤーの音をスピーカーで鳴らす
第20回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(4)
第19回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(3)
第18回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(2)
第17回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(1)
第16回 ビデオ用8倍速のDVD-R DLメディア登場
第15回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(2) - Travelシリーズ編
第14回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(1) - Travelシリーズ編
第13回 BauXar Marty101試聴会に行ってきました
第12回 オーディオセレクター+パワードスピーカーでのリスニング環境構築
第11回 マルチメディア用2.1chスピーカーをオーディオ製品として聴く
第10回 精度を要求しない測定環境(2) - 身の回りの機器を測定する
第9回 精度を要求しない測定環境(1)
第8回 DLNAガイダンス準拠機器ではないネットワークメディアプレーヤーを試す
第7回 音楽データをどこに置くかがポイント
第6回 バッファローLinkTheaterでPC内の音楽ファイルを再生する
第5回 PC内のMP3ファイルをNAS-M7HDに取り込む
第4回 今度こそNAS-M7HDでPC内の音楽をストリーミング再生する
第3回 突然、長瀬産業のHMP-100のレビューを行う
第2回 オーディオのネットワークを考えてみる(2)
第1回 オーディオのネットワークを考えてみる(1)

もっと見る

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【連載】ハルとアキ 第42回 そんな人いる?
[20:00 5/29] ライフスタイル
[押井守監督]宮崎駿監督をまたまたバッサリ 「構造がない典型」
[19:48 5/29] ホビー
[劇団EXILE・鈴木伸之]映画「オオカミ少女と黒王子」でイケメン役も自身の高校時代「モテた記憶ない」
[19:32 5/29] エンタメ
[ちびまる子ちゃん]2代目お姉ちゃん役に豊嶋真千子 「水谷さんからのバトン受け継ぐ」
[19:30 5/29] ホビー
[ヒメアノ~ル]濱田岳とムロツヨシに聞く V6森田剛が殺人鬼役に没入「登場シーンから怖かった」
[19:22 5/29] エンタメ

特別企画 PR