【コラム】

暮らしのサウンドビジュアル

72 2011年のレシーバー

村田修  [2011/01/01]

72/116

2010年は、AV機器的には3D関連とiPhoneを初めとするポータブル機器が盛り上がりを見せた年でしたが、それ以外にもいくつか新しい動きが見られた年でもあります。なかでも筆者が気になったのが、レシーバーの復権です。何の事かと思う方も多いかと思いますが、このところ各社はチューナーを搭載したAVアンプに「レシーバー」という名前を使い始めています。例えばデノンは、2010年に発表したモデルでは、以前の「AVC-xxxx」という型番ではなく「AVR-xxxx」という型番になっており、またAVサラウンドアンプではなく、AVサラウンドレシーバーという呼び名に変更されています。また、ヤマハも従来の「AX-xxxx」という型番から「RX-xxxx」という型番に変更するのと同時に、AVアンプからAVレシーバーへと呼び名を変更しています。

デノンの「AVR-1911」。7.1chのAVレシーバー

昔からのオーディオファンの中には、レシーバーという言葉にあまりよいイメージを持っていない方も多いのではないでしょうか。かつての各メーカーのラインナップは、中心となる単品コンポの製品群があって、その下に、エントリーモデルとしてシステムコンポが置かれ、さらにその下のオーディオとゼネラルオーディオの境界線あたりにあったのがレシーバーでした。現在、こういった機器はチューナーアンプと呼ばれるケースが多いのですが、これは、かつてオンキヨーがリリースした「Liverpool」シリーズあたりが、その原点となるのでしょう。それまでのレシーバーとは一線を画した、単品コンポ並みのクォリティをもつ、シンプルな一体型のオーディオ機器という扱いだったと記憶しています。しかし、レシーバーを名乗る機器が市場から姿を消していくにつれて、チューナーアンプという言葉は、かつてのレシーバーと同じ意味を持つようになってきました。そういったなかでのレシーバーの復活です。やはり、名称にも寿命があるのだと、思わされる一件でした。

レシーバーの機能のなかで、FMチューナーが2011年からかなり厳しい状況に置かれそうです。現在、FMを受信するのに、どのようなアンテナを使用しているでしょうか。製品に付属しているのは、たいていT字型のコードアンテナですが、これは、よほど強電界でないと良好な受信は望めません。かといって、FM受信専用にアンテナを立てるいう人は、それほど多くはないでしょう。TV用のアンテナからの信号を、そのままFM用としても利用しているというケースが多いのではないでしょうか。ご存じのように、2011年はアナログ放送の終了の年です。終了するのはアナログのテレビ放送のみなのですが、これによってVHF用のアンテナは必要なくなってしまいます。新規の住宅では、VHF用のアンテナは設置されなくなるでしょう。既存の住宅では、現行の設備が存在しているので当面は問題ないでしょうが、2011年以降、徐々に一般家庭でFMを受信するのが大変になってくるのではという気がします。

さて、2010年に登場したレシーバーの多くは、FM/AMだけでなくネットワークオーディオも含めたレシーバーということのようですが、AV機器はネットワーク機能をもっと強化してもよいのではと思います。残念ながら、ほとんどのAVアンプが搭載しているDLNA機能は、現在のところDTCP-IPには対応していません。そのため、著作権保護がかけられていない映像か、音声、静止画しか利用できないというのが現状です。一方、レコーダーが持つDLNAサーバー機能にはそういった制限はありませんが、それでもまだまだ力不足という面が見られます。各テレビメーカーは、26V型以下のテレビを、家庭での2~3台目以降のテレビ用として販売しています。つまり、各家庭に複数台、しかも3~4台のテレビがあることを想定しているということなのでしょう。DLNAサーバーを搭載したレコーダーならば、1台のレコーダーで録画した番組をネットワークを通じて他の部屋にあるテレビで利用することが可能になるのですが、残念ながら、現在市販されているレコーダーが搭載しているDLNAサーバーでは、ネットワーク経由で、1本しかコンテンツを流すことができません。複数台のテレビがあっても、同時に使用できる台数は1台だけということになります。この辺りの制限がクリアされて初めて「家庭内のネットワークで快適なAVライフを」といったようなっ状況になるのではないでしょうか。

いずれにせよ、2011年、AV機器とネットワークの融合は加速するでしょう。2010年の年末に、日本ビクターが、新しいブランド「RyomaX」の第1弾として「RY-MA1」を発表しています。RY-MA1は、ネットワーク対応のBDレコーダーにレシーバーを組み込んだような製品です。RY-MA1のネットワーク機能は、難視聴対策などに使用されていますが、それだけでなく、より広い範囲でのネットワークに対応したら、さらに楽しい製品になるのではと、期待しています。

今後の展開に期待したい、日本ビクターの「RyomaX」(RY-MA1)

72/116

インデックス

連載目次
第116回 クラッチバッグのようなデザインのBluetoothスピーカー「Beoplay A2」
第115回 デスクトップのリスニング環境に適した「SoundBlaster X7」
第114回 ComplyイヤーチップのPシリーズは使い方を選ぶがスグレモノ
第113回 Complyイヤーチップのプレミアムモデルとスタンダードモデルとの差を探る
第112回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(3)
第111回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(2)
第110回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(1)
第109回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(7)
第108回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(8)
第107回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(6)
第106回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(5)
第105回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(4)
第104回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(3)
第103回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(2)
第102回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(1)
第101回 多機能アクティブスピーカー「SoundBlaster Axx」を使ってみた
第100回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(4)
第99回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(3)
第98回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(2)
第97回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(1)
第96回 Bluetoothスピーカーの置き方(4)
第95回 Bluetoothスピーカーの置き方(3)
第94回 ちょっと便利なBluetoothスピーカー「Creative Airwave HD」
第93回 Bluetoothスピーカーの置き方(2)
第92回 Bluetoothスピーカーの置き方(1)
第91回 いまさらながらのインターネットラジオ(3)
第90回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(7)
第89回 いまさらながらのインターネットラジオ(2)
第88回 いまさらながらのインターネットラジオ(1)
第87回 ミニマムなデジタル録画環境として「nasne」はあり? なし?
第86回 インドア用のヘッドホンを買い換えた
第85回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(6)
第84回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(5)
第83回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(4)
第82回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(3)
第81回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(2)
第80回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(1)
第79回 キャビネット容積が限られたスピーカーでも高音質を実現するCONEQ技術
第78回 ボーズの1.1chホームシアターシステム「Lifestyle 135」の音を聴いてみた
第77回 チューナー内蔵レコーダーの登場で便利になった「スカパー!HD」
第76回 ヤマハらしいサウンドのヘッドホン「HPH-200」
第75回 実用的なAndroidタブレットプレーヤ「ZiiO」
第74回 ソニー、RM-PLZ530D - 学習機能付きリモコンのマクロ機能を使いこなす
第73回 ウォークマンがiPodを再び抜いた件に関して
第72回 2011年のレシーバー
第71回 3D放送の一般化にはまだ時間がかかるらしい
第70回 年末以降のテレビ需要
第69回 何インチからが大画面か
第68回 圧縮音楽ファイルのエンコード方法とビットレートによる音質の違いを調べる
第67回 ZEN X-Fi Styleを使ってみた
第66回 JBLの最新モデルを聞き比べ(後編)
第65回 JBLの最新モデルを聞き比べる(前編)
第64回 クリエイティブのBluetoothスピーカー「ZiiSound D5」を試してみた
第63回 一から始めるAV機器ネットワーク(3) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第62回 ちょっと大きめのパーソナルTVが欲しい - シャープのLED AQUOS「LC-32SC1」を試用する
第61回 一から始めるAV機器ネットワーク(2) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第60回 一から始めるAV機器ネットワーク(1) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第59回 セカンドテレビを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー(2)
第58回 セカンドTVを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー
第57回 デジタルノイズキャンセングヘッドホン「MDR-NC300D」
第56回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - ノイズキャンセリング効果とサウンド
第55回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - 操作性と付属機能
第54回 遅ればせながらBDレコーダーを導入(1)
第53回 高音質タイプの骨伝道ヘッドホンを試してみる - ティアック Filltune「HP-F200」
第52回 HDMI 1.3時代のAVアンプ機能比較(1) - エントリークラス編
第51回 エバーグリーンの低価格メディアリペアキットを試す
第50回 W-ZERO3[es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(2)
第49回 マクセルの高音質システムヘッドフォン「Vraison」を試す
第48回 流行の丈夫なDVD-Rはどこまで頑丈か
第47回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(2)
第46回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(1)
第45回 ドルビーバーチャルスピーカー採用2.1chサラウンドシステムをセッティング
第44回 W-ZERO3 [es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(1)
第43回 ICレコーダーを購入
第42回 骨伝導ヘッドフォンを買ってみた
第41回 USBからの電源でも動作する高音質アダプター
第40回 低価格化が進むフルHD37V型液晶テレビ
第39回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(2) - 新モデルの音質
第38回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(1) セッティングとUI
第37回 オーディオテクニカの新型インナーイヤーヘッドフォンを聞く
第36回 圧縮音楽の補正技術は本当にうまく働くのか
第35回 ロジクールのマルチリモコン「Harmony」の途中経過
第34回 団塊の世代をターゲットにした製品って
第33回 ロジクールのマルチリモコンを試す(1)
第32回 スピーカーで聴くバーチャルサラウンド
第31回 HD DVDとBlu-ray Disc、ソフトのタイトルは?
第30回 コンパクトなスピーカーの音量は足りる?
第29回 HDDのトラブルに泣かされる
第28回 徹底的に低価格な謎のMP3プレイヤーの試聴にチャレンジする
第27回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す(2)
第26回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す
第25回 余ったメディアの再利用
第24回 1年前と最新のポータブルオーディオプレイヤー
第23回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(2)
第22回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(1)
第21回 ポータブルオーディオプレーヤーの音をスピーカーで鳴らす
第20回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(4)
第19回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(3)
第18回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(2)
第17回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(1)
第16回 ビデオ用8倍速のDVD-R DLメディア登場
第15回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(2) - Travelシリーズ編
第14回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(1) - Travelシリーズ編
第13回 BauXar Marty101試聴会に行ってきました
第12回 オーディオセレクター+パワードスピーカーでのリスニング環境構築
第11回 マルチメディア用2.1chスピーカーをオーディオ製品として聴く
第10回 精度を要求しない測定環境(2) - 身の回りの機器を測定する
第9回 精度を要求しない測定環境(1)
第8回 DLNAガイダンス準拠機器ではないネットワークメディアプレーヤーを試す
第7回 音楽データをどこに置くかがポイント
第6回 バッファローLinkTheaterでPC内の音楽ファイルを再生する
第5回 PC内のMP3ファイルをNAS-M7HDに取り込む
第4回 今度こそNAS-M7HDでPC内の音楽をストリーミング再生する
第3回 突然、長瀬産業のHMP-100のレビューを行う
第2回 オーディオのネットワークを考えてみる(2)
第1回 オーディオのネットワークを考えてみる(1)

もっと見る

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【コラム】円の行方、ドルの行方 第38回 失敗か? アベノミクス - 注視する米系ファンド
[12:08 5/30] マネー
カレー沢薫さんの"3D"ロゼットを抽選で1名にプレゼント!
[12:00 5/30] テクノロジー
【連載】3Dペンでカレー沢薫さんを「立体化」してみた 第3回 カレー沢薫さん、光る
[12:00 5/30] テクノロジー
尾木ママ、舛添知事への怒り爆発「税金、公金にたかる寄生虫」
[11:55 5/30] エンタメ
Viibar、Yahoo! JAPANのデータ分析結果をもとにした動画広告商品
[11:40 5/30] 企業IT

特別企画 PR