【コラム】

暮らしのサウンドビジュアル

49 マクセルの高音質システムヘッドフォン「Vraison」を試す

 

49/116

日立マクセルのヘッドフォンシステムVraisonは、以前、技術発表会の席で見たことがあったのですが、今回、実機「HP-U48OH」をお借りすることができたので、ほかの音質補正技術とどの辺りが違うのか簡単にレポートしてみたいと思います。なお、今回、VraisonのMacintosh対応版が発売されましたが、筆者のところには最新のMac環境はないので、PC版をお借りすることにしました(PCに関しても、Vistaは未導入なので決して最新の環境というわけではありませんが……)。

さて、圧縮音楽から、圧縮時に失われた高音、あるいは大きい音の影にあった微弱音を補完するといった高音質化技術は、日本ビクターのK2テクノロジーに含まれるCCコンバーターや、先日試用してみたクリエイティブメディアのXmod、ケンウッドのSupreme EXなど、多くのメーカーの製品に搭載されています。Vraisonもその一種ではあります。しかし、量子化ビット数の拡張と、聞く人の耳の特性を測定して、それを音質補完に反映させるという特徴を持っています。この辺りがどのように効いてくるのか試してみましょう。

その前に、試聴環境の構築です。Vraisonのパッケージには、ヘッドフォンと、USBポートに接続する本体、そして2枚のインストールCDが付属しています(1枚はWindows Vista用で、もう1枚は Windows XP用)。つまり、ハードウェア単体で試用するシステムというわけではなく、PCにドライバーを組み込む必要があるシステムということになります。

お借りしたシステムヘッドフォン「Vraison」

さて、音楽を聴いてみます。今回視聴したのは、SPYRO GYRAのアルバムINCOGNITOのタイトルナンバー「INCOGNITO」です。まず、とりあえずは、Vraison BR Driverの設定をすべてOFFにして聞いてみます。ごく普通のオープンエアータイプらしいサウンドです。中低域が前に出てくるというよりは比較的フラットな感じです。CDからの再生なので、Vraison BR Driverの画面に表示されるスペクトラムアナライザーも20kHzあたりまでバーが表示されています。

CDからのそのまま再生した場合

続いて、Bit-RevolutionのスイッチをONにしてみます。スペクトラムアナライザーのバーは、36kHz程度まで表示されています。聞いた感じでも、高音の伸びが感じられます。また、曲の出だしの部分に、ごく小さくコーラスが入っているのですが、そのうねり具合がはっきりとしてきているなど、通常の再生に比べて、解像度のアップも感じられます。

Bit-RevolutionのスイッチをONにしたところ

本製品には、ユーザーの耳の特性にあわせて補完を行うという機能も搭載されています。Vraison BR Driverの画面の右上のほうにある「ユーザー対応」の中の「聴覚感度設定」をクリックすると、聴覚感度設定の画面が表示されます。ここで左右同時測定のチェックをOFFにして、左右の耳の感度を測定していきます。いくつかの波形の音が、周波数別、強さ別に流れるので、聞こえなくなったところで「認識不能」を押せば終了です。設定値を保存を選んで、ファイルとして保存しておくとよいでしょう。しかし、この測定値は、体調などによってもけっこう変わってきます。例えば、視力検査などでも、調子のよいときには1.5ぐらいまで見えるのに、体調が悪いと、1.0ぐらいということはけっこうあります。ですので、時々測定し直しておいた方がよいかもしれません。

どうやら、17kHzぐらいまで聞こえて、右の方が若干感度が悪いらしい。しかし、以前に測定したときには、左の方が感度が悪かったので、その時々によって変わってくるのかもしれない

さて、ユーザー対応のチェックを音にして再生したときの波形が次の画面です。ON/OFFを繰り返してみると、音の定位の仕方に変化があることがわかります。左右の耳での音の聞こえ方のレベルに差があるため、Vraisonのほうで補正をかけているのでしょう。それ以外には、さほど変化は感じられませんでした。

波形ではわからないが、左右のバランスが修正されたようで、音の定位に違いが出た

今までは音楽CDからの音楽をそのまま聴いていましたが、続いて圧縮音楽を聴いてみます。同じ曲を、Windows Media Player9で96kbpsのWMAにエンコードしてみました。それを、Bit-RevolutionをOFFにして再生したのが次の画面です。先程のCDからの再生に比べて、高域の伸びがなく、こもったような感じがするうえ、コーラス部分は聞こえたり聞こえなかったりという感じです。

別の曲といった感じだが、96kbpsのWMAだとこんなもの

ここで、Bit-RevolutionのスイッチをONにしたのが次の画面です。48kHzあたりまで伸びていますが、なぜか13kHzあたりに落ち込みがあります(この画面だけでなく、この曲の間中一貫してそういう傾向)。で、別の曲を聞いた見たところ、このようなことはありませんでした。Vraisonでは、圧縮音楽に含まれているデータから、補完されたサウンドを作り出しているわけで、曲やエンコードの状態によってはこういったこともあるのでしょう。聞いた感じでは、CDから再生したときに比べて若干高音部分の強調が気になりますが、Bit-RevolutionをOFFにしていたときに比べるとはっきりと別物です。圧縮音楽の再生の場合、イコライザーで高域を少し落としてやるといった微調整を行ったほうが、より、オリジナルに近いサウンドを楽しめるでしょう。

13kHzあたりに落ち込みはあるが、違う曲ではこのようなことは起こらなかった

さて、Vraison BR Driverの画面の右上にヘッドフォン適応と書かれたエリアがあります。ここで選択をクリックすると、次のような画面が表示されます。

ヘッドフォン特性プロファイルの選択画面

ヘッドフォンのプロファイルの選択画面です。筆者がお借りしたモデルはオーバーヘッドタイプのヘッドフォンがセットになった「HP-U48OH」というシステムですが、そのほかにインナーイヤータイプのヘッドフォンと組み合わされた「HP-U48IE」というモデルも存在します。ここでは、そのヘッドフォンの特性に合ったプロファイルを選択することで、よりリアルなサウンドが楽しめるようになります。

では、これら以外のヘッドフォンならどうなのか、気になるところです。というわけで、とりあえず手近にあったゼンハイザーのPX-100とELEGAのDR-592CIIで試してみました。PX-100では、前に出てくる感が強く感じられるようになりました。低ビットレートのWMAで圧縮したサウンドをそのまま情報量を殖やしたようなサウンドです。また、Vraisonでは、ダイナミックレンジの拡張も行われています。そのため、PX-100では、ピークの音で、何カ所か音が割れる部分が見受けられました。付属のヘッドフォンではそのようなことは感じられなかったのですが、付属のヘッドフォンは特性を合わせてあるうえ、単品で聞いたときにもフラットな音の出方から、中級クラスのヘッドフォンと同じぐらいのレベルの製品と思われます。そのため、別のヘッドフォンを試す場合でも、ある程度のレベルの製品でないと、Vraisonというシステムの能力に追いつかないということがあるのでしょう。

続いてDR-592CIIですが、こちらは、その音響特性と密閉する圧力によって(ユーザーが耐えられるならば)、はっきりとした音の定位、また、大音量のサウンドの影に入り込みがちな小さな音も聞き取りやすいという傾向がありますが、それが、より定位もくっきりとし、微弱な部分もはっきりと聞き取れるなど、本来の特徴が増幅されているように感じられます。

Vraisonには、コントローラーに接続したヘッドフォンの方向性を強調するような傾向があるように、筆者には感じられます。自分の気に入っているサウンドのヘッドフォンと組み合わせてみると、さらに、楽しみが広がるかもしれません。

49/116

インデックス

連載目次
第116回 クラッチバッグのようなデザインのBluetoothスピーカー「Beoplay A2」
第115回 デスクトップのリスニング環境に適した「SoundBlaster X7」
第114回 ComplyイヤーチップのPシリーズは使い方を選ぶがスグレモノ
第113回 Complyイヤーチップのプレミアムモデルとスタンダードモデルとの差を探る
第112回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(3)
第111回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(2)
第110回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(1)
第109回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(7)
第108回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(8)
第107回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(6)
第106回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(5)
第105回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(4)
第104回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(3)
第103回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(2)
第102回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(1)
第101回 多機能アクティブスピーカー「SoundBlaster Axx」を使ってみた
第100回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(4)
第99回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(3)
第98回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(2)
第97回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(1)
第96回 Bluetoothスピーカーの置き方(4)
第95回 Bluetoothスピーカーの置き方(3)
第94回 ちょっと便利なBluetoothスピーカー「Creative Airwave HD」
第93回 Bluetoothスピーカーの置き方(2)
第92回 Bluetoothスピーカーの置き方(1)
第91回 いまさらながらのインターネットラジオ(3)
第90回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(7)
第89回 いまさらながらのインターネットラジオ(2)
第88回 いまさらながらのインターネットラジオ(1)
第87回 ミニマムなデジタル録画環境として「nasne」はあり? なし?
第86回 インドア用のヘッドホンを買い換えた
第85回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(6)
第84回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(5)
第83回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(4)
第82回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(3)
第81回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(2)
第80回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(1)
第79回 キャビネット容積が限られたスピーカーでも高音質を実現するCONEQ技術
第78回 ボーズの1.1chホームシアターシステム「Lifestyle 135」の音を聴いてみた
第77回 チューナー内蔵レコーダーの登場で便利になった「スカパー!HD」
第76回 ヤマハらしいサウンドのヘッドホン「HPH-200」
第75回 実用的なAndroidタブレットプレーヤ「ZiiO」
第74回 ソニー、RM-PLZ530D - 学習機能付きリモコンのマクロ機能を使いこなす
第73回 ウォークマンがiPodを再び抜いた件に関して
第72回 2011年のレシーバー
第71回 3D放送の一般化にはまだ時間がかかるらしい
第70回 年末以降のテレビ需要
第69回 何インチからが大画面か
第68回 圧縮音楽ファイルのエンコード方法とビットレートによる音質の違いを調べる
第67回 ZEN X-Fi Styleを使ってみた
第66回 JBLの最新モデルを聞き比べ(後編)
第65回 JBLの最新モデルを聞き比べる(前編)
第64回 クリエイティブのBluetoothスピーカー「ZiiSound D5」を試してみた
第63回 一から始めるAV機器ネットワーク(3) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第62回 ちょっと大きめのパーソナルTVが欲しい - シャープのLED AQUOS「LC-32SC1」を試用する
第61回 一から始めるAV機器ネットワーク(2) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第60回 一から始めるAV機器ネットワーク(1) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第59回 セカンドテレビを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー(2)
第58回 セカンドTVを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー
第57回 デジタルノイズキャンセングヘッドホン「MDR-NC300D」
第56回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - ノイズキャンセリング効果とサウンド
第55回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - 操作性と付属機能
第54回 遅ればせながらBDレコーダーを導入(1)
第53回 高音質タイプの骨伝道ヘッドホンを試してみる - ティアック Filltune「HP-F200」
第52回 HDMI 1.3時代のAVアンプ機能比較(1) - エントリークラス編
第51回 エバーグリーンの低価格メディアリペアキットを試す
第50回 W-ZERO3[es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(2)
第49回 マクセルの高音質システムヘッドフォン「Vraison」を試す
第48回 流行の丈夫なDVD-Rはどこまで頑丈か
第47回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(2)
第46回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(1)
第45回 ドルビーバーチャルスピーカー採用2.1chサラウンドシステムをセッティング
第44回 W-ZERO3 [es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(1)
第43回 ICレコーダーを購入
第42回 骨伝導ヘッドフォンを買ってみた
第41回 USBからの電源でも動作する高音質アダプター
第40回 低価格化が進むフルHD37V型液晶テレビ
第39回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(2) - 新モデルの音質
第38回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(1) セッティングとUI
第37回 オーディオテクニカの新型インナーイヤーヘッドフォンを聞く
第36回 圧縮音楽の補正技術は本当にうまく働くのか
第35回 ロジクールのマルチリモコン「Harmony」の途中経過
第34回 団塊の世代をターゲットにした製品って
第33回 ロジクールのマルチリモコンを試す(1)
第32回 スピーカーで聴くバーチャルサラウンド
第31回 HD DVDとBlu-ray Disc、ソフトのタイトルは?
第30回 コンパクトなスピーカーの音量は足りる?
第29回 HDDのトラブルに泣かされる
第28回 徹底的に低価格な謎のMP3プレイヤーの試聴にチャレンジする
第27回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す(2)
第26回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す
第25回 余ったメディアの再利用
第24回 1年前と最新のポータブルオーディオプレイヤー
第23回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(2)
第22回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(1)
第21回 ポータブルオーディオプレーヤーの音をスピーカーで鳴らす
第20回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(4)
第19回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(3)
第18回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(2)
第17回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(1)
第16回 ビデオ用8倍速のDVD-R DLメディア登場
第15回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(2) - Travelシリーズ編
第14回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(1) - Travelシリーズ編
第13回 BauXar Marty101試聴会に行ってきました
第12回 オーディオセレクター+パワードスピーカーでのリスニング環境構築
第11回 マルチメディア用2.1chスピーカーをオーディオ製品として聴く
第10回 精度を要求しない測定環境(2) - 身の回りの機器を測定する
第9回 精度を要求しない測定環境(1)
第8回 DLNAガイダンス準拠機器ではないネットワークメディアプレーヤーを試す
第7回 音楽データをどこに置くかがポイント
第6回 バッファローLinkTheaterでPC内の音楽ファイルを再生する
第5回 PC内のMP3ファイルをNAS-M7HDに取り込む
第4回 今度こそNAS-M7HDでPC内の音楽をストリーミング再生する
第3回 突然、長瀬産業のHMP-100のレビューを行う
第2回 オーディオのネットワークを考えてみる(2)
第1回 オーディオのネットワークを考えてみる(1)

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア