【コラム】

暮らしのサウンドビジュアル

23 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(2)

 

23/116

音漏れの測定を行ったヘッドホンについて、音漏れ以外の性能はどうなのか、前回に続き、残りの3本についての評価を行ってみたいと思います。

ゼンハイザー - PX100

エントリークラスのオープンエアーヘッドフォンとしてなかなか人気のあるPX100。筆者は、このPX100をDR-592C2(ELEGA)への反動から購入しました。かなり前に購入したのですが、価格は6,000円台だったと記憶しています。DR-592C2は、(方向性は強烈なものの)音自体には問題はないのですが、さすがにその側圧と重さから長時間装着することは困難です。それに対してPX100は、長時間使用していてもさほど負担はかかりません。

小型軽量のオープンエアーヘッドフォン、PX100

音の傾向としては、中高域~中低域はわりとよい感じなのですが、低域が若干弱め。高域は価格以上という感じです。オープンエアータイプらしい音の拡がり感とヌケ。分解能力や音の定位は、モニター用ではないのでこんなものでしょう。全体的に明るめのキャラクターで、音楽を聴いていて疲れないという感じのセッティングです。とくに、能天気なポップス系の音楽をかけると、なかなかよい相性だと筆者は思います。

PX100は、コンパクトに畳めることもその特徴のひとつです。となると、屋外に持ち出したくなるものですが、測定したように、PX100はかなり音漏れがあるので、公共交通機関などに持ち込むのは避けたほうが無難です。ゼンハイザーからは、そういった場所で使うのに向いた密閉型のPX200というモデルもリリースされています。こちらもコンパクトな密閉型としてはなかなか人気のモデルなのですが、筆者の聴いた限りでは、方式の違いもありPX100程の明るさはないといった感じで、音の傾向はやはり違います。

ここまでコンパクトに畳めるPX100。メガネケースがちょうどのサイズ。専用のケースが付属していたのだが、プラスチック製の簡素なものだったので、筆者は使用していない

オーディオテクニカ - ATH-CK5

カナル型の入門モデルとして評価が高いオーディオテクニカのATH-CK5。柔らかめのイヤーパッドが付属しているため、カナル型が初めてという人でも、違和感を感じることはないでしょう。

低価格なカナル型としては、満足できる音質のATH-CK5

高域は、PX100と比べると伸びがありませんが、全然出ないというわけではありません(PX100がエントリークラスとしては極めて高音の伸びがよいため)。中域はクリア。低域は抑えぎみといった感じです。わりと、聴く音楽のジャンルを選ばないという感じではありますが、ボーカルものなどでは、その良さがとくに発揮されるように感じられます。分解能力も価格から考えると高め。また、音の定位に関してはPX100よりも優れています。カナル型なので遮音性はありますが、先日の測定結果では、普通の密閉型と同じ程度でした。

また、持ち運び用の袋が付属しているのですが、これがATH-CK5とフラッシュメモリタイプのポータブルオーディオプレーヤーとを収納するのにちょうどよいサイズです。

付属の袋に、フラッシュメモリタイプのポータブルオーディオプレーヤーなら一緒に保管できる

筆者は(音漏れのテストのために)、ATH-CK5を2,700円ぐらいで購入したのですが、この価格ならかなりコストパフォーマンスは高いと思います。本体から出されているケーブルが短く、付属の延長ケーブルが必須となるという点はマイナスですが、ポータブルオーディオプレーヤーの付属ヘッドフォンからの乗り換えに、音質的にも価格的にもマッチしたモデルだといえるでしょう。

ソニー - MDR-NC6

低価格なノイズキャンセリングヘッドフォン、SONYのMDR-NC6。このヘッドフォンも、今回の音漏れテストのために購入した1本です。6,000円台で購入しました。

ほぼ同価格帯のPX100と比較すると、音質よりも機能にコストを振り分けた感のあるMDR-NC6

ノイズキャンセリングのスイッチを入れると、ホワイトノイズのような音が流れ、しばらくすると、それと周囲の音が気にならなくなります。ノイズキャンセリング機能の効果の程は、部屋の中で使用すると、筆者の爆音PCの音を若干低減してくれるといった程度です。完全にすべての外部音を消してくれるというわけではありません。

音質的には、今回の3本のなかでは一番低音よりです(ただし、その低音にほかの音がマスクされがちという問題もあるのですが)。中域はATH-CK5に比べるとこもりがち。高域の伸びも欠けています。定位、分解力も弱めです。ただしこのMDR-NC6は、ノイズキャンセリング機能を搭載してこの価格ということからも、音質がうんぬんというモデルではないのでしょう。

ノイズキャンセリングヘッドフォンではありますが、ノイズキャンセリング機能をオフにすれば、もちろん普通のオープンエアーヘッドフォンとしても使うことができます。その際の音質は、傾向としてはオンのときとさほど差はないのですが、若干低音が弱くなり、中音域がクリアになります。

MDR-NC6は、アウトドア用のヘッドフォンということで、イヤーパッド部分が回転し、収納のためのキャリングポーチも付属しています。しかし、PX100のようにコンパクトに収納できるわけではありません。

コンパクトではないが、持ち運び用のポーチに収納できる

以上、音漏れを測定したヘッドフォンに対する評価はだいたいこんなところで、あくまで筆者の感覚ですが、音質的にそれなりに満足できるのはELEGAのDR-592C2、ゼンハイザーのPX100、オーディオテクニカのATH-CH5、パイオニアのアームレスヘッドフォン(いまだに型番が分からない)でした。

しかし、今回は部屋の中で音楽を聴いての評価です。アウトドア向けのヘッドフォンは、実際の使用環境で聴いたほうが、より正しい評価になるでしょう。ということで、近いうちに、これらのヘッドフォンのうち、アウトドア向けのものを実際に外に持ち出して聴いてみたいと思います。

23/116

インデックス

連載目次
第116回 クラッチバッグのようなデザインのBluetoothスピーカー「Beoplay A2」
第115回 デスクトップのリスニング環境に適した「SoundBlaster X7」
第114回 ComplyイヤーチップのPシリーズは使い方を選ぶがスグレモノ
第113回 Complyイヤーチップのプレミアムモデルとスタンダードモデルとの差を探る
第112回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(3)
第111回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(2)
第110回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(1)
第109回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(7)
第108回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(8)
第107回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(6)
第106回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(5)
第105回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(4)
第104回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(3)
第103回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(2)
第102回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(1)
第101回 多機能アクティブスピーカー「SoundBlaster Axx」を使ってみた
第100回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(4)
第99回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(3)
第98回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(2)
第97回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(1)
第96回 Bluetoothスピーカーの置き方(4)
第95回 Bluetoothスピーカーの置き方(3)
第94回 ちょっと便利なBluetoothスピーカー「Creative Airwave HD」
第93回 Bluetoothスピーカーの置き方(2)
第92回 Bluetoothスピーカーの置き方(1)
第91回 いまさらながらのインターネットラジオ(3)
第90回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(7)
第89回 いまさらながらのインターネットラジオ(2)
第88回 いまさらながらのインターネットラジオ(1)
第87回 ミニマムなデジタル録画環境として「nasne」はあり? なし?
第86回 インドア用のヘッドホンを買い換えた
第85回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(6)
第84回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(5)
第83回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(4)
第82回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(3)
第81回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(2)
第80回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(1)
第79回 キャビネット容積が限られたスピーカーでも高音質を実現するCONEQ技術
第78回 ボーズの1.1chホームシアターシステム「Lifestyle 135」の音を聴いてみた
第77回 チューナー内蔵レコーダーの登場で便利になった「スカパー!HD」
第76回 ヤマハらしいサウンドのヘッドホン「HPH-200」
第75回 実用的なAndroidタブレットプレーヤ「ZiiO」
第74回 ソニー、RM-PLZ530D - 学習機能付きリモコンのマクロ機能を使いこなす
第73回 ウォークマンがiPodを再び抜いた件に関して
第72回 2011年のレシーバー
第71回 3D放送の一般化にはまだ時間がかかるらしい
第70回 年末以降のテレビ需要
第69回 何インチからが大画面か
第68回 圧縮音楽ファイルのエンコード方法とビットレートによる音質の違いを調べる
第67回 ZEN X-Fi Styleを使ってみた
第66回 JBLの最新モデルを聞き比べ(後編)
第65回 JBLの最新モデルを聞き比べる(前編)
第64回 クリエイティブのBluetoothスピーカー「ZiiSound D5」を試してみた
第63回 一から始めるAV機器ネットワーク(3) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第62回 ちょっと大きめのパーソナルTVが欲しい - シャープのLED AQUOS「LC-32SC1」を試用する
第61回 一から始めるAV機器ネットワーク(2) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第60回 一から始めるAV機器ネットワーク(1) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第59回 セカンドテレビを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー(2)
第58回 セカンドTVを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー
第57回 デジタルノイズキャンセングヘッドホン「MDR-NC300D」
第56回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - ノイズキャンセリング効果とサウンド
第55回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - 操作性と付属機能
第54回 遅ればせながらBDレコーダーを導入(1)
第53回 高音質タイプの骨伝道ヘッドホンを試してみる - ティアック Filltune「HP-F200」
第52回 HDMI 1.3時代のAVアンプ機能比較(1) - エントリークラス編
第51回 エバーグリーンの低価格メディアリペアキットを試す
第50回 W-ZERO3[es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(2)
第49回 マクセルの高音質システムヘッドフォン「Vraison」を試す
第48回 流行の丈夫なDVD-Rはどこまで頑丈か
第47回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(2)
第46回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(1)
第45回 ドルビーバーチャルスピーカー採用2.1chサラウンドシステムをセッティング
第44回 W-ZERO3 [es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(1)
第43回 ICレコーダーを購入
第42回 骨伝導ヘッドフォンを買ってみた
第41回 USBからの電源でも動作する高音質アダプター
第40回 低価格化が進むフルHD37V型液晶テレビ
第39回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(2) - 新モデルの音質
第38回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(1) セッティングとUI
第37回 オーディオテクニカの新型インナーイヤーヘッドフォンを聞く
第36回 圧縮音楽の補正技術は本当にうまく働くのか
第35回 ロジクールのマルチリモコン「Harmony」の途中経過
第34回 団塊の世代をターゲットにした製品って
第33回 ロジクールのマルチリモコンを試す(1)
第32回 スピーカーで聴くバーチャルサラウンド
第31回 HD DVDとBlu-ray Disc、ソフトのタイトルは?
第30回 コンパクトなスピーカーの音量は足りる?
第29回 HDDのトラブルに泣かされる
第28回 徹底的に低価格な謎のMP3プレイヤーの試聴にチャレンジする
第27回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す(2)
第26回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す
第25回 余ったメディアの再利用
第24回 1年前と最新のポータブルオーディオプレイヤー
第23回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(2)
第22回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(1)
第21回 ポータブルオーディオプレーヤーの音をスピーカーで鳴らす
第20回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(4)
第19回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(3)
第18回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(2)
第17回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(1)
第16回 ビデオ用8倍速のDVD-R DLメディア登場
第15回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(2) - Travelシリーズ編
第14回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(1) - Travelシリーズ編
第13回 BauXar Marty101試聴会に行ってきました
第12回 オーディオセレクター+パワードスピーカーでのリスニング環境構築
第11回 マルチメディア用2.1chスピーカーをオーディオ製品として聴く
第10回 精度を要求しない測定環境(2) - 身の回りの機器を測定する
第9回 精度を要求しない測定環境(1)
第8回 DLNAガイダンス準拠機器ではないネットワークメディアプレーヤーを試す
第7回 音楽データをどこに置くかがポイント
第6回 バッファローLinkTheaterでPC内の音楽ファイルを再生する
第5回 PC内のMP3ファイルをNAS-M7HDに取り込む
第4回 今度こそNAS-M7HDでPC内の音楽をストリーミング再生する
第3回 突然、長瀬産業のHMP-100のレビューを行う
第2回 オーディオのネットワークを考えてみる(2)
第1回 オーディオのネットワークを考えてみる(1)

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル