【コラム】

伝説的な給与を獲得後に没落、でも起業で復活した男の話

1 伝説と言われた給与を獲得したノウハウ(1)

  • <<
  • <

1/8

はじめまして。吉政創成の代表取締役を務める吉政忠志と申します。私はこれまでトップベンチャー企業でマーケティング責任者を歴任し、30代前半で同年代国内トップクラスの年収を獲得しましたが、その後、没落。そこから起業で復活し、現在に至ります。本コラムでは、こうした半生から得た教訓を紹介します。

多くの方がこのコラムのタイトルにある「伝説的な給与」に反応されて読まれているのではないでしょうか。働くうえで、大抵の方が自身の労働が評価され、給与を上げたいと思っていると考えていると思います。人生の中で、「家族ができた」「子供が進学した」「起業したい」など、必要な時に必要な額のお金を支払える人生でありたいと、私も思います。

ちなみに、私は一流の大学を卒業し、一流の会社で働くというエリート路線を歩いて、高い給与を獲得してきたわけではありません。

一流ではない大学を卒業し、当時、上場企業の中で下から2番目に安い給与の企業に就職しました。社会人スタートはどこでもあるような普通のポジションからでした。

このコラムでは、普通のポジションだった新卒から10年もせずにインセンティブ給与(歩合給)のない基本年俸で2000万円の給与を獲得した方法を解説します。少しでも参考になるところがあればうれしいです。

このコラムで紹介する方法は私が行ってうまくいった方法です。読者の皆さまが同じように実施して、年収2000万円を獲得できる保証はありません。ただし、この方法を継続することで、多くの方が努力と成果に見合った今まで以上の年収を獲得できるように思えます。

というのも、紹介する方法は、優秀ではない学生だった私が実行できたものですので、複雑でも難易度が高いものでもないからです。実にシンプルな方法です。極論ですが、多くの方が実践できる方法だと思います。

ただし、多くの方がなかなか継続できない方法だとも思っています。そこで、本コラムでは、その継続するための方法も解説します。

まずは、年収の話からしましょう。30歳そこそこで年収2000万円という金額が伝説的かどうかはわかりません。しかし現在、日本のサラリーマンの平均年収が400万円強という状況を考えれば、30歳そこそこで、5倍近い年収を稼いだので、おそらく同年代ではトップクラスだったと思います。国税庁の平成21年度「民間給与実態統計調査」の調査データによると、年収2000万円は全人口のトップ0.7%に当たるので、全労働人口で見てもかなり上位だったように思えます。

以下に、私の年収の推移と実施してきた企画を紹介します。

上記のグラフは青い線が知名度であり、赤い線が何となくの役職と年収になります。

役職の流れはこうです。26歳で外資系に転職、成績が良かったので1年後にSenior Account Managerになり、29歳でマーケティング課長、31歳でマーケティング部門長、34歳で外資系の事業担当Directorになりました。その後、起業、38歳でサラリーマンに戻り執行役員、40歳で再起業という感じです。

本コラムにおいて一番言いたいことは、私の人生においては、節目節目で企画を提出して採用され、役職が上がるか、またはその企画の実行により成果を出して役職が上がっていることです。

最近、「年収と役職は関係なく、成果を出せる人材は役職が付かなくても高年収になるパスを用意している」と言っている企業もありますが、私が知っている限り、年収を上げる最も有効な手段は役職を上げることだと思っています。

日本の会社では、主任になり、課長になると残業代が付かないことが多く、年収が下がったり、年収が伸びなかったりします。私の年収が高くなったのは、ある意味で一番年収が厳しいとされる主任と課長の時期が短かったからかもしれません。ちなみに、主任という肩書をいただいたことはありませんでした。

ちなみに、「平社員・主任」から「課長」、「課長」から「部長・執行役員」、「部長・執行役員」から「取締役」といった3ステップを上がるには、行動と判断の感覚を変えなければならないと考えています。

「平社員・主任」から「課長」に上がるには、思考を「業務思考」から「業務+管理思考」に変える必要があります。次に、「課長」から「部長・執行役員」へ上がるには「業務+管理思考」から、「人事、予算を含めた戦略思考」に変える必要があります。最後に、「部長・執行役員」から「取締役」へ上がるには「人事、予算を含めた戦略思考」から「経営思考」に変える必要があります。この話は長くなるので、機会があれば書きたいと思います。

初回はここまでにしましょう。次回は、年収を上げるために必要な手段である「役職を上げる」についてお話します。

著者プロフィール

吉政忠志

業界を代表するトップベンチャー企業でマーケティング責任者を歴任。30代前半で同年代国内トップクラスの年収を獲得し、伝説的な給与所得者と呼ばれるようになる。現在は、吉政創成株式会社 代表取締役、プライム・ストラテジー株式会社 取締役、一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、BOSS-CON JAPAN 理事長、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事を兼任。
  • <<
  • <

1/8

インデックス

連載目次
第8回 伝説といわれた給与を獲得したのに没落。復活への道
第7回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ[セルフブランディング編](3)
第6回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ[セルフブランディング編](2)
第5回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ[セルフブランディング編](1)
第4回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ(4)
第3回 伝説といわれた給与を獲得したノウハウ(3)
第2回 伝説と言われた給与を獲得したノウハウ(2)
第1回 伝説と言われた給与を獲得したノウハウ(1)

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事