【コラム】

リユースサーバという選択肢

1 販売終了モデルが落雷で故障! リユースにしかなかった解決策 - 杉並学院

  • <<
  • <

1/13

リユースサーバはどのような場所で活用されているのか。実際に上手く活用している杉並学院の事例を紹介しよう。今回は杉並学院で情報システムを担当している教諭の志賀潔氏と、データライブ代表取締役社長 山田和人氏に対談していただいた。

杉並学院


「自立・成楽」を建学精神とする、中高一貫教育校。充実した施設と週6日制の教育カリキュラムで、健やかな心身の育成と基礎学力の向上を実現し、社会に貢献する有為の人材を育成している。

通常の情報の授業以外に、生徒が自由にパソコンを使って情報発信が行える開放されたパソコンラウンジがあるなど、IT活用教育も充実している。

http://www.suginami.ac.jp/

杉並学院は東京都杉並区において中学、高等学校を設置している学校法人だ。1923年に奥田裁縫女学校として設立されて以来、長い歴史を持っている。充実したカリキュラムと施設も特色で、特にゴルフ教育には力が入れられており、石川遼選手の出身校としても有名だ。

現在の校舎は10年前に新設されており、その際全教室にLAN配線行うなどインフラも整えられている。校内では生徒の情報授業用教材としてのPCの他、教職員用PC、インフォメーション端末、各種管理用サーバなどさまざまな機器が活用されている状況だ。

落雷で壊れたサーバの代替機を緊急捜索

――リユースサーバを活用するきっかけは何だったのでしょうか?

当時の窮状を振り返る杉並学院の志賀教諭

志賀: そもそものきっかけは6月末の落雷です。あの落雷による停電でサーバが壊れてしまったのですが、「HP ProLiant ML310」という非常に古い製品だったためサポートが受けられず、メーカーから匙を投げられた状態でした。壊れたサーバは、生徒の成績や出欠状況を管理するために使用していたので、データが失われると1学期前半分の情報を全て入力し直さなければならないという状況です。期末テストを控え、とにかく一刻も早く代替品が必要でした。

山田: インターネット検索で弊社の在庫に似た型番があるのを発見して、問い合わせをいただいたと伺っております。たしか、スタンバイ品には同一型番が存在しなかったのですが、倉庫から取り寄せ可能でしたのでお引き受けいたしました。通常、倉庫品の出荷には5営業日の猶予をいただいているのですが、お急ぎということで"特急"で対応させていただきました(笑)。

志賀: 無理を承知で、「明日にでも欲しい」とお願いしました。障害に気づいたのは水曜日だったのですが、迅速にご対応いただいた結果、土曜日の昼には代替品が届きました。週末のうちに復旧できて助かりました。

データライブ代表取締役社長 山田和人氏

山田: 本来はもっと早くお届けできればよかったのですが、検品作業などの都合でどうしても翌日というわけにはいきませんでした。たとえ急ぎで出荷しても、製品が動かなければかえってご迷惑をおかけすることになりますので。そのあたりをご理解いただき、涙を呑んでいただいたという次第です。

――中古品を使うことへの抵抗はありませんでしたか?

志賀: 使い切られたサーバなら考えてしまいますが、今回の製品は、活きの良いパーツを組み合わせたメンテナンス済みのサーバということでしたから、抵抗や不安はありませんでした。同等品を購入したはずなのに、むしろ調子が良くなっていると感じるくらいです。もしかしたら経営層には抵抗があるのかもしれませんが、データライブさんの方で保障も付けてくれていますので、そこを説得するのが私の仕事でしょう。

リユースサーバは「新しい選択肢」

――通常、サーバが故障した際の対応はどうなさっていたのですか?

志賀: 通常はメーカーと保守契約を結んでおいて対応してもらうのでしょうが、コストのことを考えるとトラブル発生時にスポットで対応してもらう方が負担が少ないと考え、問題が出た時に都度メーカーに連絡を入れるかたちにしています。サーバの保守契約に何十万円とかけるくらいなら、その費用を削減して、生徒のために使った方がはるかに有用ですからね。

山田: コストメリットを重視するのであれば賢い選択だと思います。杉並学院様の場合は志賀先生のように豊富な知識を持った方がいらっしゃるのでよりスムーズに導入できました。志賀先生は、管理ソフトウェアなども自作してコストを削減していると知って大変驚きました。

志賀: あくまで数学の教師なので難しいことはできませんが、ソフトウェアは外注すると非常に高いので極力自分で作るようにしています。それに、ソフトウェアの場合、外注先が手を引いてしまうと、ハードウェア以上にメンテナンスが困難になりますからね。自分で作ったものであれば、必要な時に必要な変更を加えて使い続けられます。うちの学校では、DOS向けに作ったソフトウェアが未だに現役だったりもしますよ。

現行システムの維持に最適なリユースサーバ

――今後もリユースサーバを活用したいとお考えですか?

志賀: うちの学校では、10年前の校舎新設時にまとめて揃えたサーバやネットワーク機器の多くを現在も使用しています。こちらはソフトウェアと違って老朽化が進むものですから、管理者としては多少の不安があります。

ただし、PCやプリンタなど、身の回りで使用する機器であれば周囲の理解も得られやすいのですが、サーバやネットワーク機器に関しては買い替えの必要性をわかってもらうのが難しく、なかなか予算の確保には至りません。

そういった状況なので、リユースサーバは非常に有難い選択肢です。メーカーでは販売が終了した製品や部品を見つけたり、それと同じように機能する代替品を探したりしてもらえるので、うちで使っているような古いサーバが壊れても「なんとかしてもらえるかもしれない」という希望の光を与えてもらえますし、何よりも安いですから。

最新の取り組みを行うのならば新品のサーバが必要かもしれませんが、現存のシステムを維持していきたいだけであればリユース品でまったく問題ありません。今後も積極的に検討させていただくと思います。

山田: 採用している機器を伺ったところ、かなり古い製品やあまり市場に出回らなかったモデルもあり、もはやメーカーの販路では手に入らないものが多いですね。当社は海外にも仕入れルートを持っており、さまざまな機器を探し出せるので、きっとお役に立てると思います。

志賀: 新品での購入となると、1台100万円程度を見積もらなければなりません。そう考えると、全サーバを一気に入れ替えることは不可能です。本当に必要ならば予算自体は下りるのですが、年間予算をやりくりして余剰を確保し、新しい取り組みにつぎ込むのも現場の判断です。いざ新しいことをやろうとした時に予算不足で何もできない、ということがないように、安価なリユースサーバ、リユースPCは積極的に活用したいと思っています。

山田: 杉並学院様は、学校としてはかなり大規模なシステムを構築されていますし、高度な機器も採用されています。予備機をスタンバイ状態で用意するには大きなコストがかかりすぎますから、システム延命のためのツールとして当社を上手に使っていただけると嬉しいですね。

Oracle(Sun) EOSL/EOL迎えた
サーバの保守契約見直しのススメ


「サポート切れを迎えている」「故障の不安を抱えている」「少しでもコスト削減をしたい」など、Oracle(Sun) サーバで稼働するシステムに課題を抱えていませんか?十分メンテナンスができない状態で運用するのはシステムの安定稼働といった面で不安がつきまといます。そこで・・・「Oracle(Sun) EOSL/EOLハードウェア保守サービス」システムの安定稼動、コスト削減の両方の視点からサポートします!

詳しくはこちらから!

【無料買取査定】サーバ、ネットワーク機器などの買取り査定を実施!


システム一式、大量台数のご依頼も大歓迎です。
無料相談・見積り受付中。 データ消去からサーバ処分まで一括対応!

詳しくはこちらから!

データライブ株式会社


【システムを延伸稼動させる専門企業】
EOSLサーバ・NW機器に対して第三者保守ベンダーとして複数年に渡ってサーバ保守・保守部品供給をすることができます。Oracle sun,HP 9000,HP Integrity,x86機(HP,DELL,富士通,NEC等)など多数メーカー対応可能。

【マルチベンダー対応】
「同システム内で複数メーカーのサーバが稼動」「保守期間が異なるサーバが同システムで稼動」などの問題に対して一括管理をすることも可能です。

unistar

>> EOSLサーバ保守のご相談なら

  • <<
  • <

1/13

インデックス

連載目次
第13回 「マンガ配信」を支える社内サーバを第三者保守で守る - ビーグリー
第12回 震災時の迅速対応に感謝! 技術力と人間力が契約の決め手 - ピーチ・ジョン
第11回 リユースを活用したHadoopベースの分散環境で、最先端のアドテクノロジーを追求 – フルスピード
第10回 高いサポート力がリユースサーバによる"システム延伸"提案を可能にした - システムリンク
第9回 ITシステムの新たなライフサイクルを実現するために – ノマド
第8回 集約用の仮想化サーバに"リユースサーバ"を選んだ理由 - フォスターネット
第7回 メーカー保守終了と新システム導入の間をリユースサーバで - ジェイトップ
第6回 リプレイス計画中にサーバ保守切れ! 窮地を救った策とは--アルテ サロン HD
第5回 メーカー保守切れサーバ30台を救った「EOSL/EOL保守サービス」 - エイジス
第4回 納品の早さに驚愕! 新品販売にはないサポートも - Real English Broadband
第3回 急な問い合わせにも迅速対応! 納品の早さが最大の魅力 - パラダイムシフト
第2回 社内研修/ラボ環境での相性は抜群 - NTTソフトウェア
第1回 販売終了モデルが落雷で故障! リユースにしかなかった解決策 - 杉並学院

もっと見る

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事