【コラム】

ペンタブレット「Intuos4」の全てがわかる大百科

21 ユニークな形状とホイールが魅力 -「Intuos4」のエアブラシペンを試す

21/36

「Intuos4」の数あるオプションペンの中でも異彩を放つのが、エアブラシペンだ。見るからに他のペンとは異なる特殊な形状が目を引くエアブラシペンを今回は紹介する。

ユニークな形状のエアブラシペン。長さはグリップペンなどと同じだが、大きく膨らんだグリップ部分が印象的だ。ペン先は標準グリップペンと同じものが使える

このペンの特殊な形状は模型塗装などで使われる「エアブラシ」を模したもの。現実のエアブラシは建築や家具の塗装で使われる「スプレーガン」を小型精密にした塗装用具で、塗料を霧状に噴霧、筆では不可能なボカシ塗装ができるのが最大の特徴。登場当時はアナログ写真のレタッチによく使われ、その後、ペーター佐藤や空山基といったイラストレーターが未来的なイメージを描いて一世を風靡した。その後もイラストレーションやアニメーションの世界で「ぼかし」、「グラデーション」を表現するツールとして長い間使われてきたが、フォトレタッチやイラストレーションがデジタルに移行した現在は、模型塗装など立体の世界で多用されている。

実際のエアブラシ。カップ部分に塗料を入れ、コンプレッサーなどの空気圧で噴霧する

アナログの世界では「幅広く、筆ムラなく塗れる」、「筆致を残さない、ぼかした描画ができる」というのがエアブラシの魅力だが、これらの特徴はデジタルペイントではごく当たり前。実はIntuos4のエアブラシペンは、そういった機能面ではなく、その操作性を再現しているというのが大きなポイントなのだ。まず、このペンはホールド感が他のペンとは全く違う。大きなグリップ部分を親指と中指で挟みこむ形になるので、非常に安定するのだ。軸が回転してしまう他のペンと違い、サイドスイッチ部分が常に人差し指の方向にあるのも使いやすい。ただし、ペンのように指先で傾き度合いを変えるような使い方には向いていないので、ペン画タイプよりも、腕全体で描く人向きだろう。

エアブラシペンの握り方。人差し指が自然とホイールに当たるよう、デザインされている。見た目がごつい感じだが、実際は軽量なので疲れるようなことはない

また、このペンのサイドスイッチの前方に設けられた「ホイール」もエアブラシ的だ。形状はマウスのホイールと似ているが、手前から奥へ約90度の範囲で可動する「ダイヤル」として機能する。これを操作することで、通常筆圧でコントロールするような「濃さ」や「太さ」といったブラシの要素をホイールで調整、一定の値で固定することができるのだ。

「PhotoShop CS5」のブラシパネル。それぞれの項目にある「コントロール」で「スタイラスホイール」を選ぶと、エアブラシペンのホイールでコントロールできるようになる

では、実際にホイール機能に対応している「PhotoShop CS5」でどのようにこのペンが機能するのか試してみよう。PhotoShopのブラシでは様々な要素をIntuos4のどの機能でコントロールするか変更することができる。たとえば、筆圧によって幅が変化するブラシでは、「シェイプ」の項目にある「サイズのコントロール」が「筆圧」になっている。これを「スタイラスホイール」に変更すると、筆圧ではなく、エアブラシのホイールの回転角度でブラシの大きさを調整することができるようになるのだ。

サイズ以外に透明度、色の濃さ、散布など、様々な要素がスタイラスホイールでのコントロールに対応している。これらのコントロールは筆圧でも可能だが、ホイールで行うことで、一定の値で固定して使うことができるのだ。

「PhotoShop CS5」のブラシでの使用例。左はサイズを、右は散布をそれぞれホイールでコントロールしてみた。筆圧とは違い、一定の設定で固定して描ける

現実のエアブラシでは「ニードルアジャスター」というダイヤル機構を使うことで、塗料の最大噴出量を一定に保つことができる。通常は噴出ボタンの強弱や吹きつけ面との距離で吹き幅を調整するのだが、この機構により、極細吹きなど、幅を一定に保つことができる。Intuos4のエアブラシペンの「ホイール」はいわばその機構を模したもの。筆圧では一定に保てない要素を固定して描くことができるわけだ。

実際使ってみると、指先に気をつかわなくてもいいこと、いちいち、ブラシ幅を調整しなくていいのは、ペンタブレットというよりマウスで描画している感覚に近い。マウスと違い、ペン先は細かくコントロールできるので、ちょっと他にはない書き味だ。人差し指がいい感じでひっかかり、思った以上に安定して描くコトができる。実際、この形状を好むユーザも多いという。また、透明度とサイズなどふたつの項目を、わざわざアプリケーション上で数値調整しなくても、ホイールと筆圧それぞれでコントロールできるのも嬉しい。

このブラシの利用方法としては、やはり写真のレタッチだろう。覆い焼き、焼き込みツールなどを使う時、慣れないと筆圧のムラが画像上に出てしまうことがあるが、効果を一定に保てるエアブラシならなめらかに広範囲を処理することができる。

残念ながら、エアブラシのホイール機能はアプリケーションはアプリケーションに依存しており、現在はPhotoShopCS5、「Painter」(「Essential」は細目ホイールブラシのみ対応)のみが対応している。

エアブラシペンのコントロールパネル。ペン先やサイドスイッチのカスタマイズは他のペン同様に多彩だが、ホイール機能はコントロールパネルで設定できない。マウスホイールのようにスクロールなどを割り当てることはできないので注意

PhotoShop CS5の強力なブラシのカスタム機能を使えば、筆圧をサイズ、ホイールを濃さなど、詳細に設定ができるが、設定項目が広範囲なので、使いこなすにはブラシの機能に精通している必要がある。それ以外のアプリケーションでは、ホイールが機能しないだけで、筆圧検知のペンとしては問題なく使える。ただし、ペン先の筆圧検知の性能はグリップペンよりも精度が落ちる(Intuos3同等)ので、筆圧の精度にこだわる人は注意して欲しい。

Illustration:まつむらまきお

21/36

インデックス

連載目次
第36回 大百科のまとめ ~「Intuos4」のメンテナンスや使用環境を考える
第35回 「Intuos4」を音楽制作に活用する(後編)
第34回 「Intuos4」を音楽制作に活用する(前編)
第33回 次世代イラストレーションアプリ「clip paint lab」の編集機能を試す
第32回 次世代イラストレーションアプリ「clip paint lab」の機能を試してみる
第31回 「Intuos4」でセルシスの最新アプリ「clip paint lab」ベータ版を試す
第30回 「Adobe Illustrator」に最適な「Intuos4」の設定とは
第29回 「Adobe Illustrator」を「Intuos4」で使いこなす
第28回 「Adobe Illustrator」の「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第27回 「Adobe Flash」の「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第26回 国産アプリケーションの「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第25回 「Intuos4」を使って上手に線画を描いてみる
第24回 「ArtRage」のトレース機能を使って「Intuos4」で絵画調のイラストを描く
第23回 「Intuos4」とグラフィックアプリケーション「ArtRage」で絵具を楽しむ
第22回 ペンタブレット「Intuos4」で使える専用マウス
第21回 ユニークな形状とホイールが魅力 -「Intuos4」のエアブラシペンを試す
第20回 回転検出が可能にする抜群の操作性 -「Intuos4」のアートペンを試す
第19回 「Intuos4」で超軽量クラッシックペンとボールペン内蔵インクペンを試す
第18回 「Intuos4」のオプションのペンの特徴や機能を徹底解剖
第17回 「Intuos4」と「comic studio」による漫画制作テクニック(応用編)
第16回 「Intuos4」と「comic studio」による漫画制作テクニック(トーン表現編)
第15回 ドライバ設定や様々なカスタマイズで「Intuos4」の描き味をさらに探求する
第14回 「Intuos4」のドライバによる筆圧設定で描き味を探求する
第13回 「Intuos4」の用途に合わせて電子ペンの芯を選択する
第12回 「Intuos4」のマッピング設定をマスターしよう
第11回 「Intuos4」の筆圧感知を駆使した、水彩タッチの塗り重ねテクニックを紹介
第10回 ケーブルからの開放! 「Intuos4 Wireless」の機能と有効な活用法
第9回 かなり使える「Intuos4」のラジアルメニューとは
第8回 好みに応じて自由にタッチホイールを使いこなそう
第7回 「Intuos4」のタッチホイールで出来る様々な事
第6回 「Intuos4」のファンクションキーをカスタマイズする
第5回 「Adobe Photoshop Elements」を活用して「Intuos4」でイラストを描く
第4回 ペンタブレット初心者が上手に「描く」ための練習法とドライバ設定とは
第3回 『Intuos4』を設置、環境設定して、実際に描いてみよう
第2回 使用目的や機能からペンタブレットを選ぶ
第1回 ペンタブレットとマウスの違いとは

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事