【コラム】

ペンタブレット「Intuos4」の全てがわかる大百科

4 ペンタブレット初心者が上手に「描く」ための練習法とドライバ設定とは

4/36

普段絵をよく描く人ほど、初めてペンタブレットを使うと「案外思うように描けない」という話を聞く。考えてみれば、初めてマウスを操作した時も、なかなか上手く操れなかったはず。慣れてしまえば筆で描くのと同じように描けるようになるのだが、すでにマウスに慣れているので「ペンタブレットって、自分には合わないのかも?」という印象を持ってしまう人も多い。今回はとっておきの練習方法と、書き味に大きな影響を及ぼすドライバの設定を紹介してゆこう。

まずは「文字」で練習してみる

まずは練習方法。タブレットに慣れていない時期は、いきなり絵を描いても、自分の絵とのギャップに嫌気が差すばかり。マウス操作の練習にはゲーム「マインスイーパー」が定番だが、タブレットの練習には文字を書くのがオススメ。文字は様々なストロークが含まれており、型が決まっているのと、自分の筆跡かどうかの判断もつきやすいので、トレーニングにはもってこいなのだ。アプリケーションはなんでもいいので、できればグリッドを表示させ、ひとマス、ひとマス、ゆっくり丁寧に書く練習をしよう。書くときには、画面を拡大してもかまわない。自分の絵のタッチをパソコンで再現しようと四苦八苦するより、ずっと早くタブレットのコツがのみこめるはずだ。

練習してもなかなかうまくいかないときは、盤面と画面が平行になっているかどうか確認しよう。盤面が傾いていると、書かれた線も傾いてしまう。傾けた方が書きやすい、という人もいるだろうが、変なクセがつくと後でかえって上達しないことになる。

タブレットとモニタは必ず平行に置き、文字を書く練習をする

自分に合う摩擦のペン先を使おう

また、盤面が滑りすぎるとペン先が止まらず、文字が乱れる。Intuosには摩擦の異なるペン先が数種付属しているので、自分に合うペン先を選んでみよう。「あれ? そんなもの入ってたっけ?」という人は、ペンスタンドをひねってみよう。ペンスタンドの中がペン先収納になっているて、そこのペン先が収納されている。ペン先は、標準芯(黒)、ハードフェルト芯(ライトグレー)、エラストマー芯(黒に先だけ白)の順に摩擦が大きくなってゆく。また、ペンタブレット本体の盤面に紙を貼っても劇的に描き味が変化する。いろんな組み合わせを試してみよう。

ペンスタンドの中には、摩擦が違う替え芯が収納されている

これだけは知っておきたいドライバ設定項目

Intuos4はプロ向けというだけあって、ドライバの設定項目が多い。これは、ペンタブレット初心者には難関となるだろう。知らない間に設定を変えてしまって、元に戻す方法がわからないというケースも多いだろう。そこで、描き味に大きな影響を及ぼす設定項目を紹介しよう。最低限これだけは知っておくと、より上手に描く事ができるようになるはずだ。

比率の一致

モニタの縦横比と、Intuos4盤面の比率を一致させる設定がなされているかどうかを確認しよう。これにチェックが入っていないと、盤面で円を描いても、画面上では楕円になってしまう。また、デュアルモニタ利用時は極端な横ワイドエリアになるので、描画エリアで使わないエリアが多くなってしまう。「表示エリア」でひとつのモニタのみを描画エリアにすることができるので、絵を描くのに使うモニタを選ぼう。逆にLargeサイズを買って大きすぎると感じた場合は、「タブレット操作エリア」で描画エリアを小さく限定することもできる。

モニタが16:9以外の場合は必ず「縦横比を保持」にチェックを入れておかないと、正確に描くことができなくなる。デュアルモニタ環境の場合は、表示エリアなども設定する

マウスモードと座標モード

Intuos4の動作には「座標モード」と「マウスモード」がある。座標モードは盤面の位置と画面の位置が対応するタブレットならではの設定で、これに対し、マウスモードはマウス同様、ペンの移動距離が画面上のポインタの移動に対応するモード。どちらもペンで描けることには変わらないが、マウスモードはペンを浮かせて別の場所に移動してもポインタの位置が変化しないので、絵を描くのには適していない。

座標検出モード「マウス」は絵を描く用途には不向き。ペンモードに設定しよう

ダブルクリック距離

ペン設定のダブルクリック距離とは、ペン先でダブルクリックするとき、ある程度ポインタが動いても「ダブルクリックである」と認識させる設定。マウスと違ってポインタを動かさずにダブルクリックしにくい、ペンタブレットならではの設定だが、これを設定していると絵を描く時の細かい描写がしにくくなる。たとえば、点線を描こうとすると、それがダブルクリックと認識されてしまったり、ペン先がひっかかるような感じで一瞬、ポインタが止まったりするのだ。グラフィック用途であれば、ダブルクリック距離はオフにしておこう。

ダブルクリック設定はユーザーでも知らない人が多い項目ナンバーワン。描いていて、何かひっかかる感じがするという人は要チェック

ペン先の感触

Intuos4はこれまでの「Intuos」シリーズと比べて、非常に軽い筆圧でも反応するのが大きな特徴だ。だが、初心者にとっては、盤面にちょっと触れただけで「クリック」状態になってしまうというのは、慣れるまでは戸惑う要因のひとつ。そんなときは「ペン先の感触」の設定を変えてみよう。「堅い」にすると、力を入れてペンを押しつけなければ、タブレットが反応しなくなる。なお、Intuos4の筆圧は物理的にペン先が沈み込むわけではないので、力任せに押しつけないこと。

普段から筆圧が高い人は「堅い」側に調整してみよう

以上がIntuos4で初めて描くときに最低限押さえておきたいドライバ設定だ。あとはひたすら描いて慣れるのみ。さて、次回からはより便利な使い方として、ファンクションキー関連の機能を紹介していく予定だ。

llustration:まつむらまきお

4/36

インデックス

連載目次
第36回 大百科のまとめ ~「Intuos4」のメンテナンスや使用環境を考える
第35回 「Intuos4」を音楽制作に活用する(後編)
第34回 「Intuos4」を音楽制作に活用する(前編)
第33回 次世代イラストレーションアプリ「clip paint lab」の編集機能を試す
第32回 次世代イラストレーションアプリ「clip paint lab」の機能を試してみる
第31回 「Intuos4」でセルシスの最新アプリ「clip paint lab」ベータ版を試す
第30回 「Adobe Illustrator」に最適な「Intuos4」の設定とは
第29回 「Adobe Illustrator」を「Intuos4」で使いこなす
第28回 「Adobe Illustrator」の「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第27回 「Adobe Flash」の「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第26回 国産アプリケーションの「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第25回 「Intuos4」を使って上手に線画を描いてみる
第24回 「ArtRage」のトレース機能を使って「Intuos4」で絵画調のイラストを描く
第23回 「Intuos4」とグラフィックアプリケーション「ArtRage」で絵具を楽しむ
第22回 ペンタブレット「Intuos4」で使える専用マウス
第21回 ユニークな形状とホイールが魅力 -「Intuos4」のエアブラシペンを試す
第20回 回転検出が可能にする抜群の操作性 -「Intuos4」のアートペンを試す
第19回 「Intuos4」で超軽量クラッシックペンとボールペン内蔵インクペンを試す
第18回 「Intuos4」のオプションのペンの特徴や機能を徹底解剖
第17回 「Intuos4」と「comic studio」による漫画制作テクニック(応用編)
第16回 「Intuos4」と「comic studio」による漫画制作テクニック(トーン表現編)
第15回 ドライバ設定や様々なカスタマイズで「Intuos4」の描き味をさらに探求する
第14回 「Intuos4」のドライバによる筆圧設定で描き味を探求する
第13回 「Intuos4」の用途に合わせて電子ペンの芯を選択する
第12回 「Intuos4」のマッピング設定をマスターしよう
第11回 「Intuos4」の筆圧感知を駆使した、水彩タッチの塗り重ねテクニックを紹介
第10回 ケーブルからの開放! 「Intuos4 Wireless」の機能と有効な活用法
第9回 かなり使える「Intuos4」のラジアルメニューとは
第8回 好みに応じて自由にタッチホイールを使いこなそう
第7回 「Intuos4」のタッチホイールで出来る様々な事
第6回 「Intuos4」のファンクションキーをカスタマイズする
第5回 「Adobe Photoshop Elements」を活用して「Intuos4」でイラストを描く
第4回 ペンタブレット初心者が上手に「描く」ための練習法とドライバ設定とは
第3回 『Intuos4』を設置、環境設定して、実際に描いてみよう
第2回 使用目的や機能からペンタブレットを選ぶ
第1回 ペンタブレットとマウスの違いとは

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事