【コラム】

ペンタブレット「Intuos4」の全てがわかる大百科

2 使用目的や機能からペンタブレットを選ぶ

 

2/36

さて、ペンタブレットのメリットがわかったところで、実際の機種選びに移ろう。ワコムのペンタブレットには、普及型の「Banboo」シリーズ、上位機種の「Intuos4」のふたつのシリーズがラインナップされている。はたしてこの2機種の違いはどこにあるのだろうか

シックで高級感のある「Intuos4」とカジュアルでポップな色使いの「Banboo Fun」。見た目だけでなく、性能、機能もかなり違う

軽い筆圧での反応に大きな違い

まず、Intuos4はBanbooシリーズと比べて、倍の筆圧感知レベルがある。ただ、筆圧感知はBanbooでも実用上、差し支えのない性能で、普通に使っていればその差はほとんど感じられない。ただ、圧倒的な差が感じられるのが、軽い筆圧での反応。BanbooとIntuosでは筆圧センサーの方式が異なり、Intuosではごく軽い圧力でも確実にパソコンに伝わるよう調整されている。ブラシやペンの入り、抜きといった表現は従来のペンタブレットでは苦労させられたが、Intuos4では、それがごく自然にできる。薄塗りを塗り重ねるといった表現もリアルにできる。

回転、傾きに対応している&オプションのペン

ペンの傾き、回転に対応しているのはIntuos4だけだ。アプリケーション側が対応している必要があるが、平筆やカリグラフィペンなどがIntuos4の場合、ペンの傾き、方向でコントロールできる。また、その性能を利用したワイヤレスマウスや、特殊形状のペンなどオプションペンが多く用意されているのも最上位機種ならでは。同じペンを追加購入し、それぞれのペンで異なる筆圧設定をして使い分ける、といったこともできる。

ペンの傾き、回転に対応している「Painter sketchpad」の鉛筆ツールで描いたサンプル。ペンの傾きと筆圧だけで細い線から幅広線、力強いストロークから薄塗りまで描き分けられる

ファンクション機能の違い

描く以外の補助的な操作を行う、ファンクション機能にも大きな違いがある。Banbooはペン以外に、指で直接、盤面をタッチしたりスライドさせることで、スクロールなどの操作が可能。ファンクションボタンは4つ搭載されている。これに対しIntuos4はフィンガーアクションは非搭載だが、ボタン8つに加え、ホイールパッド、ラジアルメニューなど選択肢が広い。

どちらも一長一短があり、好みも分かれるところだが、ここで判断基準として考えたいのが、制作時に複数のアプリケーションを使うかどうかだ。Banbooの環境設定では、各ボタンに1種類の機能しか割り当てることができない。これに対しIntuos4ではアプリケーションごとでファンクションや筆圧感度などの設定を変えることができるのだ。使うアプリケーションが異なれば、登録しておきたいコマンドも当然異なる。複数アプリでタブレットを使いたいなら、Intuos4を選ぶべきだろう。

Intuos4のドライバはアプリケーションごとにファンクションの設定を変えられる。複数のペンを使い分けられるのもIntuos4だけだ。

機種の選択

Intuos4の購入を決めたら、次に迷うのがサイズだ。Intuos4には、「Small」、「Medium」、「Large」、「Extra Large」の4サイズがある。Extra Largeは設置面積が非常に大きく、VFXスタジオなど特殊業務向けと考えていいだろう。一般用途であればSmall~Largeで選ぶことになるだろう。

描画面積の比較。比率がややワイドだが、Extra LargeがほぼA3、LargeがA4、MediumがA5、SmallがA6サイズ。ただし、本体面積はそれぞれ、約倍になるので購入前に設置場所の広さをを確認しよう

選ぶポイントとしてはまず、利用するモニタサイズ。13インチ前後のノートPCであれば、Smallでも小さすぎることはないだろうが、グラフィック作成目的であれば、モニタも大きなものを利用している人が多いだろう。20インチ前後ならMediumモデルが一般的。ちなみに筆者は27インチのiMacでMediumモデルだが、盤面が小さすぎて困る、ということはない。

次に自分が描く絵のタイプによる違いを考えよう。アナログで絵を描くときに、手首だけ動かして描くタイプか、腕全体を動かして描くタイプなのかだ。前者はマンガ、マンガイラストなど、線画ベースの作画、後者は油絵に代表される、絵の具を塗り重ねていくタイプの描き方。後者の描き方に慣れている人にとっては、SmallやMediumサイズは小さく感じる場合があるのでワンサイズ上がオススメ。あとは設置面積での判断となるが、大きなサイズはひざの上で立てて使う方法もある。設置方法については次回、紹介予定。

マンガなど線画の人は手首で描く。油彩やデッサンなど面で描く人は腕を動かして描く

サイズが決まったら、バンドルソフトの要・不要もチェックしよう。Small、Mediumには、「PhotoShop Elements」、「Painter Essential」、「Painter SketchPad」がバンドルされたモデルがある。バンドルソフトの有無による価格差は3,000円なので、ひとつでも持っていないアプリケーションがあるようなら、バンドル版がお得だ。

Illustration:まつむらまきお

2/36

インデックス

連載目次
第36回 大百科のまとめ ~「Intuos4」のメンテナンスや使用環境を考える
第35回 「Intuos4」を音楽制作に活用する(後編)
第34回 「Intuos4」を音楽制作に活用する(前編)
第33回 次世代イラストレーションアプリ「clip paint lab」の編集機能を試す
第32回 次世代イラストレーションアプリ「clip paint lab」の機能を試してみる
第31回 「Intuos4」でセルシスの最新アプリ「clip paint lab」ベータ版を試す
第30回 「Adobe Illustrator」に最適な「Intuos4」の設定とは
第29回 「Adobe Illustrator」を「Intuos4」で使いこなす
第28回 「Adobe Illustrator」の「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第27回 「Adobe Flash」の「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第26回 国産アプリケーションの「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第25回 「Intuos4」を使って上手に線画を描いてみる
第24回 「ArtRage」のトレース機能を使って「Intuos4」で絵画調のイラストを描く
第23回 「Intuos4」とグラフィックアプリケーション「ArtRage」で絵具を楽しむ
第22回 ペンタブレット「Intuos4」で使える専用マウス
第21回 ユニークな形状とホイールが魅力 -「Intuos4」のエアブラシペンを試す
第20回 回転検出が可能にする抜群の操作性 -「Intuos4」のアートペンを試す
第19回 「Intuos4」で超軽量クラッシックペンとボールペン内蔵インクペンを試す
第18回 「Intuos4」のオプションのペンの特徴や機能を徹底解剖
第17回 「Intuos4」と「comic studio」による漫画制作テクニック(応用編)
第16回 「Intuos4」と「comic studio」による漫画制作テクニック(トーン表現編)
第15回 ドライバ設定や様々なカスタマイズで「Intuos4」の描き味をさらに探求する
第14回 「Intuos4」のドライバによる筆圧設定で描き味を探求する
第13回 「Intuos4」の用途に合わせて電子ペンの芯を選択する
第12回 「Intuos4」のマッピング設定をマスターしよう
第11回 「Intuos4」の筆圧感知を駆使した、水彩タッチの塗り重ねテクニックを紹介
第10回 ケーブルからの開放! 「Intuos4 Wireless」の機能と有効な活用法
第9回 かなり使える「Intuos4」のラジアルメニューとは
第8回 好みに応じて自由にタッチホイールを使いこなそう
第7回 「Intuos4」のタッチホイールで出来る様々な事
第6回 「Intuos4」のファンクションキーをカスタマイズする
第5回 「Adobe Photoshop Elements」を活用して「Intuos4」でイラストを描く
第4回 ペンタブレット初心者が上手に「描く」ための練習法とドライバ設定とは
第3回 『Intuos4』を設置、環境設定して、実際に描いてみよう
第2回 使用目的や機能からペンタブレットを選ぶ
第1回 ペンタブレットとマウスの違いとは

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

鉄道トリビア 第368回 対岸に渡りそうで渡らず、元の岸に戻ってしまう鉄橋がある
[08:00 8/27] ホビー
福士加代子「強がって表に出せなかった」リオを終えた胸の内を告白
[07:00 8/27] エンタメ
アニメ『夏目友人帳 伍』OP&EDを歌うアーティストが明らかに
[07:00 8/27] エンタメ
外国人が好きな"日本の夏の風物詩" - 「アリゾナ州では違法でした」
[07:00 8/27] ライフスタイル
かわいがりたい! と思われる後輩社員の特徴
[07:00 8/27] シゴト