【コラム】

OS X ハッキング!

317 iPod shuffleの新機能「VoiceOver」、その謎を探る

317/344

iPhone OS 3.0の仕様が明らかになりました。しかし、この発表はいわば「序章」です。ハードウェアの変更について言及がなかったのですから。ゲーム機としての性能向上に力点が置かれていると予想していますが、果たして……6月頃に焦点をあわせ、情報収集に努めたいと思います。

さて、今回は「iPod shuffle」。操作方法などUI面の紹介はさておき、話題の新機能「VoiceOver」について、あれやこれや試した結果をご報告する。

第3世代のiPod shuffleが登場、話題の「VoiceOver」を探る

「VoiceOver」はどこにある?

初めてiPod shuffleをiTunesに接続し、セットアップの画面で「VoiceOverを有効にする」を選択すると、Appleのサーバから「VoiceOver Kit」がダウンロードされる。これが曲名やアーティスト名を読み上げる機能の実体で、今回のテーマだ。

ユーザ登録完了後に「VoiceOverを有効にする」をチェックすると、パッケージのダウンロードが始まる

このVoiceOver Kit、現時点では単独で入手できない。iTunesをv8.1にバージョンアップし、iPod shuffleのユーザ登録を済ませて機能を有効にして初めて、Appleのサーバからパッケージがダウンロードされる仕組みだ。

インストールされたものがパッケージ (.pkg) かどうかの確信はなかったが、/Library/Receiptsディレクトリを探してみると、ビンゴ。「VoiceOverMacPPC.pkg」なるパッケージを発見、bomファイル (パッケージの内容物が記載されたカタログファイル) を参照することにより、VoiceOver Kitの実体が「/Library/Application Support/iTunes/iPodVoiceOver.framework」であると判明した。

VoiceOver Kitの正体「iPodVoiceOver.framework」

読み上げ音ファイル、ここにあります

VoiceOverは、iPod shuffle向けに新開発された音声合成技術「Text to Speech」が基本だ。これをiTunes側から必要に応じて呼び出し、曲名 / アーティスト名を言語に応じて合成、iPod shuffleに楽曲とともに転送される。これが再生ボタンのダブルクリックにより呼び出され、人間の声として聞こえるという仕組みだ。つまり、合成された"読み上げ音ファイル"はiPod shuffleのどこかに保存されていることになる。

iPod shuffleをマウントして探してみたところ、/Volumes/ボリューム名/iPod_Control/Speakable/Tracksに、いくつかのWAVEファイルを発見。再生してみるとビンゴ、このWAVEファイル群が"読み上げ音ファイル"だった。ファイルサイズは、平均で100KBといったところ。先日Appleの担当者に行ったインタビューでは、取るに足りないファイルサイズとのことだったが、予想よりかさばるんじゃない? というのが筆者の本音だ。

読み上げ音はWAVEファイルとしてiPod shuffleに転送されている

いろいろ試してみました

そのVoiceOver、最大の問題は「期待どおり動作するかどうか?」。基本はText to Speechということは理解できたが、果たしてアーティスト名の所属国籍が正しく判定されるか、アーティストの国籍は日本だが曲名は英語といった合わせ技の場合どうなるのか、一抹の不安が残る。うっかり人前で笑ってしまわないために、イントネーションの微妙さ加減もチェックしておきたい。

そこで自分のサウンドライブラリから、英語圏以外に属すアーティストの10曲を選び出し、iPod shuffleへと転送してみた。検証してみたかったことは、「人名 (漢字) や四字熟語を正しく読めるか」「記号はどう扱われるか」「言語が混在する場合どうなるか」「サポート外の言語はどうなるか」などなど。選んだ曲とその結果は、下表のとおりだ。iPod shuffleから取り出したWAVEファイルを、AACでエンコードしたものを掲載しておくので、聴いてみてほしい。

まず人名だが、日本人アーティストは不振に終わった。「四人囃子」は「よにんばやし」とはならず、「久住小春」も「くじゅうこはる」に。ただし、「starring」は「スターリング」として日本語風に読み上げられ、「一触即発」も問題なし。人工的なイントネーションも鼻にはつくが許容範囲内。70年代プログレと最近のアイドルの曲 (これは5歳になる娘の選曲なので念のため) というチョイスはともかく、よほど突拍子もない"読み"の曲名 / アーティスト名でなければ、十分実用に耐えうるのではないだろうか。

一方、アーティストが属す国籍 / 言語と曲名の言語が異なる場合、うまく行かないことがあるようだ。筆者のテストでは、オランダ人のJan Akkermanによる「Gate to Europe」という曲は、英語読みが妥当であるところがオランダ風に読み上げられてしまった。タイフォンというフランス (主要メンバーがベトナム人なので微妙だが) のバンドは、「Goin' Away」という曲名に引きずられたのか、バンド名も英語読みになってしまった。

VoiceOverで使用する言語は手動で指定できるが、曲名とアーティスト名の言語が異なる場合には問題が生じる

ちなみに、VoiceOver KitがインストールされたiTunesを使用していれば、曲のプロパティで「オプション」タブを表示すると、「VoiceOverの言語」なるプルダウンメニューが見えるはず。これを操作すれば、音声合成に使う言語を指定できるが、アーティスト名と曲名の言語が異なる場合は上述の問題を避けられない。この問題が今後どのように解決されるか、注目して行きたい。

■表: VoiceOverのテストに使用した曲一覧
国籍 曲名 アーティスト名 読み上げられた内容 備考
日本 一触即発 四人囃子 いっしょくそくはつ、よんにんはやし 正しくは「よにんばやし」
日本 ハッピー☆彡 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) ハッピーほしさん、つきしまきらり スターリング くじゅうこはる もーにんぐむすめ 「ほしさん」は発音しない (はず) 。正しくは「くすみこはる」
オランダ Gate to Europe Jan Akkerman ハーズトゥユーロプ、ヤンアッカーマン 曲名がアーティスト名にあわせオランダ語読み (?) に
フランス Le Photographe Exorciste Atoll ルフォトグラフェエグゾシ、アトール 特に問題なくフランス語で読み上げられた
フランス Kohntark Magma コンタリッキ、マグマ 便宜上フランス語に分類したが、本来はコバイア語という独自言語のため正解かどうか不明
フランス Goin' Away Tai Phong ゴーイングアウェイ、タイピーエイチオン アーティスト名が曲名にあわせて英語読みに、正しくは「タイフォン」
ベルギー Presage Univers Zero プレセージ、ユニバースゼロ 正しくは「ユニベルゼロ」
イタリア Il Bandito Del Deserto Area イルバンディトデルデゼルト、アーレア 問題なし
イタリア Terminal Arti + Mestieri テルミナル、アルティプメスティエリ 正しくは「アルティエメスティエリ」
ハンガリー Nem Tudom A Neved Omega ネントゥドムアニベ、オメガ 正しくはマジャール語読みとなるはずだが、どの言語で読み上げられたか不明

317/344

インデックス

連載目次
第344回 古より伝わる「Mail.app」をLionで使うために
第343回 知られざるSnow Leopard (CoreTypes.bundle編)
第342回 知られざるSnow Leopard(NTFS編)
第341回 知られざるSnow Leopard (サービス編)
第340回 知られざるSnow Leopard (タイプとクリエータ編)
第339回 知られざるSnow Leopard (Quick Look編)
第338回 Snow Leopardの「Preview」、ココに注目
第337回 iTunes 9の気になるあの機能をチェック - 「HE-AAC」に新対応
第336回 QuickTimeにもやってきた「X」世代
第335回 ついに姿を現した「OpenCL」、その実力
第334回 Snow Leopardアップデート前にここをチェック
第333回 Snow Leopardまで秒読み、だからこそ「Time Machine」でバックアップ
第332回 Cocoa対応で大きく変わった「Emacs 23.1」(2)
第331回 Cocoa対応で大きく変わった「Emacs 23.1」(1)
第330回 今あえて「Front Row」をリスペクト
第329回 故き「サービス」を温めて新しきを知る
第328回 Info.plistを変えるとデスクトップも変わる
第327回 OS X独自コマンドの絶滅危惧種を考える
第326回 Snow Leopard一般公開記念!? - 現在も進化を続けるNeXTSTEPの忘れ形見「open」
第325回 増え続ける「Safari 4」のキャッシュ対策
第324回 ついに出た! OS X版「Google Chrome」を試す
第323回 VPNサーバでMac、iPhone、自宅LANを徹底活用(4) - VNCで遠隔操作
第322回 VPNサーバでMac、iPhone、自宅LANを徹底活用(3) -屋外で通話テスト
第321回 VPNサーバでMac、iPhone、自宅LANを徹底活用(2) - 「iPhoneのひかり電話端末化」
第320回 VPNサーバでMac、iPhone、自宅LANを徹底活用(1)
第319回 いまあえて「FAX」を考える
第318回 「less」のYet Anotherな使い方
第317回 iPod shuffleの新機能「VoiceOver」、その謎を探る
第316回 Officeとマウスのみにあらず、MSのMac向け製品
第315回 stringsコマンドで裏オプション探し
第314回 話題の「Safari 4」に隠された秘密
第313回 ベクター画像編集ソフト「Inkscape」を日本語環境で使う
第312回 待望の「MobileMeのファイル共有機能」を試す
第311回 QSBのちょっとイカレ^Hした使い方
第310回 Leopardのリモートデスクトップ機能をあれこれイジる
第309回 話題の「Windows 7 ベータ版」をBoot Campで試す (2)
第308回 話題の「Windows 7 ベータ版」をBoot Campで試す
第307回 iWork '09で話題の「iWork.com」を試す
第306回 年末企画: OS Xの行く年来る年 ~ 2009年を大予想
第305回 もっとわかりやすく「OpenCL」を解説する
第304回 OS標準ハック仕様? の「SIMBL」を知る
第303回 空耳コマンド? を使いOS Xに口頭で命令する
第302回 LOGOっぽい? 「Processing」でライブコーディングする
第301回 ベールが剥がれた? OpenCLの概要を確認する
第300回 300回記念!! 連載の原点「Terminal」に帰る - 連載開始から7年
第299回 Chrome登場でWebKit / Safariはこう変わる!?
第298回 名前が変わった「QuartzGL」でSafariが速くなる?
第297回 メモリを解放せよ -- スワップ防止対策補遺
第296回 新MacBook / ProのHDビデオ再生が軽い理由
第295回 メモリ激安の今、敢えて仮想メモリに思いを馳せる
第294回 鯛と猿、どちらが速い? WebKit / Firefoxの開発版を試す
第293回 GIMPがネイティブで動く日は近い? 話題の「GTK+ on OSX」を試す
第292回 Yet AnotherなiSightの活用方法
第291回 Geniusという名の雲の中を探る
第290回 MobileMeの中核サービス「iDisk」の転送速度を考える
第289回 WebKitで一足お先に? 「次のSafari」を試す
第288回 一部で話題の「touche」をiSightで使う
第287回 さらにOS X iPhone 2.0のベンチマークを測定する
第286回 "脱獄"後のお約束、各種ベンチマークを測定
第285回 "脱獄"を敢行、OS X iPhone 2.0の世界を探る
第284回 番外編: iPhone 3Gの販売方法について、その後
第283回 速攻GETした「iPhone 3G」をあれこれイジる (1)
第282回 まだ見ぬ「雪豹」を待ちながら - lipoでダイエット編
第281回 キーボードを自在にカスタマイズする「Keyremap4MacBook」
第280回 まだ見ぬ「雪豹」を勝手に想像する(その2) - SproutCoreを試す
第279回 まだ見ぬ「雪豹」を勝手に想像する(その1)
第278回 いにしえの儀式「デフラグ」について考える (後編)
第277回 いにしえの儀式「デフラグ」について考える (前編)
第276回 意外にCool? 日本語もOKなXbox風メディアセンター「XBMC」
第275回 6月まで待てない! あの「Wine」を試飲する (3本目)
第274回 6月まで待てない! あの「Wine」を試飲する(2本目)
第273回 6月まで待てない! あの「Wine」を試飲する (1本目)
第272回 Leopard時代のアーカイバを再考する
第271回 いま敢えて「Wget」をリスペクト
第270回 どうなる、WebKit? - TIPSもあります
第269回 Photoshop Expressに未来のアプリ像を見た!
第268回 世界最速はダテじゃない? Safari 3.1を検証する
第267回 SQLite用にCSVファイルを料理する - 弁当もOK!
第266回 来るべき「iPhone 2.0」を読み解く
第265回 Front Rowのちょっとアレな使い方
第264回 OS Xでも「バランスWiiボード」を使いたい!
第263回 Quick Lookの密かな楽しみ ~漢は黙ってDired
第262回 WebKitから想像する次のSafari - HTML5を先取り
第261回 Leopard解体新書(10) ~悩ましい新X11
第260回 2,480円は妥当か否か? iPod touchの有償アップデータを試す (2)
第259回 「2,480円は妥当か否か? iPod touchの有償アップデータを試す (1)
第258回 Leopard解体新書(9) ~Quick Lookをもう一度~
第257回 Leopard解体新書(8) ~Mailのデータ検出機能をテスト~
第256回 Leopard解体新書(7) ~Quick Lookをクイックハック~
第255回 Leopard解体新書(6) ~iCal de CalDAV~
第254回 Leopard解体新書(5) ~Spacesはイイ感じ~
第253回 Leopard解体新書(4) ~拡張された拡張属性~
第252回 Leopard解体新書(3) ~俺流の辞典をつくる~
第251回 Leopard解体新書(2) ~さようならNetInfo~
第250回 Leopard解体新書(1) ~Terminalから豹を眺める~
第249回 小さなOS X「iPod touch」をあれこれイジる(4) ~調査編~
第248回 小さなOS X「iPod touch」をあれこれイジる(3) ~自立編~
第247回 小さなOS X「iPod touch」をあれこれイジる(2) ~脱獄編~
第246回 小さなOS X「iPod touch」をあれこれイジる(1)
第245回 PDF編集ツールのオルタナ系を探して (2)
第244回 故きGNU Screenを温めて新しいSpacesを知る?
第243回 iPod touchが熱い今、日本語入力の予測変換を考える
第242回 Cover Flow時代の到来に備える
第241回 Macを揺さぶれ! Wiiリモコン的入力装置を考える
第240回 あまりに暑いのでMacBookの熱対策を練り直す
第239回 MacBookオンリー? なLinux「Elive for MacBooks」を試す
第238回 話題沸騰中の.MacとiPhotoのコラボ機能とは
第237回 仮想化よりスマート? RDC for Macという選択肢
第236回 SQLiteが広げるこれからのアプリケーション
第235回 Leopardを先取り(6) - キメラ化するOS X
第234回 フリーなウイルスチェッカー「ClamAV」
第233回 iPhone狂想曲 ~これがOS Xの進む道? ~
第232回 Leopardを先取り(5) - LLVMに未来を見た
第231回 一足お先にATOK 2007 - 噂の機能を検証する
第230回 Windows版Safariに秘められた野望
第229回 S.M.A.R.T.にHDDの寿命を監視する
第228回 MS版電子ブロック? 「Popfly」α版をOS Xで試す
第227回 HDDが飛んでしまいました (1)
第226回 OS XをDLNAクライアントに仕立てあげる
第225回 OS Xで.NETの機能を利用できる「Silverlight」を試す
第224回 勝手にAmiga情報局 - PPC陣営の孤塁を守る女友達
第223回 8コアMac ProでMP3エンコーダ対決
第222回 噂の「Mono」でOS Xに.net互換環境を
第221回 噂の「GoogleDesktop for Mac」を試す
第220回 iPod兼Apple TVなH.264ムービーについて考える
第219回 噂の「Apollo」でSafariを発見
第218回 祝GPS対応!? iPhoto 6を強引にGoogle Mapsと連携させる
第217回 もうすぐPASMOがやってくる - OS XでPaSoRiを使おう
第216回 VirtualBox、MacFUSE……気になるニュースのその後
第215回 続Cocotron: ソースの改変なしにココまでできる
第214回 噂の「MacFUSE」を試す(2)
第213回 噂の「MacFUSE」を試す(1)
第212回 GNUStep? Yellow Box? いえ、Cocotronです
第211回 Intel Macの新しい仮想化ソフト「VirtualBox」を試す(2)
第210回 Intel Macの新しい仮想化ソフト「VirtualBox」を試す
第209回 iPhoneにApple TV…… MacではないOS Xについて今考えられることは?
第208回 Leopardを先取り(4) - Spotlightが進化する?
第207回 Leopardを先取り(3) - Darwin Calendar Server再び
第206回 これはすごい! Parallels Desktop for Mac最新βでOSをがっつり捕獲
第205回 Leopardを先取り(2) - SafariでSVG
第204回 Leopardを先取り(1) - Darwin Calendar Serverを試す
第203回 OpenCV+iSightで顔を認識?
第202回 これからの「iSight」を考える
第201回 Firefox 2.0のススメ
第200回 古きを読み返して新しきを書く - おかげさまで200回
第199回 Darwin Streaming Serverで子供を見守れるか? (3)
第198回 噂のNapster日本版、強引にOS Xで使ってみました
第197回 iTunes 7のアートワーク関連機能をクイックハック
第196回 Darwin Streaming Serverで子供を見守れるか? (2)
第195回 Darwin Streaming Serverで子供を見守れるか? (1)
第194回 OS Xに最適なオフィススイート「NeoOffice」(その2)
第193回 OS Xに最適なオフィススイート「NeoOffice」(その1)
第192回 Intel Macで最強のMP3環境をつくる(番外編あり)
第191回 WWDC 2006で浮かび上がったLeopardの姿
第190回 PDF編集ツールのオルタナ系を探して
第189回 古より伝わる「WindowServer」をイジる
第188回 Palmサルベージ作戦 - Mission 2:OS Xと同期せよ
第187回 Palmサルベージ作戦 - Mission 1:pilot-linkを導入せよ
第186回 Parallels Desktop for Macのキーボードを考える
第185回 一足お先にATOK - ATOK 2006 for Macを試す
第184回 MacBookの実力を引き出す - 「デュアルチャネル」メモリが鍵?
第183回 The Missing Sync for Sony PSPを試す(2)
第182回 The Missing Sync for Sony PSPを試す(1)
第181回 OS XでGoogle Spreadsheetsを試す
第180回 Spotlightトラブル対策室
第179回 "pmset"でMacBookを「冷凍睡眠」させる
第178回 出なけりゃ作る!? Cocoa風味の"サブサブノート"
第177回 Front Rowの密かな愉しみ
第176回 マルチOS環境の最適解か? 進化を続けるParallels Workstation
第175回 在りし日を Haikuで試す 仮想かな ~Intel Macの仮想化環境
第174回 Intel MacのAC/DC変換器? -Whole Lotta "Rosetta"-
第173回 衝撃! Mac OS X+XPのデュアル環境を「Boot Camp」
第172回 rEFItで探るIntel Macの深層
第171回 今敢えて選ぶ「GNUstep」(2)
第170回 今敢えて選ぶ「GNUstep」(1)
第169回 Intel Mac強化計画 ~ Intel MacでVMwareが動いた!!
第168回 Intel Mac強化計画 ~ Intel MacでKNOPPIXを動かす
第167回 Intel Mac強化計画 - iPod ShuffleにLinuxを仕込む
第166回 Intel Mac強化計画 - ユニバーサルバイナリ版"QEMU"、スピードは?
第165回 Intel Mac強化計画 - 薔薇とWineとフリーセルの日々
第164回 Intel Mac強化計画 - エミュレータの動向を知るの巻
第163回 Intel Mac強化計画 - SSEで高速化の巻
第162回 Intel Mac強化計画 - Darwinportsを試してみるの巻
第161回 OpenFirmwareからEFIへ - WindowsはIntel Macで動くのか?
第160回 Darwin x86から来年を予想する
第159回 再認識すべし! Core Imageの実力
第158回 DOSBoxで古き良きメガデモを味わう
第157回 VLCはただのビデオプレイヤーにあらず
第156回 TerminalからQTムービーを操る
第155回 iTunesをシェルやEmacsからも使いたい!
第154回 OpenOffice.org 2.0の日本語環境を整備する(2)
第153回 OpenOffice.org 2.0の日本語環境を整備する(1)
第152回 早く来い! iPod with Videoの到着を待ちきれずにH.264エンコード(2)
第151回 早く来い! iPod with Videoの到着を待ちきれずにH.264エンコード(1)
第150回 "シェル使い"向き? "虎使い"向き? - ATOK 2005 for Macを試す
第149回 第4世代iPodにLinuxをインストールしてみました(4)
第148回 ここが変わった! iTunes 5
第147回 第4世代iPodにLinuxをインストールしてみました(3)
第146回 第4世代iPodにLinuxをインストールしてみました(2)
第145回 第4世代iPodにLinuxをインストールしてみました(1)
第144回 せっかちな人のためにSafariの裏技教えます
第143回 九州に行ってくるばい - Mac OS Xでのモバイル環境~iSyncとの連携
第142回 iPod Shuffleの二天一流的解釈
第141回 虎飼い日記 その8 - launchd経由でSWATを起動する
第140回 虎飼い日記 その7 - 噂のCore Imageを検証する
第139回 虎飼い日記 その6 - その名はQuartz 2D Extreme
第138回 Mac on Intelへの道のり - Mach-Oから探る
第137回 虎飼い日記 その5 - ことえり4で斬る
第136回 虎飼い日記 その4 - 電子印鑑をAutomatorで作成する
第135回 虎飼い日記 その3 - Dashboardと戯れる
第134回 虎飼い日記 その2 - 噂のSpotlightを手なずける
第133回 虎飼い日記 その1 - 噂のSpotlightをTerminalで使う
第132回 OS XでPSPを愉しむ - DVDレコーダ編
第131回 OS XでPSPを愉しむ - 動画活用編
第130回 OS XでPSPを愉しむ - 動画準備編
第129回 CUIでiPodを管理する「GNUpod」(2)
第128回 CUIでiPodを管理する「GNUpod」
第127回 オレ流ローカライズのススメ(2)
第126回 オレ流ローカライズのススメ(1)
第125回 今さら聞けないdefaultsコマンドの使い方
第124回 オレ流iTunesの使い方
第123回 パッケージの削除について考える
第122回 知られざるPreviewの便利機能
第121回 iPod shuffleをフラッシュメモリとして活用する
第120回 Anthy+uimを使いGimp.appで日本語入力
第119回 使ってみました、iPod shuffle
第118回 一年の計はTerminalにあり
第117回 フリーなオフィススイートについて考える(2)
第116回 フリーなオフィススイートについて考える(1)
第115回 もう1つのAACエンコーダ「FAAC」
第114回 iTunesのプラグインあれこれ
第113回 ついに正式版がリリース! Firefox 1.0の環境設定
第112回 正式版まで待てない! Firefox 1.0の環境設定
第111回 OS X版Mac-on-Linuxをあれこれ試す(2)
第110回 OS X版Mac-on-Linuxをあれこれ試す(1)
第109回 オレ流第4世代iPodの使いかた
第108回 vimとEGBRIDGE 15で異体字を含む文書を作成する
第107回 TerminalでATOK 17を使う
第106回 ペーストボードの賢い操縦法
第105回 肝心なときに見つからないアイコンを探して
第104回 Cocoaアプリのキーバインドにこだわる(2)
第103回 Cocoaアプリのキーバインドにこだわる(1)
第102回 サウンドフォントを着替えよう
第101回 iTunesの共有機能、再び
第100回 LinuxをiTunesサーバに仕立てる
第99回 話題のEclipseを使う
第98回 X11 for Mac OS Xでドローソフトを使う(2)
第97回 X11 for Mac OS Xでドローソフトを使う(1)
第96回 Terminalから日本語のFAXを送信(2)
第95回 Terminalから日本語のFAXを送信(1)
第94回 PearPC再び
第93回 ImageMagickで画像ファイルを一括変換
第92回 PearPC体験記 -その2-
第91回 PearPC体験記 -その1-
第90回 "HFSX"なディスクイメージを作成する
第89回 configure、何するものぞ
第88回 Yet Another IME - MacUIMを使う
第87回 GIMP 2で日本語を使いたい (2)
第86回 GIMP 2で日本語を使いたい (1)
第85回 Qt/Macを試す(2)
第84回 Qt/Macを試す(1)
第83回 Carbon Emacsの設定(4)
第82回 WindowsアプリをOS Xで!? ~Darwineを試す~
第81回 Carbon Emacsの設定(3)
第80回 Carbon Emacsの設定(2)
第79回 Carbon Emacsの設定(1)
第78回 Carbon Emacsは現在進行形
第77回 OS Xの動画環境を整理する(4)
第76回 OS Xの動画環境を整理する(3)
第75回 OS Xの動画環境を整理する(2)
第74回 OS Xの動画環境を整理する(1)
第73回 Pantherを追いかけて(5)~sipsは使えるよ~
第72回 Pantherを追いかけて(4)~変更されたコマンド~
第71回 Pantherを追いかけて(3)~bashのプロンプトデザイン~
第70回 Pantherを追いかけて(2)~FileVaultを試す~
第69回 Pantherを追いかけて(1)~bash編~
第68回 Terminalのこれから
第67回 無手勝流openコマンドの使い方
第66回 DEMO、その奥深さを知る
第65回 Mail.appに機能を追加する
第64回 Mail.appにX-Faceを表示する
第63回 OS XでLinux Zaurusを使う(2)
第62回 OS XでLinux Zaurusを使う(1)
第61回 bochs上でAmiga OS互換の「AROS」を動かす(その2)
第60回 bochs上でAmiga OS互換の「AROS」を動かす(その1)
第59回 知られざるコマンド「diskutil」
第58回 OS X独自のコマンドたち(2)
第57回 OS X独自のコマンドたち(1)
第56回 「プレビュー」、使ってますか?
第55回 究極のシェル「zsh」を知る(その2)
第54回 究極のシェル「zsh」を知る(その1)
第53回 fortuneで爽やかな1日を始めよう
第52回 新iPodとiTunes4のTIPSを5連発
第51回 gnuplotで3Dグラフを描く
第50回 進化する小鳥「Fink」 その2
第49回 進化する小鳥「Fink」 その1
第48回 X11 for Mac OS Xで日本語入力
第47回 どっちが速い? 2つのX Window System
第46回 怪しいAmigaでOS X!?
第45回 Mac OS X Tips Extreme番外編
第44回 Safariであんなことやこんなこと
第43回 OS XでGIMPを使おう! part5
第42回 OS XでGIMPを使おう! part4
第41回 OS XでGIMPを使おう! part3
第40回 OS XでGIMPを使おう! part2
第39回 OS XでGIMPを使おう! part1
第38回 テキストブラウザ「w3m」
第37回 インターネットスーパーサーバ「xinetd」
第36回 ジャーナリング機能を検証する
第35回 Sonnet ENCORE/ST G4 1GHz体験記
第34回 Rendezvous 6:02
第33回 それにつけてもダウンローダはcurl
第32回 Terminalで日本語文書を読む
第31回 Linux Zaurusからソフトウェアアップデートを実行!?
第30回 新しくなった印刷環境
第29回 Terminalでファイルリストを多色表示する
第28回 Terminalで日本語名のディレクトリを作成する
第27回 Carbon版Emacsをビルドする
第26回 これでResEditいらず? (3)
第25回 これでResEditいらず? (2)
第24回 iTunes 3でAACを再生する
第23回 これでResEditいらず?(1)
第22回 最強かも!? iTunes+LAMEでMP3エンコード
第21回 ゴミ箱について考える
第20回 emacsでスマートに英辞郎を使おう
第19回 システム環境設定と/etc/hostconfigの関係
第18回 OS X版OpenOffice.orgを試す
第17回 TextEditの秘密
第16回 長いテキストをPalmで読もう
第15回 ユーザIDの問題を解決する
第14回 OS XでNFSを利用する(2)
第13回 OS XでNFSを利用する(1)
第12回 LAN構築に必須の『hosts』を登録する
第11回 NetInfoデータベースのバックアップと復元
第10回 OS Xのキモ『NetInfo』
第9回 openコマンドはこんなに便利!
第8回 Terminalでテトリス?
第7回 Aquaと混在可能なXFree86 4.2.0
第6回 不信の時代の必携ツール『GnuPG』(2)
第5回 液晶iMacの登場とOS X
第4回 不信の時代の必携ツール『GnuPG』(1)
第3回 OS X for Intelの可能性
第2回 こんなところにSculley元CEOの名前が
第1回 Mac OS Xに残るNeXTの面影

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事