【コラム】

シーンで選ぶクレジットカード活用術

7 ネット通販に強いカード(4) - Amazon.co.jp編(追加情報)

7/61

1カ月ほど前にAmazon.co.jp(以下、アマゾン)で強いカードについてまとめたが、6月に入って大きな動きが2つあったので、前回の記事と併せて読んでほしい。

ポイントモール「ハピタス」が、6月30日でキャンペーン終了

まずひとつめは、期間限定キャンペーンとして、昨年11月からアマゾンで買物した金額の1%をポイント還元していたポイントモール「ハピタス」が、6月30日でキャンペーン終了を発表したこと。7月以降もランク制度の判定対象にはなるが、ポイントは貯まらなくなる。これにより、アマゾン利用がポイント対象となる非カード会社運営のポイントモールは、JALマイルが貯まる「JMBモール」だけになる (「服&ファッション小物」のカテゴリーは「Tモール」もポイント対象)。

6月1日より「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」の募集がスタート

そしてふたつめは、6月1日より「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」の募集がスタートしたこと。これは前回の記事でも紹介した「Orico Card THE POINT」(年会費無料)の上位カードで、年会費は1950円だが、サービス内容は大きくパワーアップ。「オリコモール」を経由してのアマゾン利用は最低でも2.5%還元で、全カードを見渡しても最高クラスの還元率となる。

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」

詳しく説明すると、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は、通常1決済100円利用につき1オリコポイント(=1円相当)が貯まる仕組みだが、オリコモールを経由して買物をした場合は、通常の経由分のポイントに加えて、同カード限定の特典としてさらに1%のポイントが特別加算される。アマゾンは経由分のポイントが通常0.5%還元に設定されているため、クレジット利用に対する1%、オリコモール利用に対する特別加算の1%を足して、合計2.5%還元になる計算だ。また、入会から6カ月間は、クレジット利用に対するポイントが2倍(加算上限5000ポイント)になる特典もあるため、通常利用時でも2%還元。アマゾン利用時は最高3.5%還元となる。

なお、他のネット通販サイトにおいても、オリコモールを経由して、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」で支払いをすれば、楽天市場やYahoo!ショッピングは2.5%還元、LOHACOは3%還元と、いずれも高い還元率で利用できる。街ナカでも、同カードに搭載された (または紐付けた)iD、QUICPayでの支払いに対しては、0.5%のポイントが加算され、1.5%還元になる特典もある。これはiD、QUICPayを紐付けられるカードのなかでは最高クラスの還元率で、同じくアマゾン利用に強い「Reader’s Card」にはない長所だ。

年会費無料の「Orico Card THE POINT」との比較であれば、還元率が0.5%上回るオリコモール経由の買物、iD、QUICPayを使った買物が年間約39万円あれば、1950円の年会費分の差は埋められる。たとえばアマゾンや楽天市場など、オリコモール掲載のショップで月に2万円、大手コンビニやマクドナルドなどiDが使える店で月に1万5000円使っていれば、年間で42万円。日常的に利用するなら、確実に「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」を選んだほうがいいだろう。そのうえ、同カードは旅行傷害保険やショッピングガード(買物保険)も付帯している点でも安心感が高い。

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は、9月30日までのカード発行で、もれなく1000ポイント。カード発行後の利用で最大6000ポイント(要エントリー)、家族カード入会で500ポイント、キャッシング枠の設定で500ポイント、「マイ月リボ」の申し込みで500ポイントがもらえるウェルカムキャンペーンを実施中。これまでハピタスを経由していた人や、夏のボーナスを使ってアマゾンで買物を考えている人は、この機会にカードの見直しを行なうといいだろう。前回の記事も踏まえて最適な1枚を選んでほしい。

カード公式サイトは以下の通り。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

(※クレジットカードの用語などは以下を参照)

シーンで選ぶクレジットカード活用術 (1) 最低限知っておいてほしい基礎知識

※本記事で紹介したサービス内容は、消費税率8%を前提とした更新日時点の情報です。また、各サービスには一部対象外となるケースがあります。ご利用の際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。
<著者プロフィール>

タナカヒロシ(ライター・編集者)

普段は音楽やエンタメ関係の仕事が多いが、過去に勤めていた会社の都合でクレジットカード本を作ったことをきっかけに、クレジットカード、電子マネー、ポイントなどに詳しくなる。以降、定期的にクレジットカードのムック本を編集・執筆。2015年3月発売の『最強クレジットカードガイド2015~本当にトクするカードの選び方・使い方~=写真=』(角川マガジンズ)では、編集統括および記事の大部分を執筆している。

7/61

インデックス

連載目次
第61回 当選者限定の豪華ディナーパーティーをレポート
第60回 バイクに乗る人は必見! ライダー向けのカード
第59回 横浜でおトクがいっぱいな3枚
第58回 審査に通らず困ったときは
第57回 Web明細でポイントがもらえるカード
第56回 Amazon.co.jpでの利用に強いカード(後編)
第55回 Amazon.co.jpでの利用に強いカード(前編)
第54回 おサイフケータイで電子マネーを使うメリット
第53回 羽田空港に新ラウンジがオープン
第52回 Apple PayでSuicaを使う際のオススメカード(還元率重視編)
第51回 Apple PayでSuicaを使う際のオススメカード(年会費重視編)
第50回 Apple Payのキャンペーンまとめ
第49回 Apple Pay登場で激変、ポイント共通化も着々と進行
第48回 開幕目前! Jリーグクラブと提携したカード
第47回 年会費無料で旅行傷害保険が自動付帯したカード(応用編)
第46回 年会費無料で旅行傷害保険が自動付帯したカード(基本編)
第45回 国際ブランドとしてのJCBカード
第44回 外貨払いができるプリペイドカード
第43回 外貨払いができるデビットカード
第42回 年間利用額を稼ぐテクニック
第41回 24金仕上げの金属製カードも! Mastercardの最上位カードが日本初上陸
第40回 年会費2万円で持てるプラチナカード
第39回 年会費無料で持てるアメックス
第38回 複数のカードの利用明細をまとめて見られるアプリ
第37回 楽天カードのラインアップまとめ
第36回 ポイント交換サイトと連動したカード
第35回 キャンセル費用の補償が受けられるカード
第34回 貴重な体験にポイントを交換できるカード
第33回 ダイナースクラブのお得なレストランウィーク
第32回 最高2%還元を実現できるカード
第31回 セントレアの専用ラウンジが使えるカード
第30回 航空便遅延保険を付帯したカード
第29回 超豪華なカード会員限定イベントに行ってきた
第28回 熊本地震の復興支援に貢献できるカード
第27回 Suica一体型のカード
第26回 地方エアラインのカード
第25回 ドアラも登場! 応援が楽しくなる野球系カード
第24回 クレジットカード&ポイント業界の勢力図が激変
第23回 でんぱ組.inc、AAA、YOSHIKIにも! ポイントでアーティストに会えるカード
第22回 サポートダイヤルが充実したカード
第21回 医療相談ができるカード
第20回 東京駅のラウンジが利用できるカード
第19回 家電量販店で優遇を受けられるカード(2) - ヨドバシカメラ、ビックカメラ編
第18回 家電量販店で優遇を受けられるカード(1) - ヤマダ電機、エディオン編
第17回 スタートダッシュでポイントを稼げるカード
第16回 特定月に還元率がアップするカード
第15回 空港ラウンジが使えるカード - 国内編(3)
第14回 空港ラウンジが使えるカード - 国内編(2)
第13回 空港ラウンジが使えるカード - 国内編(1)
第12回 ポイント交換不要の自動キャッシュバックカード
第11回 「ロードサービス」が実質無料で使えるカード
第10回 カフェチェーン利用者必携のチャージ式プリペイド
第9回 映画が安くなるカード
第8回 新幹線に割引で乗れるカード(東海道・山陽新幹線編)
第7回 ネット通販に強いカード(4) - Amazon.co.jp編(追加情報)
第6回 海外旅行に強いカード
第5回 イオンのスーパーで優待が受けられるカード
第4回 ネット通販に強いカード(3) - Amazon.co.jp編
第3回 ネット通販に強いカード(2) - 楽天市場編
第2回 ネット通販に強いカード(1) - Yahoo!ショッピング・LOHACO編
第1回 最低限知っておいてほしい基礎知識

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事