【コラム】

シーンで選ぶクレジットカード活用術

1 最低限知っておいてほしい基礎知識

  • <<
  • <

1/50

支払いに利用するだけでポイントが貯まり、最も簡単な節約方法と言われるクレジットカード。現在、日本では1000種類以上のクレジットカードが発行されており、ポイントの貯まり方も多種多様。同じカードでも、利用する人、利用する方法によって、ポイントの貯まり方が異なる場合もあり、いかに自分に合ったものを見つけるかが大切だ。本連載では、これから利用シーンごとにオススメのカードを紹介していくが、まず今回は、カード選びに際して最低限知っておいてほしい基礎知識を説明する。

年会費

多くのカードには年会費が設定されており、年に1回、所定の日に引き落とされる。カードによって年会費は異なるが、1250円が一般的で、無料のものも数多くある。ゴールドカードと呼ばれる上位クラスのカードは1万円が一般的で、その上のプラチナカードは2~5万円程度。なかには10万円を超えるものもある(金額はいずれも税別)。

国際ブランド

クレジットカードは1枚につき1つの国際ブランドが付いており、例えばVisaブランドのカードなら、世界中のVisa加盟店で支払いに利用できる。国際ブランドは前述のVisaのほか、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの5種類。VisaとMasterCardは加盟店数の多さが特徴で、残りの3社は旅行やエンターテインメント関連のサービスが手厚い。

ポイント付与

支払いにカードを利用すると、金額に応じてポイントが貯まる。1回の利用ごとにポイントが貯まるものもあれば、月の合計利用額に対してポイントが貯まるものもあり、カードによって細かいルールは異なる。また、年会費の支払い、プリペイド型電子マネーへのチャージ、キャッシング利用、分割・リボ払い時の手数料などはポイント対象外となる場合が多い。

このほかにも家族カードやETCカード、支払い方法や支払い日、審査など、細かく説明しだすとキリがないが、まずは上記の3つが基礎中の基礎。次に、カードのおトク度を左右する3つの要素についても覚えておこう。

ボーナスポイント

特定の条件をクリアすると貯まるポイントのこと。例えば、「年間◯円以上利用すると◯ポイント」や「年間◯円以上利用すると次年度のポイントが◯倍」といった金額によって貯まるもの、「入会から◯カ月はポイント◯倍」や「毎年誕生月はポイント◯倍」といった期間によって貯まるもの、「◯◯の店で利用するとポイント◯倍」といった利用先によって貯まるものなど、カードにより様々な条件が設定されている。

優待店/特約店

カード会社が提携する店を利用すると、割引やボーナスポイントなどの優待を受けられる場合がある。こうした店は優待店や特約店と呼ばれ、カードを選ぶうえでの重要な比較材料となる。また、カード会社と企業が提携して発行するカードもあり、系列店などで他カードよりも大きな優待を受けられる。こうしたカードは「提携カード」と呼ばれ、小売系や旅行・交通系の大企業を中心に数多く発行されている。

付帯サービス

カード会員になることで利用できるサービスのことで、代表的なものに旅行傷害保険と買物保険がある(年会費無料カードでは付帯しない場合も多い)。前者は旅行中の事故や病気などに対する保険。後者はカードで購入したものが盗難や破損に遭った際に受けられる保険で、ショッピング保険やショッピングガードなど様々な名称がある。ほかにもロードサービスや空港ラウンジサービスなどが利用できるカードもある。

このように特定の条件でポイントの貯まり方が変わる場合や、数字には表しにくい付帯サービスの存在により、カードを比較することは容易ではない。そのため、カードを選ぶ際は次の3つを意識して、ある程度候補を絞り込むようにしよう。

ポイントの種類

いくらポイントを貯めても、使い道がなければ意味がない。まずはそのポイントがどこで利用できるか、有効期限はいつまでか、1ポイントの価値は円に換算していくらになるのか、この3つをチェックしよう。利用可能先はできるだけ多いほうが好ましく、理想は現金へのキャッシュバック。また、航空券に交換できるマイルも、使い方次第で1ポイントの価値が高くなるため人気。

還元率

獲得したポイント数を円相当に換算し、利用した金額で割った率のことで、カード選びに際して最もわかりやすい指標となる。例えば100円利用につき1円相当のポイントが貯まるカードなら、還元率は1%。標準的なカードの還元率は、一昔前までは0.5%だったが、近年は1~2%に達するカードも増加。ボーナスポイントの獲得次第で還元率が大きく変わるカードも多い。

年間利用額

年間利用額に応じてボーナスポイントが発生したり、年会費が割り引かれるカードも多いため、事前に年間利用額を想定しておくと、実際にカードを使う際の還元率が把握しやすくなる。既にカードを利用している人は、過去の明細を見て計算しておこう。カードを使っていない人も、食費や公共料金などからカード払い可能なものを確かめて、おおまかな年間利用額を計算しておこう。


以上がカードを選ぶ前に最低限知っておきたいことだ。なお、多くのカードで入会キャンペーンが随時行なわれているので、比較の際は必ずチェックしよう。通常利用時の還元率では劣るカードでも、キャンペーンを含めれば利用年数次第で逆転する場合も少なくない。また、申し込みの際は「ポイントサイト」と呼ばれるサービスを経由すると、ポイントサイト独自のポイントがもらえる場合もある。詳しく説明すると長くなってしまうので割愛するが、カードによっては1万円相当以上のポイントがもらえることもあるので、知らない人は検索してみよう。

<著者プロフィール>

タナカヒロシ(ライター・編集者)

普段は音楽やエンタメ関係の仕事が多いが、過去に勤めていた会社の都合でクレジットカード本を作ったことをきっかけに、クレジットカード、電子マネー、ポイントなどに詳しくなる。以降、定期的にクレジットカードのムック本を編集・執筆。2015年3月発売の『最強クレジットカードガイド2015~本当にトクするカードの選び方・使い方~=写真=』(角川マガジンズ)では、編集統括および記事の大部分を執筆している。
  • <<
  • <

1/50

インデックス

連載目次
第50回 Apple Payのキャンペーンまとめ
第49回 Apple Pay登場で激変、ポイント共通化も着々と進行
第48回 開幕目前! Jリーグクラブと提携したカード
第47回 年会費無料で旅行傷害保険が自動付帯したカード(応用編)
第46回 年会費無料で旅行傷害保険が自動付帯したカード(基本編)
第45回 国際ブランドとしてのJCBカード
第44回 外貨払いができるプリペイドカード
第43回 外貨払いができるデビットカード
第42回 年間利用額を稼ぐテクニック
第41回 24金仕上げの金属製カードも! Mastercardの最上位カードが日本初上陸
第40回 年会費2万円で持てるプラチナカード
第39回 年会費無料で持てるアメックス
第38回 複数のカードの利用明細をまとめて見られるアプリ
第37回 楽天カードのラインアップまとめ
第36回 ポイント交換サイトと連動したカード
第35回 キャンセル費用の補償が受けられるカード
第34回 貴重な体験にポイントを交換できるカード
第33回 ダイナースクラブのお得なレストランウィーク
第32回 最高2%還元を実現できるカード
第31回 セントレアの専用ラウンジが使えるカード
第30回 航空便遅延保険を付帯したカード
第29回 超豪華なカード会員限定イベントに行ってきた
第28回 熊本地震の復興支援に貢献できるカード
第27回 Suica一体型のカード
第26回 地方エアラインのカード
第25回 ドアラも登場! 応援が楽しくなる野球系カード
第24回 クレジットカード&ポイント業界の勢力図が激変
第23回 でんぱ組.inc、AAA、YOSHIKIにも! ポイントでアーティストに会えるカード
第22回 サポートダイヤルが充実したカード
第21回 医療相談ができるカード
第20回 東京駅のラウンジが利用できるカード
第19回 家電量販店で優遇を受けられるカード(2) - ヨドバシカメラ、ビックカメラ編
第18回 家電量販店で優遇を受けられるカード(1) - ヤマダ電機、エディオン編
第17回 スタートダッシュでポイントを稼げるカード
第16回 特定月に還元率がアップするカード
第15回 空港ラウンジが使えるカード - 国内編(3)
第14回 空港ラウンジが使えるカード - 国内編(2)
第13回 空港ラウンジが使えるカード - 国内編(1)
第12回 ポイント交換不要の自動キャッシュバックカード
第11回 「ロードサービス」が実質無料で使えるカード
第10回 カフェチェーン利用者必携のチャージ式プリペイド
第9回 映画が安くなるカード
第8回 新幹線に割引で乗れるカード(東海道・山陽新幹線編)
第7回 ネット通販に強いカード(4) - Amazon.co.jp編(追加情報)
第6回 海外旅行に強いカード
第5回 イオンのスーパーで優待が受けられるカード
第4回 ネット通販に強いカード(3) - Amazon.co.jp編
第3回 ネット通販に強いカード(2) - 楽天市場編
第2回 ネット通販に強いカード(1) - Yahoo!ショッピング・LOHACO編
第1回 最低限知っておいてほしい基礎知識

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事