違法にならないネットライフ (5) 他人が写った画像をブログに載せるときの注意点は? - 肖像権について

ニュース
トップ

【コラム】

違法にならないネットライフ

5 他人が写った画像をブログに載せるときの注意点は? - 肖像権について

英知法律事務所編  [2009/01/09]

5/29

「旅先などで写真を撮影した際、他の人が写ってしまった」。こういうケースは、ほとんどの人が経験したことがあると言っていいのではないでしょうか。家族だけでこうした写真を共有する場合は問題はありませんが、不特定多数が閲覧するインターネット上で公開するとなれば、肖像権やプライバシーの問題が起こってきます。いわゆる「写り込み」の問題です。

今回は、こうした写真をブログにアップしたい場合、どのような対応をすればいいかについて考えていきます。写り込んだ人物が誰であるか特定できるかどうかが焦点となります。(編集部)


【Q】旅先での写真をブログにアップしたいのですが、他の人の姿が…

観光旅行に行ったときに撮った写真やビデオ映像を、私個人が趣味で作っているブログにアップして掲載したいと思っていますが、その中に他の観光客の写り込んだものがあります。私のブログは旅行先の雰囲気を紹介する全くの趣味サイトなのですが、これらの写真やビデオ映像は、そのまま掲載しても大丈夫でしょうか?


【A】権利侵害の恐れがあるので、個人が判別できないようにしましょう。

個人が特定できるような写真や映像をウェブページで公開することは、肖像権またはプライバシー権侵害となることがあります。画像の解像度を落としたり、ぼかしやモザイクなどの画像処理を行ったりして、個人が判別できないようにしておくのがよいでしょう。


何が問題となるのか?

ご質問のケースでは、写真やビデオに写り込んだ人の、いわゆる「肖像権」が問題となります。肖像権とは、自己の容ぼうや姿態を、みだりに他人に撮影されたり、公表されたりしない人格的利益を指します。肖像権をプライバシー権の一つとして位置づける見解も有力ですが、ここでは端的に肖像権の語を用いて説明することとします。

なお、民間事業者がホームページに写真などをアップする場合には、小規模事業者の場合を除き、さらに個人情報保護法が適用されることがあることに注意して下さい。これに対し、本件では、あくまでも個人が趣味で作っているブログにすぎず、この法律の適用はありませんので、以下ではテーマを肖像権に限定して説明します。

肖像権とは?

実は、肖像権という言葉自体は、憲法や法律のどこにも規定されていません。しかし、上記のような肖像写真に関する個人の利益が、少なくとも人格的利益として保護に値することはほぼ争いのないところです。

最高裁の古い判決にも、刑事事件に関するものですが、何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼうなどを撮影されない自由を有するとした上で、警察官が正当な理由もないのに個人の容ぼうなどを撮影することは憲法第13条の趣旨に反して許されないとしたものがありました(京都府学連事件の最高裁昭和44年12月24日判決)。

そして、上記判決以降、民事事件においても、実質的に肖像権の保護を認める下級審の裁判例が相次ぎ、最高裁も、民事事件において、人は、みだりに自己の容ぼうなどを撮影されないことや、自己の容ぼうなどを撮影された写真をみだりに公表されないことについて、法律上保護されるべき人格的利益を有することを明らかにするに至っています(和歌山毒カレー事件報道事件の最高裁平成17年11月10日判決)。

したがって、いわゆる肖像権は、それが明確な権利性を有するといえるかどうかはともかく、少なくとも法律上保護されるべき人格的利益であることは明らかであり、その侵害に対しては、損害賠償や差止めの請求があり得ることになります。

肖像権の保護範囲

もっとも、そのような肖像権の保護にも一定の制約があることは当然です。

この点、前記の和歌山毒カレー事件報道事件最高裁判決は、「ある者の容ぼう、姿態をその承諾なく撮影することが不法行為法上違法となるかどうかは、被撮影者の社会的地位、撮影された被撮影者の活動内容、撮影の場所、撮影の目的、撮影の態様、撮影の必要性などを総合考慮して、被撮影者の上記人格的利益の侵害が社会生活上受忍すべき限度を超えるものといえるかどうかを判断して決すべき」としています。

したがって、肖像権に対する侵害が違法となるかどうかは、このような比較考量により、受忍限度を超えているかどうかで判断されることになると考えられます。

今回の質問のケースは?

今回のご質問のケースは、単に旅行先の雰囲気を紹介するために写真などを掲載するというものですので、上記のような報道目的での写真の掲載と同一に扱うことはできません。これを前提に、以下、ケース分けをして解説します。

1. 写り込んだ人物が誰であるか特定できない場合

まず、そもそも写真やビデオに写り込んだ人物が誰であるか特定できない場合は、誰が本人なのか特定できないので、肖像権の侵害が問題となることは考えられません。また、仮に侵害があると仮定しても、権利侵害の程度が低いことから、特段の事情のない限り受忍限度の範囲内といえますので、肖像権侵害は成立しないものと考えられます。

2. 写り込んだ人物が誰であるか特定できる場合

次に、写真やビデオに写り込んだ人物が誰であるか特定できる場合ですが、この場合には肖像権侵害が問題となり得ます。

この点、観光地などを訪れている観光客は、他の観光客の撮影する写真やビデオ撮影に写り込むことがあることは十分に予知しているといえます。もっとも、そのようにして撮影された写真などがブログ等で広く公開されることまでは一般には承諾したものとはいえないと考えられますので、個人が特定できる態様での利用の場合、撮影された観光客の行動の様子や写り込みの態様によっては、肖像権侵害となる可能性も否定できないものと考えられます。

結論

したがいまして、他の観光客の写り込んだ写真やビデオをブログで公開する場合には、画像の解像度を落としたり、ぼかしやモザイクなどの画像処理を行ったりして、個人が判別できないようにしておくのが望ましいでしょう。

(木村栄作/英知法律事務所)

弁護士法人 英知法律事務所

情報ネットワーク、情報セキュリティ、内部統制など新しい分野の法律問題に関するエキスパートとして、会社法、損害賠償法など伝統的な法律分野との融合を目指し、企業法務に特化した業務を展開している弁護士法人。大阪の西天満と東京の神谷町に事務所を開設している。 同事務所のURLはこちら→ http://www.law.co.jp/

5/29

インデックス

連載目次
第29回 価格の誤表示で激安に! ショップ側が注文を無効にできる条件とは
第28回 ウイルス感染で他人に被害……故意でなくても法的責任があるって本当?
第27回 個人情報が流出、問われる責任とは?
第26回 "いきなり料金請求"にお金を支払う必要がない法的理由 - ワンクリック詐欺対策
第25回 免責条項はどこまで盾にできるのか? - 消費者契約法と事業者の義務
第24回 "ダウンロード違法化"定めた改正著作権法、どんな行為が違法になった?
第23回 ブログの批判メール、反論のために公開……できる?
第22回 "マルシーマーク"の役割 - 著作権保護のために知っておきたい知識
第21回 アフィリエイターとドロップシッパーの法的責任を考える
第20回 アフィリエイトとドロップシッピング、法的な違いを押さえておこう
第19回 「マジコン」は法的にどう問題なのか
第18回 ISPに責任は問える? - 接続障害でインターネットに数時間つながらない場合
第17回 ブログの読者コメントは名誉毀損、誰が書き込んだ! - 情報開示請求の応じ方
第16回 ネット販売を始める前に知っておきたい法規制 - 広告規制や表示義務
第15回 ショップ運営者を悩ます"なりすまし注文&勝手なキャンセル"……代金はどうなる?
第14回 社員が作った企業サイト、著作権者はだれ? - 「職務著作」制度について
第13回 あなたの職場は大丈夫? 著作権法で見るソフトウェアの正しい扱い方
第12回 ブログが炎上したときに知っておきたい法的対応策
第11回 ブロガーの悩み - コメント欄を巡る誹謗中傷・削除要求にどうしたらいい?
第10回 上司が無断でメールを監視 - プライバシー権侵害にはならない?
第9回 職場における「私用メール」の代償 - 処分内容と妥当性
第8回 メルマガ送信に注意! 法改正で"事前承諾のない広告宣伝メール"は違法(後編)
第7回 メルマガ送信に注意! 法改正で"事前承諾のない広告宣伝メール"は違法(前編)
第6回 子どもの無断購入は取り消せる? - お酒を例に考える未成年のECサイト利用
第5回 他人が写った画像をブログに載せるときの注意点は? - 肖像権について
第4回 注文ミスで返品要請 - ネットショップのトラブルは"注文確認画面"で回避
第3回 "無断リンク"っていまだに問題になったりするの?
第2回 転載と引用の迷い - 短編小説をブログに載せても大丈夫?
第1回 自宅の絵画を撮ってホームページに載せたら、作者から……

もっと見る

関連したタグ


ITセミナー

新着記事

転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    内田フル出場のシャルケ連勝ならず…ディ・マッテオ就任後初の黒星
    [03:24 10/26] ライフ
    レアルが逆転勝ちで“クラシコ”制す…バルサは今季初黒星
    [02:44 10/26] ライフ
    細貝が追加点を演出…ヘルタ・ベルリンがハンブルガーに3点完勝
    [00:46 10/26] ライフ
    ハノーファー清武がFK決勝弾…香川途中出場もドルトは6戦勝利なし
    [00:25 10/26] ライフ
    日本人対決は酒井高に軍配…合計9発の打ち合いに長谷部、乾敗れる
    [00:24 10/26] ライフ

    特別企画

    一覧

      求人情報