【コラム】

南海電鉄の車両・列車

5 「泉北ライナー」12000系、南海線特急車両が高野線に

 

5/6

南海電鉄・泉北高速鉄道が昨年12月に実施したダイヤ改正で新たに登場した特急「泉北ライナー」。南海高野線・泉北線経由で難波~和泉中央間を結ぶこの列車に、普段は特急「サザン」として南海線を走る12000系も使用されている。

12000系を使用し、南海高野線を走行する特急「泉北ライナー」

「泉北ライナー」は11000系・12000系ともに4両編成で運行される

高野線・南海線ともに営業運転を行う車両は、一般車両では1000系・2000系などの例があるものの、特急車両で両路線を走るのは珍しい。「泉北ライナー」の運行が発表された際、使用車両は高野線特急「りんかん」の車両(11000系)とされたが、今年に入ってから12000系も使用されるようになった。南海電鉄サイト内「特急列車のご案内」に追加された「泉北ライナー」の項目でも、11000系・12000系の座席図が案内されている。

特急「泉北ライナー」は平日と土休日で運行時刻が異なる。平日は朝夕を中心に上り(和泉中央発難波行)7本・下り(難波発和泉中央行)6本を運行。土休日は朝夕の他に日中の列車も設定され、上り8本・下り8本となる。停車駅は難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅、泉ケ丘駅、栂・美木多駅、光明池駅、和泉中央駅。堺東駅や中百舌鳥駅など、高野線の駅はすべて通過する。特急料金は全区間同額で大人510円・小児260円。

12000系と8000系を連結した8両編成で南海線を走る特急「サザン」

12000系は2011年9月、南海線の特急「サザン」(難波~和歌山市・和歌山港間)でデビューした。「サザン・プレミアム」の愛称を持ち、「ひとクラス上の設備・利用価値を提供する車両」だという。車体は軽量ステンレス構造で、車内の各座席にコンセントを設置したほか、プラズマクラスターイオン発生器も搭載した。「サザン」は一般車両も連結した8両編成で、12000系は現在、おもに8000系を連結して運行されている。

5/6

インデックス

連載目次
第6回 『スター・ウォーズ』仕様の黒い「ラピート」5/8まで
第5回 「泉北ライナー」12000系、南海線特急車両が高野線に
第4回 30000系「赤こうや」「紫こうや」特別仕様に
第3回 50000系「ラピート」Peachデザインは8/31まで
第2回 10000系、特急「サザン」旧塗装の編成も登場
第1回 7000系引退! 旧塗装「懐かしの緑色」の編成

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ガンダム THE ORIGIN』MSD水中型ガンダムがHG化、各武器にギミック搭載
[21:00 7/25] ホビー
世界にコスプレを発信する新雑誌が誕生!創刊号にはしろ、門井亜矢ら寄稿
[20:37 7/25] ホビー
アイマス・デレマス・ミリマスの3アイドルが集結! 10周年メモリアルフィギュアに
[20:30 7/25] ホビー
Aerocool、ファンコントロール機能搭載のミドルタワーケース「DS 230」
[20:19 7/25] パソコン
「銃夢」がハリウッド映画化!電子版1巻を無料公開中
[20:14 7/25] ホビー

本音ランキング