【コラム】

音楽をはじめよう!

84 パイオニアの低価格スクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(2)

 

84/113

DJ用CDプレイヤーで定番とも言えるパイオニアのCDJシリーズ。新製品のCDJ-400は手ごろな価格でスクラッチ機能も備えている。前回は概略を紹介したが、今回はプレイヤーとしての機能をチェックしていく。

上位機種と同様に2つの動作モードを用意

まずはCDJ-400の外観からチェックしていこう。全体的なデザインはパイオニアのCDJシリーズ従来機種と共通している。天板の手前中央にキューポイント探しなどに多用する大きなジョグダイアル、その左に再生/一時停止を行うPLAY/PAUSEボタンとキューポイントを設定するCUEボタン、右側にはテンポをコントロールするテンポスライダーが配置されている。上側には再生位置やタイムカウンタを表示するディスプレイを配置。CDは前面から挿入するスロットローディング方式だ。

横幅がスリムなデザインのCDJ-400(左)、筐体サイズそのものはスクラッチ非対応の下位機種「CDJ-200」(右)とほぼ同じだ

パイオニアのCDJは「CDJ-1000MK3」「CDJ-800MK2」といった上位機種と、「CDJ-200」「CDJ-100S」の下位機種で筐体サイズがはっきりと分かれており、上位機種は正方形に近いデザインで大型、下位機種は一回り小型で縦長デザインになっている。CDJ-400はサイズ的にはCDJ-200とほぼ共通でサイズは横217.9×縦296.3mmだ。基本セットとしてはCDJ-400×2台+DJミキサーとなるが、この組み合わせはDJミキサーの機種にもよるが意外と幅を取るため、ホームユースではスリムデザインの筐体のほうが設置場所を選ばず、使いやすいだろう。

DJ用CDプレイヤーの基本操作として多いのは、再生を開始するポイントを探し、キューポイントとしてメモリすることだ。全体的な操作の流れとしては、まずキューポイントを設定する。次に現在フロアに流している曲と繋げる曲を、DJミキサーのヘッドフォンモニタでミックスして、CDJのピッチコントロール機能でテンポを調整する。そしてテンポが合ったら、現在流している曲にタイミングを合わせ、次に繋げる曲を再びキューポイントから再生し、ミキサーで徐々にフロアへ出力する。アナログターンテーブルの場合は再生を始めたいポイントでレコードを押さえておくが、CDJならばキューポイントとして設定すれば、ボタン一発で再生開始できるという仕組みだ。

CDJ-400はJOG MODEボタンでジョグダイアルの動作を切り替え、この設定がキューポイント操作だけでなくスクラッチや、エフェクト操作にも影響を与える。ボタンの「VINYL」が点灯しているとVINYLモード、消灯時はCDJモードとなる

ここで少しややこしいのは、CDJ-400はキューポイントを探すために使うジョグダイアルの操作として、2つのモードが用意されていること。具体的には「CDJモード」と「VINYLモード」という。

違いはVINYLモードではアナログターンテーブルの操作をジョグダイアルを使って再現しているのに対し、CDJモードではパイオニアCDJシリーズが登場当初から採用している、CDJ独特の操作をする。このあたりは実際に使ってみないとわかりづらいが、パイオニアのスクラッチ対応CDJシリーズはすべてこの2種類の操作となっている。なお下位機種ではモードの切り替えは無く、CDJモードのみとなる。

CDJ-400のVINYLモードでは、再生中にまず一時停止し、ジョグダイアルをまわしてキューポイントを探すと、アナログターンテーブルでレコードを回したときと同じように、ジョグダイアルを回すスピードに合わせて音が再生されるようになっている。そしてCUEボタンを押せば現在位置がキューポイントとして記憶され、再生中にもう一度CUEボタンを押せばキューポイントに戻って一時停止、PLAY/PAUSEボタンを押すとキューポイントから再生開始、という仕組みだ。

VINYLモードではジョグダイアルを押さえる事で一時停止となる。また、ジョグダイアル上下のインジケータが赤く光るので目でも動作を確認できる。なお上位機種でもジョグダイアルを押さえるという行為そのものは共通だが、上位機種はタッチセンサで動作し、CDJ-400はジョグダイアルを一段押し込んで動作、という違いがある。ただしCDJ-400も軽く手を置くだけで一時停止するので、” ジョグダイアルを押す”という行為を意識する必要はない

操作インタフェースは上位機種「CDJ-800MK3」などと同様で、PLAY/PAUSEボタンだけでなく、ジョグダイアルを押さえることで一時停止状態となり、そのままジョグダイアルを回してキューポイントを探すことも出来る。ただ先に挙げたように本体デザインがスリムなため、ジョグダイアルのサイズそのものは上位機種よりもやや小さくなっている。これによりジョグダイアルをグルグル回すときの操作感は、やはり上位機種に比べて少し落ちるが、仕方がないところだろう。

キューポイントはジョグダイアルを押さえる、またはPLAY/PAUSEボタンで一時停止状態にしてから設定する以外にも、再生中にRIALTIME CUE(HOT LOOP)を押せば、その位置がキューポイントとして設定される

なおDJプレイで微妙に2曲がずれているときは、テンポを一時的に速めたり、遅くしたりして微調整するわけだが、この操作もジョグダイアルを回して行う。ただしVINYLモードではジョグダイアル上面で回すと再生が停止してしまうため、ジョグダイアルの側面を回すことになる。

初めてでもすぐに楽しめるスクラッチプレイ

テンポコントロールはボタンによりコントロール幅を4段階で切り替え、ディスプレイには具体的な数値が表示される。MASTER TEMPOボタンが赤く点灯していると、テンポを変えても音のキーは変化せず再生される

テンポコントロール機能はスライダーが長くて使いやすく、コントロール範囲を±6/10/16%、さらにWIDE(±100%)と切り替えて使える。テンポを変えてもキーが変わらず再生できるマスターテンポ機能ももちろん用意されているので、事実上、どんな曲でもミックスできるだろう。

そしてCDJ-400の特徴であるスクラッチ機能。これは先に挙げた、VINYL/CDJという2つのモードにも関係している。具体的にはVINYLモードではスクラッチ機能が使えるが、CDJモードでは使えない。その意味でもVINYLモードはアナログターンテーブルを再現した動作モードなのだ。

CDJ-400のスクラッチは基本的にアナログターンテーブルと同様の操作感を再現している。ジョグダイアルを押さえる(=レコードを押さえて止める)と曲の再生が止まり、その状態でジョグダイアルを前後に動かせばスクラッチとなる。とてもわかりやすく、また違和感はない。レコードを使ったスクラッチプレイでは針飛びやレコードの痛みも気にする必要があるが、CDならばその心配もなく、思い切り楽しめるのもいいところだ。

ジョグダイアルを押さえてから高速回転させれば、レコードを高速回転させたときと同じようにスピンの効果も再現されている。またレコードを逆回転させるように曲を逆再生できるリバース再生も搭載、このあたりはスクラッチ非対応の下位機種には用意されていなかった機能だ。

ジョグダイアル左上のDIRECTIONボタンを押して「REV」表示を点灯させると、リバース再生となる

スクラッチ対応の普及価格帯モデルといえるCDJ-400だが、上位機種にも搭載されていないエフェクト機能がある。ディスプレイ下部に配置された3つのボタンを、それぞれを押してからジョグダイアルを動かすと、それに合わせてエフェクトが掛かる。

実はこのエフェクトもVINYL/CDJモードで動作が分かれている。VINYLモードでは「スクラッチジョグエフェクト」となりバブルスクラッチ奏法を再現する「BUBBLE」などスクラッチプレイをエフェクトとして再現し、CDJモードでは「デジタルジョグブレイク」としてレコードの2枚がけによるフランジャー効果を再現した「JET」などを使うことが出来る。

そのほか、多彩なループ機能などももちろん搭載。手ごろな価格でありながらも、スクラッチ機能を含めて上位機種に迫る多機能なプレイヤーとなっている。

VINYLモードとCDJモード、それぞれ3種類の効果が用意されている内蔵エフェクト。基本的にはジョグダイアルを動かしている間だけその効果がかかるが、ジョグダイアルから手を離してもエフェクトがかかり続けるHOLDボタンも用意される

このほかにCDJ-400の特徴といえるのが、USBポートを搭載していること。次回はこのUSB関連の機能について紹介していこう。

84/113

インデックス

連載目次
第113回 Cakewalkブランドで登場したローランドのUSBオーディオインタフェース「UA-1G」
第112回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ、Alesis ProTrack(2)
第111回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ「ProTrack」(1)
第110回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(2)
第109回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(1)
第108回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(8)PaklSound1
第107回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(7)iDrum Club Edition【2】
第106回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(6)iDrum Club Edition【1】
第105回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(5) BeatMaker【3】
第104回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(4) BeatMaker【2】
第103回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(3) BeatMaker【1】
第102回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(2) ドラムマシンIR-909
第101回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(1)
第100回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(3)
第99回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(2)
第98回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(1)
第97回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(2)
第96回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(1)
第95回 楽譜スキャンソフト「Smart Score X Pro」でバンドスコアをMIDI化してみる
第94回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(2)
第93回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(1)
第92回 ヴィンテージシンセをモジュール単位で組むハードウェアシンセ「Origin」
第91回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(2)
第90回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(1)
第89回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(2)
第88回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(1)
第87回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I systemとは(2)
第86回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I Systemとは(1)
第85回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(3)
第84回 パイオニアの低価格スクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(2)
第83回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(1)
第82回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(6)EDIROL R-09HR(後編)
第81回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(5) EDIROL R-09HR 前編
第80回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(4)TASCAM DR-1
第79回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(3) ZOOM H2
第78回 オリンパス初のリニアPCMレコーダ「LS-10」を試す
第77回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(1)
第76回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(3)
第75回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(2)
第74回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(1)
第73回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(3)
第72回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(2)
第71回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(1)
第70回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(3)
第69回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(2)
第68回 ソニーの新リニアPCMレコーダ「PCM-D50」をチェック(1)
第67回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(2)
第66回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(1)
第65回 初心者でも使える音楽制作ソフト「Mixture」の無償版が登場!
第64回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(2)
第63回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(1)
第62回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す(2)
第61回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す
第60回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(4)
第59回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(3)
第58回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(2)
第57回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(1)
第56回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(4)
第55回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(3)
第54回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(2)
第53回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(1)
第52回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(3)
第51回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(2)
第50回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(1)
第49回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(4)
第48回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(3)
第47回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(2)
第46回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(1)
第45回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(4)
第44回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(3)
第43回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(2)
第42回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(1)
第41回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(3)
第40回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(2)
第39回 個性的なオーディオインタフェイス&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」
第38回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(3)
第37回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(2)
第36回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(1)
第35回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(3)
第34回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(2)
第33回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(1)
第32回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(3)
第31回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(2)
第30回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(1)
第29回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(4)
第28回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(3)
第27回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(2)
第26回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(1)
第25回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(2)
第24回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(1)
第23回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(3)
第22回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(2)
第21回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(1)
第20回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(2)
第19回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(1)
第18回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(3)
第17回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(2)
第16回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(1)
第15回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(3)
第14回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(2)
第13回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(1)
第12回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(3)
第11回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(2)
第10回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(1)
第9回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(3)
第8回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(2)
第7回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(1)
第6回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(2)
第5回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(1)
第4回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(2)
第3回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(1)
第2回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(2)
第1回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(1)

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー