【コラム】

音楽をはじめよう!

82 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(6)EDIROL R-09HR(後編)

 

82/113

ローランドが新たに送り出したリニアPCMレコーダ「R-09HR」。今回は実際の録音操作や強化された再生機能をチェック、そして発表会の場で実際に収録した生録WAVファイルを公開する。その音質を体感してもらおう。

リモコン操作でもクリッピング確認とレベル調整が可能に

R-09HRの録音操作はR-09と基本的に変わりはない。中央のRECボタンを押して録音待機状態にし、左側面のINPUT LEVEL +/-ボタンで録音レベルを調整、もう一度RECボタンを押して録音開始、STOPボタンで停止だ。RECボタン周りのインジケータは録音待機時には赤く点滅、録音中は点灯し、一目で動作状況がわかる。録音レベル調整はR-09では30段階だったがR-09HRは80段階となり、より細かい調整ができそうだ。

録音操作手順やインジケータ動作はR-09と共通。録音レベル調整は80段階設定と細かくなった

録音操作に多用するRECやSTOPといったボタンはサイズも大きくクリック感があり、操作感は良好。サンプリングビット数/レートなどの設定はMENUボタンを押してメニューから行う。これらのボタンはサイズが小さく爪先で押すような感じになる。

ディスプレイはR-09、R-09HRとも有機ELディスプレイを採用し、解像度も同じだ。ただしR-09HRはR-09に比べサイズが約2倍に拡大されている。表示される情報の項目にはほとんど変わりはないものの、レベルメータやタイムカウンタが大きくなっているため、視認性は高まっている。

ディスプレイに表示される情報量はほとんど変わらないものの、面積がR-09(右)に比べ約2倍に広がり、視認性が高まったR-09HR(左)の有機ELディスプレイ

ディスプレイ下にPEAKインジケータを搭載、またレベルメータにはピークホールド機能も備わる。ホールド時間も長めで視認しやすい

MENUボタンの右には独立したPEAKインジケータも搭載、クリッピング時には赤く点灯する。R-09HRではさらに本体上部、マイクの間にもインジケータが加わった。これはリモート・インジケータと名付けられ、本体から離れて付属リモコンで操作していても動作状況が確認できるというもの。録音待機時はゆっくり点滅し、録音中は点灯するのはRECボタン周辺のインジケータと同様だが、さらに録音待機および録音中に過大入力があると速く点滅し、クリッピングが発生したことがわかるようになっている。

本体上部、ステレオマイクの間に新たに搭載されたリモート・インジケータ。前面のRECインジケータと同様に録音動作状況を知らせることに加え、クリッピング発生もわかるので、本体から離れていてもリモコンで録音レベル設定を行うことも可能だ

三脚を使うにはオプションのR-09HR用カバー/スタンド・セットが必要。カバー+小型三脚という構成はR-09用オプションと変わらないものの、本体サイズが変更されたためR-09用のカバーは流用できない

本格的に録音作業を行う場合、三脚やマイクスタンドを活用して本体を固定したほうがベター。そのために本体に三脚穴を設けている製品もあるが、R-09HRでは本体には三脚穴は用意されず、別売オプションの「R-09HR用カバー・スタンド・セット」を使う必要がある。この専用カバーに三脚穴が用意されているので、R-09HRにカバーを装着し、付属三脚や手持ちの三脚、または別売マイクスタンドアダプタを使う、というパターンだ。

可変スピード再生にも対応、録音音質は確実に向上

R-09HRは再生機能も強化されている。R-09ではA-Bリピートとリバーブ機能だけだったのに対し、R-09HRでは50~150%の範囲で10段階の再生スピードの変更が可能となった。可変スピード再生は楽器練習時にも便利だろう。またリバーブ機能も引き続き搭載されており、Hall1、Hall2、Room、Plateと4タイプを選択できるのはR-09と共通で、さらにリバーブのかかり具合を10段階で調整できるようになっている。なおリバーブはいわゆるかけ録りはできず、再生専用だ。また可変スピード再生とリバーブ機能は、88.2および96kHzで録音したファイルでは使えないので、そこには注意が必要だろう。

可変スピード再生やリバーブタイプの設定はメニューから行う

可変スピード再生とリバーブは「SPEED」「REVERB」ボタンを押すごとにオン/オフが切り替わり、オン時にはディスプレイにアイコン「SPD(SPEED)」「REV(REVERB)」で動作状況が表示される

そして本体とは直接的な関係はないものの、R-09HRでは嬉しい付属品が追加された。それが波形編集ソフトの「Cakewalk Audio Creator LE」。これは録音したファイルをパソコンに読み込み、不要な部分のカットやトリミングといった編集作業や音量を引き上げるノーマライズ、CD-Rを利用しての音楽CD作成といった波形編集ソフトの基本的な機能が揃っている。「Cakewalk Audio Creator」という製品の機能簡略版といえるソフトで、Audio Creatorの特徴であるノイズリダクションプラグインなどは含まれていないものの、R-09HRで録音したファイルを一通り編集するには十分だ。まだ波形編集ソフトを持っていない人にとっては嬉しいバンドルソフトだろう。

バンドルソフトの「Cakewalk Audio Creator LE」。カット編集やフェード、ノーマライズ処理、オーディオCD作成などが可能。VSTプラグインにも対応している

最後に音質について。先日行われたR-09HRの発表会では弦楽四重奏の生録音体験会も開催されたので、その録音ファイルをサンプルとして掲載しよう。手持ちの24bit/96kHzで録音したWAVファイルの冒頭と最後の不要部分だけカットおよびフェード処理し、それ以外は未加工である。少々録音レベル設定が低めで、また発表会という場もありカメラのシャッター音も入っているものの、原音に近く、また臨場感あふれる音となっている。同じ24bit/48kHzに設定してR-09と共に録音してみても、R-09HRではより自然な感じで録音され、音質は向上しているといえるだろう。

R-09HRの録音サンプル R09HR.zip
約42秒、PCM、24bit/96kHzのWAVファイルをzip形式で圧縮してある(22.9MB)

R-09HRは24bit/96kHz録音に対応しただけでなく、SDカードスロットの改良、ディスプレイの大型化による視認性の向上、リミッタや可変スピード再生機能の搭載、リモコン付属など、細かい使い勝手も確実に向上したといえる。逆にいえばR-09の弱点を潰してきたともいえる仕上がりで、リニアPCMレコーダ市場ではまた注目の製品となりそうだ。

82/113

インデックス

連載目次
第113回 Cakewalkブランドで登場したローランドのUSBオーディオインタフェース「UA-1G」
第112回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ、Alesis ProTrack(2)
第111回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ「ProTrack」(1)
第110回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(2)
第109回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(1)
第108回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(8)PaklSound1
第107回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(7)iDrum Club Edition【2】
第106回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(6)iDrum Club Edition【1】
第105回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(5) BeatMaker【3】
第104回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(4) BeatMaker【2】
第103回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(3) BeatMaker【1】
第102回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(2) ドラムマシンIR-909
第101回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(1)
第100回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(3)
第99回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(2)
第98回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(1)
第97回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(2)
第96回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(1)
第95回 楽譜スキャンソフト「Smart Score X Pro」でバンドスコアをMIDI化してみる
第94回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(2)
第93回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(1)
第92回 ヴィンテージシンセをモジュール単位で組むハードウェアシンセ「Origin」
第91回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(2)
第90回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(1)
第89回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(2)
第88回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(1)
第87回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I systemとは(2)
第86回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I Systemとは(1)
第85回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(3)
第84回 パイオニアの低価格スクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(2)
第83回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(1)
第82回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(6)EDIROL R-09HR(後編)
第81回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(5) EDIROL R-09HR 前編
第80回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(4)TASCAM DR-1
第79回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(3) ZOOM H2
第78回 オリンパス初のリニアPCMレコーダ「LS-10」を試す
第77回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(1)
第76回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(3)
第75回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(2)
第74回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(1)
第73回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(3)
第72回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(2)
第71回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(1)
第70回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(3)
第69回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(2)
第68回 ソニーの新リニアPCMレコーダ「PCM-D50」をチェック(1)
第67回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(2)
第66回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(1)
第65回 初心者でも使える音楽制作ソフト「Mixture」の無償版が登場!
第64回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(2)
第63回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(1)
第62回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す(2)
第61回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す
第60回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(4)
第59回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(3)
第58回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(2)
第57回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(1)
第56回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(4)
第55回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(3)
第54回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(2)
第53回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(1)
第52回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(3)
第51回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(2)
第50回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(1)
第49回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(4)
第48回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(3)
第47回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(2)
第46回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(1)
第45回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(4)
第44回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(3)
第43回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(2)
第42回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(1)
第41回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(3)
第40回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(2)
第39回 個性的なオーディオインタフェイス&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」
第38回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(3)
第37回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(2)
第36回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(1)
第35回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(3)
第34回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(2)
第33回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(1)
第32回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(3)
第31回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(2)
第30回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(1)
第29回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(4)
第28回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(3)
第27回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(2)
第26回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(1)
第25回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(2)
第24回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(1)
第23回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(3)
第22回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(2)
第21回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(1)
第20回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(2)
第19回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(1)
第18回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(3)
第17回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(2)
第16回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(1)
第15回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(3)
第14回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(2)
第13回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(1)
第12回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(3)
第11回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(2)
第10回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(1)
第9回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(3)
第8回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(2)
第7回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(1)
第6回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(2)
第5回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(1)
第4回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(2)
第3回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(1)
第2回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(2)
第1回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(1)

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『リゼロ』、新規描き下ろしイラストを使用したラム&レムの新アイテム登場
[18:39 8/25] ホビー
山下智久、かっこいいアリ役に!? キリギリス役・ピエール瀧とトイレCM
[18:17 8/25] エンタメ
「きぼう」からケニア初の超小型衛星放出が決定 - JAXAなどが機会提供
[18:04 8/25] テクノロジー
ASUS、13.9mmの薄型外付けDVDスーパーマルチドライブ
[18:03 8/25] パソコン
ドスパラ、VR HMD「Vive」推奨PCにRadeon RX 480搭載モデル
[18:03 8/25] パソコン