【コラム】

音楽をはじめよう!

76 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(3)

76/113

iDJ2ではジョグホイールやPLAYボタンが2組用意されている。これはそれぞれが個別のターンテーブルやCDプレイヤーに相当する「デッキ」といい、iPodからiDJ2のメモリに曲をコピーすることで、各デッキで曲のコントロールが可能となる。ではその「デッキ」の使い勝手はどうだろうか?実際に試してみた。

幅広いレンジのピッチコントロール

iPodからiDJ2の各デッキに読み込んだ曲は、iDJ2のデッキ・コントロールとミキサー・コントロールを使い、一般的な手順で曲を繋げていく。この一般的というのが少々わかりづらいかもしれないが、各デッキに曲さえ読み込んでしまえば、後は通常のDJミキサー+DJ用CDプレイヤーとほぼ同じ操作という意味。iPodをソースに使っているからといって特別な操作や、また違和感などはなく、DJ機材としてなかなかよく出来ている。

テンポの異なる曲をミックスするために欠かせない、テンポを変化させるためのピッチコントロール機能もiDJ2には搭載されている。これにより、ちゃんとしたDJプレイが可能である。ピッチコントロールはPITCH SLIDERで操作するが、その変化レンジは±6%、±12%、±25%、そして-100~+25%と設定を変更できる。またテンポを変えてもキーは変わらずに再生できるキーロック機能も用意されているため、かなりテンポが違う曲であっても違和感なく繋げることが可能だ。

テンポの変更は一番右のPITCH SLIDERで行う、オリジナルのテンポは再生中に自動的に検出されるが、TAPボタンでリズムを刻み手動で算出することもできる

PITCH SLIDERでの変化レンジやキーロック機能のオン/オフは各デッキに用意されたMODEボタンで設定画面を開いて設定する

この設定は各デッキ毎に独立して行え、またMODEボタンからすぐに設定画面が開けるため、普段は±6%に設定してスライダーを操作しやすく使い、極端にテンポの違う曲を繋げる場合はその場で設定を変更する、といった使い分けもできる。

ジョグダイアルは曲の再生中はピッチベンド、つまり微妙なビート合わせに使い、一時停止中はキューポイント探しに使う。これもDJ用CDプレイヤーと同じ動作。またSCRATCHボタンを押した状態で回せば、スクラッチ効果となる。またサンプラー的に特定のフレーズを流し続けることが可能となるループ再生機能も用意されている。

ジョグダイアルは多少サイズが小さめだが、操作感は良好。SCRATCHボタンを点灯させればスクラッチモードに、SEARCHボタンを点灯させれば曲中を高速に移動できるサーチモードとなる

再生中のディスプレイ表示は曲名や残り時間、オリジナルのBPMや現在のピッチコントロール量といった情報が表示されるほか、音の強弱、つまり盛り上がっている部分を視覚的に確認できる「トラックプロファイル」という機能も利用できる。

再生中は各デッキに読み込んでいるトラック名やアーティスト名、残り時間、そしてピッチコントロール量や現在のBPM(テンポ)などをディスプレイで確認することができる

音の強弱を視覚的に見せるプロファイルビュー機能。PUSH ENTERノブの操作でブレイクに素早く移動することもできる。なお各トラックのプロファイルはiDJ2では作成できず、前回紹介したパソコンソフト「Numark LIBRALIAN」でのライブラリ作成時にオプションで作成する

2つの動作モードに注意

iDJ2のDJミキサー部分であるミキサー・コントロールはDJミキサーとしてごく一般的な仕様で、2本のチャンネルフェーダと1本のクロスフェーダ、そして各チャンネル(デッキ)に3バンドEQが搭載されている。エフェクトは搭載されず、その意味ではシンプルなDJミキサー機能だ。

EQはBASS/MID/TRIBLEの3バンド、左に目いっぱい回せば各帯域の音を完全にカットオフできるアイソレータ仕様となっている

パソコン用のDJソフトのように、ボタンひとつで2曲のビートとテンポを完全に合わせるといった機能は用意されないものの、デッキA/BのビートをLEDで視覚的に表示するBEATKEEPERを搭載。DJプレイに慣れない人には手助けになるはず。他にはクロスフェーダの操作に合わせて各デッキの曲をスタートする、フェーダスタート機能も用意されている。

クロスフェーダの上には1小節内のビートをLEDで示すBEATKEEPERを装備。左はデッキA、右はデッキBのビート位置を示し、完全にシンクロしていれば中央の青いLEDが点灯する

iDJ2ではiPodを「USBモード」と「DIRECTモード」という2つの動作モードで利用できる。USBモードとはiPodをUSBマスストレージデバイスとしてコントロールするモードで、つまりUSBメモリやハードディスクを接続したときと同じ動作をする。このモードではこれまで紹介したように、2つのデッキに別の曲を読み込み、テンポをコントロールすることができる。

DIRECTモードは、USBマスストレージではなく、iPodをiPodとして認識しアクセスするモードだ。この場合はiDJ2のデッキAからしかiPodのコントロールはできず、またピッチコントロールでテンポを変えることもできない。

つまりiPodをソースとしてDJプレイを楽しむならば、DIRECTモードよりもUSBモードのほうが自由度が高い。ただしiPodの種類によってはDIRECTモードでしか接続できないものもあり、具体的にはiPod touchがそれにあたる。これはiPod touchがもともとUSBマスストレージとして動作しないためだろう。製品ごとの対応状況はNumarkのWebサイトに掲載されているので、購入を考えている人は手持ちのiPodがUSBモードで使えるか確認しておこう。

iDJ2に読み込み、再生できるファイル形式はMP3とAAC、そしてWAVとなっている。ただしiTunes Storeで購入したAACファイルは、iPodをDIRECTモードで接続した場合のみしか再生できない。

iDJ2はiPodをソースとしてDJプレイを行うために必要な機能が揃った、ほぼ完全なiPod用DJコンソールだ。屋外で使う場合でもDJプレイに必要な機材がオールインワンとなっているため、あとはスピーカー&アンプだけがあればよい。本格的なクラブプレイはもちろんだが、ちょっとしたスペースを借りてイベントをするときなど、そこにあるPA機材にiDJ2を接続、皆がiPodをセットしてDJプレイを楽しむ、といった遊び方が面白そうだ。

76/113

インデックス

連載目次
第113回 Cakewalkブランドで登場したローランドのUSBオーディオインタフェース「UA-1G」
第112回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ、Alesis ProTrack(2)
第111回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ「ProTrack」(1)
第110回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(2)
第109回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(1)
第108回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(8)PaklSound1
第107回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(7)iDrum Club Edition【2】
第106回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(6)iDrum Club Edition【1】
第105回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(5) BeatMaker【3】
第104回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(4) BeatMaker【2】
第103回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(3) BeatMaker【1】
第102回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(2) ドラムマシンIR-909
第101回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(1)
第100回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(3)
第99回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(2)
第98回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(1)
第97回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(2)
第96回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(1)
第95回 楽譜スキャンソフト「Smart Score X Pro」でバンドスコアをMIDI化してみる
第94回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(2)
第93回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(1)
第92回 ヴィンテージシンセをモジュール単位で組むハードウェアシンセ「Origin」
第91回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(2)
第90回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(1)
第89回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(2)
第88回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(1)
第87回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I systemとは(2)
第86回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I Systemとは(1)
第85回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(3)
第84回 パイオニアの低価格スクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(2)
第83回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(1)
第82回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(6)EDIROL R-09HR(後編)
第81回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(5) EDIROL R-09HR 前編
第80回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(4)TASCAM DR-1
第79回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(3) ZOOM H2
第78回 オリンパス初のリニアPCMレコーダ「LS-10」を試す
第77回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(1)
第76回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(3)
第75回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(2)
第74回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(1)
第73回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(3)
第72回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(2)
第71回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(1)
第70回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(3)
第69回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(2)
第68回 ソニーの新リニアPCMレコーダ「PCM-D50」をチェック(1)
第67回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(2)
第66回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(1)
第65回 初心者でも使える音楽制作ソフト「Mixture」の無償版が登場!
第64回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(2)
第63回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(1)
第62回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す(2)
第61回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す
第60回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(4)
第59回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(3)
第58回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(2)
第57回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(1)
第56回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(4)
第55回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(3)
第54回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(2)
第53回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(1)
第52回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(3)
第51回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(2)
第50回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(1)
第49回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(4)
第48回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(3)
第47回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(2)
第46回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(1)
第45回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(4)
第44回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(3)
第43回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(2)
第42回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(1)
第41回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(3)
第40回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(2)
第39回 個性的なオーディオインタフェイス&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」
第38回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(3)
第37回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(2)
第36回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(1)
第35回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(3)
第34回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(2)
第33回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(1)
第32回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(3)
第31回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(2)
第30回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(1)
第29回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(4)
第28回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(3)
第27回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(2)
第26回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(1)
第25回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(2)
第24回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(1)
第23回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(3)
第22回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(2)
第21回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(1)
第20回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(2)
第19回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(1)
第18回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(3)
第17回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(2)
第16回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(1)
第15回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(3)
第14回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(2)
第13回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(1)
第12回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(3)
第11回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(2)
第10回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(1)
第9回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(3)
第8回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(2)
第7回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(1)
第6回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(2)
第5回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(1)
第4回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(2)
第3回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(1)
第2回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(2)
第1回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(1)

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事