【コラム】

音楽をはじめよう!

73 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(3)

73/113

女性ボーカルの「リン」と男性ボーカルの「レン」が収録されている男女ツインボーカル構成のVOCALOID2「鏡音リン・レン」。概要基本的な操作方法を見てきたが、今回はボーカルの切り替え方法などをチェックしてみよう。

ボーカルの切り替えは非常に簡単

「鏡音リン・レン」をインストールすると、女性ボーカルの「レン」と男性ボーカル「リン」、2種類の歌声ライブラリがVOCALOID EDITORから切り替え可能となる。男性と女性の声とはいえ、サンプリング元となった声優は女性で、一人二役をこなしているのだ。

シーケンストラックに入力した歌詞を歌う、歌手の切り替えは非常に簡単だ。コントロールトラックの下側に「SINGER」と表示された歌手エリアがある。スライダーを左側にドラッグすると、曲の頭の部分に歌手アイコンが表示されているので、そこをダブルクリックするとインストールされている歌声ライブラリが表示され切り替え可能。つまり歌い手を変更することができる。

左端へ移動すると「SINGER」に歌手アイコンが表示されており、ダブルクリックすることでインストールされている歌手ライブラリを切り替えることができる。「初音ミク」と「鏡音リン・レン」をインストールしていれば、このように表示される

これは曲の最初から歌手を設定する方法だが、曲中の任意の場所で歌手エリアをダブルクリックすると、そこから歌手を変更することもできる。もっとも前回紹介したように、VOCALOID2 EDITORはマルチトラックでのシーケンスが可能となっているので、曲中で歌手チェンジする場合も1トラックはリン、2トラックはレン、と歌手によってトラックを分けたほうがいろいろと便利かもしれない。マルチトラックで歌手を変更すれば、メインボーカルはミク、サイドボーカルはレン、コーラスはリン、といった構成も簡単だ。

曲の途中でも「鉛筆」ツールで歌手エリアをダブルクリックすれば、任意の歌手アイコンを挿入して歌手のチェンジが可能

歌声の印象は、「初音ミク」がかわいらしい声だとすれば、対する「鏡音リン」は同じ女性ボーカルでもキリッとした印象。男性ボーカルの「鏡音レン」は声変わりを迎えた後の少年らしい声、といったところだろうか。

ただ、音符と歌詞を特に工夫もせず入力した、いわゆるベタ打ちの状態で歌わせてみると、「初音ミク」に比べて「鏡音リン・レン」は両方とも、少し声に不自然さを感じた。VOCALOID EDITORでは、コントロールトラックを使うと「VEL(ベロシティ)」を調整して声のアタック感を変えたり「DYN(ダイナミクス)」で声の大きさや柔らかさを調整できる。リン・レンをうまく歌わせるには、このあたりの調整もカギになるだろう。

コントロールトラックでは「鉛筆」や「ライン」といったツールを使い、ベロシティやダイナミクスを調整できる

使い方に合わせて二種類のVSTiを用意

完成した歌声、つまりシーケンスデータは、VOCALOID EDITOR専用のシーケンスファイルであるVSQファイルとして保存するほか、WAVEファイルとして書き出すこともできる。VOCALOID EDITORはあくまでも歌声を作り出すファイルで、伴奏を付けることはできないため、曲として完成させるにはこのWAVEファイルをDAWソフトに読み込むのが一番手軽な方法だ。

「書き出し」メニューからはWAVEファイル、そしてVSTiで使うVOCALOID MIDIファイルを出力できる

ここまではスタンドアロンで動作するVOCALOID EDITORを前提に紹介してきたが、VOCALOID2はVSTiやReWireにも対応しており、対応しているDAWソフトからコントロールすることも可能だ。

VSTiは二通りの使い方がある。まずは「VOCALOID2 VST instrument」、これはVOCALOID EDITORで完成したシーケンスファイルをVOCALOID2専用のMIDIファイルとして書き出し、そのMIDIファイルをDAWソフトのMIDIトラックに読み込んで演奏するもの。ただしDAWソフト側のMIDIエディタで打ち込みを行って歌わせたり、またVOCALOID EDITORで吐き出したMIDIファイルをDAWソフト側で編集する、といったことはできない。

VSTi対応のDAWソフトならVOCALOID2を読み込むことができる、ここではヤマハの一部製品にバンドルされる「Cubase AI4」を使っている

VOCALOID Editorで出力したVOCALOID MIDIファイルをDAWソフトのMIDIトラックに読み込み、MIDI出力先としてVOCALOID2 VST instrumentを指定すればDAWソフトから歌わせることも可能

「Real-time VOCALOID2 VST instrument」はDAWソフト側で歌詞を入力して音声合成を行い、MIDIキーボードを押すごとにその音程で一文字ずつ歌う、というもの。MIDIトラックのMIDIデータで歌わせることも可能だ。鍵盤で歌わせるのはなかなか面白いが、伴奏に合わせて滑らかに歌わせるのはかなり難しい。

Real-time VOCALOID2 VST instrumentの設定ウィンドウ、「LYRICS EDIT」をクリックすると歌詞入力ウィンドウが開く。なお2種のVSTiでは歌手のカスタマイズも可能

この歌詞入力ウィンドウで歌詞をテキスト入力し「aA」ボタンをクリックすると音声合成され、MIDIキーボードの鍵盤をひとつ弾くごとに、一文字ずつ歌声として出力される

この2種類のVSTiはともに動作が比較的重いため、きちんとしたボーカル入りの曲を作ることが目的であれば、素直にVOCALOID EDITORでWAVEファイルとして書き出したほうが使いやすそうだ。

「鏡音リン・レン」はちょっとクセを感じるところもあるが、1つのパッケージで男女二種類のボーカルを使えるところはやはり魅力的。自分だけでは出せない音(歌声)をパソコンで作り出せる、そんなDTMの魅力を再確認できるソフトともいえそうだ。

73/113

インデックス

連載目次
第113回 Cakewalkブランドで登場したローランドのUSBオーディオインタフェース「UA-1G」
第112回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ、Alesis ProTrack(2)
第111回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ「ProTrack」(1)
第110回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(2)
第109回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(1)
第108回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(8)PaklSound1
第107回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(7)iDrum Club Edition【2】
第106回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(6)iDrum Club Edition【1】
第105回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(5) BeatMaker【3】
第104回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(4) BeatMaker【2】
第103回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(3) BeatMaker【1】
第102回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(2) ドラムマシンIR-909
第101回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(1)
第100回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(3)
第99回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(2)
第98回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(1)
第97回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(2)
第96回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(1)
第95回 楽譜スキャンソフト「Smart Score X Pro」でバンドスコアをMIDI化してみる
第94回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(2)
第93回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(1)
第92回 ヴィンテージシンセをモジュール単位で組むハードウェアシンセ「Origin」
第91回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(2)
第90回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(1)
第89回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(2)
第88回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(1)
第87回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I systemとは(2)
第86回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I Systemとは(1)
第85回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(3)
第84回 パイオニアの低価格スクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(2)
第83回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(1)
第82回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(6)EDIROL R-09HR(後編)
第81回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(5) EDIROL R-09HR 前編
第80回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(4)TASCAM DR-1
第79回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(3) ZOOM H2
第78回 オリンパス初のリニアPCMレコーダ「LS-10」を試す
第77回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(1)
第76回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(3)
第75回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(2)
第74回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(1)
第73回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(3)
第72回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(2)
第71回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(1)
第70回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(3)
第69回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(2)
第68回 ソニーの新リニアPCMレコーダ「PCM-D50」をチェック(1)
第67回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(2)
第66回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(1)
第65回 初心者でも使える音楽制作ソフト「Mixture」の無償版が登場!
第64回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(2)
第63回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(1)
第62回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す(2)
第61回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す
第60回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(4)
第59回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(3)
第58回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(2)
第57回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(1)
第56回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(4)
第55回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(3)
第54回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(2)
第53回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(1)
第52回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(3)
第51回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(2)
第50回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(1)
第49回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(4)
第48回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(3)
第47回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(2)
第46回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(1)
第45回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(4)
第44回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(3)
第43回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(2)
第42回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(1)
第41回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(3)
第40回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(2)
第39回 個性的なオーディオインタフェイス&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」
第38回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(3)
第37回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(2)
第36回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(1)
第35回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(3)
第34回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(2)
第33回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(1)
第32回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(3)
第31回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(2)
第30回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(1)
第29回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(4)
第28回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(3)
第27回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(2)
第26回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(1)
第25回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(2)
第24回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(1)
第23回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(3)
第22回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(2)
第21回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(1)
第20回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(2)
第19回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(1)
第18回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(3)
第17回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(2)
第16回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(1)
第15回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(3)
第14回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(2)
第13回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(1)
第12回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(3)
第11回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(2)
第10回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(1)
第9回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(3)
第8回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(2)
第7回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(1)
第6回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(2)
第5回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(1)
第4回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(2)
第3回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(1)
第2回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(2)
第1回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(1)

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事