【コラム】

音楽をはじめよう!

36 DTMの基礎知識 - MIDIとは(1)

36/113

パソコンでの音楽作成でよく耳にする言葉にMIDIがある。しかしその正確な意味や、どんなものかはよく知らない人もいるだろう。今回はDTMでは必須ともいえるMIDIの基礎について紹介しよう。

MIDIってなに?

MIDIは「ミディ」と読ぶが、正式にはMusical Instruments Digital Interfaceの略で、国際標準となっている電子楽器の規格である。もう少し正確にいえば、電子楽器同士を接続するための通信規格ともいうべきもので、このMIDIを利用することで、パソコンからMIDI楽器をコントロールしたり、反対にキーボードで演奏した情報をパソコンに記録するといったことが可能になる。

モジュールタイプのMIDI音源であるRolandのSC-88。キーボード一体型は鍵盤を弾いて単体で演奏することもできるが、モジュールタイプは外部のMIDIキーボードやMIDIシーケンサなどを接続し、コントロールすることになる

現在のWindowsパソコンにはMIDI機器を接続するためのMIDI端子は標準的には装備されないが、EDIROLの「UA-101」のようなオーディオ/MIDIインタフェースを使えば、パソコンをMIDI機器のひとつとして扱い、MIDI音源を接続してコントロール可能となる

MIDI機器とはつまり規格としてのMIDIに対応したものであり、シンセサイザやサンプラー、ドラムマシンといった音源、MIDI信号を発信するキーボードやインタフェースなど、さまざまなものがある。MIDI/オーディオインタフェースを接続したパソコンもMIDI機器のひとつだ。ここで誤解しがちなのは、シンセサイザを中心とした電子楽器=MIDI楽器ではない、ということ。確かに現代のシンセサイザであればほぼMIDIに対応しているのだが、黎明期のシンセサイザはそもそもMIDIという規格が生まれる前の機材であったため、MIDIには対応していなかった。

逆にいえば、各社バラバラの規格で作られていた電子楽器を、一定のルールで接続してコントロールできるようにした規格がMIDIと考えてもよい。このことからもわかるようにMIDIはパソコンを使っての音楽制作というスタイルが確立する前からあるもので、パソコンを使わずともMIDI機器だけで音楽制作はできる。

たとえば最近のDAWソフトであればプラグインのソフトシンセを使い、パソコン単体で音楽制作ができるようになっている。これは20年ほど前ならば、ハードウェアとしてのMIDIシーケンサ+ハードウェアとしてのMIDI音源というスタイルで実現されていたものを、パソコンのソフトウェア上で再現しているのだ。

3種類あるMIDI端子

MIDI機器は一定のルールで接続しなくては使うことができない。現在はパソコンを使えばUSBケーブルだけで完結するパターンもあるが、ハードウェアタイプの外部MIDI音源を使うにはMIDIケーブルでの接続が必須。まず基本的なルールとして確認しておこう。

まず知っておくべきことは、MIDI端子についてだ。現在ある電子楽器のほとんどのものにいくつかのMIDI端子が用意されている。それはキーボードタイプでも、音源モジュールタイプでも、その他のものでも同様である。

MIDI機器の接続に使用するMIDIケーブル、この中をMIDI信号が流れ、各MIDI機器をコントロールすることになるが、信号の流れ方は一方通行となる

Roland SC-88の背面には二系統のMIDI IN端子、そして一系統のMIDI OUT/THRU兼用端子が装備されている

いずれも端子の形状自体はまったく同じもので、5ピンのMIDIケーブルを利用して接続する。このMIDI端子には以下の3種類が存在する。

  • MIDI IN
  • MIDI OUT
  • MIDI THRU

それぞれ、MIDI信号がMIDI機器に入ってくるところ(MIDI IN)、MIDI機器から出ていくところ(MIDI OUT)、MIDI INから入った信号がそのまま通過して出ていくところ(MIDI THRU)、という意味であり、役割が異なっている。

この3種のMIDI端子は特に色分けなどはされず、また形状自体は同じである。しかしMIDIのルールに従って接続しなくては、こちらが想定しているとおりの動作はしない。必ず機材に書かれている文字を見て、何の端子であるかは確認しておこう。

各MIDI機器をMIDIケーブルで繋ぐとき、重要となるのがMIDI信号は片方向通信である、ということ。つまりMIDIケーブルの中を流れる信号は一方通行である。たとえばパソコンのUSB端子とUSBケーブルは双方向通信で、パソコンとオーディオインタフェースをUSB接続した場合、パソコンへの音声信号の入力、およびパソコンからの出力は1本のUSBケーブルで済んでしまう。MIDIは信号が一方通行であるため複数のMIDI端子が存在し、接続方法にルールがあるのだ。次回は具体的な接続方法について紹介しよう。

36/113

インデックス

連載目次
第113回 Cakewalkブランドで登場したローランドのUSBオーディオインタフェース「UA-1G」
第112回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ、Alesis ProTrack(2)
第111回 本格的なマイクを搭載したiPod用レコーダ「ProTrack」(1)
第110回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(2)
第109回 超コンパクトなUSB-MIDIコントローラ、コルグnanoシリーズ(1)
第108回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(8)PaklSound1
第107回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(7)iDrum Club Edition【2】
第106回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(6)iDrum Club Edition【1】
第105回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(5) BeatMaker【3】
第104回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(4) BeatMaker【2】
第103回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(3) BeatMaker【1】
第102回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(2) ドラムマシンIR-909
第101回 iPhone 3Gで音楽系アプリを試す(1)
第100回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(3)
第99回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(2)
第98回 ニンテンドーDSでアナログシンセ!? 「KORG DS-10」を触る(1)
第97回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(2)
第96回 誰でもリミックスや曲の共有ができるサービス「Music Mashroom」を試す(1)
第95回 楽譜スキャンソフト「Smart Score X Pro」でバンドスコアをMIDI化してみる
第94回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(2)
第93回 MAGIXのエントリーユーザー向けDAW「Music Maker Producer Edition」(1)
第92回 ヴィンテージシンセをモジュール単位で組むハードウェアシンセ「Origin」
第91回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(2)
第90回 ZOOMのギタリスト向けオールインワン・アンプシミュレータ、ZFX PLUG-IN(1)
第89回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(2)
第88回 音と光で曲を作り出すヤマハの新世代電子楽器「TENORI-ON」レビュー(1)
第87回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I systemとは(2)
第86回 ボーズのミュージシャン向けサウンドシステムL1 model I Systemとは(1)
第85回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(3)
第84回 パイオニアの低価格スクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(2)
第83回 パイオニアのスクラッチ対応DJ用CDプレイヤー「CDJ-400」(1)
第82回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(6)EDIROL R-09HR(後編)
第81回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(5) EDIROL R-09HR 前編
第80回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(4)TASCAM DR-1
第79回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(3) ZOOM H2
第78回 オリンパス初のリニアPCMレコーダ「LS-10」を試す
第77回 リニアPCMレコーダの新製品群をチェックする(1)
第76回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(3)
第75回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(2)
第74回 iPod内の曲をソースに使えるDJコンソール「iDJ2」を試す(1)
第73回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(3)
第72回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(2)
第71回 初音ミクに続くバーチャルシンガー「鏡音リン・レン」(1)
第70回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(3)
第69回 ソニーの新リニアPCMレコーダ、PCM-D50をチェック(2)
第68回 ソニーの新リニアPCMレコーダ「PCM-D50」をチェック(1)
第67回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(2)
第66回 ペダルを踏んでギターサウンドをコントロールできるGuiter Rig 3(1)
第65回 初心者でも使える音楽制作ソフト「Mixture」の無償版が登場!
第64回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(2)
第63回 手のひらサイズの小型シンセ「KAOSSILATOR」登場(1)
第62回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す(2)
第61回 強力に進化した波形編集ソフト「Sound Forge Audio Studio」を試す
第60回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(4)
第59回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(3)
第58回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(2)
第57回 DTMの基礎知識 - エフェクトとは(1)
第56回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(4)
第55回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(3)
第54回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(2)
第53回 DJだけじゃもったいない!?多機能コンソール"KORG ZERO8"を早速チェック(1)
第52回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(3)
第51回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(2)
第50回 DTMの基礎知識 - ソフトシンセとは(1)
第49回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(4)
第48回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(3)
第47回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(2)
第46回 ダンス系に強い音楽制作ソフト!? - FL STUDIO 7を試す(1)
第45回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(4)
第44回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(3)
第43回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(2)
第42回 DTMの基礎知識 - オーディオインタフェース(1)
第41回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(3)
第40回 個性的なオーディオインタフェース&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」(2)
第39回 個性的なオーディオインタフェイス&バンドルソフト「AUDIO KONTROL1」
第38回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(3)
第37回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(2)
第36回 DTMの基礎知識 - MIDIとは(1)
第35回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(3)
第34回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(2)
第33回 強力なバンドルソフト登場 - Cakewalk Production Plus Packをチェック(1)
第32回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(3)
第31回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(2)
第30回 MIDIキーボードを使って快適にMIDIレコーディング(1)
第29回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(4)
第28回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(3)
第27回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(2)
第26回 DTMの基礎知識 - DAWソフトとは(1)
第25回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(2)
第24回 音楽制作に必須のモニターヘッドフォン(1)
第23回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(3)
第22回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(2)
第21回 DTMの基礎知識 - 波形編集ソフトとは(1)
第20回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(2)
第19回 耳コピに強い味方が登場!? - バンドプロデューサーを試す(1)
第18回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(3)
第17回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(2)
第16回 デジタルMTRで気軽に宅録生活(1)
第15回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(3)
第14回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(2)
第13回 多彩なシンセやエフェクト - オリジナルシステムを楽しめるReason(1)
第12回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(3)
第11回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(2)
第10回 バンド活動にリニアPCMレコーダを活用してみよう(1)
第9回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(3)
第8回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(2)
第7回 ループシーケンス機能でオリジナル曲を作ってみよう(1)
第6回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(2)
第5回 インターネットで音楽レッスン、ヤマハミュージックレッスンオンライン(1)
第4回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(2)
第3回 EDIROLのUSBオーディオインタフェースとPCでエレキギターを楽しむ(1)
第2回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(2)
第1回 ヤマハのフォークギタータイプのサイレントギター、SLG100Sにチャレンジ(1)

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事