【コラム】

クレバーなモーターライフ

23 さよならキャブレター? - 2007年 二輪排ガス規制

23/53

2007年。バイクの排ガス規制が強化されるのは知っているだろうか? これがかなり厳しいもので、車種ラインナップの整理や、車両価格が上がる可能性が高いのだ。さらにキャブレターがなくなるかもしれない。インジェクション化だ。新しい二輪の排出ガス規制「2007年規制」を調べてみた。

世界でもっとも厳しい2007年規制

今回テーマにするのは新しい二輪の排出ガス規制について。正式には「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示(平成14年7月15日国土交通省告示第619号)等の一部改正」 というもので、規制名称も開始が複数年にわたるため、それぞれ「平成18年規制」「平成19年規制」「平成20年規制」ということになるのだが、たいへん呼びづらい。ここではまとめて「2007年規制」と呼ぶことにする。

それ以前に施行された大きな二輪の排出ガス規制としては「平成10・11年規制」がある。このときにホンダNSRなどの2ストロークスポーツバイクがほとんど姿を消してしまった。今回の2007年規制はそれよりはるかに厳しいものだ。

2007年規制のきっかけになった環境省・中央環境審議会の六次答申を見ると、HC(炭化水素)が主な狙いらしいが、CO(一酸化炭素)やNOx(窒素酸化物)も当然厳しくなっている。これは欧州などの規制値を超えて、世界でもっとも厳しいレベルの規制なのだという。

規制値は下の表にまとめた。HCは2.0g/kmから0.3g/kmへと85%減(125cc以上)、COは13g/kmから2g/kmへと、これも85%減の規制値になっている。ちなみに「新車規制」は車両認定時にクリアすべき規制で、ユーザーがかかわることはあまりない。「使用過程車両規制」というのは車検時にクリアすべきもの。

2007年規制の開始も表にまとめたが、原付(50cc以下)や250ccクラスの新型車はすでにスタートしている。大型車は2007年から。それぞれ継続生産車は1年弱の猶予があるとはいえ、販売されるモデルがすべて2007年規制対応になるのもそれほど遠いことではない。

ちなみに、すでに販売されている車両や、現在乗っているバイクがいきなり乗れなくなるということはない。その車両が発売されていたときの規制をクリアしていれば車検も通る。しかし、「2007年規制以前のモデルは乗ってはいけない」というお達しが出る可能性がゼロというわけではない。

二輪車排出ガス 2007年規制 規制値

二輪車排出ガス 2007年規制 適用時期

性能面よりもコストアップが問題か?

2007年規制でバイクがどうなるのだろうか? いまのところ情報が少なく、規制をクリアしたモデルも少ないため予測の域を出ないが、いくつかのモデルが生産を終了するかもしれない。終わらないにしても、キャラクターが変わる可能性はある。

現在、2007年規制をクリアしているのはホンダの「ゴールドウイング」「VFR」、ヤマハの「XJR1300」「VOX」といったところ。VOXを除く大型モデルはすべてインジェクション(燃料噴射)+三元触媒を使用している。VOXは50ccのスクーターだが、ヤマハの50ccとしては初めてインジェクションを採用した。スズキ、カワサキにも問い合わせたが、「現在はまだ発表していないが、対応を進めている段階」とのことだった。

ここから読み取れるのは、2007年規制をクリアするのにはインジェクションによる正確な燃焼コントロールが必須になるということ。つまり、キャブレターはその役目を終える可能性もある。

「バイクはつまらなくなる?」と思うかもしれないが、それほどではないはずだ。「ドライバビリティは下がらないように開発を行なっています」(ホンダ広報)というように、それほど単純なものではないが、ヤマハのXJR1300も、対応前後で最高出力は変わっていない。その点ではメーカーを信じていいだろう。

しかしどのメーカーも2007年規制は「バイクにとってかなり厳しい」ものだと語っていた。それはパワー面ではなく、コストに現れている。XJR1300は規制前の96.3万円から103万円へ、VFRは105万円から112万円へ値段が上がった。VOXは20万円と、原付スクーターにしては少々高めだ(いずれも消費税を別にした希望小売価格)。もちろん新しいサスペンションやABSといった装備も強化されているので、価格上昇がすべて排ガス対策のためではないが、コストアップがゼロとは考えにくい。

また、設計の古いエンジンは2007年規制をクリアできず、生産終了になるのではないかという懸念もある。メーカーの発表を待つしかないが、ヤマハのSRのように30年近く生産されているモデルが生き延びることもある。「長く愛されてきた火を消してはいけないと思っています」(ヤマハ広報)というコメントは実に頼もしかった。

もうひとつ打撃が大きいのは、主に吸排気系アフターパーツだろう。触媒付きのアフターパーツマフラーは一般化しているが、更なる能力向上を始め、規制をクリアするためにかなりの努力が必要になるはずだ。大手マフラーメーカーのヨシムラも2007年規制についてはまだ開発中だが、「マフラーを止めるつもりはありません」ということなので、期待して待ちたいと思う。

クルマの世界では、こういった度重なる排出ガス規制を乗り越えてきた。チューニングパーツもそれを前提に作られているほどだ。全体で見ればバイクの排出ガスは少ないが、すでにお目こぼしを受ける立場にはない。慌てず騒がず、2007年規制を受け入れてほしいと思う。

ホンダ ゴールドウイング。スペック表を見ると「平成13年規制に適合」とあるが、2007年規制値もクリアしているとのこと

ホンダVFR。「HECS3」と呼ばれる排出ガス浄化装置を搭載している。最新モデルではABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備

VFRに使われている触媒「300セルキャタライザー」。これとPGM-FI、排気ガス再燃焼システムの組み合わせで排出ガスを浄化

ヤマハXJR1300。基本設計が古い「空冷マルチはツライのではないか?」という噂を裏切って2007年規制にいちはやく対応

ヤマハVOX。インジェクションの採用だけでなく、燃焼効率の高い3バルブ(吸気2、排気1)SOHC単気筒エンジンを採用

「第18回 セカンドバイク」の補足

バックナンバーについて少々補足を。本連載の第18回「セカンドバイクを手に入れよう! 」で、「選ぶべきモデルがとても少ない」と書いた。しかしこれは国内生産モデルに限定した話であって、逆輸入まで考えれば嘆くほどではないのかもしれない。

現在、日本の各メーカーは125cc以下の小型バイクの生産拠点を東南アジアに移しているが、該当記事ではその件に触れていなかった。これら小排気量車ではスクーターが多いのは当然としても、ホンダのCB125F、CBR125や、スズキのGN125といったスポーツ(ギヤ付き)バイクを始め、業界では「タイバイク」と呼ばれるスクーターとスポーツバイクの中間のようなモデルがたくさん日本に逆輸入されている。というわけで、原付二種はその姿を変えながら新しい世界を広げつつある、としておきたい。

西尾淳(WINDY Co.)

23/53

インデックス

連載目次
第53回 ウォークマンを車載する(後編)
第52回 ウォークマンを車載する(前編)
第51回 女性のためのハーレー試乗会へ行ってきました!(後編)
第50回 女性のためのハーレー試乗会へ行ってきました!(前編)
第49回 ガソリン・ハーフ&ハーフ作戦
第48回 その後の二輪車駐車場事情
第47回 バイク積載を考える
第46回 バイクを解凍して出かけよう!(1)
第45回 みんなで学校に泊まろう!
第44回 自分のクルマでサーキットを走ろう!
第43回 1994年、鈴鹿の18ラップ - ノリック追悼
第42回 ちびっ子ライダーの嘆き
第41回 スペアタイヤがどこにあるか知ってますか?
第40回 カワサキW650ミニインプレッション
第39回 暑いクルマはイヤだ
第38回 モトクロスを体験してきました!
第37回 雨の日のドライブも快適に!
第36回 バイク便ライダーに聞くレインウエア選び
第35回 外だから美味しい! ~自炊キャンプのススメ~
第34回 駐車違反取り締まりを考える(2)
第33回 駐車違反取り締まりを考える(1)
第32回 二輪車交通安全教室
第31回 工具選びの基本
第30回 眩しいクルマ!
第29回 地図から始まるツーリング - ツーリングマップルの魅力
第28回 車載カメラは楽しい!
第27回 安全運転のお伴!? ワイヤレスヘッドセット
第26回 冬休みの宿題はオイル交換
第25回 新騒音規制で街は静かになるか?
第24回 チューニングカーの祭典「オートサロン」に行ってきた
第23回 さよならキャブレター? - 2007年 二輪排ガス規制
第22回 事故の瞬間を記録するドライブレコーダー
第21回 混合交通を生き延びるために(後編)
第20回 混合交通を生き延びるために(前編)
第19回 姫ライダー・サバイバルテクニック
第18回 セカンドバイクを手に入れよう! - Ape100/アドレスV125G
第17回 フェリーを使って冬でも快適ツーリング!
第16回 バイクもETCで料金所ノンストップに
第15回 ガソリンが高い! 燃費について考える
第14回 ドライブが楽しくなる! GPS+デジタルカメラ
第13回 ハーレーに乗りたい!
第12回 冬用バイクウェアは今が旬
第11回 速度違反講習会顛末記
第10回 「癒しタイヤ」の勧め
第9回 クルマでもiPodで音楽を楽しむ
第8回 あなたのバイクは狙われている
第7回 ナイトドライブを快適にするヘッドライト
第6回 自動車保険に入っているか?
第5回 イベントツーリングのススメ
第4回 安全なヘルメットはバイクの世界を広げる
第3回 行楽シーズンがやってきた! 「道の駅」を楽しもう
第2回 ルマンでディーゼル・アウディが優勝! もっとディーゼルを見直そう
第1回 事故の起きないクルマ? - ASVの現状

もっと見る

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事