【コラム】

クレバーなモーターライフ

16 バイクもETCで料金所ノンストップに

 

16/53

クルマでETCが利用できるようになって久しい。頻繁に高速道路を利用するなら、一度使ったら元には戻れないほど便利なもの。渋滞軽減への効果も大きいようで、ETC導入のおかげで料金所の渋滞は大幅に軽減されているのを実感している。しかし本当はバイクのほうが切実なのである。グローブの脱着や財布の取り出しなど、クルマよりもはるかにゲート通過が面倒なのだ。バイク用ETCを希望する声は強かったが、運用する上での技術的な難易度や、物理的にゲートを複数台が併走できてしまう問題などもあって、これまで二輪ETCは実現していなかった。それが11月1日0時より、やっと本格スタートする。

自分での取り付けは不可。本体のみの発売はなし

普段なにげなく通過している高速道路の料金所。クルマでも雨の日は窓を開けるのもイヤなものだが、一度バイクでの料金所通過を経験すれば、クルマでの手間などないに等しいものだ。バイクを止めてギヤをニュートラルに入れ、グローブを外して財布を出し、料金を支払い、おつりと領収書を財布にしまって、グローブをつけて発進する。こうして手順を書くだけでも面倒だが、後ろにほかのクルマが並んでいればさらにプレッシャーまでかかる。高速道路を利用するライダーにとっては、二輪用ETCは夢だったといっても過言ではない。

バイク用ETC車載機の価格は31,500円(税込)程度と、クルマ用の安価な製品に比べると3倍ほどもする。開発元である日本無線(JRC)によると、これは四輪用に比べて防水対策や20倍以上の耐震対策をしなければいけないことや、販売台数が四輪に比べると少ないために量産効果が見込めないことから、このような価格になってしまうのだそうだ。現在のところ二輪用ETCを製造するメーカーはJRCのみ。競合がないため急激な低価格化は見込めないだろう。

二輪用ETCで気になるのは、四輪用のように本体のみを購入し、自分で取り付けることができない点だ。二輪用ETCはショップでの取り付けが必須となる。これは四輪用に比べて二輪用ETCの取り付けが非常にシビアなためだ。ETCアンテナの取り付け角度は前方に20度±10度、左右±5度といったように、正確な取り付けが必要になるほか、同軸ケーブルを使用するため、配線するケーブルの曲率を一定以下にしなければいけないなど、取り付けに制約が多いためだ。また、四輪用ETCで軽自動車登録した車載機を大型自動車などに取り付け、料金を安く済ませるという事件が発生していることも背景にあり、ユーザーによる取り付けが禁止されたようだ。

ETC車載器のセット。左から状態表示器、ETCアンテナ、カードを収納する本体。このほかの電源ケーブルが付属する。背景が赤いのは、撮影できる場所が工具箱の上しかなかったため。申し訳ない

今回取材に協力いただいた「ナップス世田谷店」(Tel.03-5727-1171)。数少ない二輪用ETCの正規取り付けショップだ

割引で約半額に。しかし事務手続きはとても面倒

二輪用ETC車載器の価格を知って、導入に尻込みしてしまうかもしれない。しかし、もっと安価に購入する手段が公式に3種類用意されており、実質的な本体購入価格を16,000円程度まで下げることができるのだ。ひとつめが「二輪車ETC車載器リース制度」。2007年1月31日までに、2年以上2回以上の支払い回数でリースまたは割賦、クレジット販売で契約した場合に15,750円割引になる。ただし、分割手数料は自費負担となる。

ふたつめが、「阪神高速二輪車ETC化キャンペーン」で、阪神高速エリア近畿2府4県(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)のショップで購入する場合、アンケートに協力すると先着3,000名で購入費用から15,750円が割引されるというもの。

もうひとつが購入金額から割引するのではなく、「ETCマイレージサービス」に新規加入すると最大1,200ポイント(最大9,600円相当)がプレゼントされるシステム。また、このうち先着1万名にはさらに800ポイント、計2,000ポイント(最大16,000円相当)がプレゼントされるという。以上、公式な割引は以上3つの方法が用意されているが、利用できるのはいずれか1つのみで、複数の割引サービスの併用はできない。

現在二輪用ETC車載器の取り付けは、そのシステムの都合上、申し込み、車載器のセットアップ申し込み、取り付けと、3回もショップに出向かなければいけない。車載器にセットアップ用紙が同梱され、ショップから申し込み用紙をFaxで送り、その後でセットアップカードがショップに届くためだ。この点に関してはショップサイドでは改善のしようがない。

さらにETCカードが必要だが、ETCカードの発行そのものもバイク用品店ではできないことが多い。事前にETCカードを作っておくか、オートバックスなど即時ETCカードが発行できる場所を利用するのがいいだろう。四輪用ETCでは可能なサービスが二輪では制約されていることが多すぎる。店頭で全ての手続きを即時処理できるシステムが望まれるところ。これでは行政側が二輪用ETCを真剣に広める気がないと思われても仕方がないだろう。

取り付け作業は30分程度

今回、バイク用品店の「ナップス世田谷店」に協力いただき、取り付けの様子を取材させていただいた。ナップス各店では、「首都高カード」で24回の分割払いにすると、「二輪車ETC車載器リース制度」の15,750円に加え、先着819名に更に4,350円の値引きをする「激割」プランを用意している。なお、分割手数料の約3,000円は自費となるため、実質「二輪車ETC車載器リース制度」より1,000円程度割安となる。また、ナップスでは独自のETCアンテナ取り付けステーが料金に含まれているが、それ以外のステーが必要になった場合などは実費が加算される。

バイクの機種によっては取り付けられない場合もある。例えばBMWの各モデルは非常に高度なコンピューター管理を行っているため、ETC車載器によりオートバイ側が誤作動する可能性が高く、取り付けを行っていない。また、ハーレーダビッドソンは取り付けられる場所がないとのこと。

実際の取り付け費用には車載器代のほかに、ETC車載器本体のセットアップ手数料(2,625円)および取り付け工賃がかかる。取り付け工賃は以下のとおり。

二輪ETC取り付け工賃
ネイキッド 5775円
スクーター 8400円
フルカウル 10500円
※ナップス各店の場合

なお、同店では初回分の一部がすでに入荷しているが、すべて予約で埋まっており、現在第2次受付を行っている。2回目の入荷は11月下旬の見込みだが、本稿執筆段階ですでに予約は一杯に近いということ。記事掲載段階では残数は残り少ないと思われるので、はやくETCを使いたい人はETCカードの申請なども含めて急いだほうがよさそうだ。

今回取り付けを見せていただいたナップスのスタッフ所有のKTM 990 SUPERDUKE。独特のスタイルがカッコよい

本体をあけたところ。パッキンを備えた防水仕様となっている。本体のフタはロック機構も備えているので安心だ

ETCカードを装着した状態。上下にツメがあり、カードを裏返しにして横からスライドして装着する

シート下に荷物スペースがあるのでそこに本体を装着。ほとんどのバイクの場合はシート下に装着することになるだろう

ハンドルポストにETCアンテナ用ステーを取り付ける。影になって見えないが角度調整機構をもつ

作業のほとんどは配線の装着だ。ただ配線するだけでなくワイヤーの曲率にも注意する必要があるため慎重に作業する

アンテナの下に表示器を設置。表示器は好きな場所に設置してかまわないが、意外とまぶしいので直接顔には向けないほうがいいという

規定の角度に合わせるためにスタッフが自作した水準器。これが水平になればアンテナが正しい角度になるように、下の台座を加工してある

スタッフが手に持っているのは、アンテナが正しくデータを送受信している可能か調べるテスター。店舗用で、一般向けには市販されていない

作業は30分程度で完了した。バイクによって作業時間は違い、フルカウルのバイクだと最大で2~3時間かかってしまうとのこと

平 雅彦(WINDY Co.)
取材協力:ナップス世田谷店

16/53

インデックス

連載目次
第53回 ウォークマンを車載する(後編)
第52回 ウォークマンを車載する(前編)
第51回 女性のためのハーレー試乗会へ行ってきました!(後編)
第50回 女性のためのハーレー試乗会へ行ってきました!(前編)
第49回 ガソリン・ハーフ&ハーフ作戦
第48回 その後の二輪車駐車場事情
第47回 バイク積載を考える
第46回 バイクを解凍して出かけよう!(1)
第45回 みんなで学校に泊まろう!
第44回 自分のクルマでサーキットを走ろう!
第43回 1994年、鈴鹿の18ラップ - ノリック追悼
第42回 ちびっ子ライダーの嘆き
第41回 スペアタイヤがどこにあるか知ってますか?
第40回 カワサキW650ミニインプレッション
第39回 暑いクルマはイヤだ
第38回 モトクロスを体験してきました!
第37回 雨の日のドライブも快適に!
第36回 バイク便ライダーに聞くレインウエア選び
第35回 外だから美味しい! ~自炊キャンプのススメ~
第34回 駐車違反取り締まりを考える(2)
第33回 駐車違反取り締まりを考える(1)
第32回 二輪車交通安全教室
第31回 工具選びの基本
第30回 眩しいクルマ!
第29回 地図から始まるツーリング - ツーリングマップルの魅力
第28回 車載カメラは楽しい!
第27回 安全運転のお伴!? ワイヤレスヘッドセット
第26回 冬休みの宿題はオイル交換
第25回 新騒音規制で街は静かになるか?
第24回 チューニングカーの祭典「オートサロン」に行ってきた
第23回 さよならキャブレター? - 2007年 二輪排ガス規制
第22回 事故の瞬間を記録するドライブレコーダー
第21回 混合交通を生き延びるために(後編)
第20回 混合交通を生き延びるために(前編)
第19回 姫ライダー・サバイバルテクニック
第18回 セカンドバイクを手に入れよう! - Ape100/アドレスV125G
第17回 フェリーを使って冬でも快適ツーリング!
第16回 バイクもETCで料金所ノンストップに
第15回 ガソリンが高い! 燃費について考える
第14回 ドライブが楽しくなる! GPS+デジタルカメラ
第13回 ハーレーに乗りたい!
第12回 冬用バイクウェアは今が旬
第11回 速度違反講習会顛末記
第10回 「癒しタイヤ」の勧め
第9回 クルマでもiPodで音楽を楽しむ
第8回 あなたのバイクは狙われている
第7回 ナイトドライブを快適にするヘッドライト
第6回 自動車保険に入っているか?
第5回 イベントツーリングのススメ
第4回 安全なヘルメットはバイクの世界を広げる
第3回 行楽シーズンがやってきた! 「道の駅」を楽しもう
第2回 ルマンでディーゼル・アウディが優勝! もっとディーゼルを見直そう
第1回 事故の起きないクルマ? - ASVの現状

もっと見る

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

USJ『ワンピース』ストリートショー、ルフィ&サボの兄弟共演に歓声
[22:32 7/1] エンタメ
[ホーンテッド・キャンパス] 中山優馬初主演&主題歌 怖いのに笑える青春ホラー
[22:19 7/1] エンタメ
「ULTRAMAN」モーションコミック観れる新刊、内田真礼演じる佐山レナのCDも
[21:40 7/1] ホビー
人との接触が苦手な会社員とワンコ系大学生のBL「さわっていーの?」
[21:30 7/1] ホビー
[藤岡弘、]VRを全力で体験 若者文化を“一刀両断”
[21:30 7/1] エンタメ