【コラム】

追い込まれ男子に聞く!

13 「何してんの?」「だれといるの?」 恋人にいつも知っていてほしい?

 

13/25

Q.あなたがどこで何をしているか、恋人にはいつも知っていてほしいですか?

「何してんの?」「だれといるの?」。出かけるって言っただけで、どんどんメールしてくる彼女。なんでこんなに不安なのか謎……? 今回は、マイナビニュース会員のうち男性138名に、自分がどこで何をしているかを恋人にいつも知っていてほしいか聞いてみた。

Q.あなたがどこで何をしているか、恋人にはいつも知っていてほしいですか?

はい 5.1%
いいえ 94.9%

Q.それはどうしてですか?

知っていてほしい

■俺の全てを見てほしい
・「それが当然」(49歳男性/マスコミ・広告/経営・コンサルタント系)
・「関心を持ってほしいから」(39歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「話すネタにもなるから」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「安心してほしい」(29歳男性/農林・水産/技術職)
・「一人が寂しいから」(25歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)

知られたくない、知ってほしくない

■知られたくない
・「あまり相手に束縛されたくないから」(30歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「いつも行動を把握されるのはかなわない」(34歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「干渉されたくない」(27歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「プライベートの隅から隅まで知られていると監視されているような気がして嫌だから」(33歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「独りの時は基本自由でいたい」(43歳男性/建設・土木/営業職)

■女性の性質からすると
・「きりがなさそうだから」(28歳男性/建設・土木/事務系専門職)
・「ストーカーみたいで気持ち悪い」(27歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「すべて知るとけんかにもなりそうだから」(22歳男性/運輸・倉庫/専門職)
・「仕事の邪魔になっていいことはないから」(50歳以上男性/電機/技術職)
・「かまうのもかまわれることも面倒だから」(22歳男性/その他/その他)

■ちょうどいい距離感が大事
・「プライベートな時間は必要だから」(23歳男性/その他/その他)
・「付かず離れずぐらいがちょうどいいので」(48歳男性/電機/技術職)
・「お互いに一人の人間だから、自分の時間も必要と思う」(43歳男性/情報・IT/技術職)
・「親しい仲にもお互いのプライバシーは守るべき……でないと長く続かない」(50歳以上男性/商社・卸/事務系専門職)
・「恋人同士でも互いに聖域はあろう」(25歳男性/その他/その他)
・「知らない時間が恋を育むと聞いたことがある」(31歳男性/情報・IT/技術職)

■ワケありの男性も……
・「隠し事も必要」(25歳男性/建設・土木/技術職)
・「隠れてコンパに行ったりすることもあるので」(35歳男性/機械・精密機器/営業職)
・「1人でふらふらしたいことがあるから」(27歳男性/建設・土木/技術職)
・「知られたくないこともあるから」(35歳男性/情報・IT/技術職)
・「秘密は持ちたいもの」(45歳男性/商社・卸/販売職・サービス系)
・「秘密の場所にいくのが人生なので」(36歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

■総評
自分がどこで何をしているか、恋人にはいつも知っていてほしいか、という質問に「はい」と答えた男性はわずか5%と少数派だった。回答では「関心をもってほしい」「安心してほしい」「話のネタになるから」という恋人に対する要求が高いタイプの男性と、「ひとりが寂しい」という甘えタイプの男性がいた。

残り95%の男性は「知らなくていい」「知ってほしくない」という気持ちのようで、全てを知られると「束縛」「干渉」「監視」されているようで苦しいという理由が多かった。自由を求める男性にとっては、恋人に行動が逐一バレるのは「窮屈」「うざい」「うっとうしい」「息苦しい」「疲れる」と感じるようだ。今までの経験則からだろうか、「すべて知るとけんかになる」「仕事の邪魔になる」と考える人もいた。

互いの時間を尊重した方が恋人とうまくいく、という意見も見られた。「互いにプライベートを守れないと長く続かない」「知らない時間が恋を育むのでは?」という声、一理ある。つかず離れずくらいの距離感が大事という意見も多かった。常にべったりしたい"追い込み"女子と比べると、恋人との付き合いでさえ合理的な感覚の男性が多いように思える。

ただ、中には「秘密にしたいことがある」「隠れてコンパに行けない」なんて、女性が心配になってしまうような声もチラホラ。これだから"追い込み"女子の心配は尽きないのかもしれない……。

※イラスト: 2014年11月22日発売予定の『もっと私にかまってよ!』(森もり子 著/マイナビ)より

調査時期: 2014年10月29日~2014年11月5日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性138名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

<イラスト: 森もり子(もり もりこ)>
1988年生まれ。福岡出身。性別不詳の元OL。LINEクリエーターズマーケットから発売した「もっと私にかまってよ!」(返事をくれない彼氏を追い込むLINEスタンプ)で話題を集める。2014年11月22日にマイナビより恋愛かまってちゃんあるある『もっと私にかまってよ!』が、11月7日にKADOKAWAメディアファクトリーよりコミックエッセイ『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』も発売予定!

●『もっと私にかまってよ!』特設サイト

●『もっと私にかまってよ!』<Amazonで購入>

●『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』

●【追い込み女子の実態】恋と仕事、優先するのはどっち? 「恋を優先→二次会には行かずに彼と……」

13/25

インデックス

連載目次
第25回 彼女のこと、大好きですか?
第24回 彼女が"こわい"と思ったことはありますか?
第23回 彼女と他の男性との関係に嫉妬する?
第22回 彼女とけんかになる原因は? - 「メールの返事が遅い」「デートの場所選び」
第21回 恋人が"しつこい"とき - 「どれくらい好きか毎日聞く」「まとわりつく」
第20回 別れた恋人からもらったプレゼントは捨てる?
第19回 恋人以外の女友達と二人で飲みに行くのはアリですか?
第18回 がっかりした彼女の手料理とは……?
第17回 彼女を男友達に紹介しないのはなぜなの?
第16回 恋人と毎日連絡をとり合いますか?
第15回 恋人との記念日、祝うのは好きですか?
第14回 恋と仕事、どちらを選ぶ? - 「仕事は裏切らない」の声も
第13回 「何してんの?」「だれといるの?」 恋人にいつも知っていてほしい?
第12回 どこからが浮気だと思いますか?
第11回 恋人に携帯の中身を見られても平気ですか?
第10回 彼女に嫉妬された経験 - 「女友達と飲みに行っただけなのに」
第9回 彼女を"重い"と思った瞬間 - 「結婚を迫られた」「好き好き言われ過ぎる」
第8回 "うざい"と思った恋人の言動 - 「夜中に電話」「話を蒸し返す」
第7回 男性が"距離を置こう"と言った理由 -「性格が面倒」「もう疲れた」
第6回 恋人に元カノの話をする? - 9割が「しない」と回答、その理由とは
第5回 かわいいと思う彼女のかまってちゃん行動--「まとわりつく」「犬とバトル」
第4回 「恋人のツイッターをチェックする」は5.2% - 「知らないほうがいい」
第3回 恋人にどんな時「好き」って言う? - 「毎日」「お金を貸してくれた時」
第2回 友達と恋人、どっちを優先する? - 「うるさいから」「ダチ一生」
第1回 "めんどくさい"と思う恋人の言動 - 「私のこと好き?」「用もないのに連絡」

もっと見る

人気記事

一覧

2016年6月30日の運勢

イチオシ記事

新着記事

古舘伊知郎が『すべらない話』に参戦!「満身創痍になってしまうかも」
[08:37 6/30] エンタメ
TIS、「Nutanix Xtreme Computing Platform」の運用支援サービス提供
[08:30 6/30] 企業IT
【特別企画】LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」の各機能に迫る - チャット・無料通話編
[08:30 6/30] 企業IT
PowerColor、税別31,000円前後のRadeon RX 480搭載グラフィックスカード
[08:17 6/30] パソコン
伊達みきお、欅坂46は「娘みたい」『KEYABINGO!』MCに決定
[08:00 6/30] エンタメ