【コラム】

円の行方、ドルの行方

22 米系ファンドは、ドル/円にロックオンか?

22/47

今年1月29日、日銀は金融政策決定会合で、マイナス金利の導入を決定しました。これを受け、ドル/円は118円台後半から121.70まで、ショート筋の損切り的な買戻しを巻き込みながら、急騰しました。

通常、これだけ大々的な買戻しが起きると、ショート筋のポジションはスクエア(ノーポジション)になり、そのため、しばらく高値圏で揉み合うのが一般的です。

ドル/円 日足

しかし、今回は、翌営業日となる2月1日月曜から反落を始め、下げは週を通して続き、米雇用統計の発表があった5日金曜には、一時116.29まで反落となりました。

つまり、往って来いどころか、日銀のマイナス金利導入の発表時点の118円台後半より、さらに低い116円台前半まで下落してしまいました。

そして、この急反落相場では、どうも米系ファンドが動いていたもようです。米系ファンドは、過去を振り返ってみても、ドル/円で結構猛威を振るっています。たとえば、2012年10月から2013年5月に掛けての25円もの急騰相場が良い例です。

ドル/円 月足(2012年~2013年)

2012年9月、米系ファンドは、ユーロ/ドルの上昇相場を狙って買い上げたものの、ほとんど上がらず、いったんユーロの買いを断念して、別の通貨ペアを物色していました。

そこへ、10月になり、どうも安倍首相が最大目標を経済回復と位置づけ、デフレ脱却を達成するために日銀法の改正まで視野に入れたアベノミクスを提唱し始めたことに飛びつき、ドル買い円売りで猛攻を加えました。

折から、前年2011年の東日本大震災による国内すべての原発が停止したことから、代替エネルギーである液化天然ガス(LNG)の大量輸入にともなって、ドル建輸入代金支払のためのドル買いが急激に増えていたところに、その背を押すような、米系ファンドのドルの大量買いに、相場は一本調子で上がりました。

米系ファンドも、このドル高円安局面を、千載一遇のチャンスと捉え、2012年のクリスマスも休暇返上で、攻めの姿勢を崩さず、なんとクリスマス当日には、前日のクリスマスイブとの間で窓が開くほどの買い上げ方を見せました。

年が変わって2013年も買い続け、その上昇は5月まで続き、とうとう一服となりましたが、この間の上昇が25円と近年稀に見る上昇幅となりました。これにより、米系ファンドは、大きく儲けたことは、言うまでもありません。

余談ですが、2013年夏、全米のファンド関係者が、ニューヨーク州ロングアイランドのゴルフ場に集まり、勝利の美酒に酔ったと聞いています。このように、米系ファンドは、まさしくライオンのような肉食動物で、相場が静かな時には、できるだけ動かず体力の消耗を抑えていますが、ここ一番チャンスが舞い込んできた時には、躊躇せず相場に飛びこんで、稼げるだけ稼ごうとします。このハングリーさは、大いに学ぶところがあると思います。

さて、そして今回、マイナス金利導入で上げたドル/円相場で、米系ファンドは、良い売り場とばかりに、上げた121円台から売り下げてきているもようです。彼らが、真剣に動き出すということは、前述しました25円も上昇相場でもお分かりいただけると思いますが、相当なリターンが出ると踏んでこない限り出てきません。

それが、今回出てきているということは、彼らの狙うターゲットは、少なくとも、100円近辺ではないかと思います。米系ファンドのトレーダーと、以前話したことがありますが、本当に日本の事情に詳しく、こちらが舌を巻いてしまうほどです。彼らは、もちろん世界情勢がリスクオフ(リスク回避)で円買いが強まることも予測しているでしょう。

しかし、それだけではなく、原油の大幅安に伴って日本の貿易赤字が劇的に減少していてドルの下支えが弱くなっていること、そしてGPIFを含む本邦機関投資家がここ2年程の間に為替ヘッジなしの外物(外債、外交株式)投資を大きく増やしていることも、よくわかっているものと思われます。

そうしたことを知っている以上、彼らがドル安円高方向で勝負に出てきても、なんらおかしくはないわけです。機を見るに敏な彼らだけに、このチャンスを見逃すことなく、既に動き出しているもようです。

執筆者プロフィール : 水上 紀行(みずかみ のりゆき)

バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀に於いて為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。なお、長年FXに携わって得た経験と知識をもとにした初の著書『ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX』が2016年1月21日に発売される。詳しくはこちら

22/47

インデックス

連載目次
第47回 トレンド相場とレンジ相場
第46回 ユーロ圏を悩ますISとの宗教戦争
第45回 相場の転換に早く気づくには?
第44回 荒波に出航するイギリス
第43回 人の行く裏に道あり花の山、ジョージ・ソロス氏に思う
第42回 通貨当局は、マーケット心理を把握しているか
第41回 英国民投票とドル/円の行方
第40回 意外に知らない、相場エントリーの真実
第39回 理由が後からついてくる - ユーロ/円、大幅下落の可能性
第38回 失敗か? アベノミクス - 注視する米系ファンド
第37回 相場の基本を知って、収益チャンスを拡大! トレンド相場とレンジ相場
第36回 ある噂
第35回 ユーロ/円からドル/円、ユーロ/ドルの将来を占う
第34回 米財務省と日本の財務省との軋轢は回避できるのか?
第33回 マイナス金利適用拡大報道の為替マーケットへの影響は?
第32回 円安頼みの日本経済は、耐えられるのか?
第31回 ドル/円、為替介入の可能性は?
第30回 「リスクの早期発見、早期回避」が身を助く
第29回 BOE vs ジョージ・ソロス氏の教訓
第28回 ヘレンとナディア
第27回 ユーロ/ドルの見方変更、ユーロ反転の可能性は?
第26回 ユーロ/ドル、防戦買いを突破して下落するか
第25回 今のドル/円の相場のリズムは、グンチャッチャ、グンチャッチャ
第24回 気になるユーロ/円、二極の異なる状況が重なって大幅安か
第23回 介入は怖いばかりではなく、良い話もある
第22回 米系ファンドは、ドル/円にロックオンか?
第21回 検証、ドル/円1月相場 - 歴史は繰り返す
第20回 ユーロ/ドル、下落再開か!?--"EUの弱体化"も影響
第19回 原油安で貿易黒字なら恒常的なドル売り発生--円安から円高に相場観が大転換
第18回 ドル/円が急落、どこまで下がるか--「人智では推し量れぬもの」
第17回 英国が「EU離脱」の可能性も--今年はポンド安の年になる?
第16回 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!
第15回 機関投資家は、円高に耐えられるのか!?--ドル/円、100円割れの可能性も
第14回 原油価格下落が再開、日本の貿易収支とドル/円への影響は?
第13回 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?
第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
第6回 無視できない、欧米の"決算絡み"の相場の動き--今後はどうなる!?
第5回 トルコ史上最悪のテロ事件が発生、トルコリラはどうなる!?
第4回 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆
第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
第1回 ドル/円、本格的に円高に転換か?

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[工藤夕貴]“山ガール”がドラマ「山女日記」で主演
[22:17 9/27] エンタメ
[貞子]女優・三田佳子に“変身”
[22:05 9/27] エンタメ
高畑裕太の代役は成田凌 - 映画『L-エル-』制作チーム一丸となって再撮
[22:00 9/27] エンタメ
[仮面ライダーカブト]ダークカブトの“真骨彫製法”フィギュア登場
[21:53 9/27] ホビー
TVアニメ『ツキウタ。』最終話・第13話のあらすじ&先行場面カット公開
[21:40 9/27] ホビー