【コラム】

円の行方、ドルの行方

19 原油安で貿易黒字なら恒常的なドル売り発生--円安から円高に相場観が大転換

19/40

シカゴIMMポジションは、広くマーケット参加者から注目されています。

通貨先物のポジションについて、通貨別に各火曜日時点のポジションをその週の金曜日に公表されており、先物相場における投機的ポジションの偏りから、マーケット全体の投機的ポジションの偏りを類推する上で、マーケットから大変重宝がられています。

それによりますと、最新となる1月12日時点の円が、円ロング25,266枚(1枚は1千2百50万円)となり、わかる限りでも2012年以来、初めて円ショートから円ロングに転換しました。

つまり、長く続いた円安志向から円高志向に転換したということで、マーケット参加者の相場観が大転換していることがわかります。

これは、相場推移に、もちろん大きく影響を受けています。

年初早々から原油価格がさらに下落、ドル安円高が進行

2011年3月の東日本大震災の発生により、国内のすべての原発が停止し、その代替エネルギーとして液化天然ガス(LNG)の大量輸入が始まり、貿易収支は赤字に転落しました。

その後、貿易赤字によって、ドル買い需要が増えたことによって、ドルの上昇が始まり、なんと2012年2月から2015年6月までの3年4カ月で50円弱の円安となりました。

これに伴い、シカゴIMMの投機的円売りポジションも増えて行きました。

ところが、2014年7月から原油価格が大幅に下落したことで、貿易赤字は劇的に減少し、それに伴って、ドルの上値は抑えられ、少なくとも2015年は、ドル/円は、ドルの高値圏である120円~125円近辺の横ばい推移となりました。

しかし、今年に入ると、年初早々から原油価格がさらに下落したこともあって、ドル安円高が進行し、1月8日には、一時116円51銭の安値をつけました。

ドル/円 週足

こうした相場の大転換に伴い、市場のセンチメント(心理)も、円安志向から円高志向に変わったことを、シカゴのIMMポジションによって今般明らかになりました。

今回の下落相場でも奈落に落ちるような局面と出会うことが増える

ただし、にわかに円高志向になった市場参加者も多く、ある意味、ドルを売ることに不慣れな参加者が増えることになったと思われます。

そのため、戻り売りも増えるでしょうし、さらに売り急ぐ参加者も増えることから、狼狽的な売りが出ることになるものと思われます。

しかし、これまでの、ドル買いをしていれば、いつかドルは上がるという、貿易赤字下の相場つきとは違って、貿易黒字下では、上値は重いが下値も堅いという相場が続いた後、突然下落を始めるということが多く、今回の下落相場でもそんな奈落に落ちるような局面と出会うことが、これから増えるものと思われます。

つまり、相場の大転換になるものと見ています。

相場の変化に対応できるように、自らを変えていく必要

貿易赤字下でのドルの上昇は、グイグイ後ろから押し上げられ、また調整局面でも、それ程下がらなかった相場と異なり、原油がさらに下がって今後貿易黒字になっていくとすれば、恒常的なドル売りが発生し、落ちる時は、短期間にドスンと落ちていくものと思われます。

この相場つきの違いを知っているか知らないかで、相場に乗れるか乗れないかが決まってきますので、十分注意して、相場の変化に対応できるように、自らを変えていく必要があります。

相場とは、基本的に、上げ相場と下げ相場からなるサイクルです。

結構、ひとつの相場が長いこと続いたあと、別の相場へと転換していくものです。

相場の転換時は、結構戸惑うものですが、今まで通りのやり方をしても、たとえば、3連続で負けるようなことが起きれば、サイクルが変わったのだと、自覚することが必要です。

そして、速やかに新しい相場に自らを合わせていくことが大切です。

相場の転換をより早く気づけば、先行者メリットを大いに受けることが可能

相場の転換をより早く気づき、ポジションを積極的に持っていけば、先行者メリットを大いに受けることが出きます。

「相場が若い」という言葉があります。

つまり、今の相場は始まったばかりで、まだ素直なマーケットだと思います。

それだけに、相場の流れに乗った順張りで攻めることが大事です。

執筆者プロフィール : 水上 紀行(みずかみ のりゆき)

バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀に於いて為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。なお、長年FXに携わって得た経験と知識をもとにした初の著書『ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX』が2016年1月21日に発売される。詳しくはこちら

19/40

インデックス

連載目次
第40回 意外に知らない、相場エントリーの真実
第39回 理由が後からついてくる - ユーロ/円、大幅下落の可能性
第38回 失敗か? アベノミクス - 注視する米系ファンド
第37回 相場の基本を知って、収益チャンスを拡大! トレンド相場とレンジ相場
第36回 ある噂
第35回 ユーロ/円からドル/円、ユーロ/ドルの将来を占う
第34回 米財務省と日本の財務省との軋轢は回避できるのか?
第33回 マイナス金利適用拡大報道の為替マーケットへの影響は?
第32回 円安頼みの日本経済は、耐えられるのか?
第31回 ドル/円、為替介入の可能性は?
第30回 「リスクの早期発見、早期回避」が身を助く
第29回 BOE vs ジョージ・ソロス氏の教訓
第28回 ヘレンとナディア
第27回 ユーロ/ドルの見方変更、ユーロ反転の可能性は?
第26回 ユーロ/ドル、防戦買いを突破して下落するか
第25回 今のドル/円の相場のリズムは、グンチャッチャ、グンチャッチャ
第24回 気になるユーロ/円、二極の異なる状況が重なって大幅安か
第23回 介入は怖いばかりではなく、良い話もある
第22回 米系ファンドは、ドル/円にロックオンか?
第21回 検証、ドル/円1月相場 - 歴史は繰り返す
第20回 ユーロ/ドル、下落再開か!?--"EUの弱体化"も影響
第19回 原油安で貿易黒字なら恒常的なドル売り発生--円安から円高に相場観が大転換
第18回 ドル/円が急落、どこまで下がるか--「人智では推し量れぬもの」
第17回 英国が「EU離脱」の可能性も--今年はポンド安の年になる?
第16回 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!
第15回 機関投資家は、円高に耐えられるのか!?--ドル/円、100円割れの可能性も
第14回 原油価格下落が再開、日本の貿易収支とドル/円への影響は?
第13回 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?
第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
第6回 無視できない、欧米の"決算絡み"の相場の動き--今後はどうなる!?
第5回 トルコ史上最悪のテロ事件が発生、トルコリラはどうなる!?
第4回 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆
第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
第1回 ドル/円、本格的に円高に転換か?

もっと見る

関連したタグ

関連記事

【コラム】経済ニュースの"ここがツボ" 第5回 なぜ原油価格が下落している? - OPECと米国が"我慢比べ"、日本への影響は?
[2014/12/1]
【レポート】なぜ銀行は外貨預金キャンペーンに注力している? やりたい人は○○に注目!
[2016/1/12]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第18回 ドル/円が急落、どこまで下がるか--「人智では推し量れぬもの」
[2016/1/12]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第17回 英国が「EU離脱」の可能性も--今年はポンド安の年になる?
[2016/1/4]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第16回 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!
[2015/12/28]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第15回 機関投資家は、円高に耐えられるのか!?--ドル/円、100円割れの可能性も
[2015/12/21]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第14回 原油価格下落が再開、日本の貿易収支とドル/円への影響は?
[2015/12/14]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第13回 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?
[2015/12/7]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
[2015/11/30]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
[2015/11/23]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
[2015/11/16]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
[2015/11/9]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
[2015/11/2]
【コラム】円の行方、ドルの行方 第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
[2015/10/26]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第995回 抜けた猫のヒゲを活用してみた
[07:00 6/25] 趣味
海老蔵、半年間の『石川五右衛門』撮影終了! 「時間の長さは感じなかった」
[07:00 6/25] エンタメ
さんま、葛西紀明のお土産あんパンを絶賛「巨乳の剛力彩芽みたいや!」
[07:00 6/25] エンタメ
【レポート】食費節約になる食材保存方法7選 - FPに聞いてみた
[07:00 6/25] マネー
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第690回 あしかがフウラワーパークはいいぞ
[07:00 6/25] 趣味