【コラム】

円の行方、ドルの行方

16 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!

16/37

正確に言えば、クリスマスが明けて、翌日の英国のボクシングデーが終わると、金融機関も含め多くの欧米企業が新年度に入ってきます。

今年の場合は、ボクシングデーが28日ですので、翌29日から新年度になる企業が多いということになります。

尚、全ての企業の新年度がボクシングデーの翌営業日からという訳ではなく、企業によっては1月に入った最初の営業日というところもあります。

新年度に入った欧米の為替ディーラーは、例年猛攻を加えてくる傾向

さて、新年度に入った欧米の為替ディーラーは、例年猛攻を加えてくることが多々見受けられます。

これは、なぜかと言いますと、欧米のディーラーの特徴として、利益を前倒しで稼ごうとする癖があるからです。

つまり、バジェット(年間収益目標)を前倒しで稼ぐことが、自分自身への収益プレッシャーを軽減できるからです。

言い換えれば、早めに儲けていれば、"クビ"の危険性も減るわけです。

ですので、年末年始に猛攻を掛けてくる欧米勢は多く、その昔、1月2日にドルを対欧州通貨で1000ポイントぶち上げ、翌3日に逆に1000ポイントぶち下げて、年間のバジェットを達成した投機的で有名な米系銀行という剛の者もいたほどでした。

それほどではないにしても、やはり、最近でも、年末年始は狙われやすいと言えます。

なお、最近の傾向としては、新年最初の営業日に攻撃してくるケースが増えています。

例年、ドル/円が狙われやすい

また、例年、ドル/円が狙われやすいとも言えます。

なぜなら、クリスマスが明けると仕事始めの欧米勢に対して、クリスマスが終わるとお休みの始まりである日本とでは、基本的なスタンスが全く異なるからです。

日本勢が正月気分になり、脇を甘くしている一方、クリスマス休暇を終えた欧米勢は「さあ、攻めるぞ」とばかりにエンジンふかしているわけですから、ドル/円が狙われるのは、ある意味、必然的とも言えます。

そして、欧米勢の攻め方は、巧妙です。

過去にあった例としては、年末、ドル/円をジリ安に持って行って、本邦勢の気を引こうとします。

そして、新年に入りマーケットが始まると順張り方向に相場を本格的に誘導して押し下げます。

たとえば、もどりなく、下げ方向に向かう相場に、最初のうちこそ半信半疑だった本邦勢も、「相場に乗り遅れるな」と、たまらず売ってしまうのです。

ここで、欧米勢は、少し低めの買い注文を出して、静かにショートポジションを利食い始め、買い逃げるという具合です。

そして、気がつけば、欧米勢は買戻してスクエア(ノーポジ)なっている一方、本邦勢はパンパンのショートになっており、後は本邦勢の買い戻しがいつ出るかということになり、それ程、時間を掛けずにロスカットが集中することになります。

年末年始の相場は、十分な警戒が必要

このように、年末年始の相場は、結構荒っぽいですから、十分な警戒が必要です。

注意点としましては、年末年始の相場の多くはトレンド相場ではなく、あくまでも仕掛け相場ですので、上がれば下がる。下がれば上がる相場です。

従って、「この相場は長く続く」と過大な期待を持たないことです。

年末年始相場、一般的に1月15日前後に終わりますので、それまでには、いったん手仕舞うことが、賢明かと思います。

ドル/円 日足 2014/12/29~2015/01/20

年間でのイベントは!?

こうした年間でのイベントも、他にいくつかあります。

大きいところでは、以下の通りです。

  • 4月 : 本邦勢の新年度--実際に、資本筋や実需が動き出すのは、4月後半で、前半は投機的

  • 6月 : 欧米金融機関の中間決算--今までキャリーしてきたポジションを反対売買して手仕舞

  • 9月 : 欧米勢の下期のスタート、新しいトレンドの探り合い

  • 10月 : ファンドの45日ルールによる手仕舞いが多い

  • 12月 : 欧米勢の本決算による手仕舞い(中間決算程のことはありません)

執筆者プロフィール : 水上 紀行(みずかみ のりゆき)

バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀に於いて為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。なお、長年FXに携わって得た経験と知識をもとにした初の著書『ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX』が2016年1月21日に発売される。詳しくはこちら

16/37

インデックス

連載目次
第37回 相場の基本を知って、収益チャンスを拡大! トレンド相場とレンジ相場
第36回 ある噂
第35回 ユーロ/円からドル/円、ユーロ/ドルの将来を占う
第34回 米財務省と日本の財務省との軋轢は回避できるのか?
第33回 マイナス金利適用拡大報道の為替マーケットへの影響は?
第32回 円安頼みの日本経済は、耐えられるのか?
第31回 ドル/円、為替介入の可能性は?
第30回 「リスクの早期発見、早期回避」が身を助く
第29回 BOE vs ジョージ・ソロス氏の教訓
第28回 ヘレンとナディア
第27回 ユーロ/ドルの見方変更、ユーロ反転の可能性は?
第26回 ユーロ/ドル、防戦買いを突破して下落するか
第25回 今のドル/円の相場のリズムは、グンチャッチャ、グンチャッチャ
第24回 気になるユーロ/円、二極の異なる状況が重なって大幅安か
第23回 介入は怖いばかりではなく、良い話もある
第22回 米系ファンドは、ドル/円にロックオンか?
第21回 検証、ドル/円1月相場 - 歴史は繰り返す
第20回 ユーロ/ドル、下落再開か!?--"EUの弱体化"も影響
第19回 原油安で貿易黒字なら恒常的なドル売り発生--円安から円高に相場観が大転換
第18回 ドル/円が急落、どこまで下がるか--「人智では推し量れぬもの」
第17回 英国が「EU離脱」の可能性も--今年はポンド安の年になる?
第16回 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!
第15回 機関投資家は、円高に耐えられるのか!?--ドル/円、100円割れの可能性も
第14回 原油価格下落が再開、日本の貿易収支とドル/円への影響は?
第13回 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?
第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
第6回 無視できない、欧米の"決算絡み"の相場の動き--今後はどうなる!?
第5回 トルコ史上最悪のテロ事件が発生、トルコリラはどうなる!?
第4回 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆
第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
第1回 ドル/円、本格的に円高に転換か?

もっと見る

関連したタグ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

KDDI、高いカメラ機能を持つauオリジナルスマホ「Qua phone PX」
[19:07 5/31] 携帯
KDDI、auスマホと強力に連携する8.0インチタブレット「Qua tab PX」
[19:04 5/31] 携帯
Intel、最大10コアのデスクトップ新ハイエンドCPU「Broadwell-E」を発表
[19:04 5/31] パソコン
日空ビル、羽田国際線ターミナルでCYBERDYNE製クリーンロボットの実証実験
[19:04 5/31] テクノロジー
geanee、SIMロックフリーの10.1型Windows 10デタッチャブル2in1 PC
[18:51 5/31] パソコン