【コラム】

円の行方、ドルの行方

13 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?

13/62

先週12月3日、この日発表されるECB理事会の政策決定には、マーケット全般に大きく期待が寄せていました。

というのも、前回10月22日の理事会後の記者会見でドラギECB総裁は、次回12月3日の理事会で追加緩和を示唆していたからです。

12月3日が近づくに連れ、さらの大胆な緩和も噂され、いやが上にも、マーケットのテンションは上がりました。

当日ともなると、米系大手投資銀行からは、今日中に1.03台(当時のマーケット水準は1.05台後半)まで下落するという予告まで、出る始末でした。

ECBの追加緩和策は期待外れの内容、マーケットは大パニック

ところが、いざふたを開けてみると、ECBの追加緩和策は期待外れの内容だったことから、過度にユーロ売りに傾いていたマーケットは、大パニックとなり、1.05台半ばから1.0981まで400ポイント強の急騰となりました。

この一件で相当な犠牲者が出たもようで、多く聞かれたのは、結果発表後、いったんは素直に損切りしたものの、なかなか気持ちの上でのユーロベア(ユーロに対して弱気)は払しょくできず、また売り直してしまったようです。

しかし、マーケットは買い戻したいと思うマーケット参加者の買いが引かず、さらに上げました。

いったんポジションを切って、しかし売り直してしまうと、不思議なもので、今度はなかなか切れなくなり、深手を負うことになってしまったもようです。

1時間足で見る相場の値動きを見ると、急騰相場にありがちなパターン

尚、1時間足で見るこの相場の値動きを見ると、急騰相場にありがちなパターンが見えてきます。

ユーロ/ドル 1時間足

まず、なぜ急騰が起きるのか、これは、先にお話ししましたように、マーケットがショートになっていたところに、それに対してアゲンスト(不利)なニュースが入ったことで、マーケットは、出来るだけ早くアゲンストポジションを手仕舞おうと買戻しに走ったわけです。

つまり、急騰とは、ショートを持っていたマーケット参加者が、我先にと、損失を最小限に止めようと買い戻しを急ぎました。

しかし、売りは往々にして引いてしまうため、買い手は売りを探して、さらに買い値を上げていくというパニック状態になるため、どんどん値が上がるということが起きます。

そして、とうとう、売り手がでてきたところで、上昇にブレーキがかかり、徐々に上昇スピードが下がり、最終的には、一段高となるファイナルラリー(最後の買い戻し)が入って、上げは一服します。

その後はどうなるか!?

そして、その後はどうなるかについては、意外に語られていませんので、お話ししておきますと、買戻しが一巡したということは、ショート筋もロスカット的な買戻しが一服し、また上で戻りを売ったロング筋も売り一巡となります。

つまり、マーケット全体的に、ほぼポジションはスクエア(ノ―ポジ)になるため、相場は高止まりしてしまいます。

この高止まり状態は、意外と長く続くものです。

たとえば、良く見受けられる、例としては、上昇過程でレベル感から売り上がったものの、上げが止まらず、やむなく買戻しをしたものの、損切らされた悔しさか、高原状態になったマーケットで、また売ってしまうとことです

これは、ほぼマーケットポジションがスクエアにも関わらず、そこを売るわけですので、マーケットがショートになるだけで、下げるとしても多少のことで、むしろ、ショートになった分、買戻し圧力が強まる、つまり高値圏の中で下がって上がってを繰り返すだけです。

要するに、急騰後の相場とは、結構長く横ばいを続けるのが、一般的です。

ですから、ここで、どうにか早く、損失を取り戻そうとしても、なかなか簡単ではありません。

むしろ、損失の上塗りをすることになりますので、高値圏で横ばいになったら、とりあえず静観です。

通常のマーケットに戻るにはかなり時間がかかることが一般的

実は、通常のマーケットに戻るにはかなり時間がかかることが一般的です。

確かに、場合によっては、Vの字カーブを描く場合もあります。

それは、急騰局面で高値で倍返しして買い過ぎてロングになるようなケース、それは稀なことだと見てください。

Vの字カーブ

それでは、どうすれば、普通のマーケットに戻るかですが、ひとつには、マーケットの大勢が納得する新しいテーマが現れるとか、新しいフロー(資金の流れ)が出来るといったことが必要になります。

以上のような急騰の原理、急騰後パターンを知っておかれますと、今回の"ユーロの悲劇"のようなことが起きても、損失をミニマイズでき、さらには、損失から収益チャンスに持って行けることも可能となりますので、どうぞ覚えておかれてください。

尚、この分析法を、「値動き分析」と言います。

執筆者プロフィール : 水上 紀行(みずかみ のりゆき)

バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀に於いて為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。

13/62

インデックス

連載目次
第62回 トランプ氏当選後、「投機筋」対「本邦輸出企業」のバトル
第61回 ヘッド・アンド・ショルダー
第60回 いなくなった、縁の下の力持ち - ドル/円相場
第59回 チャートパターンの落とし穴
第58回 FXトレードは、世界が相手
第57回 天国と地獄
第56回 相場の鮮度に応じたトレーディング・スタイルを取る
第55回 米系ファンドの45日ルール
第54回 ケーブル、一日天下
第53回 理由が後からついてくる
第52回 今年これまでのドル/円と今後
第51回 ひらめきが現実になるには
第50回 メダルと国力
第49回 貿易収支に大きく影響を受けるドル/円
第48回 意外に相場に影響がある夏休み要因
第47回 トレンド相場とレンジ相場
第46回 ユーロ圏を悩ますISとの宗教戦争
第45回 相場の転換に早く気づくには?
第44回 荒波に出航するイギリス
第43回 人の行く裏に道あり花の山、ジョージ・ソロス氏に思う
第42回 通貨当局は、マーケット心理を把握しているか
第41回 英国民投票とドル/円の行方
第40回 意外に知らない、相場エントリーの真実
第39回 理由が後からついてくる - ユーロ/円、大幅下落の可能性
第38回 失敗か? アベノミクス - 注視する米系ファンド
第37回 相場の基本を知って、収益チャンスを拡大! トレンド相場とレンジ相場
第36回 ある噂
第35回 ユーロ/円からドル/円、ユーロ/ドルの将来を占う
第34回 米財務省と日本の財務省との軋轢は回避できるのか?
第33回 マイナス金利適用拡大報道の為替マーケットへの影響は?
第32回 円安頼みの日本経済は、耐えられるのか?
第31回 ドル/円、為替介入の可能性は?
第30回 「リスクの早期発見、早期回避」が身を助く
第29回 BOE vs ジョージ・ソロス氏の教訓
第28回 ヘレンとナディア
第27回 ユーロ/ドルの見方変更、ユーロ反転の可能性は?
第26回 ユーロ/ドル、防戦買いを突破して下落するか
第25回 今のドル/円の相場のリズムは、グンチャッチャ、グンチャッチャ
第24回 気になるユーロ/円、二極の異なる状況が重なって大幅安か
第23回 介入は怖いばかりではなく、良い話もある
第22回 米系ファンドは、ドル/円にロックオンか?
第21回 検証、ドル/円1月相場 - 歴史は繰り返す
第20回 ユーロ/ドル、下落再開か!?--"EUの弱体化"も影響
第19回 原油安で貿易黒字なら恒常的なドル売り発生--円安から円高に相場観が大転換
第18回 ドル/円が急落、どこまで下がるか--「人智では推し量れぬもの」
第17回 英国が「EU離脱」の可能性も--今年はポンド安の年になる?
第16回 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!
第15回 機関投資家は、円高に耐えられるのか!?--ドル/円、100円割れの可能性も
第14回 原油価格下落が再開、日本の貿易収支とドル/円への影響は?
第13回 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?
第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
第6回 無視できない、欧米の"決算絡み"の相場の動き--今後はどうなる!?
第5回 トルコ史上最悪のテロ事件が発生、トルコリラはどうなる!?
第4回 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆
第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
第1回 ドル/円、本格的に円高に転換か?

もっと見る

関連記事

経済ニュースの"ここがツボ" 第47回 パリの同時テロ、低迷する欧州経済に追い討ちか--"移動の自由"はどうなる!?
[2015/11/24]
窪田真之の「時事深層」 第37回 トルコがロシア機を撃墜、"第三次世界大戦"の恐れはあるか!?
[2015/11/26]
円の行方、ドルの行方 第1回 ドル/円、本格的に円高に転換か?
[2015/9/14]
円の行方、ドルの行方 第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
[2015/9/21]
円の行方、ドルの行方 第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
[2015/9/28]
円の行方、ドルの行方 第4回 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆
[2015/10/5]
円の行方、ドルの行方 第5回 トルコ史上最悪のテロ事件が発生、トルコリラはどうなる!?
[2015/10/12]
円の行方、ドルの行方 第6回 無視できない、欧米の"決算絡み"の相場の動き--今後はどうなる!?
[2015/10/19]
円の行方、ドルの行方 第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
[2015/10/26]
円の行方、ドルの行方 第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
[2015/11/2]
円の行方、ドルの行方 第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
[2015/11/9]
円の行方、ドルの行方 第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
[2015/11/16]
円の行方、ドルの行方 第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
[2015/11/23]
円の行方、ドルの行方 第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
[2015/11/30]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事