【コラム】

円の行方、ドルの行方

4 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆

4/46

一般的に膠着相場になるのは、エネルギーを放出しきったことによる

ドル/円もEUR/USDも膠着相場が続いています。

一般的に、膠着相場になる原因は、膠着相場になる前の段階で、結構一本調子の相場が続いてエネルギーを放出しきったことによります。

たとえば、ドル/円で申し上げますと、2012年2月から今年の6月頃まで、約3年半上昇を続け、その間に50円弱の上昇という大相場になりました。

ドル/円 月足

原油の大幅安になり、ドル上昇の原因だった貿易赤字(ドル買い要因)が劇的に減少

これにより、上昇エネルギーをほぼ使い果たした上に、前年の2014年から原油の大幅安になり、ここ3年半のドル上昇の原因だった貿易赤字(ドル買い要因)が劇的に減少したことにより、上げにブレーキが掛かっています。

この貿易赤字の大幅減少によって、ドルの下支えがなくなってきていますので、すぐに反落するようにも思えますが、その前の3年半で50円弱も上昇したことにより、まだ上げの勢いが残っているため、高値圏での揉み合いになっています。

たとえて申し上げるなら、巨大タンカーが曲がる時、直角に曲がることは難しく、弧を描くようにゆっくりとしか曲がれません。

今のドル/円がまさにそうした状況であり、残った上昇エネルギーを放出しながら、徐々に方向転換してきているものと見ています。

この膠着相場は、近い将来相場が動き出す前兆を示唆

ただし、ご存知のように9月に入り、119円~121円のタイトな相場になってきていることには、多くのマーケット参加者を失望させているものと思われます。

たとえば、先週金曜の予想外に悪かった非農業部門雇用者数だった米雇用統計の結果にもかかわらず、下げきれず、往って来いになり、結局元のレンジに収まったことに落胆したトレーダーも多かったかと思います。

しかし、この膠着相場は、近い将来、相場が動き出す前兆を示唆しているものと見ています。

今回のレンジ相場は、今年の6月から始まったものと見ています。

最初は、124円近辺の高値圏で揉み合っていましたが、8月24日に、中国ショックを理由に116.15まで.激落した後、118円半ば~121円後半で揉み合うようになり、時間が経つにしたがって、さらにレンジ幅は狭くなり、今や119円割れ~121円台乗せまで狭まってきています。

しかし、このレンジ相場の収束(値幅の縮小)こそが、次のトレンド相場の到来が近づいていることを示しています。

個人的には、レンジ相場の上値が下がってきていることを考えれば、動き出すとしたら下げではないかと見ています。

ユーロ/ドルも、膠着度を高める

一方、ユーロ/ドルも、膠着度を高めています。

ユーロ/ドル 日足

ドル/円が急落したのと同じ8月24日にユーロ/ドルは1.1713まで急騰(ドル安)しましたが、高い水準を維持することはできず、1.1100近辺まで反落しました。

そして、9月18日に1.1460近辺まで再び上昇しましたが、1.11台へ反落、そして10月2日に1.1319まで上昇後、またしても緩んでいます。

つまり、下値は1.1100近辺で止められてはいるものの、上値は段々に下げて来ています。

この形状は、テクニカル的には、上値を切り下げるウェッジ(楔型)フォーメーションであり、将来的には、下がる可能性があることを示唆しています。

このように、テクニカル的には、ドル/円も、ユーロ/ドルも下落する可能性があると考えています。

ユーロ/円はさらに下がる

それが正しければ、ドル/円とユーロ/ドルの掛け算によってできている、ユーロ/円はさらに下がるものと見ています。

ユーロ/円 月足

ファンダメンタルズ的に、申し上げれば、ドル/円はこれまで上昇を後押ししてきた貿易収支が昨年からの原油安に伴い大幅減少しドルの下支えがなくっていること。

一方、ユーロ/ドルは、ユーロ圏の盟主であるドイツが、独自動車大手フォルクスワーゲンの不正問題、今年6月にドイツ銀行がS&P(スタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ)により2段階格下げされたままになっていること。

そして、メルケル首相は「政治難民の受け入れに上限はない」と豪語し、無制限の受け入れを促したことに対して、国民やEUの他の国々から批判が高まっており、国内での同首相に対する支持率も急低下しています。

というように、実は、今ドイツが結構問題山積であり、こうした状況下、ユーロ安が進行する可能性は高いと見ています。

したがって、ドル/円下げ、ユーロ/ドル下げ、ユーロ/円下げ相場が示現するものと見ています。

執筆者プロフィール : 水上 紀行(みずかみ のりゆき)

バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀に於いて為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。

4/46

インデックス

連載目次
第46回 ユーロ圏を悩ますISとの宗教戦争
第45回 相場の転換に早く気づくには?
第44回 荒波に出航するイギリス
第43回 人の行く裏に道あり花の山、ジョージ・ソロス氏に思う
第42回 通貨当局は、マーケット心理を把握しているか
第41回 英国民投票とドル/円の行方
第40回 意外に知らない、相場エントリーの真実
第39回 理由が後からついてくる - ユーロ/円、大幅下落の可能性
第38回 失敗か? アベノミクス - 注視する米系ファンド
第37回 相場の基本を知って、収益チャンスを拡大! トレンド相場とレンジ相場
第36回 ある噂
第35回 ユーロ/円からドル/円、ユーロ/ドルの将来を占う
第34回 米財務省と日本の財務省との軋轢は回避できるのか?
第33回 マイナス金利適用拡大報道の為替マーケットへの影響は?
第32回 円安頼みの日本経済は、耐えられるのか?
第31回 ドル/円、為替介入の可能性は?
第30回 「リスクの早期発見、早期回避」が身を助く
第29回 BOE vs ジョージ・ソロス氏の教訓
第28回 ヘレンとナディア
第27回 ユーロ/ドルの見方変更、ユーロ反転の可能性は?
第26回 ユーロ/ドル、防戦買いを突破して下落するか
第25回 今のドル/円の相場のリズムは、グンチャッチャ、グンチャッチャ
第24回 気になるユーロ/円、二極の異なる状況が重なって大幅安か
第23回 介入は怖いばかりではなく、良い話もある
第22回 米系ファンドは、ドル/円にロックオンか?
第21回 検証、ドル/円1月相場 - 歴史は繰り返す
第20回 ユーロ/ドル、下落再開か!?--"EUの弱体化"も影響
第19回 原油安で貿易黒字なら恒常的なドル売り発生--円安から円高に相場観が大転換
第18回 ドル/円が急落、どこまで下がるか--「人智では推し量れぬもの」
第17回 英国が「EU離脱」の可能性も--今年はポンド安の年になる?
第16回 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!
第15回 機関投資家は、円高に耐えられるのか!?--ドル/円、100円割れの可能性も
第14回 原油価格下落が再開、日本の貿易収支とドル/円への影響は?
第13回 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?
第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
第6回 無視できない、欧米の"決算絡み"の相場の動き--今後はどうなる!?
第5回 トルコ史上最悪のテロ事件が発生、トルコリラはどうなる!?
第4回 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆
第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
第1回 ドル/円、本格的に円高に転換か?

もっと見る

関連記事

あなたは貯まる人? 貯まりにくい人? "貯蓄力"がアップする「貯蓄力診断」
[2015/9/30]
円の行方、ドルの行方 第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
[2015/9/21]
円の行方、ドルの行方 第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
[2015/9/28]
経済ニュースの"ここがツボ" 第41回 VWの排ガス不正、"史上最悪"の企業不祥事 - 自動車業界全体に影響広がる
[2015/9/28]
経済ニュースの"ここがツボ" 第40回 欧州への難民流入、EU統合の理念揺るがす--受け入れめぐり"東西対立"
[2015/9/16]
窪田真之の「時事深層」 第31回 独フォルクスワーゲンが"とんでもない"不祥事--日本の自動車産業への影響は!?
[2015/9/24]
プラザ合意30年に「ドル高」を思う
[2015/9/18]
経済ニュースの"ここがツボ" 第30回 円安はどこまで進むのか?--米国はいつまで円安を"容認"する!?
[2015/6/2]
経済ニュースの"ここがツボ" 第10回 なぜ原油価格が下落している?(2) - ヘッジファンドなどの資金が一斉に"逃げ"
[2015/1/13]
経済ニュースの"ここがツボ" 第20回 貿易赤字が縮小傾向、何が起きているのか? - その原因と影響を探る
[2015/3/23]
経済ニュースの"ここがツボ" 第5回 なぜ原油価格が下落している? - OPECと米国が"我慢比べ"、日本への影響は?
[2014/12/1]
経済ニュースの"ここがツボ" 第10回 なぜ原油価格が下落している?(2) - ヘッジファンドなどの資金が一斉に"逃げ"
[2015/1/13]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[おジャ魔女どれみ]歴代ポロン6種類が復刻 ハッピー!ラッキー!
[18:22 7/31] ホビー
横須賀に『艦これ』公式飲食施設「酒保伊良湖」オープン - 昼はカフェ、夜は居酒屋で提督諸氏をお出迎え
[18:00 7/31] ホビー
[映画「少女」]本田翼&山本美月が女子高生役で新境地 三島有紀子監督に聞く
[17:30 7/31] エンタメ
ヤクザの娘でドSな少女と犬獣人のコメディ「お嬢と七匹の犬」1巻
[17:15 7/31] ホビー
[AAA宇野実彩子]シースルートップス&赤ミニスカで登場 最新写真集で“体鍛えた”
[17:09 7/31] エンタメ