【コラム】

円の行方、ドルの行方

3 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?

3/47

米当局の意図は?

米当局は独自動車大手フォルクスワーゲンに対して、最大180億ドル(約2兆1600億円)の制裁金を科す可能性があります。

180億ドルは160億ユーロぐらいになり、インターバンクの言い方をすれば1万6千本のユーロという、すさまじい金額です。

もちろん、フォルクスワーゲンはグローバル企業ですから、制裁金を全てユーロを売ってドルに換えて工面するということはしないと思います。

しかし、制裁金を払うために結構な額のユーロ売りが出る可能性はあると思います。

こうした具体的なユーロからドルへの資金フローは、相場を一方向、この場合であれば、ユーロ安方向に動かす可能性がありますので、警戒が必要です。

ユーロ/ドル 月足

ところで、なぜ今のタイミングで、米当局はこの不正問題を明らかにしたのか、そこには、過去に日本も米国から受けたのと似通った政治判断が働いているように思えてなりません。

昨年からの強烈なドル高により、FRBのイエレン議長、フィッシャー副議長あたりから、相当不満が出ていました。

このドル高は、米貿易赤字の拡大を呼びました。

そして、米貿易赤字が拡大した相手が、ユーロ圏であり、しかも、その稼ぎ頭は、ドイツでした。

ユーロ圏は景気後退から、ECBは、ドラギ総裁を先頭に、ユーロ/ドルをユーロ安に誘導したことによって、ユーロ安ドル高を生みました。

その結果、米国はドル高で輸出が伸びず、一方、ユーロ圏の輸出が伸びるという不均衡が生じました。

因みに、今年の第1四半期のGDPなど米国よりユーロ圏の方が良かったぐらいです。

そんな時に、米当局は、フォルクスワーゲンがビートルを含むモデルの排出ガス基準データを改竄していたことを発表し、巨額の制裁金に加え、刑事訴追を受ける可能性も出てきているわけです。

つまり、米国は、貿易取引でユーロ圏に取られた富を取り返そうとする政治判断が働いたのではないかと考えました。

過去、日本も経験

1985年9月にニューヨークのプラザホテルで開かれたG5(5カ国財務相・中央銀行総裁会議)で、貿易不均衡を通貨調整で是正することになりました。

いわゆる、プラザ合意です。

この合意の本来の目的は、米国が貿易赤字になる一方、日本が膨大な貿易黒字になったことに業を煮やした米国の、日本たたきでした。

この会議は、日曜に開かれ合意されましたが、翌月曜日、政府日銀のドル売り介入、さらに日銀による円高を狙った円金利の高め誘導が実施され、前週末240円だったドル/円は月曜一日で、20円も下落しました。

そして、10年後の1995年には、一時79円75銭まで下落しました。

ドル/円 月足(1985年~2001年)

79円75銭を丸めて80円としますと、1985年に240円だったドル/円は、なんと10年間で160円もドル安円高になりました。

このすさまじい円高によく日本の多くの輸出企業は絶えられたものだと感心します。

しかし、米国とは、そういう強権を発動する国なのです。

当時、日米の力関係は、今よりもずっと日本の立場は弱かったことで、この無理難題をおしつけてきたわけです。

今は、時代が変わり、少なくとも、先進国の間で、直接的に為替をいじるという強権発動はできなくなっているものと思われます。

その代わりにもっと、合法的かつクレバーな(かしこい)やり方で、ドイツから米国へ富の移し替えがなされようとしているものと、この一件から感じました。

しかし、プラザ合意の時も、一番の不均衡の原因は、自動車とされましたが、今回も自動車です。

1台あたりのロットが大きいから、狙われやすいということなのでしょうか。

あるいは、裏に米ビッグスリーが働きかけているのか、それは憶測の域を脱し得ません。

ただし、こうした、国・地域の間で、政治が働くこともあることを、相場をやる上では理解しておくことが必要だと思います。

執筆者プロフィール : 水上 紀行(みずかみ のりゆき)

バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀に於いて為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。

3/47

インデックス

連載目次
第47回 トレンド相場とレンジ相場
第46回 ユーロ圏を悩ますISとの宗教戦争
第45回 相場の転換に早く気づくには?
第44回 荒波に出航するイギリス
第43回 人の行く裏に道あり花の山、ジョージ・ソロス氏に思う
第42回 通貨当局は、マーケット心理を把握しているか
第41回 英国民投票とドル/円の行方
第40回 意外に知らない、相場エントリーの真実
第39回 理由が後からついてくる - ユーロ/円、大幅下落の可能性
第38回 失敗か? アベノミクス - 注視する米系ファンド
第37回 相場の基本を知って、収益チャンスを拡大! トレンド相場とレンジ相場
第36回 ある噂
第35回 ユーロ/円からドル/円、ユーロ/ドルの将来を占う
第34回 米財務省と日本の財務省との軋轢は回避できるのか?
第33回 マイナス金利適用拡大報道の為替マーケットへの影響は?
第32回 円安頼みの日本経済は、耐えられるのか?
第31回 ドル/円、為替介入の可能性は?
第30回 「リスクの早期発見、早期回避」が身を助く
第29回 BOE vs ジョージ・ソロス氏の教訓
第28回 ヘレンとナディア
第27回 ユーロ/ドルの見方変更、ユーロ反転の可能性は?
第26回 ユーロ/ドル、防戦買いを突破して下落するか
第25回 今のドル/円の相場のリズムは、グンチャッチャ、グンチャッチャ
第24回 気になるユーロ/円、二極の異なる状況が重なって大幅安か
第23回 介入は怖いばかりではなく、良い話もある
第22回 米系ファンドは、ドル/円にロックオンか?
第21回 検証、ドル/円1月相場 - 歴史は繰り返す
第20回 ユーロ/ドル、下落再開か!?--"EUの弱体化"も影響
第19回 原油安で貿易黒字なら恒常的なドル売り発生--円安から円高に相場観が大転換
第18回 ドル/円が急落、どこまで下がるか--「人智では推し量れぬもの」
第17回 英国が「EU離脱」の可能性も--今年はポンド安の年になる?
第16回 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!
第15回 機関投資家は、円高に耐えられるのか!?--ドル/円、100円割れの可能性も
第14回 原油価格下落が再開、日本の貿易収支とドル/円への影響は?
第13回 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?
第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
第6回 無視できない、欧米の"決算絡み"の相場の動き--今後はどうなる!?
第5回 トルコ史上最悪のテロ事件が発生、トルコリラはどうなる!?
第4回 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆
第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
第1回 ドル/円、本格的に円高に転換か?

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

SMAP、解散発表後『スマスマ』で連携プレー - 中居「タイムリーといえば?」
[23:25 8/29] エンタメ
[魔法少女育成計画]追加キャストに水瀬いのり、日笠陽子、西明日香 姉妹声優が双子役に
[22:26 8/29] ホビー
[ガーリッシュ ナンバー]キービジュアル公開 主人公は可愛くクズな新人声優
[22:23 8/29] ホビー
「黒執事」茶屋や「鬼灯の冷徹」原画展、京まふの詳細が続々と明らかに
[22:18 8/29] ホビー
オリラジ中田、しくじり先生発特番『中田歴史塾』9・11放送 - 企画構想7カ月
[22:08 8/29] エンタメ