【コラム】

円の行方、ドルの行方

2 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ

2/45

ユーロ/ドル、昨年5月から今年3月までの動きと4月以降の相場は非常に対照的

ユーロ/ドル 週足

ユーロ/ドルは、昨年の5月のECB理事会後の記者会見でドラギECB総裁は「6月には緩和について話す」という追加緩和予告をしたこときっかけに1.39台から下落を開始しました。

下げは、途中ギリシャの債務問題も加わって、延々と続き、年末年始には1.2000の大台を割り込み、下げ足を速め、本年3月13日には1.0463の安値をつけ、下げ幅は3500ポイントにも及びました。

しかし、その後、マーケットセンチメントは依然ユーロべア(ユーロに弱気)でしたし、実際、ギリシャのデフォルト(債務不履行)・ユーロ離脱という問題がありながらも下げきらなくなり、基本的にジリ高気味のレンジ相場が続きました。

そして8月24日に中国ショックがおこり、一時ドル/円が116.15まで急落したのを受け、1.1713まで急騰しましたが、単にドル/円の急落に連れた上昇だったために、あとが続かず、反落となりました。

こうやって見てきますと、昨年5月から今年3月までのワンウェイ(一方通行)の動きと、4月以降の方向感が定まらない相場は非常に対照的であることがわかります。

ドラギECB総裁

ユーロ/ドルの場合は、投資家によるフローが大きく影響

それでは、なぜこのような違いがでるのかについて、お話ししましょう。

まず、相場が一方向に動くためには、一方行へのフロー(資金の流れ)が必要です。

このフローは、通貨によって異なっており、ドル/円の場合ですと、貿易取引(輸出、輸入)が大きな影響を与えます。

それに対してユーロ/ドルの場合は、投資家によるフローが大きく影響します。

ここでいう、投資家とは、政府系ファンドやペンションファンド(年金資金運用機関)、中央銀行などが上げられます。

こうした投資家が、なんかの理由により、ユーロからドル、ドルからユーロへ資金を移動させます。

それでは、何らかの理由とはなにかと申しますと、大別して、前向きな理由と後向きの理由があります。

まず、前向きな理由として上げられるのが、高利回りなど投資妙味がある場合です。

そして、もうひとつの後向きの理由としては、資金を預けている国・地域で、なにかが起こりリスクを感じた時、資金を逃避させます。

後向きの理由の方が、資金を移動させるのに一刻を争うため、相場の動きが急激になります。

投資妙味減退や、ギリシャ問題でリスクを感じユーロ売りドル買いが発生

今回取り上げた昨年5月から今年の3月までの一方的な下落の理由は、こうした投資家がECBの追加緩和によって投資妙味が減退したことや、ギリシャ問題からリスクを感じたために資金をユーロからドルへ移そうと、ユーロ売りドル買いが発生したわけです。

尚、ユーロ/ドルという通貨ペアは、世界一の規模を誇る通貨ドルと、第2位の規模を持つ通貨ユーロによってできているため、ドルの受け皿になりえるのはユーロしかなく、またユーロの受け皿になりえるのはドルしかないということで、大西洋を挟んで、巨額の資金が欧米間で右へ左へと動いています。

投機筋の宿命とは!?

さて、それでは、今年4月から現在までの相場がなぜ、横ばいだったかと言えば、それは投資家の資金移動がおきていないか、あるいは動いたとしても多少のことだったということです。

なぜ動かなかったかと言えば、資金をあえて動かす彼らにとっての確たる理由がみつからなかったということになるわけです。

こうして、投資家筋が動かなくなると、マーケットに残るのは、投機筋だけになります。

投機筋にはある宿命があります。

ある宿命とは、彼らは売り買いによって、利ザヤを稼ごうとします。

売りで入れば、利食いか損切の買いをしなくてはなりません。

また、買いで入れば、利食いか損切の売りをしなくてはなりません。

こうした宿命を持っている以上、買い放し、売り放しはできませんので、必ず反対取引をするため、相場がレンジ取引になり、膠着してしまいます。

こうしたことで、一方向に動かない相場が続いています。

投資家筋が資金を動かそうとするインセンティブは何かを推理することが大事

ですので、投資家筋にとって、資金を動かそうとするインセンティブ(動機づけ)はなにかを推理することが大事です。

もしかしたら、FOMCの利上げなのかもしれませんが、投資家筋もお堅い人たちですので、本当に納得しなければ動きません。

そして、いったん納得すると、怒涛のような資金移動を実行しトレンド相場となりますので、投資家が何に着目して、動き出すかについては、日頃から推理するクセをつけることが大事です。

執筆者プロフィール : 水上 紀行(みずかみ のりゆき)

バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀に於いて為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。

2/45

インデックス

連載目次
第45回 相場の転換に早く気づくには?
第44回 荒波に出航するイギリス
第43回 人の行く裏に道あり花の山、ジョージ・ソロス氏に思う
第42回 通貨当局は、マーケット心理を把握しているか
第41回 英国民投票とドル/円の行方
第40回 意外に知らない、相場エントリーの真実
第39回 理由が後からついてくる - ユーロ/円、大幅下落の可能性
第38回 失敗か? アベノミクス - 注視する米系ファンド
第37回 相場の基本を知って、収益チャンスを拡大! トレンド相場とレンジ相場
第36回 ある噂
第35回 ユーロ/円からドル/円、ユーロ/ドルの将来を占う
第34回 米財務省と日本の財務省との軋轢は回避できるのか?
第33回 マイナス金利適用拡大報道の為替マーケットへの影響は?
第32回 円安頼みの日本経済は、耐えられるのか?
第31回 ドル/円、為替介入の可能性は?
第30回 「リスクの早期発見、早期回避」が身を助く
第29回 BOE vs ジョージ・ソロス氏の教訓
第28回 ヘレンとナディア
第27回 ユーロ/ドルの見方変更、ユーロ反転の可能性は?
第26回 ユーロ/ドル、防戦買いを突破して下落するか
第25回 今のドル/円の相場のリズムは、グンチャッチャ、グンチャッチャ
第24回 気になるユーロ/円、二極の異なる状況が重なって大幅安か
第23回 介入は怖いばかりではなく、良い話もある
第22回 米系ファンドは、ドル/円にロックオンか?
第21回 検証、ドル/円1月相場 - 歴史は繰り返す
第20回 ユーロ/ドル、下落再開か!?--"EUの弱体化"も影響
第19回 原油安で貿易黒字なら恒常的なドル売り発生--円安から円高に相場観が大転換
第18回 ドル/円が急落、どこまで下がるか--「人智では推し量れぬもの」
第17回 英国が「EU離脱」の可能性も--今年はポンド安の年になる?
第16回 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!
第15回 機関投資家は、円高に耐えられるのか!?--ドル/円、100円割れの可能性も
第14回 原油価格下落が再開、日本の貿易収支とドル/円への影響は?
第13回 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?
第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
第6回 無視できない、欧米の"決算絡み"の相場の動き--今後はどうなる!?
第5回 トルコ史上最悪のテロ事件が発生、トルコリラはどうなる!?
第4回 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆
第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
第1回 ドル/円、本格的に円高に転換か?

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

開幕まで一週間! iPhone/iPadアプリを使ってリオ五輪をもっと楽しもう!!
[14:23 7/30] スマホとデジタル家電
[世界コスプレサミット2016]コスプレの祭典開幕 炎天下の愛知・蒲郡でオープニングセレモニー
[14:22 7/30] ホビー
[LiLiCo]阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子と武井咲主演ドラマにゲスト出演
[14:00 7/30] エンタメ
[今週のアルスラーン戦記]第5話「決別」 アルスラーンに“助け舟” ナルサスの策も
[14:00 7/30] ホビー
iPhone/iPadにMacを使って夏休みの自由研究に取り組もう! - 子供向けワークショップ「サマーキャンプ」が開講
[13:57 7/30] パソコン