【コラム】

円の行方、ドルの行方

1 ドル/円、本格的に円高に転換か?

  • <<
  • <

1/47

連載『円の行方、ドルの行方』では、ロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍、 現在、バーニャ マーケット フォーカスト代表で外国為替ストラテジストの水上紀行氏が、為替相場の現状と見通しについて解説します。


東日本大震災以降の貿易収支の推移

ドル/円相場の大きな転機は、2011年3月に発生した東日本大震災でした。

これにより、全国すべての原発が停止し、その代替エネルギーとして、液化天然ガス(LNG)が大量輸入されました。

大量輸入が意味することは、多額の輸入代金を支払うために、多額のドルを銀行から買い、日本に輸出した海外企業に支払うということになります。

そしてこれによって、貿易収支はそれまで長らく続いた黒字から赤字に転落しました。

さらに、原発停止が長期にわたっているため、ドル買いがとめどなく出るようになったため、2012年2月から2015年の6月頃までの約3年4カ月の間に、ドル/円は50円近くの上昇を見ました。

2011年以降のドル/円相場(月足)

また、円安要因は液化天然ガスのみならず、産業全般に輸入体質となったことも大きな理由です。

ところが、2014年の7月以降、原油が1バレル105ドル近辺から急落し、今年に入り一時37ドル台までに大幅に下落しました。

原油価格の急落(週足)

貿易収支が赤字に転落したのが2011年ですが、それから毎年赤字は膨らみ、2014年には12兆7千億円まで達していましたが、この大幅な原油安によって本年に入って、貿易赤字は劇的に縮小し、試算ベースでも、年間で8400億円の赤字に止まる可能性があります。

貿易赤字の推移(単位:億円 ※2015年は試算)

尚、この試算も、これまで何度かやってきましたが、日に日に原油安が進んできているためか、貿易赤字がその都度減ってきていますので、最終的には、貿易収支は、赤字から黒字に転換する可能性があります。

大幅な貿易赤字から反転減少が与えるドル/円相場への影響

まず、貿易収支の大幅赤字相場への影響につきましては、既に、震災の翌年の2012年から2015年6月までで、50円近く円安となったことは申し上げました。

しかし、その後、今年の6月以降は、120円から125円のレンジとなりました。

そして8月24日に中国ショックが引き金となった世界同時株安が起こり、ドル/円も一時116.15まで急落しました。

しかし、そこからの反発も強く、その後、118円から122円のレンジ相場となりました。

日本の貿易赤字が劇的に減少し、これまでのようなドルの下支えがなくなったのにも関わらず、なぜ高値圏で多少の水準訂正はあったものの、なぜ横ばい推移しているのか、疑問に思われることと思います。

しかし、繰り返しになりますが、過去3年4カ月の間に、50円近くの上昇を見た相場には、まだ上昇しようとするエネルギーが残っているため、なかなか一転して下落するということが難しいものです。

ただし、それでは、また上げを再開して、130円を目指すのかと言えば、貿易赤字というドル買いが細ってしまった以上、さらに上がることは難しく、目先せいぜい横ばいを続けることがやっとだと思います。

相場が方向転換するには、一転急落ということもありますが、それは稀で、多くの場合、ゆっくりと弧を描くようにして転換するものです。

たとえて申し上げれば、巨大タンカーが曲がるには、それなりの時間を掛けてゆっくりと方向を変えているようなものです。

まさに、それと同様のことが現在のドル/円相場で起きているのだと思います。

方向転換にはあと3カ月前後はかかるものと見ていますが、どちらにしても、もう貿易赤字はなくなってきている上に、ここにきて食料価格も大きく下げてきており、さらに貿易収支が赤字から黒字に転換する要因も増えてきています。

それでは、相場が方向転換するとして、どこまで下がるかということが気になります。

私は、105.88近辺にある200カ月移動平均線あたりまでではないかと見ています。

また、相場の動きかたも、貿易赤字下と貿易黒字下とは異なります。

貿易赤字下では、恒常的にドル買い出るため、グイグイと上がって調整で下げてもたいしたことはありません。

それに対して、貿易黒字下では、恒常的にドル売りが出るため、上がるにしても、ジリジリとしか上がらず、そのうちにポジションが貿易黒字からのドル売りを受けてロングになってしまいストンと落ちるという動き方をします。(ジリジリストン)

そして、最近、まだ小規模ですが、このジリジリストンをドル/円は始めていることに注意を要します。

執筆者プロフィール : 水上 紀行(みずかみ のりゆき)

バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀に於いて為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。
  • <<
  • <

1/47

インデックス

連載目次
第47回 トレンド相場とレンジ相場
第46回 ユーロ圏を悩ますISとの宗教戦争
第45回 相場の転換に早く気づくには?
第44回 荒波に出航するイギリス
第43回 人の行く裏に道あり花の山、ジョージ・ソロス氏に思う
第42回 通貨当局は、マーケット心理を把握しているか
第41回 英国民投票とドル/円の行方
第40回 意外に知らない、相場エントリーの真実
第39回 理由が後からついてくる - ユーロ/円、大幅下落の可能性
第38回 失敗か? アベノミクス - 注視する米系ファンド
第37回 相場の基本を知って、収益チャンスを拡大! トレンド相場とレンジ相場
第36回 ある噂
第35回 ユーロ/円からドル/円、ユーロ/ドルの将来を占う
第34回 米財務省と日本の財務省との軋轢は回避できるのか?
第33回 マイナス金利適用拡大報道の為替マーケットへの影響は?
第32回 円安頼みの日本経済は、耐えられるのか?
第31回 ドル/円、為替介入の可能性は?
第30回 「リスクの早期発見、早期回避」が身を助く
第29回 BOE vs ジョージ・ソロス氏の教訓
第28回 ヘレンとナディア
第27回 ユーロ/ドルの見方変更、ユーロ反転の可能性は?
第26回 ユーロ/ドル、防戦買いを突破して下落するか
第25回 今のドル/円の相場のリズムは、グンチャッチャ、グンチャッチャ
第24回 気になるユーロ/円、二極の異なる状況が重なって大幅安か
第23回 介入は怖いばかりではなく、良い話もある
第22回 米系ファンドは、ドル/円にロックオンか?
第21回 検証、ドル/円1月相場 - 歴史は繰り返す
第20回 ユーロ/ドル、下落再開か!?--"EUの弱体化"も影響
第19回 原油安で貿易黒字なら恒常的なドル売り発生--円安から円高に相場観が大転換
第18回 ドル/円が急落、どこまで下がるか--「人智では推し量れぬもの」
第17回 英国が「EU離脱」の可能性も--今年はポンド安の年になる?
第16回 クリスマスが明け、欧米勢は新年度入り--日本人の"正月気分"が狙われる可能性!
第15回 機関投資家は、円高に耐えられるのか!?--ドル/円、100円割れの可能性も
第14回 原油価格下落が再開、日本の貿易収支とドル/円への影響は?
第13回 ユーロの悲劇--なぜ急騰し、そして高止まりしたか!?
第12回 ユーロ/円、潜在的な大相場の可能性--110円近辺まで下落か!?
第11回 ユーロ/ドル、超長期からのアプローチ--9.11テロ、リーマン、ドラギ緩和
第10回 フランス同時テロが、FXマーケットに与える影響は?
第9回 ドル/円、どこまで上がるか!?--日本の貿易赤字の変化に注目
第8回 ユーロ/ドルには十分な警戒が必要--ドイツがおかしくなったら大混乱!?
第7回 ECBドラギ総裁は"先手必勝"の追加緩和--FRBイエレン議長には"市場の洗礼"!?
第6回 無視できない、欧米の"決算絡み"の相場の動き--今後はどうなる!?
第5回 トルコ史上最悪のテロ事件が発生、トルコリラはどうなる!?
第4回 ドル/円とユーロ/ドルの膠着相場、近い将来相場が動き出す前兆を示唆
第3回 フォルクスワーゲン不正問題に思う--ドイツから米国へ富の移し替え!?
第2回 ユーロ/ドルが動くわけ、動かないわけ
第1回 ドル/円、本格的に円高に転換か?

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

KDDI、ゲーム感覚でWALLET ポイントがたまる「auまちモニ」
[15:39 8/24] スマホとデジタル家電
坂上忍、高畑容疑者の24時間テレビ降板「自覚なかったじゃ済まされない」
[15:38 8/24] エンタメ
シックス・アパート、PHP 7&MySQL 5.7に対応した「Movable Type 6.3」
[15:38 8/24] 企業IT
【特別企画】富士通がプログラミング教室を開催した理由
[15:30 8/24] 企業IT
DTI SIM、月額基本料金を半年間980円引きにするキャンペーン
[15:26 8/24] スマホとデジタル家電