【コラム】

メディアの革命

46 見えてきた接点、電子ブックと日本出版界

46/55

iPadの出現はコンテンツ業界の福音となるか

iPadの参入でアメリカにおける電子情報端末の三つ巴の争いが面白くなってきた。この流れが日本にどのように波及するかを予測してみよう。

まずiPad以降アメリカで起きている動きを簡単にまとめてみよう。電子媒体市場になだれ込んできたiPadへの出版界の反応は、全体として好意的だ。その代表例を「ボーグ」「ニューヨーカー」などハイブローな雑誌を数多く発行するコンデナスト社の電子事業部長サラ・チャッブの発言に見ることができる。

「iPadの出現でゲームのルールが変わると思う。なぜならこんなに多くのコンテンツを一つのツールで利用できるようになるのだから。キンドルを買った人は、それ以前より多くの新聞、書籍を買っている。だからこうしたデバイスは人々により多くのメディア・コンテンツを消費させることになる。それは私たちにとってもいいことじゃないか」

新しく生まれたマーケットでは、まず先行してビジネスモデルを作った社が創業利得を確保する。並行して新市場に多くの企業が参入するにつれて価格破壊が起こるがマーケットの規模は拡大する。

ソニー・リーダー、キンドル、米大手書店のブックリーダーであるヌック(nook)、IREXそしてiPad……。情報端末といっても、その機能は少しずつ異なっている。言うまでもないことだが、iPadは文字媒体のみならず、ビデオ、音楽視聴、ウェブブラウザ、位置情報機能(Wi-Fi+3Gモデル)なども搭載して「オールインワン」を目指す。

キンドル陣営も新価格体系で対抗

これに対しキンドル、リーダーは、基本的に電子書籍端末に徹している。この重なりあう分野、新聞、雑誌、書籍など提供コンテンツの利益配分に関し、セオリー通り価格破壊の動きが起きている。

iPadのブックストアー(iBookストア)では、コンテンツを提供する出版社側にEブックの値段を選ばせる。選択肢はハードカバーのベストセラーで12.99ドルか14.99ドル。ベストセラーでない場合、9.99ドルという価格選択もある。アップル側はこの内30%を取り、出版社側が70%を取るという。14.99ドルの場合、アップル4.49ドル、出版社側10.49ドルの配分なわけだ。

一方、キンドルは取引の詳細を公表していない。1月27日付のウォールストリート・ジャーナルによると、ベストセラーについて定価を紙製のほぼ半額と固定しているという。店頭28.95ドルの書籍の場合、出版社に14.50ドル程度を支払う。一方、キンドルは価格を平均、9.99ドルに固定しているから一冊売るごとに約4.50ドル損をすることになる。この赤字覚悟の販売によりEブック市場の独占を図ってきたわけだ。

キンドルにこうした「商法」が可能だったのは、昨年までに500万台と、世界で急激に伸びている端末売り上げのほとんどをKindle2とKindle Deluxeが占めていることがある。つまり創業利得のストックである。

さらに新聞、雑誌配信に関しては売り上げの65~74%を取っているし、著作権の切れた作品、ベストセラーではない作品ではしっかり稼いでいる。

そのキンドルが、今年1月末から2月にかけてiPad対策として新しい価格政策を導入した。第一は、(1)10ドル未満で (2)店頭の紙製よりも2割以上割安──などの条件を満たす書籍については出版社への売り上げ還元率を70%に引き上げる。第二は、主要出版社の要請によって9.99ドルという固定価格をより高値に設定できるようにした点だ。

iBookストアの登場は、出版社(著者)にとって販売価格を選択できるアップルがいいのか、固定だが取り分が若干よいキンドルにするか、というチョイスを生んだわけだ。アマゾンの新価格戦略は、このギャップを埋めようというものである。いずれにしてもアマゾン一人勝ちの時代に比べると、iPadの参入で配給側の競争が激化し、コンテンツ供給側にメリットが生まれた。この競争は末端価格に及ぶことは必至で、いずれメリットは消費者にも及ぶだろう。

今後の注目点は、互換性のない数機種の中で誰が「勝者」になるかだ。

iPadは、すでに主要テレビネットワーク、ビデオゲーム出版社ともコンテンツ提供交渉を始めているという。ネットワークにとっては、これに応じた場合、最大の顧客であり、収入源でもある衛星、有線テレビ各社との関係が壊れかねないという問題を抱えている。

しかしiPodを敵に回した米レコード業界は致命的打撃を受けた。簡単に契約には至らないだろうが、流れは決まっているように思われる。

電子書籍に遅れをとる国内出版は?

こうした動きに対して日本側の反応はどうか。講談社、新潮社、小学館など大手出版13社で組織する「日本電子書籍出版社協会」では、今年一月から本格的対応を協議し始めた。メンバーの一人は、「一部新聞報道にあったコンテンツをブロックするといった気はない。適正なルールと料金設定で話がまとまれば積極的にコンテンツを出す」と前向きだ。

米国と違って大手取次に市場支配力があり、中小零細書店が数多くある日本の場合、「紙から電子」へと移行する際、何らかの激変緩和処置が必要になるだろう。アマゾン・ジャパンでは今年10月前後のキンドル日本語版サービス開始を目指しているという。その場合、新聞界はどうするのか。

いずれにしてもアメリカから3年遅れて日本にも本格的な電子書籍時代が到来しつつあるわけだ。

執筆者プロフィール : 河内孝(かわち たかし)

1944(昭和19)年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。毎日新聞社政治部、ワシントン支局、外信部長、社長室長、常務取締役などを経て2006年に退社。現在、(株)Office Kawachi代表、国際福祉事業団、全国老人福祉施設協議会理事。著述活動の傍ら、慶應義塾大学メディアコミュニケーション研究所、東京福祉大学で講師を務める。近著に『次に来るメディアは何か』(ちくま新書)のほか、『新聞社 破綻したビジネスモデル』『血の政治 青嵐会という物語』(新潮新書)、『YouTube民主主義』(マイコミ新書)などがある。

46/55

インデックス

連載目次
第55回 ネット企業は信用できるか ~3つのプライバシー事件
第54回 グーグルの首を絞める過剰傍受問題
第53回 電子書籍マーケットで試される日本の存在感
第52回 iPadに見るコンテンツ課金の可能性
第51回 新聞社の救世主か? コンテンツ課金代行ビジネス「Journalism Online」
第50回 グーグルと共生するということ - ブックス訴訟弁護士に聞く
第49回 "グーグルという現代の怪物"と折り合う時代
第48回 メディアの将来を左右するオバマ政権の動き - ノーム教授に聞く(2)
第47回 「ニュース・インテグレータ」というメディア形態 - ノーム教授に聞く(1)
第46回 見えてきた接点、電子ブックと日本出版界
第45回 日経電子版の創刊に見る"販売店"という呪縛
第44回 電子ブックリーダーの人気とメディア企業のジレンマ - Pay Wall戦争 2
第43回 なぜマードックは独自「キンドル」を求めるのか - Pay Wall戦争 1
第42回 中村伊知哉・慶大教授が苦言、「日本版FCCは官僚の思うつぼ」
第41回 「日本版FCC」の議論、総務省と経産省との"縄張り争い"の一面も
第40回 なかなか姿が見えてこない、原口総務相の「日本版FCC」構想
第39回 原口総務相登場で話題の「FCC」は、アメリカの"メディア史"そのもの
第38回 米国の新ジャーナリズムを支えるのは、「記者の給料の低さ」
第37回 国際報道専門のネット通信社も誕生、現地に運営体制築き「世界に情報発信」
第36回 "新聞後"のジャーナリズム - すでに「調査報道」を実現した米国Webメディア
第35回 もはや優位性を主張できない、新聞の「編集力」「記事の一覧性」
第34回 マードック氏が宣言した「ニュースコンテンツ課金」立ちはだかるハードルとは?
第33回 Googleを批判しつつ「紙からデジタル」を決断した"メディア王"マードック氏
第32回 新聞界は"自然死"を待つだけでいいのか?
第31回 「新聞社の未来」は「ジャーナリズムの未来」ではない?
第30回 米公聴会でGoogleメイヤー副社長「新聞は広告モデルでの生き残り模索を」
第29回 ジョン・ケリー氏、米上院で「新聞王が想像できなかった」新時代への対応問う
第28回 GoogleのシュミットCEOは「新聞のさらなる自己革新」要請
第27回 「オンラインニュース有料化を!」既存メディアとネットの対立が経済危機で再燃
第26回 ネットビジネスの雄・Googleをも脅かす「メディア不況」の波
第25回 米国で模索続く"Paperless"時代の「Newspaper Industry」
第24回 "悲報"相次ぐ米国新聞界、「理想的な言論機関」への再生策とは?
第23回 米国で語られ始めた、公共財としての「新聞再生論」
第22回 新聞社・放送局は、日本版メデイア・コングロマリットの"一子会社"に
第21回 民放と番組制作会社とのゆがんだ関係、未来に向けた"整形"は可能か?
第20回 通信キャリアがメディア再編の主導権、新聞業は「限りなくペーパーレス」に
第19回 来るメディア再編、フジなど「3大メジャー」と1グループの"3.5体制"に
第18回 "数字は正直"、中間決算で見えてきた「民放」が直面する問題の数々
第17回 日本版"メディア・コングロマリット"形成のための環境作りとは?
第16回 「世界を相手に戦わない」日本のメディア産業の実態
第15回 情報通信法が想定する「放送と通信の融合」とは何か?
第14回 日本でもついに始まった「メディア・コングロマリット」形成の動き
第13回 "オバマガール"に見る「YouTube民主主義」の光と陰
第12回 YouTubeで"音楽化"されて広がるオバマ氏の「Yes We Can」
第11回 投票行動を決める上で、ネットの影響力は「口コミ」の下
第10回 大統領選の"第1の情報源"として新聞を抜いたインターネット
第9回 "オバマ現象"を生み出した「インターネット献金」の衝撃
第8回 ネットが米大統領選にもたらした"革命"とは?
第7回 大きな政治問題を引き起こす「垂直統合型モデル」
第6回 メディアの寡占・集中化は「民主主義」の危機か?
第5回 放送の「公平原則」を葬り去った米FCC委員長
第4回 分散型の企業統治構造、全てを知るのは「マードック氏ひとり」
第3回 新たな新聞買収を仕掛けた"メディア王"マードック氏の狙いとは?
第2回 "メガラジオ"の無人局には届かなかった緊急放送要請
第1回 メディア・コングロマリットとは何か?

もっと見る

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報