【コラム】

Mac Fan ソフトウェアレビュー

68 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3.5」

宮崎綾子

68/70

WEBサイトをアップロードするだけで
モバイルサイトまで自動で完成【2010年5月号掲載】


「BiND for WebLiFE* (以下、BiND)」は、HTMLの知識がなくてもスタイリッシュなWEBサイトを作成できるソフトウェアだ。個人のWEBサイトはもちろん、店舗や企業のサイトとしても十分なクオリティのものを作ることができ、実際に導入している企業も多い。そんなBiNDの最新作は、ついにモバイルサイトに対応。さまざまなデバイスで自らのサイトをアピールすることで、新しい訪問者を獲得するチャンスが生まれるのだ。


スペック

[発売元] デジタルステージ [価格] プロフェッショナル版:2万4,800円、スタンダード版:1万9,800円 [OS] Mac OS X 10.4.11またはMac OS X 10.5.7またはMac OS X 10.6(サーバ版を除く) [メモリ] 1GB以上(2GB以上を推奨) [HD] 2GB以上(5GB以上を推奨) [備考] Safari3以上、Adobe Flash Player9.0.115以上、Adobe AIR1.5.2が必要 [掲載号] 「Mac Fan」2010年5月号

OVERVIEW

BiNDは、誰でもクオリティの高いWEBサイトを作成できるソフトウェアだ。その理由の1つとして、プロのWEBクリエイターがデザインしたテンプレートが数多く収録されていることが挙げられるが、BiNDの魅力はそれだけではない。

例えばBiNDは、初心者がサイトを編集しても、レイアウトが崩れたりソース(HTMLの記述)がおかしくなったりする心配がない。これは、ページをブロックに分割しブロックごとに編集する独自のページ作成方法をとっているためだ。また、SEO対策(検索エンジンへの最適化。検索の上位に来ることでアクセスアップが望める)の点でもBiNDの使用は効果的だ。「WEB標準」と呼ばれる仕様に準拠したサイトが出来上がるため、ユーザが意識しなくてもSEO対策に有利なサイトが完成する。

バージョン3では、YouTubeやニュースティッカー、アンケートフォームなど、ユーザが望むさまざまなコンテンツをBiNDサイト内に設置できるようになった。そして、最新作となる3.5では、モバイルサイトの作成・変換に対応。iPhoneへの対応はもちろん、国内大手3キャリアにも対応する。

(1) インターフェイスは継承
基本的なインターフェイスや使い勝手は、従来のバージョンを継承している。スッキリとまとまっており、新しくBiNDを始めるユーザも戸惑わずに済むだろう。[モバイルプレビュー]や[モバイル設定]ボタンが、ウインドウ下部に追加された

従来のモバイルサイトは、プロ向けのツールを使ったりコードを直接編集してコツコツ作るイメージが強かったが、BiNDは違う。ユーザが細かな設定をしなくても、自動的にモバイル対応をしてくれる。なお、本バージョンはバージョン3のユーザであれば無償でアップデートが可能だ。

(2) 新しく追加されたモバイル機能
シミュレータもBiNDらしく、洗練されたインターフェイスだ。[サイトエディタ]に追加された[モバイルプレビュー]からこのシミュレータが起動する

FOCUS ON

実際に、BiNDで作成した2段組みのWEBページをサーバにアップロードして携帯電話からアクセスしたところ、何も設定はしていないにもかかわらずモバイル用のページが表示された。モバイル用のページでは1段組みのレイアウトになるが、新設の[モバイル設定]ボタンから、レイアウトをどのような順序で並ばせるかを指示できる。本ソフトではさらに、ブロックごとに「携帯では非表示にする」という設定を行うことも可能だ。

(3) サイトをアップロード
このサイトをBiND Serverへアップロードした。2段組みのデザインで、大見出しには本ソフトに付属するグラフィックエディタ「SiGN for WebLiFE*」を使っている

(4) 何もせずに自動変換
自動変換されたページの例。まずまず読みやすい。基本的に、段組みは左→右の順番で段のない状態に展開されていく。シンプルすぎる感じがするかもしれないが、何もせずに全キャリアに対応することを考えると、十分な出来だろう

(5) フッターも自動で処理
フッター(ページ下側のパーツ)にはナビゲーションが自動的に挿入される。PCサイトへの誘導ができるので、iPhoneなどフルブラウザ搭載の機器にも便利だ

(6) コンテンツの並び順を設定可能
段組みレイアウトをモバイルでどのように表示させるかは、ユーザが設定できる。といっても面倒なことは何もなく、リストから好みのものを選ぶだけだ

また、Googleマップを埋め込んだページは、携帯電話で表示させると地図へのリンクに変換された。店舗情報などを掲載するのに地図は必須だが、地図を一緒に読み込ませないことでデータ量が軽減する。

むろん、自動変換は完璧ではない。例えば、大見出しに指定した文字は必ず黒い帯で白抜き文字になり、他の文字色も黒。読みやすさでは問題ないが、見栄えに問題が出る場合もある。こだわる場合は、3.5に収録される携帯変換用のテンプレートを利用し、見出しなどを画像で作り込んでいくといいだろう。幅240ピクセルのテンプレートで、変換後を想像して作りやすくなっている。

(7) モバイル用テンプレートも搭載
モバイル変換用のテンプレートを使ってみた。幅が狭いため簡単に作ることができ、仕上がりもなかなか。携帯電話での見栄えを重視する人は、このテンプレートで一から自作するのもいいかもしれない

これだけ手軽にモバイル対応ができるならすぐにでも利用したいという人もいるだろうが、モバイル用の自動変換は、2009年9月にスタートした「BiND Server(バインドサーバ)」の利用が必須となる(サーバ側で携帯に対応したHTMLデータを自動生成している)。BiND Serverは、ソフトを購入することで一定期間無料で利用できるが(ベーシックサービス)、2010年4月からは上位のプレミアムサービスも開始した。こちらに加入すれば、携帯サイトをWEB上でさらに編集したり、QRコードやキャンペーンチケットの作成機能が利用可能になる。店舗やイベントのWEBサイトを作成するうえでメリットが高そうだ。

AFTER REVIEW

モバイルサイトが簡単に作れるのはうれしいが、そのためにはBiND Serverの利用が前提となる。すでに別のサーバでWEBサイトを作成している人は引っ越しが必要となるのが悩ましい。BiND Serverは無料期間終了後に利用料が発生するが、企業や店舗などのビジネスユーザにとっては価格に見合ったものだと思う。

68/70

インデックス

連載目次
第70回 Flashアニメーション作成ソフト「かんたんWebアニメーション2」
第69回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 4」
第68回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3.5」
第67回 ToDo管理ソフト「Things Mac」
第66回 データ復旧ソフト「データレスキュー3」
第65回 動画ダウンロード&変換ソフト「チューブ&ニコ録画2コンプリート」
第64回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3」
第63回 スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema 3」
第62回 セキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ Mac版」
第61回 ディスクライティングソフト「Toast 10 Titanium」
第60回 画像処理ソフト「Nik Software Sharpener Pro 3.0」
第59回 申告書類作成ソフト「Macの青色申告5」
第58回 データベース作成ソフト「FileMaker Pro 10」
第57回 統合オフィスソフト「スタースイート 9」
第56回 ファイル復元ソフト「完全復元PRO for Mac」
第55回 名刺管理ソフト「名刺万能 for Macintosh」
第54回 仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」
第53回 翻訳ソフト「翻訳ピカイチ 2009 plus for Macintosh」
第52回 スライドショー作成ソフト「パルプモーション・アドバンス 英語版」
第51回 データベース作成ソフト「Bento 2」
第50回 写真合成ソフト「Photomatix Pro 3.0」
第49回 ユーティリティ「iPartition 3」
第48回 年賀状作成ソフト「宛名職人 Ver.15」
第47回 マンガ制作ソフト「ComicStudioEX 4.0」
第46回 Photoshop/Apertureプラグイン「Nik Software Silver Efex Pro」
第45回 DTMソフト「Digital Performer 6」
第44回 インテリアシミュレーション「インテリア プロ 4.0」
第43回 DJソフト「djay」
第42回 RAW現像・画像管理ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 2」
第41回 ディスクメンテナンス「Drive Genius 2」
第40回 動画ダウンローダ「チューブ&ニコ録画 for Mac」
第39回 iTunesユーティリティ「TuneRanger」
第38回 RAW現像ソフト「DxO Optics Pro v5」
第37回 ユーティリティソフト「Spring Cleaning 9」
第36回 PDF活用ソフト「Adobe Acrobat 9 Pro」
第35回 日本語入力ソフト「ATOK 2008 for Mac」
第34回 マネー管理ソフト「Master Money for Mac 2」
第33回 バックアップソフト「パーソナルバックアップ X5」
第32回 写真編集・管理ソフト「Aperture 2」
第31回 翻訳ソフト「MAC-Transer 2008 プロフェッショナル」
第30回 グラフィックソフト「OmniGraffle 5 Professional」
第29回 CD/DVDライティングソフト「Toast 9 Titanium」
第28回 Photoshopプラグイン「Nik Color Efex Pro 3.0 COMPLETE EDITION」
第27回 携帯電話メモリ管理ソフト「携帯万能 for Macintosh」
第26回 セキュリティソフト「ウイルスバリアX5」
第25回 セキュリティソフト「ネットバリアX5」
第24回 画像管理ソフト「PhotoBase Pro」
第23回 ファイル復旧ソフト「ファイルサルベージ 6 PRO」
第22回 3DCGソフト「Shade 10 Professional」
第21回 ウイルス対策ソフト「Norton AntiVirus 11 for Mac」
第20回 ペイントソフト「Kid Pix Deluxe 3X」
第19回 ペイントソフト「Corel Painter Essentials 4」
第18回 ムービー編集ソフト「Final Cut Express 4」
第17回 圧縮・解凍ソフト「StuffIt Deluxe 12 英語版」
第16回 3DCGプラグインソフト「STRATA DESIGN 3D[in] 日本語版 for Mac OS X」
第15回 サウンド取り込み・編集ソフト「WireTap Studio」
第14回 宛名印刷ソフト「宛名職人Ver.15」
第13回 動画ダウンロード/変換ソフト「Video SAVE for Macintosh」
第12回 会計ソフト「A&A会計」
第11回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 3」
第10回 DTMソフト「Logic Studio」
第9回 マインドマップ作成ツール「MindManager 7 Mac」
第8回 アニメーション作成ソフト「パルプモーション」
第7回 キャプチャツール「Snapz Pro X」
第6回 3DCGソフト「iPoser 7 for Mac OS X」
第5回 RAW現像ソフト「ArcSoft DigitalDarkroom」
第4回 Webサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*」
第3回 コンテンツ管理システム「Movable Type 4」
第2回 ファイルデータベースソフト「Microsoft Expression Media」
第1回 Flashアニメ作成ソフト「かんたんWebアニメーション」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事