【コラム】

Mac Fan ソフトウェアレビュー

66 データ復旧ソフト「データレスキュー3」

66/70

わかりやすいインターフェイスに一新!
データの復旧速度と復旧率も向上【2010年2月号掲載】


定番のファイル復旧ソフト「データレスキュー」がSnow Leopardに正式対応した。ハードディスクをはじめ、各種フラッシュメモリ、iPod(iPhone、iPod touchは除く)やデジカメ内蔵記憶装置などをスキャンし、誤って消してしまったファイル、ドライブの損傷で読み込めなくなったファイルなどを復旧できる。その最新バージョンとなる本ソフトは、未対応の形式でもユーザがサンプルを登録することで復旧を可能とする「ファイルIQ」機能を追加した。復旧を諦めてしまっていたデータも、本バージョンなら取り戻せるかもしれない。


スペック

[発売元] アイギーク [価格] パッケージ版:1万5,750円、ダウンロード版:9,975円、アップグレード版(メディア付き):9,450円、アップグレード版(ダウンロード):7,350円 [OS] Mac OS X 10.4.9以上 [メモリ] 512GB以上(1GB以上を推奨) [HD] 700MB(別途仮想マシン1台につき5GB以上が必要) [備考] インテルCPUを搭載したMac、もしくは、PowerPC G4/G5を搭載し、2006年以降に製造されたMacに対応。復旧データを保存するためのハードディスクが別途必要 [掲載号] 「Mac Fan」2010年2月号

OVERVIEW

「データレスキュー3」は、誤って削除したファイルやフォーマットしたディスクからファイルを救出する復旧ソフトだ。今回のバージョンでは、ユーザインターフェイスを刷新し、初心者でも扱いやすいウィザード形式で復旧作業を実行できるようになった。

(1) 簡単操作で迷わず復旧
データレスキュー3を起動すると、3つのステップでデータ復旧作業を進めるウィザードが表示される。このウィザードに従って作業を進めてもいいし、[閉じる]をクリックして手動で進めることも可能だ

また、グラフィカルな「アリーナビュー」とテキストベースのシンプルな「詳細ビュー」という2種類のインターフェイスが用意され、スキャン中にはアニメーションが表示されるようにもなっている。

(2) グラフィックにこだわったアリーナビュー
各機能にアクセスするためのアイコンが扇状に並んだ「アリーナビュー」(左)。見栄えにこだわったデザインだ。テキストベースで各機能の詳細を説明する「詳細ビュー」(右)も用意されており、ウインドウ左下のボタンをクリックして切り替えられる

(3) スキャン中はアニメーションが表示
スキャン中には、作業の進行状況を示すプログレスバーと、アニメーションが表示される。処理が途中でストップせずにしっかり動作しているという安心感を得られる

機能面では、見つけたファイルを復旧前にプレビューする機能や、初期状態では対象外となっている特殊な形式のファイルでもサンプルファイルを登録することで復旧対象にできる「ファイルIQ」機能、ディスクのクローン機能、ディスクの状態を分析する機能などが追加されている。最新OSのSnow Leopardにも対応し、処理速度の高速化も実現している。

(4) 「ファイルIQ」機能のサンプル登録画面
未対応のファイルを登録して復旧を可能にする「ファイルIQ」機能のサンプル登録画面。高い復旧率となったが、ファイルフォーマットによっては登録しても効果が見られないこともある

(5) 復旧以外の機能も実装
スキャン方法(タスク)の選択画面。ディレクトリ情報を利用する「クイックスキャン」、時間はかかるが復旧率の高い「ディープスキャン」、最近削除されたファイルを探し出す「削除スキャン」などの他に、ディスクのクローン(複製)などの機能を持つ

FOCUS ON

ファイル復旧の手順は、対象となるボリュームの選択、スキャン方法の選択、スキャンの実行、復旧したファイルの保存という流れで、前バージョンから大きな変更はないが、ウィザード形式のインターフェイスのおかげで、そのとき何をすればよいのかがわかりやすくなっている。

スキャン中は、グラフィカルなアニメーションと合わせて、処理の進捗状況を表示するバーや残り時間が表示される。前バージョンでは、スキャン途中にどんどん残り時間の表示が増えていってしまうことがあったが、本バージョンではスキャン方法の変更により、残り時間の表示と実際の処理時間のずれが少なくなった。いつ処理が終了するのかという不安や焦りが低減されるという点で、重要な改善ポイントだ。肝心のスキャン時間も、前バージョンと比較して90%程度の所要時間で完了した(60GBのUSB接続ハードディスクで「ディープスキャン」を行った場合に約1時間を要した)。

スキャン後のファイルプレビュー機能は、Leopardから搭載された「クイックルック」とほぼ同じ機能でファイル内容が確認しやすい。例えば、画像ファイルなら一般的なJPEGやPNGなどはもちろん、デジタルカメラのRAWファイルの表示も行える。また、画像以外にもテキストやPDFファイルなどもプレビューが可能だった。大容量のハードディスクをスキャンしても、ファイルの内容が確認できなければ、片っ端から保存可能な別の大容量ハードディスクが必要になってくるので、このプレビュー機能はありがたい。

(6) クイックルックのようなプレビュー機能
ファイル内容を確認できるプレビュー機能。OSのファイルプレビュー機能を利用しているということだが、「Keynote」のファイルなど、OS上ではプレビューできるものの本ソフト上で表示できないものがあった

さらに、新機能のファイルIQ機能も心強い。初期状態で復旧できなかった「Shade(シェード)」や「MindManager(マインドマネージャ)」といったソフトの独自ファイルで試したところ、5つのファイルをサンプルとして読み込ませた後は高確率で復旧できるようになった。中には登録しても検出できなかったケースや復旧後に正しく開けなかったケースもあったが、全体的に見れば8割以上のデータを復旧できた。信頼に値する新機能といえるだろう。

(7) 救出したファイルは種類ごとに分類
救出したファイルは、階層化されたフォルダの中に種類別で分類される。ディレクトリ情報を利用する「クイックスキャン」でファイルが見つかった場合は、フォルダ階層やファイル名が保持される。

AFTER REVIEW

思いのほかスムーズに復旧作業が行え、「ディープスキャン」の速度も従来と比べ速い。RAWファイルの対応も進んでいるようで、前バージョンでは復旧できなかったRAWファイルも復旧できたのが頼もしい。復旧率は損傷状態によって変わるため、この製品があれば安心とはいい切れないが、万が一のとき頼りになることは間違いない。

最新機種に対応した「Drive Genius 2.2 Snow Leopard対応版」が登場!

こちら

アイギークは、Mac OS X用ディスクメンテナンスツール「Drive Genius 2.2 Snow Leopard対応版」を発売した。通常パッケージ版やダウンロード版に加え、本体同時購入/OS同時購入/他社製品乗り換えユーザー対象の特別優待版も用意している。価格は、通常パッケージ版が12,880円、特別優待パッケージ版が9,980円。ダウンロード版は8,925円。またアイギークのWebサイトでは、無償試用版が配布されている。

体験版のダウンロードおよび購入はこちらから

66/70

インデックス

連載目次
第70回 Flashアニメーション作成ソフト「かんたんWebアニメーション2」
第69回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 4」
第68回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3.5」
第67回 ToDo管理ソフト「Things Mac」
第66回 データ復旧ソフト「データレスキュー3」
第65回 動画ダウンロード&変換ソフト「チューブ&ニコ録画2コンプリート」
第64回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3」
第63回 スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema 3」
第62回 セキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ Mac版」
第61回 ディスクライティングソフト「Toast 10 Titanium」
第60回 画像処理ソフト「Nik Software Sharpener Pro 3.0」
第59回 申告書類作成ソフト「Macの青色申告5」
第58回 データベース作成ソフト「FileMaker Pro 10」
第57回 統合オフィスソフト「スタースイート 9」
第56回 ファイル復元ソフト「完全復元PRO for Mac」
第55回 名刺管理ソフト「名刺万能 for Macintosh」
第54回 仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」
第53回 翻訳ソフト「翻訳ピカイチ 2009 plus for Macintosh」
第52回 スライドショー作成ソフト「パルプモーション・アドバンス 英語版」
第51回 データベース作成ソフト「Bento 2」
第50回 写真合成ソフト「Photomatix Pro 3.0」
第49回 ユーティリティ「iPartition 3」
第48回 年賀状作成ソフト「宛名職人 Ver.15」
第47回 マンガ制作ソフト「ComicStudioEX 4.0」
第46回 Photoshop/Apertureプラグイン「Nik Software Silver Efex Pro」
第45回 DTMソフト「Digital Performer 6」
第44回 インテリアシミュレーション「インテリア プロ 4.0」
第43回 DJソフト「djay」
第42回 RAW現像・画像管理ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 2」
第41回 ディスクメンテナンス「Drive Genius 2」
第40回 動画ダウンローダ「チューブ&ニコ録画 for Mac」
第39回 iTunesユーティリティ「TuneRanger」
第38回 RAW現像ソフト「DxO Optics Pro v5」
第37回 ユーティリティソフト「Spring Cleaning 9」
第36回 PDF活用ソフト「Adobe Acrobat 9 Pro」
第35回 日本語入力ソフト「ATOK 2008 for Mac」
第34回 マネー管理ソフト「Master Money for Mac 2」
第33回 バックアップソフト「パーソナルバックアップ X5」
第32回 写真編集・管理ソフト「Aperture 2」
第31回 翻訳ソフト「MAC-Transer 2008 プロフェッショナル」
第30回 グラフィックソフト「OmniGraffle 5 Professional」
第29回 CD/DVDライティングソフト「Toast 9 Titanium」
第28回 Photoshopプラグイン「Nik Color Efex Pro 3.0 COMPLETE EDITION」
第27回 携帯電話メモリ管理ソフト「携帯万能 for Macintosh」
第26回 セキュリティソフト「ウイルスバリアX5」
第25回 セキュリティソフト「ネットバリアX5」
第24回 画像管理ソフト「PhotoBase Pro」
第23回 ファイル復旧ソフト「ファイルサルベージ 6 PRO」
第22回 3DCGソフト「Shade 10 Professional」
第21回 ウイルス対策ソフト「Norton AntiVirus 11 for Mac」
第20回 ペイントソフト「Kid Pix Deluxe 3X」
第19回 ペイントソフト「Corel Painter Essentials 4」
第18回 ムービー編集ソフト「Final Cut Express 4」
第17回 圧縮・解凍ソフト「StuffIt Deluxe 12 英語版」
第16回 3DCGプラグインソフト「STRATA DESIGN 3D[in] 日本語版 for Mac OS X」
第15回 サウンド取り込み・編集ソフト「WireTap Studio」
第14回 宛名印刷ソフト「宛名職人Ver.15」
第13回 動画ダウンロード/変換ソフト「Video SAVE for Macintosh」
第12回 会計ソフト「A&A会計」
第11回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 3」
第10回 DTMソフト「Logic Studio」
第9回 マインドマップ作成ツール「MindManager 7 Mac」
第8回 アニメーション作成ソフト「パルプモーション」
第7回 キャプチャツール「Snapz Pro X」
第6回 3DCGソフト「iPoser 7 for Mac OS X」
第5回 RAW現像ソフト「ArcSoft DigitalDarkroom」
第4回 Webサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*」
第3回 コンテンツ管理システム「Movable Type 4」
第2回 ファイルデータベースソフト「Microsoft Expression Media」
第1回 Flashアニメ作成ソフト「かんたんWebアニメーション」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事