【コラム】

Mac Fan ソフトウェアレビュー

54 仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」

54/70

マルチコアCPUをサポートし、パワフルになった仮想化ソフト
【2009年2月号掲載】



スペック

[発売元] ラネクシー [価格] 通常版:1万2,500円、ダウンロード版:9,000円、アップグレード版:5,900円、特別優待版パッケージ価格:8,400円、特別優待版ダウンロード価格:6,800円 ※特別優待版は他社仮想化ソフトウェアの所有が条件 [OS] Mac OS X 10.4.11、10.5.2以上 [メモリ] 1GB以上(Windows Vista使用時には2GB推奨) [HD] 450MB+仮想マシンインストール容量 [備考] 1.66GHz以上のインテルCPUを搭載したMac [掲載号] 「Mac Fan」2009年2月号

OVERVIEW

Mac上でウィンドウズやLinaxを動作させる仮想化ソフトの分野で、定番製品として挙げられるのが、この「Parallels Desktop(パラレルズデスクトップ)」だ。

本製品は、約1年ぶりのメジャーバージョンアップとなるが、その一番の目玉はマルチコアCPUへの対応だ。試験的ではあるが、最大8コアまでサポートしているため、8コアのMac Proをフル活用できる。

(1) マルチコアCPU対応でパフォーマンス増大
3Dベンチマークソフト「CINEBENCH R10」でのテストでは、マルチコアCPU性能が7861を示した。ライバルの「VMware Fusion」は6321だったのに対して約20%高い数値を示している(数値が大きいほど高速)

また、3Dグラフィックスやゲーム向けの命令セットである「DirectX 9.0」や「OpenGL 2.1」もサポートしたほか、64ビットOSにも対応した。

(2) コヒーレンスモードでMacアプリのように
ウィンドウズのアプリケーションウインドウを直接Macのデスクトップ上に表示する「コヒーレンス」モードを備えている。Macからのファイルのドラッグ&ドロップなども可能で使いやすい

(3) Macに接続されているドライブがネットワークドライブに
今までのように仮想OS側でマウントさせることもできるが、このようにMacでマウントさせたまま仮想OS側でネットワークドライブとして認識させることも可能だ。どちらかのOSが占有することなく、両方で認識できるのは便利だ

FOCUS ON

マルチコアCPUに関しては、ライバル製品の「VMware Fusion(ヴイエムウェア・フュージョン)」が、一足先に対応を果たしている。しかし、フュージョンでは、マルチコアCPUをコアごとに1つのCPUとして認識する。それに対して、本製品ではあくまで1つのマルチコアCPUとして認識できるため、複数個のCPUをサポートしていないWindows XPやVistaのホームエディションでも、マルチコアの性能を発揮できる。

そして、このマルチコア対応などの進化により、体感速度が大幅に向上した。今回、Vistaをインストールしてみたが、今までのワンテンポ遅れるような反応速度の遅さはなく、キビキビとしたレスポンスが得られるようになった。今まで、仮想化ソフトはブートキャンプに比べ反応が遅いと感じていたため、ブートキャンプでウィンドウズを使用していたが、この反応速度ならばこちらを常用しようという気にさせてくれる。

また、DirectX 9.0、OpenGL 2.1がサポートされたことで、3DゲームやCADソフトなどの対応の幅が広がった。実際、前のバージョンでは動作しなかった3Dゲームを試してみたところ、無事プレイすることができた。ゲームに備わっているベンチマークテストの結果は決して高い数値ではなかったが、Mac自体の性能が上がれば、いずれ快適に動くようになるだろう。

(4) ダイレクトX 9.0対応でゲームも動く
以前は画面が真っ黒になって動かなかったDirectXを使用するゲームも動作するようになってきた。図は、バンダイナムコゲームスの「銀河英雄伝説」

なお、意外に重要なのが64ビットOSへの対応だ。Windows XPなど32ビットOSでは、1つのアプリケーションで扱えるメモリ容量が3GBまでと限られている。64ビット版のOSをゲストOSとして使用することで、大容量メモリに対応したアプリケーションで高いパフォーマンスを得られるだろう。

(5) セキュリティソフトが標準添付
本製品専用のカスペルスキー社のウィンドウズ用セキュリティソフトが付属する。しかも1年間のライセンスが付いてお得だ

AFTER REVIEW

マルチコアCPUへの対応を果たし、動作速度もかなり向上したという印象だ。今後の課題はいかにGPUを使うかという点になってくる。次期Mac OS Xのスノーレパードでは、OpenCLという機能が搭載されるという。この機能は、GPUをグラフィックス演算以外にも活用できるようになる機能だが、今後、仮想化ソフトがこの機能を活用できるようになれば、さらに快適なパフォーマンスが期待できそうだ。

54/70

インデックス

連載目次
第70回 Flashアニメーション作成ソフト「かんたんWebアニメーション2」
第69回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 4」
第68回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3.5」
第67回 ToDo管理ソフト「Things Mac」
第66回 データ復旧ソフト「データレスキュー3」
第65回 動画ダウンロード&変換ソフト「チューブ&ニコ録画2コンプリート」
第64回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3」
第63回 スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema 3」
第62回 セキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ Mac版」
第61回 ディスクライティングソフト「Toast 10 Titanium」
第60回 画像処理ソフト「Nik Software Sharpener Pro 3.0」
第59回 申告書類作成ソフト「Macの青色申告5」
第58回 データベース作成ソフト「FileMaker Pro 10」
第57回 統合オフィスソフト「スタースイート 9」
第56回 ファイル復元ソフト「完全復元PRO for Mac」
第55回 名刺管理ソフト「名刺万能 for Macintosh」
第54回 仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」
第53回 翻訳ソフト「翻訳ピカイチ 2009 plus for Macintosh」
第52回 スライドショー作成ソフト「パルプモーション・アドバンス 英語版」
第51回 データベース作成ソフト「Bento 2」
第50回 写真合成ソフト「Photomatix Pro 3.0」
第49回 ユーティリティ「iPartition 3」
第48回 年賀状作成ソフト「宛名職人 Ver.15」
第47回 マンガ制作ソフト「ComicStudioEX 4.0」
第46回 Photoshop/Apertureプラグイン「Nik Software Silver Efex Pro」
第45回 DTMソフト「Digital Performer 6」
第44回 インテリアシミュレーション「インテリア プロ 4.0」
第43回 DJソフト「djay」
第42回 RAW現像・画像管理ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 2」
第41回 ディスクメンテナンス「Drive Genius 2」
第40回 動画ダウンローダ「チューブ&ニコ録画 for Mac」
第39回 iTunesユーティリティ「TuneRanger」
第38回 RAW現像ソフト「DxO Optics Pro v5」
第37回 ユーティリティソフト「Spring Cleaning 9」
第36回 PDF活用ソフト「Adobe Acrobat 9 Pro」
第35回 日本語入力ソフト「ATOK 2008 for Mac」
第34回 マネー管理ソフト「Master Money for Mac 2」
第33回 バックアップソフト「パーソナルバックアップ X5」
第32回 写真編集・管理ソフト「Aperture 2」
第31回 翻訳ソフト「MAC-Transer 2008 プロフェッショナル」
第30回 グラフィックソフト「OmniGraffle 5 Professional」
第29回 CD/DVDライティングソフト「Toast 9 Titanium」
第28回 Photoshopプラグイン「Nik Color Efex Pro 3.0 COMPLETE EDITION」
第27回 携帯電話メモリ管理ソフト「携帯万能 for Macintosh」
第26回 セキュリティソフト「ウイルスバリアX5」
第25回 セキュリティソフト「ネットバリアX5」
第24回 画像管理ソフト「PhotoBase Pro」
第23回 ファイル復旧ソフト「ファイルサルベージ 6 PRO」
第22回 3DCGソフト「Shade 10 Professional」
第21回 ウイルス対策ソフト「Norton AntiVirus 11 for Mac」
第20回 ペイントソフト「Kid Pix Deluxe 3X」
第19回 ペイントソフト「Corel Painter Essentials 4」
第18回 ムービー編集ソフト「Final Cut Express 4」
第17回 圧縮・解凍ソフト「StuffIt Deluxe 12 英語版」
第16回 3DCGプラグインソフト「STRATA DESIGN 3D[in] 日本語版 for Mac OS X」
第15回 サウンド取り込み・編集ソフト「WireTap Studio」
第14回 宛名印刷ソフト「宛名職人Ver.15」
第13回 動画ダウンロード/変換ソフト「Video SAVE for Macintosh」
第12回 会計ソフト「A&A会計」
第11回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 3」
第10回 DTMソフト「Logic Studio」
第9回 マインドマップ作成ツール「MindManager 7 Mac」
第8回 アニメーション作成ソフト「パルプモーション」
第7回 キャプチャツール「Snapz Pro X」
第6回 3DCGソフト「iPoser 7 for Mac OS X」
第5回 RAW現像ソフト「ArcSoft DigitalDarkroom」
第4回 Webサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*」
第3回 コンテンツ管理システム「Movable Type 4」
第2回 ファイルデータベースソフト「Microsoft Expression Media」
第1回 Flashアニメ作成ソフト「かんたんWebアニメーション」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事