【コラム】

Mac Fan ソフトウェアレビュー

46 Photoshop/Apertureプラグイン「Nik Software Silver Efex Pro」

46/70

銀塩写真のテイストを詳細にコントロールして再現
【2008年11月号掲載】



スペック

[発売元] ソフトウェア・トゥー [価格] 2万5,200円 [OS] Mac OS X 10.4以上
[メモリ] 512MB以上 [備考] PowerPC G4/G5もしくはインテルプロセッサ搭載のMac。Adobe Photoshop CS2/CS3、Photoshop Elements 4.0/6.0、もしくはPhotoshopプラグインと互換性のある画像編集ソフト、Aperture 2.1以上のいずれかでプラグインとして動作 [掲載号] 「Mac Fan」2008年11月号

OVERVIEW

本製品は、PhotoshopおよびAperture用のモノクローム写真作成プラグインだ。

プラグインを使わなくても写真をグレースケールにしたり、彩度をゼロにしてモノクロにすることは簡単にできるが、本製品の特徴は、単に「それっぽい」モノクロを作成するのではなく、アナログ時代の銀塩写真を思わせる多彩なモノクロ手法のバリエーション、デリケートな粒状性の再現、そして使いやすい部分補正が一体化した、高品位で創造性を刺激するモノクロ写真を生成する点にある。

FOCUS ON

PhotoshopもしくはApertureから本製品を起動すると、左側にスタイル(プリセット)が並ぶ。そのスタイルの豊富さを確認していくと、単にモノクロといっても、露出、増感/減感処理、調色処理などによって多彩な表現があることに改めて気づかされる。アンティーク調ものやHolga(ホルガ、多くの愛好家に支持されるトイカメラ)風のものまであって楽しい。ここから好みのものを選ぶだけでもかなりの表現幅があるが、本製品の真骨頂は右側に並ぶ高度で多彩な調整パラメータだ。

(1) スタイルを選ぶのが基本
起動すると28種類のスタイル(プリセット)が作品作りを誘導する。選ぶと瞬時にプレビューが切り替わるなどレスポンスも高速。このシンプル&スピーディさがプロに愛される理由か

明るさ、コントラストといった標準的なものから、高精度なストラクチャ(明瞭度)調整を任意に行える。また、「Uポイントテクノロジー」という独自の部分補正機能も搭載しており、存分に試行錯誤を行える。

(2) 部分的な調整もマスクなしでOK
Nik Software独自のUポイントテクノロジーで、複雑なマスク作成を行うことなく、明るさなどの調整作業を部分的に適用できる

フィルムグレイン(粒子ノイズ)はフィルムテイスト再現に欠かせない技術だが、他の画像編集ソフトがノイズを重ねる手法をとるのに対し、本製品はハロゲン化銀による粒状化プロセスを再現するなど、自然なフィルムルックが特徴だ。この技術を盛り込んだモノクロフィルムシミュレートなど懐かしくも新鮮な表現を見せてくれる。

(3) 多彩なフィルムルックを再現
自然で美しい粒状性生成エンジンを持ち、往年の銘フィルムを含む18種類のモノクロフィルムの質感を再現。粒状感、色温度、トーンカーブをさらに微調整することもできる

(4) より創造性を深めるトーニング
デリケートなモノクローム色調を生成するトーニング(調色)は18種類のプリセットを基本に印画紙のベース色まで調整可能。ただし、プリンタマッチングは難しい作業となった

元データはデータ形式を問わず、8ビット、16ビットのどちらのモードでも対応する。なお、適用後はモノクロに見えるが実際はRGBデータで処理されたレイヤーになる。ここが難しいところで、インクジェットでプリントしてみたら、モノクロの濃度や階調などが思うように出なかった。微妙に意図していない色味が出てしまう場合もある。もちろんこれらはソフトウェアのせいではないが、思いどおりのモノクロ出力を行うのは大変なことだ。積極的な推奨機材、設定、用紙の情報公開を期待したい。

(5) スマートフィルタに対応
Photoshopプラグインとして起動すると、元画像を保持したまま効果パラメータをあとから修正できる「スマートフィルタ」に対応する。修正の入るビジネス用途では非常に便利だ

(6) 複数画像の編集に対応
Apertureのプラグインとして動作させると、複数画像を同時に取り込んで順次作業が可能となる。プロの求める効率的な作業フローが実現する

AFTER REVIEW

写真をモノクロにするだけで2万5,200円という高価なプラグイン。しかし、本製品の作るモノクロは、質感のよさ、バリエーションの豊富さにおいて別格だと感じた。特にプリセットから好みのものを選び、微調整して自分だけのモノクロ表現を作っていく行程は、昔、写真の自家現像を行った人間には堪らなく楽しい。ただし、画面で見たままのモノクロを出力するには、プリンタや用紙にも投資が必要になるのが悩ましい。

46/70

インデックス

連載目次
第70回 Flashアニメーション作成ソフト「かんたんWebアニメーション2」
第69回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 4」
第68回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3.5」
第67回 ToDo管理ソフト「Things Mac」
第66回 データ復旧ソフト「データレスキュー3」
第65回 動画ダウンロード&変換ソフト「チューブ&ニコ録画2コンプリート」
第64回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3」
第63回 スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema 3」
第62回 セキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ Mac版」
第61回 ディスクライティングソフト「Toast 10 Titanium」
第60回 画像処理ソフト「Nik Software Sharpener Pro 3.0」
第59回 申告書類作成ソフト「Macの青色申告5」
第58回 データベース作成ソフト「FileMaker Pro 10」
第57回 統合オフィスソフト「スタースイート 9」
第56回 ファイル復元ソフト「完全復元PRO for Mac」
第55回 名刺管理ソフト「名刺万能 for Macintosh」
第54回 仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」
第53回 翻訳ソフト「翻訳ピカイチ 2009 plus for Macintosh」
第52回 スライドショー作成ソフト「パルプモーション・アドバンス 英語版」
第51回 データベース作成ソフト「Bento 2」
第50回 写真合成ソフト「Photomatix Pro 3.0」
第49回 ユーティリティ「iPartition 3」
第48回 年賀状作成ソフト「宛名職人 Ver.15」
第47回 マンガ制作ソフト「ComicStudioEX 4.0」
第46回 Photoshop/Apertureプラグイン「Nik Software Silver Efex Pro」
第45回 DTMソフト「Digital Performer 6」
第44回 インテリアシミュレーション「インテリア プロ 4.0」
第43回 DJソフト「djay」
第42回 RAW現像・画像管理ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 2」
第41回 ディスクメンテナンス「Drive Genius 2」
第40回 動画ダウンローダ「チューブ&ニコ録画 for Mac」
第39回 iTunesユーティリティ「TuneRanger」
第38回 RAW現像ソフト「DxO Optics Pro v5」
第37回 ユーティリティソフト「Spring Cleaning 9」
第36回 PDF活用ソフト「Adobe Acrobat 9 Pro」
第35回 日本語入力ソフト「ATOK 2008 for Mac」
第34回 マネー管理ソフト「Master Money for Mac 2」
第33回 バックアップソフト「パーソナルバックアップ X5」
第32回 写真編集・管理ソフト「Aperture 2」
第31回 翻訳ソフト「MAC-Transer 2008 プロフェッショナル」
第30回 グラフィックソフト「OmniGraffle 5 Professional」
第29回 CD/DVDライティングソフト「Toast 9 Titanium」
第28回 Photoshopプラグイン「Nik Color Efex Pro 3.0 COMPLETE EDITION」
第27回 携帯電話メモリ管理ソフト「携帯万能 for Macintosh」
第26回 セキュリティソフト「ウイルスバリアX5」
第25回 セキュリティソフト「ネットバリアX5」
第24回 画像管理ソフト「PhotoBase Pro」
第23回 ファイル復旧ソフト「ファイルサルベージ 6 PRO」
第22回 3DCGソフト「Shade 10 Professional」
第21回 ウイルス対策ソフト「Norton AntiVirus 11 for Mac」
第20回 ペイントソフト「Kid Pix Deluxe 3X」
第19回 ペイントソフト「Corel Painter Essentials 4」
第18回 ムービー編集ソフト「Final Cut Express 4」
第17回 圧縮・解凍ソフト「StuffIt Deluxe 12 英語版」
第16回 3DCGプラグインソフト「STRATA DESIGN 3D[in] 日本語版 for Mac OS X」
第15回 サウンド取り込み・編集ソフト「WireTap Studio」
第14回 宛名印刷ソフト「宛名職人Ver.15」
第13回 動画ダウンロード/変換ソフト「Video SAVE for Macintosh」
第12回 会計ソフト「A&A会計」
第11回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 3」
第10回 DTMソフト「Logic Studio」
第9回 マインドマップ作成ツール「MindManager 7 Mac」
第8回 アニメーション作成ソフト「パルプモーション」
第7回 キャプチャツール「Snapz Pro X」
第6回 3DCGソフト「iPoser 7 for Mac OS X」
第5回 RAW現像ソフト「ArcSoft DigitalDarkroom」
第4回 Webサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*」
第3回 コンテンツ管理システム「Movable Type 4」
第2回 ファイルデータベースソフト「Microsoft Expression Media」
第1回 Flashアニメ作成ソフト「かんたんWebアニメーション」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事