【コラム】

Mac Fan ソフトウェアレビュー

38 RAW現像ソフト「DxO Optics Pro v5」

 

38/70

実機の解析データを使った、高画質なRAW現像ソフト
【2008年9月号掲載】


デジタル一眼レフの普及とともに、RAW現像ソフトへの関心も高まってきた。RAW現像ソフトは、複数のソフトウェアメーカーが独自の機能を競い合う、現在もっともホットな分野といえるだろう。そんな市場の中、「DxO Optics Pro」は、膨大なカメラとレンズの分析データを使って現像を行うという長所で多くのユーザの支持を得ている。本バージョンでは、現像エンジンの刷新やノイズ除去テクノロジーなどを備え、RAW現像ソフト市場に新たな勝負をかけてきた。


スペック

[発売元] ソフトウェア・トゥー [価格] スタンダード版:1万9,800円、エリート版:3万9,800円 [OS] Mac OS X 10.4~10.5 [メモリ] 2GB [HD] 150MB以上(使用するモジュールの種類によっては追加容量が必要) [備考] PowerPC G4/G5、またはインテルプロセッサ搭載のMac [掲載号] 「Mac Fan」2008年9月号

OVERVIEW

本製品は、膨大なレンズとカメラの実機解析データを使って画像を補正するアプローチが大きな特徴だ。焦点距離や撮影距離、ISO感度などカメラが記録するあらゆる撮影パラメータを考慮して現像を行い、レンズ固有の収差も自動で補正することができる。

今回のバージョンでは、インターフェイスを刷新したほか、新たなRAW現像エンジンを搭載し、高品質なノイズ除去を実現した。DxOシリーズ3世代目となるこのエンジンは、色収差までおよぶ広範囲かつ高品質な自動補正を実現する。

(1) 選択画面のプレビューは高速
写真をブラウズする選択画面でのRAW表示は高速でストレスがない。JPEGやTIFFは表示できるが、未対応カメラのRAWやPSDファイルは表示されない

(2) 優秀なノイズ抑制機能
RAW現像の前段階でノイズの抑制を行うため、ノイズ抑制によるディティールの喪失が少ないのが特徴。カメラごとの解析データを使ってノイズを抑制するため、未サポートのカメラでは適用することができない

(3) レンズの収差を自動補正
左が同時記録のJPEG、右が本製品でRAWファイルを自動処理したTIFF。広角レンズ特有の樽型歪みが高度に補正されているのがわかる。この補正はサポートレンズとカメラのみで有効

さらに、ダスト/汚れ除去ツールも備え、気になる箇所をユーザがマウスを使って修正できるようになった。また、「EOS Kiss X2」などの新型カメラのサポートもしっかりと行っている。

FOCUS ON

最近のRAW現像ソフトは、美しい画像が求められるのは当然として、レンズの収差や歪曲を補正することによる総合的な意味での高画質指向と、インターフェイスのシンプル化がトレンドだ。本製品は、実際のカメラ/レンズの分析データを核に補正を行うという手法で他の汎用RAW現像ソフトとは一線を画したクオリティを実現しているが、そのメリットは画質面だけでなく、ユーザがパラメータを複雑に操作する必要なしに、レンズとカメラボディの情報から自動的に高度な補正を行う点にもある。そのため、本バージョンで改良されたインターフェイスでは、ほとんどマウスで選ぶだけで高度な補正を行ってくれる。

(4) ハイライト情報も復元
白飛びしたように見える部分もRAWデータには情報が残っている。適切な補正操作でそれらの見かけ上、失われていたディティールを表現できるのがRAW現像の醍醐味だ

(5) 部分的な色補正が可能
マルチポイントカラーバランスを使うと特定の色域だけ色を補正することができる。肌の色だけを補正したり、服の色を変えたり、応用幅は広い

逆にいえば、自分のカメラ、レンズがサポートされていないとメリットは半減する。最近ではカメラメーカー純正のRAW現像ソフトでも、レンズの固有データを使った補正を積極的に行うようになってきた。純正ソフト同等のスピードでレンズやボディのサポート対象が拡大し続けるか否かが、本製品を使い続けるうえでの1つのキーになるだろう。

また、本製品の純正プラグインである「DxO FilmPack」は、同時使用が必須といえるほどユニークだ。銀塩フィルムはメーカーや銘柄ごとに発色や粒状性が異なり、狙いに合わせたフィルム選びも写真のテクニックの1つだった。DxOフィルムパックは、それをデジタル的にシミュレートするもので、古参ユーザには懐かしい、新しいユーザには新鮮な"あの"フィルムトーンがプルダウンメニューから選択するだけで再現できるのはDxOならではの楽しみの1つとなるだろう。

(6) フィルムの特性を再現
「DxO FilmPack」プラグインは、銀塩フィルムの特徴ある色味や粒状感をシミュレートする。往年のポジやネガの質感のほか、クロス処置や調色カラーもデリケートに再現できる

AFTER REVIEW

画像処理に対する深い知識なしに高精度な補正ができるのが本製品の魅力だ。一方で派手な効果を見せる機能は少ないので、ほかの画像処理ソフトの前段階としてうまく活かすのがポイントだろう。ほとんどの機能がRAWファイルにしか適用できないのは本ソフトの特性上仕方ないとして、操作時の画面への反映がワンテンポ遅れるのは微妙な試行錯誤を繰り返すときに気になる部分だ。

38/70

インデックス

連載目次
第70回 Flashアニメーション作成ソフト「かんたんWebアニメーション2」
第69回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 4」
第68回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3.5」
第67回 ToDo管理ソフト「Things Mac」
第66回 データ復旧ソフト「データレスキュー3」
第65回 動画ダウンロード&変換ソフト「チューブ&ニコ録画2コンプリート」
第64回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3」
第63回 スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema 3」
第62回 セキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ Mac版」
第61回 ディスクライティングソフト「Toast 10 Titanium」
第60回 画像処理ソフト「Nik Software Sharpener Pro 3.0」
第59回 申告書類作成ソフト「Macの青色申告5」
第58回 データベース作成ソフト「FileMaker Pro 10」
第57回 統合オフィスソフト「スタースイート 9」
第56回 ファイル復元ソフト「完全復元PRO for Mac」
第55回 名刺管理ソフト「名刺万能 for Macintosh」
第54回 仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」
第53回 翻訳ソフト「翻訳ピカイチ 2009 plus for Macintosh」
第52回 スライドショー作成ソフト「パルプモーション・アドバンス 英語版」
第51回 データベース作成ソフト「Bento 2」
第50回 写真合成ソフト「Photomatix Pro 3.0」
第49回 ユーティリティ「iPartition 3」
第48回 年賀状作成ソフト「宛名職人 Ver.15」
第47回 マンガ制作ソフト「ComicStudioEX 4.0」
第46回 Photoshop/Apertureプラグイン「Nik Software Silver Efex Pro」
第45回 DTMソフト「Digital Performer 6」
第44回 インテリアシミュレーション「インテリア プロ 4.0」
第43回 DJソフト「djay」
第42回 RAW現像・画像管理ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 2」
第41回 ディスクメンテナンス「Drive Genius 2」
第40回 動画ダウンローダ「チューブ&ニコ録画 for Mac」
第39回 iTunesユーティリティ「TuneRanger」
第38回 RAW現像ソフト「DxO Optics Pro v5」
第37回 ユーティリティソフト「Spring Cleaning 9」
第36回 PDF活用ソフト「Adobe Acrobat 9 Pro」
第35回 日本語入力ソフト「ATOK 2008 for Mac」
第34回 マネー管理ソフト「Master Money for Mac 2」
第33回 バックアップソフト「パーソナルバックアップ X5」
第32回 写真編集・管理ソフト「Aperture 2」
第31回 翻訳ソフト「MAC-Transer 2008 プロフェッショナル」
第30回 グラフィックソフト「OmniGraffle 5 Professional」
第29回 CD/DVDライティングソフト「Toast 9 Titanium」
第28回 Photoshopプラグイン「Nik Color Efex Pro 3.0 COMPLETE EDITION」
第27回 携帯電話メモリ管理ソフト「携帯万能 for Macintosh」
第26回 セキュリティソフト「ウイルスバリアX5」
第25回 セキュリティソフト「ネットバリアX5」
第24回 画像管理ソフト「PhotoBase Pro」
第23回 ファイル復旧ソフト「ファイルサルベージ 6 PRO」
第22回 3DCGソフト「Shade 10 Professional」
第21回 ウイルス対策ソフト「Norton AntiVirus 11 for Mac」
第20回 ペイントソフト「Kid Pix Deluxe 3X」
第19回 ペイントソフト「Corel Painter Essentials 4」
第18回 ムービー編集ソフト「Final Cut Express 4」
第17回 圧縮・解凍ソフト「StuffIt Deluxe 12 英語版」
第16回 3DCGプラグインソフト「STRATA DESIGN 3D[in] 日本語版 for Mac OS X」
第15回 サウンド取り込み・編集ソフト「WireTap Studio」
第14回 宛名印刷ソフト「宛名職人Ver.15」
第13回 動画ダウンロード/変換ソフト「Video SAVE for Macintosh」
第12回 会計ソフト「A&A会計」
第11回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 3」
第10回 DTMソフト「Logic Studio」
第9回 マインドマップ作成ツール「MindManager 7 Mac」
第8回 アニメーション作成ソフト「パルプモーション」
第7回 キャプチャツール「Snapz Pro X」
第6回 3DCGソフト「iPoser 7 for Mac OS X」
第5回 RAW現像ソフト「ArcSoft DigitalDarkroom」
第4回 Webサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*」
第3回 コンテンツ管理システム「Movable Type 4」
第2回 ファイルデータベースソフト「Microsoft Expression Media」
第1回 Flashアニメ作成ソフト「かんたんWebアニメーション」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電