【コラム】

Mac Fan ソフトウェアレビュー

10 DTMソフト「Logic Studio」

秋山公良

10/70

プロからアマチュアまで、
すべての人に究極の音楽ツールを【2007年12月号掲載】


「Logic」は、ドイツが生んだプロ御用達のDTMソフト。2002年に開発元のEmagic社をアップルが買収し、その後はアップル純正のDTMソフトとして親しまれてきた。そして5年の年月を経て登場した本バージョンは、アップルらしいデザイン、インターフェイスを備えたソフトへと変身を遂げた。これまでは、プロ向けゆえにビギナーには少々敷居が高いと思わせるところも垣間見えたが、今回はガレージバンドを卒業するハイ・アマチュアをもターゲットにしたわかりやすいソフトとして生まれ変わった。


スペック

[発売元] アップルジャパン  [価格] 通常版:5万9,800円、Logic Express 6~8およびBig Boxユーザ用アップグレード:3万4,800円、Logic Pro 6~7およびLogic Platinum/Gold 5~7ユーザ用アップグレード:2万2,800円 [OS] Mac OS X 10.4.9以上 [メモリ] 1GB以上(2GB以上を推奨) [HD] 7GB以上(オプションのコンテンツをすべてインストールするにはさらに39GB以上が必要) [備考] PowerPC G4/G5 1.25GHz以上、またはIntelプロセッサ搭載のMac。DVDドライブ(インストール時)。QuickTime 7.2以上 [掲載号] 「Mac Fan」2007年12月号

OVERVIEW

「Logic Studio」は、作曲、演奏、録音、映像との音声同期に関するすべてのソフトをまとめた究極のスイートである。特に今回は、ガレージバンドの別売り音源として人気を博しているJam Packシリーズを5つ(最新の「Voices」を除く)同梱するという大盤振る舞いだ。その上に今回のアップグレードでは「MainStage(メインステージ)」と呼ばれるライブ演奏向けのアプリケーションも加わっている。これはLogicからシーケンサの部分を除外し、代わりにさまざまなMIDI対応機器をMacの画面から集中的にコントロールさせることができる、いわばライブの司令塔になるソフトウェアだ。

(1) ライブの要となるメインステージを同梱
Logic Proからシーケンサ部分を取り払って、さらに外部MIDI機器のコントロールをアサインできるようになっている演奏用のソフト。ライブステージにおいて、さまざまなエフェクタやMIDI機器を1台のMacの画面でコントロールすることが可能だ

また、Logicよりも映像との同期の面で優れたマルチトラックレコーダの「Soundtrack Pro 2」や、ユーザが録音した素材を、移調やテンポコントロールに対応するApple Loops(アップル・ループ)というフォーマットに書き換えるためのソフト「アップル・ループユーティリティ」も同梱している。さらに高品位リバーブである「スペースデザイナー」に加えて、まったく新しい山彦効果を生み出す「ディレイデザイナー」も搭載している。

(2) 独創的なディレイ効果を得られるディレイデザイナー
Logic Proには以前から空間系のエフェクタ(残響・反響音を再現するエフェクタ)として「スペースデザイナー」が同梱されていたが、今回はディレイに関するハイクラスのエフェクタを同梱した

FOCUS ON

コア・アプリケーションである「Logic Pro 8」の見た目は、アップル独特の目に優しい色づかいに変化している。さらに特徴的なのは、シングルウインドウのインターフェイスを導入したことだ。画面が狭いノートブック型ではかえってこのほうが使いやすい面もある。しかし、今までのインターフェイスに馴れたユーザも心配することはない。これまで同様に複数のパレットを開くことも可能である。

(3) アップル製品らしいルックスへ
今までのLogic Proでは考えられないような目の疲れる配色もあったが、今回のアップグレードでかなりアップル純正ソフトらしいデザインへと変化している。左がLogic Pro 8で右が7

(4) シンプルなシングルウインドウ
新しいLogic Proは、まるでガレージバンドのプロ版かと思うようなシングルウインドウ構成になった。旧バージョンのようにピアノロールやミキサーを大画面で見たい人はメニューからコマンドを選ぶか、ショートカットキーを押すことによって単独のウインドウを開くことが可能だ

(5) 複数のテイクから簡単にOKテイクを編集
何テイクも録音してから、各テイクのいいとこ取りでOKテイクを作る作業が簡単にできる。反転されている部分が採用演奏で、完成したOKテイクが一番上に表示される

そして、今回のアップグレードでは、オーディオ録音と編集に特筆すべき機能が加わった。ボーカルや生楽器は何テイクも収録して良い部分をつなぎ合わせてOKテイクにする方法が一般的だが、「Logic Pro 8」では何も考えずに同じトラックに何度も録音すれば自動的にテイクの数が増えていき、それらを一覧表示にしてOK部分をマウスでドラッグするだけで、簡単につぎはぎのOKテイクを作ることができる。文章ではわかりづらいが操作をすれば納得するはずだ。

また、録音レベルが小さすぎて波形が認識しづらい場合、もしくは非常に小さな音を録音した場合は、ウインドウの波形の振幅描画を拡大することができるなど、全体的に使いやすく直感的なインターフェイスに仕上がっている。

(6) 豊富なテンプレート
Logicは以前より「エンバイロメント・ウインドウ」(MIDI機器接続設定ウインドウのようなもの)が難しいとされてきた。しかし、新しいLogic Proでは起動と同時にこのようなテンプレートが表示されるので、自分の作業に合ったものを選べば良くなった

(7) すべてはセットアップ済み
テンプレートを選ぶと、それにあったトラック設定がされたプロジェクトが開く。その音楽に最適な音源がセットされており、マスタートラックにはトータルエフェクトまで組み込み済みだ

AFTER REVIEW

とにかくこの価格設定は驚きだ。これでさらに「Digital Performer」にあるようなピッチ補正機能も備わってくれたら……そう願っているのは私だけではないだろう。確かにMIDIの細かな編集機能ならDigital Performerが上だし、VST対応のみの音源を使いたいなら「Cubase」しかないといえるが、そこにこだわらなければ、今度のLogicは総合的な魅力がとても多く、導入を検討する価値は大いにある。

10/70

インデックス

連載目次
第70回 Flashアニメーション作成ソフト「かんたんWebアニメーション2」
第69回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 4」
第68回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3.5」
第67回 ToDo管理ソフト「Things Mac」
第66回 データ復旧ソフト「データレスキュー3」
第65回 動画ダウンロード&変換ソフト「チューブ&ニコ録画2コンプリート」
第64回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3」
第63回 スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema 3」
第62回 セキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ Mac版」
第61回 ディスクライティングソフト「Toast 10 Titanium」
第60回 画像処理ソフト「Nik Software Sharpener Pro 3.0」
第59回 申告書類作成ソフト「Macの青色申告5」
第58回 データベース作成ソフト「FileMaker Pro 10」
第57回 統合オフィスソフト「スタースイート 9」
第56回 ファイル復元ソフト「完全復元PRO for Mac」
第55回 名刺管理ソフト「名刺万能 for Macintosh」
第54回 仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」
第53回 翻訳ソフト「翻訳ピカイチ 2009 plus for Macintosh」
第52回 スライドショー作成ソフト「パルプモーション・アドバンス 英語版」
第51回 データベース作成ソフト「Bento 2」
第50回 写真合成ソフト「Photomatix Pro 3.0」
第49回 ユーティリティ「iPartition 3」
第48回 年賀状作成ソフト「宛名職人 Ver.15」
第47回 マンガ制作ソフト「ComicStudioEX 4.0」
第46回 Photoshop/Apertureプラグイン「Nik Software Silver Efex Pro」
第45回 DTMソフト「Digital Performer 6」
第44回 インテリアシミュレーション「インテリア プロ 4.0」
第43回 DJソフト「djay」
第42回 RAW現像・画像管理ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 2」
第41回 ディスクメンテナンス「Drive Genius 2」
第40回 動画ダウンローダ「チューブ&ニコ録画 for Mac」
第39回 iTunesユーティリティ「TuneRanger」
第38回 RAW現像ソフト「DxO Optics Pro v5」
第37回 ユーティリティソフト「Spring Cleaning 9」
第36回 PDF活用ソフト「Adobe Acrobat 9 Pro」
第35回 日本語入力ソフト「ATOK 2008 for Mac」
第34回 マネー管理ソフト「Master Money for Mac 2」
第33回 バックアップソフト「パーソナルバックアップ X5」
第32回 写真編集・管理ソフト「Aperture 2」
第31回 翻訳ソフト「MAC-Transer 2008 プロフェッショナル」
第30回 グラフィックソフト「OmniGraffle 5 Professional」
第29回 CD/DVDライティングソフト「Toast 9 Titanium」
第28回 Photoshopプラグイン「Nik Color Efex Pro 3.0 COMPLETE EDITION」
第27回 携帯電話メモリ管理ソフト「携帯万能 for Macintosh」
第26回 セキュリティソフト「ウイルスバリアX5」
第25回 セキュリティソフト「ネットバリアX5」
第24回 画像管理ソフト「PhotoBase Pro」
第23回 ファイル復旧ソフト「ファイルサルベージ 6 PRO」
第22回 3DCGソフト「Shade 10 Professional」
第21回 ウイルス対策ソフト「Norton AntiVirus 11 for Mac」
第20回 ペイントソフト「Kid Pix Deluxe 3X」
第19回 ペイントソフト「Corel Painter Essentials 4」
第18回 ムービー編集ソフト「Final Cut Express 4」
第17回 圧縮・解凍ソフト「StuffIt Deluxe 12 英語版」
第16回 3DCGプラグインソフト「STRATA DESIGN 3D[in] 日本語版 for Mac OS X」
第15回 サウンド取り込み・編集ソフト「WireTap Studio」
第14回 宛名印刷ソフト「宛名職人Ver.15」
第13回 動画ダウンロード/変換ソフト「Video SAVE for Macintosh」
第12回 会計ソフト「A&A会計」
第11回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 3」
第10回 DTMソフト「Logic Studio」
第9回 マインドマップ作成ツール「MindManager 7 Mac」
第8回 アニメーション作成ソフト「パルプモーション」
第7回 キャプチャツール「Snapz Pro X」
第6回 3DCGソフト「iPoser 7 for Mac OS X」
第5回 RAW現像ソフト「ArcSoft DigitalDarkroom」
第4回 Webサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*」
第3回 コンテンツ管理システム「Movable Type 4」
第2回 ファイルデータベースソフト「Microsoft Expression Media」
第1回 Flashアニメ作成ソフト「かんたんWebアニメーション」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事