【コラム】

Mac Fan ソフトウェアレビュー

7 キャプチャツール「Snapz Pro X」

 

7/70

Mac上のあらゆる操作を録画する
動画対応の最強キャプチャツール【2007年11月号掲載】


「パソコンの操作を動画として保存する」。ここから生まれるメリットは無限にある。すぐに思いつくのは企業の動画マニュアルだが、個人でも、誰かに操作を動画で教えたい時はあるだろう。さらに、パソコン上で絵を描いていく工程を録画して公開したり、ストリーミングビデオやビデオチャットを保存しておくといったニーズも考えられる。では、Macでそれを実現するには何が必要か? それがこの「Snapz Pro X(スナップズプロ)」なのだ。


スペック

[発売元] アイギーク  [価格] パッケージ版:1万3,400円、ダウンロード版:8,820円 [OS] Mac OS X 10.3.9以上  [備考] PowerPC G3/G4/G5、もしくはIntelプロセッサを搭載したMacに対応 [掲載号] 「Mac Fan」2007年11月号

OVERVIEW

「Snapz Pro X」は、古くから親しまれてきた画面キャプチャツールだ。本製品は、以前から定番のオンラインソフトとして米アンブロージャ社で公開されていた。今まで、シェアウェア登録をするためにはドル建てでオンライン決済をする必要があったが、この度、ついにアイギークが日本語版のパッケージ販売を開始した。

Macの画面を静止画として保存するのはOSの標準機能でもできるが、このソフトは、静止画だけでなく、画面上の動きを音声付きで「録画」する機能も備えているのが最大の特長だ。

(1) 操作はシンプルで簡単
[コマンド]キー+[シフト]キー+[3]キーを押すと画面が疑似的にフリーズし、図のようなパネルが開くという簡単操作。クリップボードにコピーしたり、プリンタで印刷したり、メールに添付することも可能

静止画撮影の機能も充実している。8種類の形式から画像フォーマットを選択することができ、撮影時に倍率(10~400%)や画質(3段階)などを設定することが可能だ。また、周囲に「枠」を付けたり、マウスカーソルをスクリーンショットに含めるといった機能もある。

(2) 特定のパーツのみを撮影することも
開いているウインドウやメニュー、ドック、アイコンなどのオブジェクトのみをキャプチャしたい場合は、パネルで[オブジェクト]を選ぶ。ウインドウなどをクリックするとハイライト表示される

(3) 撮影範囲をドラッグ&ドロップで指定
パネルで[選択範囲]を選択すると、ドラッグ&ドロップで撮影範囲を指定できる。マウスカーソルの右下にはカーソル周辺が拡大表示され、細かい部分を選択する場合に役立つ

(4) キャプチャ範囲に余白や影、枠を追加できる
撮影範囲を指定すると開くダイアログの[選択範囲の形状]では、周囲に影を付けたり、黒い線で囲むなどの処理が可能。[確認]ボタンをクリックすると、保存後の様子をプレビューしながら設定できる

FOCUS ON

本製品の一番のメリットは、やはり動画を保存できることだろう。画面全体だけではなく、撮影するエリアを指定したり、ポインタを中心とした範囲を指定したり、さまざまなサイズで撮影ができる。

(5) 目的や用途に合ったムービー設定が可能
ムービーの撮影では、保存時の圧縮方法やエンコーディング、フレームレート、色数などの設定が行える。音声まで保存できるのは頼もしい

録画した動画は、サイズ(ピクセル数)を縮小して書き出すことも可能。後で動画編集ソフトを使って調整しなくても、このソフトだけでコンパクトなムービーを作成できるというわけだ。ただし、撮影した動画を倍速のムービーにするような再生速度の調節はできないので、早送りの動画にしたい場合は、動画編集ソフトを利用する必要が出てくる。

また、静止画の撮影も、OS標準とは違った便利な機能を備えている。特に秀逸だと感じたのが、「選択範囲の形状」を指定できる機能だ。通常の方法では、選択したウインドウや選択範囲のみが切り取られるが、この機能を使えば、白い背景上に影付きで表示したり、画像の四隅を丸くカットするといった加工を自動で行ってくれる。これにより、保存した後に画像編集ツールで補正などを行うことなく、見栄えの良いスクリーンショットに仕上がる。

このほかの特筆すべき便利機能として、撮影したスクリーンショットを書き出す前に、内容をチェックできることを挙げたい。保存前に画像の確認ができ、気が済むまで撮影をやり直せるため、意図しない失敗が少なくて済む。

マニュアル制作やサポート業務はもちろん、個人用のレクチャームービーやビデオ制作など、多目的に活用できる一本だ。

(6) ホットキーや保存時のファイル名を自在にカスタマイズ
[環境設定]タブでは、撮影時のホットキーを好みにカスタマイズできるほか、画像フォーマットごとにファイルクリエータを指定したり、保存時のファイル名や効果音の有無などを設定できる

AFTER REVIEW

画面キャプチャツールとしては、文句なく最強だ。パッケージ版になり円建てで購入できるようになったので、海外のシェアウェア登録に消極的なユーザも気軽に購入できるだろう。また、ドルで購入する場合との価格差も少ないのも好感が持てる。ただし、ムービー録画時に音声をAAC形式で保存できない仕様のため、オーディオトラックを含むムービーを直接ビデオiPodで再生できないのは残念だ。

7/70

インデックス

連載目次
第70回 Flashアニメーション作成ソフト「かんたんWebアニメーション2」
第69回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 4」
第68回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3.5」
第67回 ToDo管理ソフト「Things Mac」
第66回 データ復旧ソフト「データレスキュー3」
第65回 動画ダウンロード&変換ソフト「チューブ&ニコ録画2コンプリート」
第64回 WEBサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*3」
第63回 スライドショー作成ソフト「LiFE* with PhotoCinema 3」
第62回 セキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ Mac版」
第61回 ディスクライティングソフト「Toast 10 Titanium」
第60回 画像処理ソフト「Nik Software Sharpener Pro 3.0」
第59回 申告書類作成ソフト「Macの青色申告5」
第58回 データベース作成ソフト「FileMaker Pro 10」
第57回 統合オフィスソフト「スタースイート 9」
第56回 ファイル復元ソフト「完全復元PRO for Mac」
第55回 名刺管理ソフト「名刺万能 for Macintosh」
第54回 仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 4.0 for Mac」
第53回 翻訳ソフト「翻訳ピカイチ 2009 plus for Macintosh」
第52回 スライドショー作成ソフト「パルプモーション・アドバンス 英語版」
第51回 データベース作成ソフト「Bento 2」
第50回 写真合成ソフト「Photomatix Pro 3.0」
第49回 ユーティリティ「iPartition 3」
第48回 年賀状作成ソフト「宛名職人 Ver.15」
第47回 マンガ制作ソフト「ComicStudioEX 4.0」
第46回 Photoshop/Apertureプラグイン「Nik Software Silver Efex Pro」
第45回 DTMソフト「Digital Performer 6」
第44回 インテリアシミュレーション「インテリア プロ 4.0」
第43回 DJソフト「djay」
第42回 RAW現像・画像管理ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 2」
第41回 ディスクメンテナンス「Drive Genius 2」
第40回 動画ダウンローダ「チューブ&ニコ録画 for Mac」
第39回 iTunesユーティリティ「TuneRanger」
第38回 RAW現像ソフト「DxO Optics Pro v5」
第37回 ユーティリティソフト「Spring Cleaning 9」
第36回 PDF活用ソフト「Adobe Acrobat 9 Pro」
第35回 日本語入力ソフト「ATOK 2008 for Mac」
第34回 マネー管理ソフト「Master Money for Mac 2」
第33回 バックアップソフト「パーソナルバックアップ X5」
第32回 写真編集・管理ソフト「Aperture 2」
第31回 翻訳ソフト「MAC-Transer 2008 プロフェッショナル」
第30回 グラフィックソフト「OmniGraffle 5 Professional」
第29回 CD/DVDライティングソフト「Toast 9 Titanium」
第28回 Photoshopプラグイン「Nik Color Efex Pro 3.0 COMPLETE EDITION」
第27回 携帯電話メモリ管理ソフト「携帯万能 for Macintosh」
第26回 セキュリティソフト「ウイルスバリアX5」
第25回 セキュリティソフト「ネットバリアX5」
第24回 画像管理ソフト「PhotoBase Pro」
第23回 ファイル復旧ソフト「ファイルサルベージ 6 PRO」
第22回 3DCGソフト「Shade 10 Professional」
第21回 ウイルス対策ソフト「Norton AntiVirus 11 for Mac」
第20回 ペイントソフト「Kid Pix Deluxe 3X」
第19回 ペイントソフト「Corel Painter Essentials 4」
第18回 ムービー編集ソフト「Final Cut Express 4」
第17回 圧縮・解凍ソフト「StuffIt Deluxe 12 英語版」
第16回 3DCGプラグインソフト「STRATA DESIGN 3D[in] 日本語版 for Mac OS X」
第15回 サウンド取り込み・編集ソフト「WireTap Studio」
第14回 宛名印刷ソフト「宛名職人Ver.15」
第13回 動画ダウンロード/変換ソフト「Video SAVE for Macintosh」
第12回 会計ソフト「A&A会計」
第11回 DVDコピー/動画変換ソフト「Roxio Popcorn 3」
第10回 DTMソフト「Logic Studio」
第9回 マインドマップ作成ツール「MindManager 7 Mac」
第8回 アニメーション作成ソフト「パルプモーション」
第7回 キャプチャツール「Snapz Pro X」
第6回 3DCGソフト「iPoser 7 for Mac OS X」
第5回 RAW現像ソフト「ArcSoft DigitalDarkroom」
第4回 Webサイト作成ソフト「BiND for WebLiFE*」
第3回 コンテンツ管理システム「Movable Type 4」
第2回 ファイルデータベースソフト「Microsoft Expression Media」
第1回 Flashアニメ作成ソフト「かんたんWebアニメーション」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事

“大食い女王”もえあず、ジャイアント白田も驚く食べっぷり!驚異の新人も登場
[05:00 10/2] エンタメ
後藤真希、本格声優に初挑戦! アニメ版『モンハン』にゲスト出演決定
[05:00 10/2] ホビー
米国発3DCGアニメ『RWBY VOLUME2』、初日舞台挨拶に早見・日笠・嶋村が登壇
[03:04 10/2] ホビー
『ろんぐらいだぁす!』、先行試写会開催! キャストが語る注目ポイントは?
[02:47 10/2] ホビー
花澤香菜、ハロウィンスペシャルライブ開催! 新曲「ざらざら」初披露
[02:21 10/2] ホビー