【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

50 データ通信カード「W06K」

50/62

安定した通信速度が魅力の定額制データ通信カード
【2009年1月号掲載】



スペック

[発売元] KDDI [価格] 通信プランによって異なる Packet WINシングル(フルサポート):月額基本使用料3,150円+月額パケット通信料上限額:3,780円、Packet WINシングル(シンプル):月額基本使用料2,205円+月額パケット通信料上限額:3,780円 [OS] Mac OS X 10.4以上(10.4のドライバはWEBからのダウンロード) [インターフェイス] ExpressCard/34 [サイズ/重量] 約W34×D5.1×H115mm(最厚部12.5mm)/約36g [掲載号] 「Mac Fan」2009年1月号

OVERVIEW

公衆無線LANスポットは増えてきているものの、どこでも無線LANにつながる状態とはほど遠い。そのため、MacBookなどのノート型マシンを持ち運ぶことの多いユーザにとって、外出先でインターネットを楽しむためのデータ通信カードは欠かせない。

(1) 小型アンテナを搭載
インターフェイスにExpressCard/34を採用。通信状態の悪い場所では、小型アンテナを展開すると若干感度が上がる

本製品は、au(KDDI)から登場した初のMac対応製品だ。Macとの接続インターフェイスにUSBを採用している製品が多い中、本製品はExpressCard/34接続を採用しているのが特徴だ。MacではMacBook Proの同スロットに搭載でき、本体内にカードを格納できるためスマートに持ち運べる。

データ通信規格には、「CDMA 1X WIN」を採用。同規格の対応エリアでは下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsのデータ通信が可能となっている。

(2) スマートに収納
USBケーブルで接続する製品は、持ち運び時に取り外しが必須。一方、本製品はエクスプレスカードスロットに内蔵できるので、使用時にも邪魔にならない

(3) ドライバを本体に内蔵
Macに接続すると、自動的にドライバを収録したドライブがマウントされインストールを行える。通信環境やドライバCDがなくても、セットアップが行える

(4) メニューバーにツールが常駐
インストールが完了すると、メニューバーにツールが常駐し電波状況と接続のオン/オフができる

FOCUS ON

ExpressCard/34は、USBと比べて高い転送速度を誇る。ただし、そもそもデータ通信の速度は、ExpressCard/34の性能を引き出せるほど高速ではない。イー・モバイルのUSB接続の通信カード「D01HW」(下り最大3.6Mbps)と比較してみたが、性能は同等だった。

また、「D01HW」は地下鉄や電波などで通信できない場合があったのに対し、本製品の通信速度は安定していた。全国の主要市町村をほぼカーバーする広い通信網に加えて、負荷の高い通信を行うと自動的に通信速度(帯域幅)を制限する「トラフィック制御機能」を搭載しているためだろう。

(5) 安定した通信状態
マイコミジャーナルのトップページにかかる時間を測定。D01HWのほうが高速だが、本製品は安定した通信が可能だ

通信トラフィックが多い場合は大容量ファイルを送るのに時間がかかってしまうが、WEBブラウジングやメール送信を頻繁に行うユーザには安定した通信環境を実現する。

NTTドコモのMac対応通信カード「FOMA A2502」の最大通信速度は7.2Mbpsと高速な一方、月額料金プランは本製品のほうが割安だ。最大通信速度が倍といっても、実際の通信速度が倍になることはないので、月額利用料を安く済ませたいならば本製品を選ぶべきだ。

(6) 通信ログが参照できる
専用ユーティリティから通信ログを参照できるため、自分がどれだけ使ったか確認できる

MacBook Proでしか使えないと残念がるユーザがいるかもしれないが、ダイヤテックの「エクスプレスカード→USB変換アダプタ」(実売2,000円前後)を使ってUSB接続したところ、メーカーサポート外となるものの、同様に安定した通信が行えた。

AFTER REVIEW

本製品を利用するには、プロバイダ契約が必要だ。「au one net」、または「PacketWIN/PacketOne」に対応したプロバイダと契約しよう。「CDMA 1X WIN」の通信エリア外では、下り最大2.4Mbps(もしくは144Kbps)、上り最大144Kbps(もしくは64Kbps)となる。購入前は事前に利用するエリアの対応状況を確認しておこう。月額基本料金は、他社の定額制プランと大きな違いはない。安定した通信を求めるMacBook Proユーザに特におすすめだ。

50/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事