【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

47 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」

47/62

こだわりを捨ててこだわった、複合機の新スタイル
【2009年1月号掲載】



スペック

[発売元] エプソン販売 [価格] オープンプライス [実勢価格] 3万円前後 [OS] Mac OS X 10.3.9以上(プリンタドライバ) [解像度] プリンタ:5760×1440dpi、スキャナ:2400×4800dpi [インターフェイス] USB2.0、外部記憶装置接続用およびピクトブリッジ、IrDA [サイズ/重量] W446×D385×H150mm/約9.0kg [備考] インク数:6色インク(染料CMYK、LM、LC)、最小インク滴:1.5pl、液晶サイズ:2.5インチ、L判写真プリント:14秒 [掲載号] 「Mac Fan」2009年1月号

OVERVIEW

インクジェットプリンタは、つくづく逆境に強い製品だと思う。2000年代前半、高品質プリンタが一般に普及し、もう販売を伸ばすのは難しいと予測された。するとスキャナと合体した「複合機」が登場し、再び市場は活気づいた。それから約5年、複合機も頭打ちか、誰もがそう思い始めたときに登場したのが、新しいカラリオ「EP」シリーズである。

これまでカラリオといえば、「画質はいいけど、ダサい、でかい、遅い」という印象だった。だが、「EP-801A」はカラリオとは思えない、コンパクトで落ち着いたシックな佇まいだ。

(1) 2.5インチの液晶パネルを見て操作
801Aの操作パネルは、タッチパネルを採用した上位モデルの901A/Fと似ているが、まったくの別物。ボタンそのものはわかりやすいが、画面内の階層表示が旧機種を引きずっており、使いたい機能を見つけ出すのに苦労する。せっかくシンプルなデザインになったのだから、画面内の操作ももう少し整理してシンプルにしてほしかった

もちろん、見た目だけではない。最小1.5ピコ(1兆分の1)リットルの6色染料インクによる写真プリントは、複合機の最高レベルだ。自動画像補正「オートフォトファイン! EX」の精度もさらに向上。L判1枚約14秒(標準モード)の高速写真プリントを実現している。

また、背面の給紙トレイを排して、すべての用紙を前面カセットから給排紙する新方式の採用や、CD/DVDレーベル印刷用トレイを内蔵するなど、使い勝手は飛躍的にアップ。積年の課題であったノズル詰まりにも、「自動ノズルチェック機能」で対応した。

FOCUS ON

よくぞ、ここまで思い切ったというのが印象だ。よくも悪くも、使用頻度の低い機能をばっさり切り捨て、使い勝手を向上している。

不満もなくはない。2段式の前面給紙カセットは、下段にA4普通紙、上段にL判などの写真用紙をセットするのが一般的なのだが、上段にはL判が「たったの」20枚しかセットできない。これではいかにも少ないので、少し多めに用紙をセットすると、紙を斜めに給紙して、失敗プリントを連発してしまう。

(2) 前面給排紙の新システム
前面給排紙の使い勝手は上々。ただ、上段に20枚しかセットできないのはいかにも少ない。無理に用紙を20枚以上入れると、写真のような失敗を連発してしまった。「そんな無理するな」というエプソンの声も聞こえてきそうだが、ぜひとも改良を望む

2008年秋のカラリオの新製品を見ると、「本格的な写真プリントはPX-G5300などのプロセレクションシリーズに、EPシリーズではプリンタをもっと身近に感じてほしい」という同社のメッセージが、ひしひしと伝わってくる。その点では、充分に期待に応えている。

だが一方で、紙送りの弱さなど、これまでの同社らしくない部分も見受けられる。大きな変更を行った初年度だけに、やむを得ない部分もあるのだろうが、同社に対するユーザの期待は大きいだけに、さらなる向上に期待したい。

(3) 新アプリで快適プリント?
新しい付属ソフト「E-Photo」は、起動してしまえば、以前の「イージーフォトプリント」より操作性はいい。ただし、ウィンドウズ版に比べてMac版は、アプリケーションの起動方法が煩雑。Macらしい使い方ができるようにしてほしい

(4) 自動画像補正機能の精度は健在
自動画像補正、6色染料インクによるプリントは、本当に素晴らしい。プリント時間も複合機最速レベル。画質については、文句のつけどころがない

AFTER REVIEW

画質、速度、そしてデザイン、使い勝手など、あらゆる点で、3年以上前のプリンタ/複合機を使っていて、不満があるなら、迷わず801Aに買い替えてOK。ただし、プリンタ1台で本格的に写真プリントをしたいという人は、同社のPX-G5300など、A3モデルも検討したい。A3モデルを持っていて、サブ機として使うなら801Aは優秀だ。ここ2年ぐらいの間に発売されたプリンタを使っていて、もし待てるなら、不満点が改良される(であろう)次世代機を待ってもいいかも。

47/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事