【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

44 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」

44/62

ドキュメントスキャン機能と白色LEDで大きく性能アップ
【2008年11月号掲載】



スペック

[発売元] エプソン販売 [価格] 1万円台後半 [OS] Mac OS X 10.3.9以降 [解像度] 主走査:4800dpi、副走査:9600dpi [インターフェイス] USB2.0 [サイズ/重量] W280×D430×H67mm/約2.8kg [備考] センサ:α-Hyper CCD II、読み取り階調:RGB各色16ビット、最大有効領域:216×297mm [掲載号] 「Mac Fan」2008年11月号

OVERVIEW

情報漏洩やセキュリティへの感心が高まる中、書類や紙文書などのデータ化のニーズが増しつつある。カラリオスキャナの最新モデルとなる「GT-F720」は、そうした現状を踏まえて開発されたA4サイズの薄型フラットベッドスキャナだ。

(1) 67mmの薄型ボディ
シックなブラックの外観。高さは67mmと大変薄い。原稿カバーは180度オープンできるので、新聞などの大きなサイズの原稿の読み取りも楽に行える。4つのワンプッシュボタンで手軽にPDFなどを作れる

インクジェット複合機の普及などもあり、今やスキャナを所持しているユーザは多くいるはずだ。単に書類をデータ化するだけならば、それらのスキャナでも同様に行える。

(2) 原稿種に合わせて最適スキャン
原稿種を選択するだけで最適なスキャンを手軽に行える

そう考えたうえで、本製品の最大の魅力を挙げるならば、それは読み取り用の光源に白色LEDを採用している点だ。従来の冷陰極管を使った光源と比べて、電源投入後すぐにスキャナを利用できる。また、最新のソフトウェア「Epson Scan(エプソンスキャン)」のバージョン3.5を付属することで、従来モデルよりもドキュメントスキャンに便利な機能を多数盛り込んでいる。

例えば、薄い用紙をスキャンした時に起こる「裏写り」を消してスキャンする「文字くっきり」機能。原稿に薄い地紋や色ベタなどがある場合は裏面の写りと同様に消えてしまうが、文字部分をしっかり残したいという場合に役立つ。

(3) 文字を見やすくすっきりと
「文字くっきり」機能をオンにすると、文字がハッキリして読みやすくなる(右)。通常のA4カラーの読み取り時(24ビット/300dpiで19秒)と比べて約60秒と時間を要する

また、赤・青・緑の3色の中から指定した色を除去する「ドロップアウト」機能は、赤字で書き込んでしまった部分や、伝票などの色つき罫線などを消してスキャンしたい時に便利だ。

(4) 赤・青・緑の3色を消去
ドロップアウト機能で赤ペンによるメモを消してスキャン。モノクロで読み取った場合はスライダーで濃度を調整できるのでキレイに消すことができた。8ビットグレーモードで、デフォルトで取込むと赤ペンの文字が薄く残った。これはある程度ドライバで明るさ、コントラストを調整する必要がある

FOCUS ON

本体前面にあるワンプッシュボタンでの書類のPDF化や、CCDならではの深い被写界深度を活かした厚みのある書籍のスキャン、さらには書類の天地自動判別機能、付属OCRソフトによる検索可能PDFの作成などは前モデルでも行えた。そのため、本製品を最大限に活用できるのは、これらの機能を搭載していない古い機種からの買い替えユーザだろう。

とはいえ、一日に数十枚ものドキュメントをスキャンするにはADF(自動原稿送り装置)付きの専用スキャナを購入するほうが便利。大量のドキュメントのスキャンは行わないが高度な機能は使いたい。また、写真やフィルムのスキャンも行いたいというユーザにとっては、エプソンの独自のCCD技術を利用したフィルムや紙焼き写真などの高画質スキャン機能も合わせて、1万円台後半で得られるのはメリットだ。

(5) フィルムスキャンにも対応
35mmストリップ6コマ、マウント4コマを連続してスキャンできる。4800dpiという光学解像度はフィルムスキャンでもっとも活きてくる

AFTER REVIEW

フィルムのスキャンを行わないならば、同等のドキュメントスキャン機能を搭載した下位モデル「GT-S620」(実売1万円前後)がおすすめ。白色LED光源も採用していて、ウォームアップレススキャンが可能だ。また、大量のドキュメントをスキャンしたい用途には、「GT-D1000」がいい。実売価格は3万5,000円前後となるが、カラー毎分12枚、モノクロ毎分18枚の高速スキャンが可能だ。また、ADFが付いているため、ドキュメントをセットして一気にスキャンできる。

44/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事