【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

41 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」

41/62

新液晶と大容量化で性能アップ
RAW現像可能な写真ストレージ【2008年10月号掲載】



スペック

[発売元] エプソン販売 [価格] オープンプライス [実勢価格] P-7000:8万円前後、P-6000:6万円台半ば [OS] Mac OS X 10.3以降 [インターフェイス] USB2.0、SDメモリー/CFカードスロット(TYPEII)、ビデオ出力、ヘッドフォン出力 [サイズ/重量] W150×H88.7×D33.1mm(突起部含まず)/P-7000:約433g、P-6000:約428g(メモリカード含まず) [備考] 容量:160GB(P-7000)、80GB(P-6000) 対応ファイル:静止画JPEG、RAW 動画:MPEG-4、Motion JPEG、H.264 音楽:MP3、AAC [掲載号] 「Mac Fan」2008年10月号

OVERVIEW

デジタルカメラのメモリカードが高価で容量が小さかった時代には、撮影したデータを外出先で手軽に保存・確認できるフォトビューワはかなり期待されていた。しかし、最近はメモリの大容量化と価格低下化によって、市場はやや沈静化している。

このような状況の中で登場した本製品では、ハードディスクの大容量化、160度の高視野角ディスプレイの搭載、Adobe RGB比94%を実現、ホイールキーの装備、USBディスプレイ機能(パソコンデータの表示)、印刷ナビゲーション、RAW現像機能のアップを実現している。

(1) ホイールキーを新たに搭載
本体前面にホイールキーが追加され、画像の切り換えやメニュー操作が素早く行える。メモリカードは上部スロットから挿入する

FOCUS ON

その中でも、大きなポイントといえるのが、新液晶ディスプレイの採用とUSBディスプレイ機能だ。新しい液晶ディスプレイはAdobe RGB比94%の広色域表示に対応し、視野角が160度にアップされている。スペック的には中途半端なプロ用パソコンモニタをはるかに凌ぐ性能を備えており、視野角に関しては従来モデル「P-5000」と比べて違いが歴然である。

(2) 新液晶「フォトファインプレミア」でより美しく表示
P-5000の液晶(左)はもともと他社製品と比べて圧倒的に品質が高かっただけに、色域に関しては大きな差は感じられない。しかし、視野角の違いは歴然だ

また、P-5000では明るさ以外の変更ができなかったので色の確認は限定された環境のみだったが、新モデルでは液晶ディスプレイの色温度やガンマ値、グレー(色調)、グレー(強さ)が変更できるようになった。色温度が5000~6500Kの範囲で4段階、ガンマ値が1.8または2.2に変更でき、自分のパソコンのモニタの代わりとして外出先で使用することが可能だ。仕事先で色の確認が必須のプロカメラマンにとってはほぼ正確な色の確認を行うことができるメリットは大きい。

(3) 高精細液晶でPC画面を表示
MacではPhotoshop CS3/CS2、Photoshop Elements 4.0で表示した画像を本体で確認できる。Adobe RGBに対応していないモニタを使っているときは特に便利

さらに、USBディスプレイ機能では、USB接続したパソコン側のAdobe PhotoshopやElementsの画像を表示できる。静止画の切り替えとなるため、パソコンの外部モニタのような使いやすさはないが、決めうちで色の確認をするのであれば十分使用できる。

その他の新機能として、ホイールキーが追加されたが、軽快に画像を切り替えることができるものの、処理速度が早くなるわけではない。印刷ナビゲーションは、色の補正やトリミング、印刷レイアウトの設定などが可能で、パソコンを使用しないで印刷したい人にとっては便利だ。また、RAW現像機能も詳細な設定ができるようになったことは評価していいだろう。

(4) 自動でRAW画像を現像
撮影したRAW画像を自動で適切なパラメータに設定して現像してくれる。明るさや露出などを個別に調整できるマニュアル現像も可能だ

(5) プリントまでの手間を削減
レタッチ(RAW現像)からトリミング、レイアウトの指定、サインの挿入、そして背景色やフレームの指定をウィザード形式でナビゲートしてくれる「印刷ナビゲーション」機能も新たに搭載する

AFTER REVIEW

高速タイプの8GBのCFメモリが1枚2万円前後で購入できる状況で、最大160GBハードディスクの搭載は必須といえよう。単純計算で容量は8GB×20枚分に相当するが、20枚ものメモリを持ち歩くユーザはそういない。せいぜい数枚のメモリの代わりというのが現実的だろう。そうなると、ボディサイズも重量も少々大きく、携帯という面では不利。写真ストレージとしてだけでなく、ビューワとしての機能や、RAW現像機能などをどれだけ活用するかが重要だろう。

41/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事