【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

36 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」

36/62

ネットワークに対応! 大量のラベルを高速印刷
【2008年9月号掲載】



スペック

[発売元] ブラザー工業 [価格] オープンプライス [実勢価格] 4万円前後 [OS] Mac OS X 10.3.9以上 [メモリ] 128MB以上 [解像度] 300dpi [用紙サイズ] 専用プレカットラベル、長尺紙テープ [インターフェイス] USB2.0、10/100BASE-TX、RS-232C [サイズ/重量] W133×D240×H143mm/約1.2kg(ロール除く) [備考] 内蔵フォント:英数字、ひらがな、カタカナ、漢字 [掲載号] 「Mac Fan」2008年9月号

OVERVIEW

(1) コンパクトな本体
狭いスペースでも設置しやすいように、本体のサイズを極限まで小型化している。幅はわずか13.3cmとCDより若干大きい程度だ

「P-touch(ピータッチ)」シリーズは、古くからMacに対応している数少ないラベルプリンタだ。家庭向けやビジネス向けに、ベーシックモデルや多彩なラベルに対応する高機能モデル、高速出力モデルなど幅広い製品がラインアップされている。

本製品は、主にビジネス用途で大量のラベルを作成するときに最適なプリンタだ。家庭向けのラベルプリンタが秒20mmという速度であるのに対して、本製品は300dpiの高解像度で秒110mmの高速プリントが可能。また、インターフェイスはUSB2.0と有線ネットワークに標準対応し、プリント後に自動でラベルを任意の長さにカットしてくれるオートカッター機能も搭載する。

(2) ネットワークに標準対応
USB2.0接続のほかに有線のネットワーク機能を搭載している。また、RS-232Cにバーコードスキャナを接続すれば、PCレスでバーコードをコピーできる

(3) オートカッター機能を搭載
ラベルプリント後に自動でカットしてくれるオートカッター機能を搭載。カット方法は、「1枚ずつカット」「指定枚数ごとカット」「最後のみカット」と使用用途に合わせて選択が可能だ

さらに、ウィンドウズのみの機能だが、RS-232C(シリアル)経由でバーコードリーダを接続してバーコードのコピー印刷を行う機能、ExcelやAccessなどの外部データを同梱のラベル作成ソフトに直接取り込める機能も搭載する。

テープは、任意の長さに切断できるシールテープや62×29mmサイズの切断済みラベル、CD/DVD用のフィルムラベルがあり、用途に合わせて使い分けることができる。

(4) 多彩なラベルテープに対応
長尺紙テープの他に宛名ラベルやCD/DVDラベルが用意されており、備品の管理シールやお薬手帳のラベル、食料品のラベル印刷などさまざまな用途に使用することができる

FOCUS ON

プリント速度は高速で、62×29mmサイズの切断済みラベルの場合、USB2.0接続時は3秒足らずでプリント可能。ネットワーク接続時は、USB2.0接続時と比べてプリント前に数秒のタイムラグはあるが、プリントが始まれば速度差は気にならない。プリントのにじみなどもなく、3ptの小さいフォントでも300×600dpiのモードならば、鮮明にプリントできる。

(5) 高品質なプリント
印刷は感熱方式のためインクの補充が必要ない。図ではややわかりにくいが、実際には300dpiの解像度で3ptのフォントでもにじみの少ない高品質なプリントが可能だ

(6) 付属ソフトで簡単プリント
付属のピータッチエディタを使えば、文字や画像、イラストの挿入などが簡単に行える

ラベル作成ソフトでは、文字や画像、バーコード、700点以上のクリップアートなどをレイアウト可能。特に、ビジネス向けに、JANコードなどからの自動でバーコードを製作してラベルを作成できたり、自動的に連番を作成しながらプリントできる機能が便利だ。

Macとウィンドウズが混在する環境にはうってつけのネットワーク機能までも備えた、Mac対応のビジネス向けのラベルプリンタはほかにはない。処方箋やバーコードなど大量のラベル作成が必要な医療や食品、流通といったビジネスの現場はもちろん、ファイリング作業などを頻繁に行うSOHOや小規模事務所まで、幅広く使える1台だ。

AFTER REVIEW

ネットワーク機能を新たに搭載したことで複数のMacやウィンドウズから印刷できるようになり、従来の製品と比べて格段に利便性が増した。オフィス複合機のように1つのグループで共有することができる。大量のラベルを印刷するならば家庭用途に購入してもいいが、対応のラベルテープが限られている。ラミネートテープやキャラクターテープなど、豊富なテープを活用したい場合は、家庭向けの製品を選んだほうがいいだろう。

36/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事